Nuages ― 各種歌詞紹介
(作曲 : ジャンゴ・ラインハルト Django Reinhardt)

ジプシー・ギター奏者ジャンゴ・ラインハルトは、アメリカ以外で初のオリジナリティを持ったジャズ演奏を確立した人と言えるだろう。 彼の作品として特に有名なのは Minor Swing (1937) と Nuages (1939) だろう。 Minor Swing の方はジャム・セッション等でよく演奏される軽快なスウィング・ナンバー。一方それとは異なり、哀愁感ただよう Nuages (ヌアージュ、雲)は、いくつかの歌詞が付けられているので紹介したい。
 1. Nuages (French)
 2. Nuages (English)
 3. It's the Bluest Kind of Blues
 4. Cloud
 5. All For You



その1 フランス語歌詞

** 作詞: Jacque Larue (1942) **
Lentement dans le soir,
 le train s'en va.
Sur le quai son mouchoir
 s'enfuit déjà.

Dans la glace comme un songe,
 le mur gris de sa maison,
sous le jour qui s'allonge,
 s'estompe a l'horizon.

Un nuage s'étire
 sur son toit bleu.
En passant il semble dire
 un triste adieu.

Et tout ce que j'aimais,
 lorsque le train vire.
Dans un flot de fumée
 s'éfface à jamais.

(google 翻訳による訳 : 不自然な部分もあるが状況は想像できるだろう)
ゆっくりと夕方に列車は去ります。
プラットフォーム上で彼のハンカチはすでに逃げています。

夢のような鏡では、彼の家の灰色の壁、
日が進むにつれて、それは地平線に消える。

青い屋根の上に雲が広がります。
彼は悲しい挨拶をするようです。

列車が回ったときに私が好きだったことはすべて。
煙の流れで永遠に。


Lo Polidoro による歌唱(アルバム Fleur de Paris, 2015)
上記フランス語歌詞はこれを元にした


この歌を最初に歌ったLucienne Delyle リュシエンヌ・ドリール




その2 スザンナ・マコークル版英歌詞

スザンナ・マコークルは1999年の録音で、上記フランス語歌詞をワン・コーラス歌った後に、彼女自身が書いた英語歌詞を歌っている。コニー・エヴィンソンもアルバム Gypsy In My Soul (2004) でこのパターンを踏襲している。
マコークル版の歌詞は検索しても見当たらなかったので、マコークルとエヴィンソンの歌唱聞き取りによる歌詞を載せるが、汽車、ハンカチ、男女の別れ、などフランス語歌詞にある素材を使って書いたもののようだ。

** 作詞: Susanna McCorkle (1999) **
When they bid their goodbye
 and say "it's done"
A cloud swept thru the sky
 and hid the sun
He climbed on the parting train
 knew they'd never meet again
Watched a-waving her handkerchief
 like a little white cloud
Is train sped down the track
 for tears flowed like a stream?
As they disappeared from sight
 in clouds of steam
She stood and heave to sigh
 watch the day die in the sky
Wondering if she'd ever see
 the sun again

彼らが別れを告げ
 『もうお終いね』という時、
雲が空を覆い
 太陽を隠す。
彼は去り行く列車に乗った
 二人はもう会うことはないと知っている。
見つめるのは彼女が振るハンカチーフ、
 まるで小さな白い雲のような。
列車は速度を落とすのだろうか
 川のように流れる涙のために。
二人の視界が
 蒸気の雲で消えるとともに、
彼女はたたずみため息をもらし
 落ち行く夕陽を見つめ
彼女は憂う、
 再び太陽が見られるのかと。


スザンナ・マコークル (From the CD "From Broken Hearts To Blue Skies" - 1998/1999)


コニー・エヴィンソン (From the CD "Gypsy in My Soul" - 2004)



その3 It's The Bluest Kind Of Blues (My Baby Sings)

1946年にスペンサー・ウィリアムスとジョン・ターナーが、 ブルーな気持ちを歌った歌詞を付けている。この歌詞で最初に歌ったのは英国歌手のデニー・デニスだという。
ペギー・リーも 1946 年にキャピトルに録音したが、この時はリリースされず、2000年に Rare Gems And Hidden Treasures というタイトルで、彼女の未発表や希少録音を集めた CD がリリースされてから日の目を見ることになった。残念ながらペギー・リーの録音を YouTube では聞けないが、アマゾンミュージック、iTune 等のサイトから聞くことは可能だ。


** 作詞: Spencer Williams and John Turner (1946, pd) **
It's the bluest kind of blues, my baby sings
It's the newest kind of blues, my baby sings
It's the kind that makes you sigh
It's the kind that makes you cry
Doing something to my poor heart
Like a soft lullaby

It's the bluest kind of blues, my baby sings
It's the truest kind of blues, my baby brings
Always on my mind, awake or a-sleeping
It's the bluest kind of blues, my baby sings

Always on my mind, awake or a-sleeping
It's the bluest kind of blues my baby sings

最もブルーなブルースさ、僕の恋人が歌うのは
最も斬新なブルースさ、僕の恋人が歌うのは
それは君をため息つかせるのさ
それは君を泣かせるのさ。
僕の貧しい心に何かを投げかけるのさ
まるで優しい子守歌のように。

最もブルーなブルースさ、僕の恋人が歌うのは
最も斬新なブルースさ、僕の恋人が歌うのは
いつだって心に訴えるのさ、起きている時でも眠っているときでも
最もブルーなブルースさ、僕の恋人が歌うのは

いつだって心に訴えるのさ、起きている時でも眠っているときでも
最もブルーなブルースさ、僕の恋人が歌うのは


英国人ロマンティック歌手 デニー・デニス 1946


Lena Seikaly Trio's のライヴ・セッション 2015



その4 マンハッタン・トランスファーの Clouds

マンハッタン・トランスファーのアルバム Swing (1997) では、いつものごとくジョン・ヘンドリックスが ジャンゴ・ラインハルトのアドリブ・パートを含め、ヴォーカリーズ版の歌詞を書いている。
原歌詞は検索で見つかるので掲載を略す。歌詞訳は Clouds 日本語訳 を参照願う。
また、 YouTube 映像埋め込みは出来なかったので、この Clouds の YouTube リンク を参照願う。


Manhattan Transfer : Swing (1997)


その5 トニー・ベネットの All For You

トニー・ベネットのアルバム The Art of Romance (2004) でベネット自身が書いた歌詞が All For You という曲で、 ベネット以外にも、ニッキ・パロット (album "The Last Time I Saw Paris" (2013) (YouTube リンク)、フレディ・コール ("Freddy Cole Sings Tony Bennett", 2006) などの録音がある。


Tony Bennett : Art of Romance (2004)

** All For You の訳(作詞: Tony Bennett (2004)) **
(原歌詞は検索で見つかるので掲載を略す)
君が振り向いて僕の目を見つめると
まさにその時僕は気付くのさ
僕の人生が今始まったばかりで
僕の過去は消え去ったと
僕に出来ることは望みそして祈ることだけ
僕らの愛がいつまでも続くようにと。

今僕の世界は生気に満ちているのさ
僕の夢が叶ったのだから
君は僕が必要とする魂だから
それは全て君から授けられるもの。

僕の人生を通じてどんな時でも
僕は君の瞳を見つめ、君のために生きようと思うんだ。





2018/05/30 作成


 ページトップへ

Menu 上位メニューへ