Jazz Song Home データベース ジャズ歌詞の訳詩 ソング・エッセイ 書籍紹介 ABC順リスト

PRINCESS IDA
or CASTLE ADAMANT - Act I
(アイダ姫 または アダマント(堅牢)城 : 第一幕)

ギルバート&サリヴァンのコミックオペラ「アイダ姫」(1884) 台本の訳(5本目)を載せる。

台本: W.S.ギルバート W.S. Gilbert
作曲: アーサー・サリヴァン Arthur Sallivan
初演: ロンドン、サヴォイ劇場、1884/1/5


登場人物


ヒルデブランド王 【ヒル王】
ヒラリオン(彼の息子) 【ヒラリ】

ヒラリオンの友人
 シリル
 フロリアン 【フロリ】

ガマ王

彼の息子たち:
 アラク
 グロン
 シンシアス

アイダ姫(ガマ王の娘) 【アイ姫】
レディ・ブランシェ(抽象科学教授) 【ブラン】
レディ・サイキ(人文科学教授) 【サイキ】
メリッサ(レディ・ブランシェの娘) 【メリサ】

女性学士
 サカリッサ
 クロエ
 エイダ


兵士、廷臣、「女性学士」、「女子落第生(鋤の娘たち)」


あらすじ及び補足

第一幕 ヒルデブランド王宮の張出し(パヴィリオン)

あらすじ: ヒルデブランド王の城で王はガマ王の到来を待っている。ガマ王が娘のアイダ姫を連れてくる約束だからだ。しかしガマ王は到着したが姫の姿は見当たらない。ヒルデブランド王の息子ヒラリオン王子はがっかりする。彼は20年前、アイダ姫が1歳、王子が2歳のころに結婚の約束を取り交わした仲だったから。
ガマ王は外見は醜いが性格も外見通りのひねくれている。一方アイダ姫は親に似ず美しいが変わった所がある。ガマ王は姫が彼の支配する国のアダマント城で女性だけの学校を経営していると述べる。ガマ王は娘を呼びたければ丁重に頼むことだと言う。一方ヒルデブランド王は、アイダ姫が来るまで、ガマや好戦的なガマ王の息子たちを地下牢に閉じ込めておくことにし、ヒラリオン王子と二人の友人をアダマント城に向かわせる。

第二幕 アダマント城の庭園(庭の中には小川が流れ橋が掛っている)
第三幕 アダマント城のコートヤード(城内の建物や城壁に囲まれた中庭)

補足:
1.この作品は19世紀英国の桂冠詩人テニソン卿の 3000行を超す長編詩 The Princess (王女、1847年刊) のパロディである。このオペラに先立ちギルバートは一度同名のブランクヴァース形式の戯曲 The Princess (1870) を書いたことがあり成功を収めた。このコミックオペラはその時の台詞を再利用して作られたものとなる。(ちなみに子守歌としても知られる Sweet and Low はテニソンの The Princess の第3篇の冒頭に含まれたソング)
2.テニソンの The Princess にはこのオペラに登場する、アイダ、シリル、フロリアン、ガマ王、ブランシェ、サイキ、メリッサなどの名前も見られる。ストーリーもテニソンのものを元としているが、誇張・洒落・世相の風刺を加えコミカルな物語にしている。
3.この作品の特徴は、ほとんどのG&S作品が二幕ものなのに対しこれは三幕となっている。また他の作品の台詞はすべて散文形式なのに対し、このコミックオペラでは全てテニソンの詩に倣い、ブランクヴァース形式で書かれている。 ブランクヴァースの台詞はすべて緑字で記し、歌は黒字で記してある。
4.Ida は「イダ」と表記されることが多いようで映画「トプシーターヴィー」の字幕でもそのようになっていたが、参考とした DVD 及び映画「トプシーターヴィー」で出演者は「アイダ」と言っていたのでここでは「アイダ」と記す。


