CLOUDS (adapted from "Nuages")

[コーラス]
あの白くて、ふわふわした雲さんを見てごらん。
みんなをくまなく照らしてくれるお日様が大好きなんだよ。
でもあの雲さんたちはお日様の光をさえぎり、
昼を夜のように暗くすることもあるのさ。
もし君を失ったら、同じように、僕の明るい心も暗くなるだろうね。

雲さんたちが、彼等の涙を雨として降らし始めるように、
僕の苦しい心も、痛みを涙として降らし続けるだろうね。
雨雲さんたちがが流れ去って、うれしい瞬間が訪れるまでだよ。
白くて、ふわふわしたお日様が大好きな雲さんがまた出るまでね。


[Cheril's solo]  (※1)
僕が若かったころ、雲に手を触れたくなったり、
草むらに寝転がり、よく雲の眺めに夢想したりしたものさ。
雲は、自分達の思い通りに形を変えて、
 僕の頭の中で描いていたいろんな種類の絵になってくれるのさ。
ワイドスクリーン上で見たこともないいろんな光景を描くのさ。
見てごらん、あれは山上のモーゼ、
ほら、モンテ・クリスト島にハンサムな伯爵
四頭の白馬と馬車、狂ったように近づいてくる
国王陛下の居城が太陽に照らされている

あれは空飛ぶ円盤、
チョーサー作品の巡礼者が通過する
彼等は雲の中でも申し分なく、堂々として得意げにしている。
なんとも見ているだけで心がときめく!
映画が与えてくれるような、終わることのないパノラマ
何故って、君が監督の下にある君だけのもの
今日の上映はどう?
それに、出演者の豪華なこと。
出演者だけでなく、ストーリーはいつまでも華麗
いつもやってくれたように、何にでもなってくれた
ふらふら、ふわふわの雲さん
お日様が好きだったように
また出てきて、いろいろなものになってよ


[コーラス]
あの白くて、ふわふわした雲さんを見ようよ、
みんなをくまなく照らしてくれるお日様が大好きな、
白くて、ふわふわしたお日様が大好きな雲さんまた出てよ。



※1:シェリルのパートはラインハルト自身のアドリブソロに歌詞を当てている。

※2:もともと演奏用だったため、詩は後付けしたもの。
 他に、スザンナ・マコークルの付けた歌詞もある。(歌:コニー・エヴィンソン)

 演奏の方は、ラインハルト自身の数回にわたる録音以外にも、
 数多くのプレイヤーが演奏しているが、やはりジャンゴ系のギタリストが多い。
 ・複数回録音:ジョー・パス、ビレリー・ラグレーン、ラファエル・ファイス
 ・ジャンゴ系(近ジャズ):フェレ兄弟、ローゼンバーグトリオ、
 ・ジャズミュージシャン:アル・ヘイグ、チャーリー・へイデン、ミッシェル・ルグラン(アレンジ)



作曲:ジャンゴ・ラインハルト Django Reinhardt (1939)
作詞:ジョン・ヘンドリックス Jon Hendricks (1997?)
歌: ジョン・ヘンドリックス&マンハッタン・トランスファー Manhattan Transfer : Swing (Atlantic)


2006/06/24 訳
2012/05/01 レイアウト変更等


Home (ホームページ)   Menu (上位メニュー)