AUTUMN NOCTURNE

秋が子守歌を歌い
緑の葉が黄金色に変わるとき、
僕は去年の9月を思い出す。
君と僕がさよならを言ったけど
僕らは秋がまた来たら
再び逢おうと囁いたことを。

今は秋がまた山々をさ迷っているのに
でも君はあの誓いを忘れてしまった。
今ここにいる僕は、思い出と共に一人ぼっち、
ただ一つの思いは、君との秋の思い出だけ。

愛する人よ、葉が色を変える頃
僕は君の腕に狂おしいほど飢えてしまう。
愛する人よ、心がとてもブルーなとき
輝く10月の黄金の魅惑に影をさす。

照り映える月が思い起こさせるのは
二人が知っている君との愛の夜。
小さな星々に願いを掛ける。
星がまた落ちたら、愛が再び訪れ
君は僕の所に来るという
我が秋の夢が叶うように願う。


※ Autumn がタイトルに付くジャズ曲としては、 Autumn in New York, Autumn Leaves, Early Autumn , 'Tis Autumn などが知られているが、スローでもの悲しい感じの歌が多い。
この歌もスウィング時代にヒットした失恋の歌だが、同時代の似たような歌詞の歌として、ハリー・ジェイムズが 1945 年頃にヒットさせ後にジョニー・ハートマンとジョン・コルトレーンが共演した、 Autumn Serenade や、1947年にクロード・ソーンヒル楽団をバックにフラン・ウォーレンが歌った Early Autumn (ジョニー・マーサー作詞の曲とは異なる)などがある。



この曲は、1941年にクロード・ソーンヒル楽団がヒットさせたもので、同じ年にチャーリー・スピヴァック楽団も録音しているが、モダン・ジャズ演奏としてはルー・ドナルドソン、ソニー・ロリンズ、アート・ファーマーなども録音している。
歌詞は後に付けられたものらしいが、ジョニ・ジェイムズ、カサンドラ・ウィルソン、最近ではニッキ・パロットも録音している。



作詞: キム・ギャノン Kim Gannon
作曲: ジョゼフ・マイロー Josef Myrow (1941)

CD, LP
カサンドラ・ウィルソン、ジョニ・ジェイムズ、ニッキ・パロット、ルー・ドナルドソン

YouTube
■  クロード・ソーンヒル楽団 : ソーンヒル楽団特有の「雲上を漂うがごときサウンド(瀬川昌久)」が美しい
■  スコット・ハミルトン


2015/12/05 訳


 ページトップへ  上位メニューへ