歌曲リスト

第一幕
1."Search throughout the panorama" (Florian and Chorus)
2."Now hearken to my strict command" (Hildebrand and Chorus)
3."Today we meet" (Hilarion)
4."From the distant panorama" (Chorus)
5."We are warriors three" (Arac, Guron, Scynthius, and Chorus)
6."If you give me your attention" (Gama)
7.Finale Act I (Gama, Hildebrand, Cyril, Hilarion, Florian, and Chorus) "P'raps if you Address the Lady" , "Expressive glances" , "For a month to dwell in a dungeon cell"



第一幕

シーン : ヒルデブランド王宮に付帯した張出し。兵士、廷臣たちがオペラグラス、望遠鏡などで外を眺めている。フローリアンが先導する。


Search throughout the panorama

            コーラス
            全景を見回して探すのだ
            ガマ王家のしるしを、
              彼は今日川を渡るはず
              魅惑ある娘とともに ―
                アイダが彼女の名前。

            何か不幸な出来事が疑いなくあり 
            彼らを遅らせておる ― だから
              全景を見回して探すのだ
              ガマ王の娘を、
                ヒラリオン王子の恋人を!

            独  唱
フロリ:      ヒラリオン王子の希望は悲しみの光となるのか?
コーラス:        誰か答えを? 誰か答えを?
フロリ:      アイダは結婚の誓約を破るつもりか?
コーラス:        誰か答えを? 誰か答えを?
フロリ:      彼女は取り消し、そんな意味ではなかった言うつもりか?
コーラス:        誰か答えを?
フロリ:      それならば、彼らには償いとなる厄病神が付こうぞ!

コーラス:    違う、違う ― 我らは諦めぬぞ、我らは諦めぬぞ、
          なぜなればガマはけして大胆にも
          恐ろしき敵となろうとはせぬから
          ヒルデブランド王の、それゆえ、
            全景を見回して探すのだ etc.

            (ヒルデブランド王、シリルを従え登場)

ダイアローグ
ヒル王:ガマ来訪の兆しは見えようか?
フロリ:                   いいえ、我が殿!
ヒル王:全くとても奇妙。 もしガマが誤って
     我が宮廷に姿を見せぬなら
     西の彼方に太陽が隠れる前に、
     そして誤ってアイダ姫をつれて来なければ
     その娘は我が息子ヒラリオンと婚約を交わしたる
     非常に若き一歳の時に、
     ならばガマ王と我らの間に戦が起きよう!
(シリルに傍白)ああ、シリル、何とも我はこの会見が恐ろしいのだ!
     20年もたつのだ彼と我が会いて以来。
     彼はよじれた怪物 ― 全てがひねくれ ―
     まるで自然と言う貴婦人が、怒りにまかせて彼女の作品を、
     気まぐれと不機嫌のうちに捻りつぶしたもの!
シリル:しかし、閣下、よじれた無様(ぶざま)な幹からも
     時に良き果実を実らせるもの。 多分彼は
     気品あり、よき評判の紳士かも?
ヒル王:                   おお、そうではない!
     まるで、毒蛇の如く、彼の棘 sting は彼の口の中にある。
    《奴の「棘」は現在も、奴が「刺した stung」が過去だとしても》 
フロリ:(望遠鏡を覗き)でもちょっと、我が殿;遥か彼方の山の頂に見えしは
     小さな体の男が来るのが、ガマの兵 (arms) を連れて; ★
     そして今より近くに見えたるは、閣下、
     ガマ王に脚部(legs)が付いているのが見えます;
     これから推論されることと言えば
     あの小さな体はガマ王の持ち物と!
ヒル王:やれ! 姫は奴とともにあるか?
フロリ:                    やれ、我が殿、
     仮に姫様がじゅうぶん6フィート (180cm) の身長で、
     髭も生やしており ― さらに葉巻をたしなみ ―
     甲冑に身を包み騎士姿で騎乗しているのでなければ ―
     姫はいないものと存じます。
ヒル王:                どうかな。
     彼女は奇妙な女子、我が聞きおよびし所では、そして奇抜な振る舞いと!
     さあ、急ぐのじゃ ¶
     ガマのため最良の礼服を持て ―
     ガマのため最悪な囚人服を持て ―
     ガマのため最良の客用寝室に換気を ―
     ガマのため最深の地下牢を開けよ ―
     ガマのため最高値の宴会を用意せよ ―
     ガマのため冷たい水と渇いたパンを!
     この地に姫を従えて来たガマ王のため、
     それとも彼女を従えずば、ガマ王に与えられしは
     あらゆるもの以上を ― 無しより遥か下の無しを!


