Jazz Song Home データベース ソング・エッセイ 書籍紹介 ABC順リスト

PATIENCE
or Bunthorne's Bride - Act II, 1/2
(ペイシェンス または バンソーンの花嫁:第二幕 前半)

第二幕前半のあらすじ:  乙女たちの中で一人だけバンソーンに忠誠を誓うジェーンはいつかバンソーンが自分の愛に気づいてくれると願っている。 一方、ペイシェンスへの恋心は消えてはいないグロゥヴナーの行く先々について来る崇拝対象を鞍替えした乙女たちに彼は辟易している。彼女たちの頼みにより詩を朗読するも、およそ審美派とは程遠い詩であり、しかし彼女たちは崇拝の思いを変えることはない。彼は磁石と銀の撹乳器の寓話を持ち出し彼女たちを去らせる。
ペイシェンスが現れ、バンソーンへの嫌悪とグロゥヴナーへの想いから泣き出す。グロゥヴナーは彼女への愛を告白しようとするも、しかし彼女は義務としてのバンソーンへの愛があるので、グロゥヴナーの愛を受け入れることが出来ず彼を突き放す。 一人になったペイシェンスのもとに、バンソーンとジェーンが現れ、ペイシェンスはバンソーンに義務としての愛の苦しみを打ち明け泣き出す。
バンソーンはグロゥヴナーが来て以来、ペイシェンスへの愛や乙女たちの崇拝が失われたことで彼に嫉妬を覚える。バンソーンはグロゥヴナーと同じ土台の審美派の詩で対決し彼に恥をかかせようと決意する。・・・



歌曲リスト

10. On such eyes as maidens cherish (Opening Chorus) - Maidens
11. Sad is that woman’s lot (Recitative and Solo) - Jane
12. Turn, oh, turn in this direction (Chorus) - Maidens
13. A magnet hung in a hardware shop (Solo and Chorus) - Grosvenor and Maidens
14. Love is a plaintive song (Solo) - Patience
15. So go to him and say to him (Duet) - Jane and Bunthorne

後半
16. It’s clear that medieval art (Trio) - Duke, Major, and Colonel
17. If Saphir I choose to marry (Quintet) - Duke, Colonel, Major, Angela, and Saphir
18. When I go out of door (Duet) - Bunthorne and Grosvenor
19. I’m a Waterloo House young man (Solo and Chorus) - Grosvenor and Maidens
20. After much debate internal (Finale of Act II) - Ensemble



第二幕

第一幕 後半より

シーン: 林間の空き地。ジェーンが一人だけでチェロを練習している姿が見られる。乙女たちのコーラスが遠くから聞こえる。

On such eyes as maidens cherish

            乙女の思いを抱きしその目元
              汝情けをかけよ崇拝者の眼差しに、
                さもなくば直ちに消えてくれぬか、
              彼女たちの燃え尽きる視線から!

ダイアローグ
ジェーン: 気まぐれな一団はレジナルドを見捨て彼の敵対者に忠誠を誓った、それで驚いたことに、実に全く、ひとえにはかつて愛した女々しい乳しぼり娘に彼が一瞥したから! 愚か者ども! そのような気まぐれに彼はやがて飽き ―― それから、私が、ただ一人彼に忠実な者、我に報いが来るであろう。 しかしながらあまりにも長きの戯れするなかれ、レジナルド、我が魅力は熟しきっているゆえ、レジナルド、そして既に腐敗しかけておる。 私が遥か遠くに行く前に私を確保されるがよかろうに!

Sad is that woman’s lot

            レチタティーヴォ ―― ジェーン
        悲しきは女の運命、年経るごとに、
        見えるは、ひとつひとつと、彼女の美は消えてゆく、
        いつか、女の心から洩れるため息は疲労へと変われば
        堰を切って『彼女の目のかすみ』を始める。
        ついには、人生の不明瞭な黄昏時が押し寄せ、
        女の皴だらけの額には『櫛で』梳き残った髪が絡まり、
        衰えを、ルージュ、口紅、白粉、
        にて『メークアップ』し失われし時を精一杯飾ろうとす!

            歌 ―― ジェーン
            銀色となりしは烏の濡羽の髪、
              散らばるは分けられた直ぐな髪、
            シミとなるは肌つやのあった美しき肌、
              とどまるは若き日の足取り、
            虚ろとなるは無邪気な笑い声、
              眼鏡となるは澄んでいた眼、
            何も残らなくなるであろう
              やがて来る別れの時には。

            消えゆくは腰のくびれ、
            
              たるみはじめるは整ったからだ、
            例え帯をきつく縛っても、
              ゆるむは体型!
            かつての私より太ってはいるが、
              さらに肥えていくは私 ――
            私にはあまりにもむごきことと、
              やがて来る別れの時には。

                (ジェーン退場)

(グロゥヴナー登場、後から付いて来るのは、乙女たちが二人ずつ、第一幕同様に、それぞれ古代ギリシャ風楽器を演奏している。 第一幕同様にバンソーンがしたように、彼は放心状態で読書し、彼女たちには目もくれない)

Turn, oh, turn in this direction

            乙女たちのコーラス
        振り向いて、ねえ、こちらに振り向いて、
          こぼして、ねえ、優しい微笑みをこぼして、
        完全なる悲しみの眼差しとともに、
          私たちの哀れな心は惑います!
        乙女の思いをいだいたその目つき
          そなたの情けを崇拝者の眼差しに、
        さもなくば直ちに消え失せよ、
          彼女たちの燃え尽きる視線から!
        