<< ★:arm はガマに付いた腕と兵士の両義。>>


Now hearken to my strict command

            ヒルデブランド王とコーラスの歌唱
ヒル王:      さて我が厳格なる命令を傾聴せよ
            四方の者ども、四方の者どもよ ―

コーラス:        御身の命に、
              四方の者、
              我らはうやうやしく従います。

ヒル王:      もしガマが姫をここに連れてくれば、
            彼を歓迎しよう、彼を歓迎しよう。

コーラス:        もし彼女がここに来れば
              我らは彼を歓迎しよう、
                我らの喝采はこのようにします。
            ヒップ、ヒップ、フーラー! ヒップ、ヒップ、フーラー!
            ヒップ、ヒップ、フーラー! ヒップ、ヒップ、フーラー!
              我らは大声で歌いましょう
              王のご長命を、
                そして彼の娘にも、同じくと、私は信じます!
            それから叫ぶのです、ハッ! ハッ! ヒップ、ヒップ、フーラー!
            ヒップ、ヒップ、ヒップ、フーラー!
            美しき姫と良きパパのために、
                フーラー、フーラー!

ヒル王:      しかし奴が婚約の誓いを守れずば、
            吾の誓約に基づき、吾は二人に懲らしめを!

コーラス:         殿は二人に懲らしめを、
               殿の誓約に基づき、
                 四季支払日の如く厳格に!

ヒル王:      吾は奴を地下牢に閉じ込めよう、
            そして奴の弔いの鐘を鳴らそう。

コーラス:         地下牢から、
               奴の弔いの鐘が
                 落胆とともに打ち鳴らそう!
            ヒップ、ヒップ、フーラー! ヒップ、ヒップ、フーラー!
            ヒップ、ヒップ、フーラー! フーラー! フーラー!
               高く掲げししは
               信義なき王を、
                 古くから知られた方法で!
            われらは叫ぶ ハッ! ハッ! ヒップ、ヒップ、フーラー!
            ヒップ、ヒップ、ヒップ、フーラー!
            彼女の嘘つきパパを死に至らしめれば、
                フーラー、フーラー!

            (全員退場、ヒラリオン登場)

Today we meet

            ヒラリオン叙唱
          今日の日に僕たちは会おう、我が幼き花嫁と私が ―
          しかしああ、我が希望と我が恐れは釣り合っている!
        魔法によりどんな変換がなされたのだろう
          20年のもの言わぬ錬金術により!

            ヒラリオンのバラッド
          アイダは12月(つき)であった、
            20年前には!
          僕は彼女の2倍の年齢、僕はそう言われた、
            20年前には!
          夫は妻の倍の年齢
          結婚生活には不適当との議論が
          不吉な予言が広まった、
            20年前には、

          まだ、僕は小柄な王子だった
            20年前には。
          彼女は僕を見上げた、その時から
            20年前には。
          彼女は21歳ではあるが、確かに
          僕はやっと22歳 ―
          そなたは偽で愚かな予言
          20年前には、

<< 元ネタとなったテニソンの詩では王子が8歳の時の婚約だが、ここでは王子が2歳のころに1歳の姫にプロポーズしたことになっている。 >>

            (ヒルデブランド王登場)

ダイアローグ
ヒラリ: やれ、父君、ついに僕に関する知らせは届きましたでしょうか?
ヒル王:ガマ王が視界に届いたとのこと、しかし残念ながら
     姫は伴っていないようだ!
ヒラリ:               嗚呼、我が王、僕が聞いた所では、
     アイダ姫は背誓をこの世に示し
     そして、女性の仲間たちとともに、自身を閉ざし
     人知れぬ国の家に潜めたとのこと、そしてそこで
     彼女自身を捧げるは厳格なる哲学とのこと!
ヒル王:ならば我が述べたしはそのような妻を失った
     男は道理をわきまえた男として
     甘んじて諦めるであろうと。
ヒラリ:                ああ、駄目です!
     それとも僕が道理をわきまえた男でないとでも。
     彼女は私の妻 ― 20年も前からの!
(望遠鏡を手に) 今僕には彼女が見えるようです。
ヒル王:                      ハッ! 見せてみろ!
ヒラリ: 僕の心の目には、つまり ― 頬を赤らめた花嫁 ★
     よだれかけに襟飾り姿、フリルにひだ飾り姿!
     なんと彼女の美しき事彼女が生れし時には、
     もたれかかる様、彼女の乳母の腕の中で!
     かくも花嫁は涙したことか ― やすらぎも持たず
     当座の母が雇われ
     礼拝室の中で食事を投与されるまでは。 ¶
     そして僕が思い出すのはとても悩んだこと
     彼女が僕との結婚に泣き出してしまったから。
     でも僕はそこで思ったのは、『花嫁ってのはみな同じものさ。
     君は僕と結婚するから泣くのかい? 別の理由があるだろうに
     君は結婚が破断になったら泣くがいいさ!』
     これは僕の考えたこと; 心の中にしまっておいたけど、
     だってこの年齢の僕は喋り方を習っていなかったから。


<< ★:王子は求婚を拒否されたと思い悩んだが、当時1歳の赤ん坊であったアイダ姫が泣いていたのは当たり前のことで、報われぬ恋に悩む若者のセリフを揶揄したパロディだろう。>>

        (ヒルデブランド王とヒラリオン退場。廷臣登場)

From the distant panorama

            コーラス
        遠くの景色から
        ガマ王家の息子たちが来る。
          彼らは伝令者なのは明らか、
          そしてそれ故神聖なり
            ガマの息子たち、万歳! ああ、万歳!

        (ガマ王の息子たちアラク、グロン、シンシアス登場)


We are warriors three

            アラク歌唱
        我ら三人の戦士、
          ガマの息子たち、国王殿、
        大抵の息子たち同様、
          男らしくある。

三人:            左様、左様、左様、、
          男らしくある。

アラク:   我ら政治に関してはかんぬきで遮断
          我らを屈するものでない;
        全てにおいて我らは
          知的に非ず。

三人:            否、否、否、
          知的に非ず。

アラク:    しかし豪胆な心根、
          それに信頼にたる剣とともに
        我らはその役目をはたす ―
          戦いは我らの商売。

三人:            左様、左様、左様、
          戦いは我らが商売。

三人:    豪胆で獰猛、そして強靭、ハッ! ハッ!
          戦のために我らは燃える、
        それが正義だろうと悪だろうと、ハッ! ハッ!
          我らに関心はない。
        戦いの命令あらば、ハッ! ハッ!
          従うは命令を、
        我らは強き男、ハッ! ハッ!
          戦いは我らが商売。
            左様、左様、左様、
        戦いは我らが商売、ハッ! ハッ!

            コーラス
        彼らは強き男、ハッ! ハッ!
        戦いは彼らの商売。
        戦いの命令あれば、ハッ! ハッ!
        従うは命令を!
          戦いは彼らの商売。

            (ガマ王登場)

If you give me your attention

            ガマ歌唱
        君らがわしに関心をよせてくれれば、わしが何者か喋ろうぞ;
        わしは天賦の博愛主義者 ― 他の者どもは偽物よ。
        やや癇癪気味の欠点そして社会的短所それぞれは
        わが過ちし同胞だが、われは正そうと努力する。
        それらあらゆる小さな弱点に我は人々の目を開く;
        そして自己満足を抑えるためのちょっとした計画がある;
        わしはわが同胞を愛している ― わしは出来る限りの良きことをしよう ―
        それでも誰もが私が不愉快な男だと言う!
          そうわしには何故かは分からぬが!

        膨らみし挨拶にはわしの応えは萎えさせてしまい;
        そして虚栄にはわしは屈辱を与えるべく最善を尽くし;
        慈悲深き好意にはわしは巧妙にも切り刻む;
        そして私心ある目的にはわしは喜んで看破する;
        わしは皆の収入を知っておるし稼ぎの種もだ;
        そしてわしは所得税還付を注意して比較する;
        しかしわしが多く色々画策しようとそれは人道のためなのだ、
        それでも誰もが私が不愉快な男だと言う!
          そうわしには何故かは分からぬが!

        わしは確かに禁欲主義者でないし;わしはなるべく楽しむことにしておる;
        君はわしが破滅的な当意即妙を用意しているといつでも分かろう、
        わしの含み笑いは意地悪く、わしには高名なる冷笑を持つ、
        わしには娯楽の忍び笑いが、わしには魅惑的なる横目が、
        誰にでも偏見をがあることをわしは一つ二つ知っている;
        わしには女の年齢を30秒ほどで言いあてられるし ― そうわしは言う。
        しかし例えわしはなるべく気のいい奴になろうとしても、
        それでも誰もが私が不愉快な男だと言う!
          そうわしには何故かは分からぬが!

コーラス:        彼には何故かは分からぬが!

<< G&S得意のパターソング。 ガマは毒舌を吐き人に嫌われることを生きがいとする外見と釣り合ったひねくれた王。だが、偽善や仰々しい礼儀作法、表面的な博愛主義を嫌うといった点ではまともな人間かもしれない。>>

        (ヒルデブランド王、ヒラリオン、シリル、フロリアン登場)

ダイアローグ
ガマ王:そうこれがヒルデブランド城か? まあ、まあ!
     流言婦人が囁いておるそこは偉大な地だと;
     彼女は君の趣向は素晴らしきものだと言っておる、
     華麗にして、無比のものと!
ヒル王:(満足げに)          おお、まことか、王よ!
ガマ王:しかし彼女は嘘つきだ! 何故に、何とも君は老いたことか!
     これなるはヒラリオン殿か? 何故に、君もまた変わり果てたことか ―
     君は全くにも綺麗な子供だったのに!
(フロリアンに)君は廷臣か? 来たまえ、そして、君の職務に忠実にあれ、
     私に嘘をつきたまえ。 君は王様をお好きかね?
     下品な流言が言うには彼は全くもって愚鈍と。
     さて、それは違うだろう?
フロリ:                閣下、我らは我が王を愛しております。
     彼の賢き言動は彼の宮廷にて評価されております
     まさに宝石のごとくに。
ガマ王:             それは自己同一の根拠のため。
     まるで宝石のように、彼の思慮ある言動が
     もたらせしはその希少ゆえの価値!
     来たまえ、正直になって、一度でも真実を語らぬか!
     わしに言わぬか。 さあ、さあ、恐くないから。
     この脚は曲がっておる ― この足は不格好な造り ―
     この肩が背負うものはこぶ! さあ、正直に!
     見よ、ここにはわれの顔が! さて、わしは最悪なる
     自然が犯しし失敗作じゃないとでも?
シリル:                      自然は決して過ちなど犯しません。
     あなたの心から生れし働きを知る者は、
     あなたの顔と体つきは、閣下、一巻の本を思わせ
     正しくも製本されたものです。
ガマ王:(かっとなり)          なんと、聞け、おい君!
     どうやったらお前はわしに悪口を図々しくも浴びせることが?
シリル:                                    そんな必要など
     あなたに当てはまるのは何であれ悪口になる必要などないのです。 ¶
ガマ王:(怒って)君はこれを許すのかね、国王閣下?
ヒル王:                            吾には疑問が
     貴方を誇りある客ともてなすべきか
     あるいは裏切り者の悪党として、彼は誓約したのに
     それを破ったから。
ガマ王:(素早く)      われに関する投票をするならば、
     わしは前の見解に一票投じる!
ヒル王:                   確認しようではないか。
     われらの契約条項を、署名し封印されたる、
     君は今日の日に姫を連れてくるはず:
     何故に彼女は君と来ないのか?
ガマ王:                    答えはこの通り:
     君は何と思う、裕福ながら金を鼻にかけた男、
     ある男、彼が極貧にあえぐ友を訪問する時に、
     彼の黄金と華麗な手帖を見せつけ、
     それに生活保護者の目にダイヤを輝かせる奴を?
     そんな男を君はなんと呼ぶだろう?
ヒル王:                     俗物だね。
ガマ王:その通り。 かの少女には美と、徳と、知がそなわっておる。
     優美、機転、叡智、慈悲そして魅惑。
     頼むから考えてくれぬか、君自身が、行進が
     これら華麗なる品性を君の目の前にあるとしたら?
     だめだ、だめだ、ヒルデブランド王よ、わしは俗物ではないのだ!
ヒル王:(怒って)その舌を止めよ、
     さもなくば君の口を支えておるその猿頭を失うぞ!
ガマ王:ブラヴォー! 君たちの王はわしの頭を奪うという、
     それなら彼とわしは同条件となり合うと言うもの!
ヒル王:彼女は今どこにいるのだ?
ガマ王:                アダマント城だ。
     わしの多くある国の家の一つだ。 彼の地で
     彼女は女の大学を経営しておる、
     百人もの少女で一杯で、娘の教えを習っておる。
シリル:百人もの少女たち! 百ものエクスタシー!
ガマ王:しかし少女たちだけではないぞ、我が紳士よ;
     あらゆる学部での学問は自慢とするもの、
     最も若きものでさえと対等に戦えよう。 ★1
シリル:心より願います、もし彼女が可愛いのなら!
(フロリアンに)考えてごらん、百人もと縁組みできるとは ― みな生き生きしていて ― ★1
     それが僕が願うとおりに僕が彼女らと突きあたるとすれば!
ガマ王:君の希望は放棄しなさい; 彼女らの心は男にはなびかぬのだ。
     彼女らのお気に入りになりたい男の要件は
     彼女たちの満ち溢れる頭脳をたたきのめす資質でなければ、
     そう彼女たちの心をではなく。 彼女たちは安全マッチなのだよ、君、 ★1
     そして彼女たちが灯すのは知識という箱だけ ―
     だから君にはチャンスはなし!
フロリ:それにどんな城壁かは知らぬが男性はいないのですね? ★2
ガマ王:一人もだ、紳士諸君、手紙は別として ★2
     そして運用するのは 《男が大抵は務めるは
     大きな共同体においてだが》 女によってだ。
     何故かって、いやはや、彼女は変わり者だから
     彼女はワッツ博士の讃美歌にはなかなか影響されぬ ― ★3
     そして彼女の所持するあらゆる動物は『彼女のもの』!
     毎朝には鶏鳴により淑女たちは目覚めるというもの ―
シリル:ああ、じゃあ彼女たちは雄鶏は所持しているのでは?
ガマ王:                               全くおらぬ。
(自信げに)ときを知らせるは雌鶏により成し遂げられるのだ。


<< ★1:3カ所に出てくる match は、対等な戦い、縁組、火をつけるマッチ、で洒落ている。 ★2:ここも同じ発音の、男性 male と手紙 mail の洒落。 ★3:Dr. Isaac Watts (1674-1748) は最も偉大な英国讃美歌作者 >>


Finale Act I : P'raps if you Address the Lady

            フィナーレ:ガマ、ヒルデブランド二重唱
ガマ王:         多分君がそのレディに話しかけるとしたら
              最高に丁重に、最高に丁重に ―
            こびへつらって女性に好印象を与えるのだ、
              最高に丁重に、最高に丁重に ―
            つつましく懇願しそしてつつましく訴えるのじゃ ―
            彼女はもしかしてお目をかけて下さるかも
            しかし君の行為は必ずしなければならぬのは
              最高に丁重に、最高に丁重に ―

コーラス:        つつましく懇願しそしてつつましく訴えるのじゃ etc.

ヒル王:       そなたが行ってそのレディに伝えるがよい、
              最高に丁重に、最高に丁重に ―
            もし彼女が拒否すれば、かのレディには乱暴に扱おうぞ
              最高に丁重に、最高に丁重に ―
(ガマに)       そなたが捕虜としてここに残るのだ;
            ヒラリオンが行こう、
            吾はそなたを縛り首に、けっして恐れるでない、
              最高に丁重に、最高に丁重に ―

コーラス:        そなたが捕虜としてここに残るのだ etc.

  (ガマ、アラク、グロン、シンシアスは監禁された状態で行軍する、ヒル王が続く)

            ヒラリオン叙唱
            来てくれ、シリル、フロリアン、僕らの行く先は明快、
              明日の朝には美しいアイダと僕らは結ばれよう;
            しかし僕らは力ずくで愛を勝ち取ろうとは思わない、
            自然が武装しているのは僕らが遂行しようとしている戦に!

Expressive glances

            ヒラリオン、シリル、フロリアン三重唱
ヒラリ:          表現豊かなまなざしこそ
              僕らの槍となろう、
                そしてシュリ産シャンパンの泡が
                僕らの軽い大砲となろう。
              僕らは彼女らの閨房を襲撃す
              薫る驟雨のような
              美しき花々
                僕らが買えるだけの!

コーラス:           ああ、上品なるトライオレット! ★
                ああ、芳しきヴァイオレット!
                ああ、優しき ハイホーレット!
                  《それはちいさな吐息》。
                甘き都会風で、
                終始するは全くのおバカ風、
                触れるは彼女らの自惚れ風
                  僕らは頼ろうか!

シリル:          夜の帳が降りる頃、
              小夜曲とともに
                そんな軽薄さで
                僕らは品良きを見せつけよう。
              あまく豊富な
              優しき隠喩
              この大胆なる侵入こそ
                正当化されるべき。

コーラス:           ああ、上品なるトライオレット! etc.

フロリ:          僕らの魅力で彼女たちの感性に訴えよう
              言葉の剣にて、
                恋のバラッドと、
                美辞麗句にて。
              用心することはほとんどなく
              その心地よき嘆願は、
              僕らの恋を広め
                僕らは正そう!

コーラス:           ああ、上品なるトライオレット! etc.

<< ★:トライオレット triolet は詩の様式。ハイホレットと訳した heigho-let という言葉は、感嘆・呼びかけなどを表す heigh-ho に小さいを意味する接尾語 let を付けた造語か?>>

(ガマ、アラク、グロン、シンシアス再登場、鉄鎖を付けられている。続くはヒルデブランド王)

            叙  唱
ガマ王:    われらは、それまで、牢獄に押し込められなければならぬか?
ヒル王:                 そうせねば!
ガマ王:    これは不必要なほどに厳しきもの!
アラク、グロン&シンシアス:    聞け、聞け!

For a month to dwell in a dungeon cell

            アラク、グロン、シンシアス三重唱
              一月もの間住まうは
              地下牢にて:
                やせ細り萎れて行くだろう
                寂しき牢獄では、
              それは貧しき外見となる
              頑強なる兵士には、
                彼が待ち望むは騒乱
                面倒なる戦(いくさ) ―
              ラム・タム・タムと行進を
              軍太鼓に鼓舞されて
                そして銃を放つ ブーン! ブーン!

全員:           ラム・タム・タムと行進を
              軍太鼓に鼓舞されて etc.

ヒル王:         ヒラリオンの花嫁が
              ついには応じた時には
                それがただ一つの条件
                われらが要求するもの、
              君らは急ぎ行くがよい
              そして君らの好みに耽るがよい
                その魅惑的な騒乱に
                面倒なる戦に ―
              ラム・タム・タムと行進を
              軍太鼓に鼓舞されて
                そして銃を放つ ブーン! ブーン!

全員:             ラム・タム・タムと行進を
              軍太鼓に鼓舞されて etc.

全員:           しかしその時までは お前たちは/われらは 残らねば、
              そして われらは/彼らは 保釈を喜ばないだろう、
              彼女が われらの/彼らの 命令に従わぬなら、
              お前たちの/われらの 命は罰として支払われよう!

        (ガマ、アラク、グロン、シンシアスたちは行進させられ退場)


        第一幕 了

第二幕 に続く


補足:
●訳、補足等はGilbert and Sullivan Archive にあった "Princess Ida" 台本等を元にした
●1982年BBC制作のTV番組 Princess Ida (1982) のDVD を参考とした。

●()は主にト書き。
●台詞、歌中の《》は傍白。
●茶色字の≪≫内は訳者のコメントや用語解説。
●記号¶のついた行は、意味不明につき仮訳、訳に自信がない所。
 


2012/04/01 訳


 ページトップへ