            (彼は座り込み、彼女たちは彼の周りを取り囲む)

ダイアローグ
グロゥヴナー: (傍白) 昔、昔からの物語。 何とも有頂天にこの乙女たちは僕を愛していることか、そして何とも望みなきことか! ああ、ペイシェンス、ペイシェンス、心にはそなたへの愛があるのに、この哀れな気が狂った乙女たちには、ただ価値なき憐みのみしか与えられぬのか? 嗚呼、彼女たちは希望なき僕への愛に死を迎えるであろう、僕の希望なきそなたへの愛に死を迎える時に。
アンジェラ: サー、どうか朗読くださいませんか?
グロゥヴナー: (ため息) いいとも、娘さん、聞きたいのなら。 何を朗読しようか?
アンジェラ: どれかあなたの詩を。
グロゥヴナー: どれか僕の詩を? お勧めできないよ、娘さん。 僕の詩集はそなたたちの愛を癒すものではないだろう。
エラ: バンソーン氏は彼の詩を毎日読んでくれました。
サフィア: それで、彼にしっかりと向き合えば、彼は素晴らしく朗読してくれたの。
グロゥヴナー: ああ、彼はそうやったのかい? まあ、僕は君たちから我が天分を保留しておく義務を負う者でもないだろう? 僕はただの被信託者なのだろう? ここに十行詩がある ―― 純粋で単純なもの、ヒナギクのごとくとびっきりの ―― 赤子なら理解できよう。 これを堪能すれば、他のことは全く考えなくなるだろう。
アンジェラ: 他のことは全く考えなくさせてください!
グロゥヴナー: (朗読する)

            礼節なるジェーンは黄金のごとく善だった、
            彼女は常に言われたとおりを守った;
            彼女は決して食べ物が口にあるときは喋らず、
              足を抜くためにアオバエを取ることもなく、
              素敵な新品のワンピースにプラム・ジャムのしみを付けることもなく、
              シロネズミを八日間時計の中に入れることもなく、
              買ったばかりの人形を解剖することもなく、
              里子の癇癪を鎮めるためにアルコールを与えることもなかった。
            そして彼女が成長し嫁にもらわれた
            四輪馬車を持参する第一級の伯爵のもとへ!

グロゥヴナー: 僕は、この十行詩の中に慎ましさが顔を赤らめるような計算された言葉が一つもないと断言できると信じている。
アンジェラ: 一つも、この詩はそれ自身純粋そのものですわ。
グロゥヴナー: 別の詩をしんぜよう。

              いたずらトムはとても悪ガキだった、
              大きな水鉄砲は彼の大好きなおもちゃ;
              彼は父のブーツに生きたエビを入れた、
              そしてとっておきの外出着の袖を縫い合わせた;
              彼はか弱い妹たちの頭を殴った、
              そしてベッドに赤トウガラシを入れた。
              彼は靴縫い用蝋を彼女たちの髪に塗りたくり、
              そして熱くした半ペニー硬貨を背中に入れた。
            結果として彼は何もかも失った、
            そして結婚した娘は踊り子その他! (★)
        

<< この2詩ともに審美派とは全く関係のない詩。 ★:踊り子その他と訳したのはソロで踊らないバレー・ダンサー。当時のバレーダンサーはより低く見られていた。例えば『虚栄の市』のベッキーが軽蔑されたのは彼女の母親がオペラの踊り子だったから。>>

アンジェラ: 際立ったあなたの何とも荘厳なこと ―― 何と容赦なきこと ―― 忌まわしい犯罪のカタログが闊歩し、天罰が下るまだ、まるで大空を舞う鷹のごとく、悪漢をとらえようと舞い降りようとしているでは? ああ、何とも酷きこと!
エラ: ああ、サー、あなたは本当に真の詩人、なれば私たちの心に触れ、そして心があなたの所へと出て行くでしょう!
グロゥヴナー: (傍白)これには全くの食傷する。 (声に出し)淑女のみなさん、済まなくも無礼と思われようが、本日は土曜日であり、君たちは月曜日以来僕の後をついてきておる。 僕は通常の半ドンが好ましく思える。 君たちの許しがあれば今日は早々にお開きとして個人的な楽しみを得たいのだが。
サフィア: おお、サー、私たちを遠ざけないでください。
グロゥヴナー: ああ、哀れなる少女たち! 単刀直入に申そう。 君たちが僕を愛しているのは知っている、しかしだ僕はそのお返しに君たちを愛することはできないのだ、何故なれば僕の心は他の人に決まっているから。 磁石と撹乳器の寓話を思い出してごらん。
アンジェラ: (荒々しく) でも私たちは磁石と撹乳器の寓話など知りません!
グロゥヴナー: 知らない? では歌って差し上げよう。

A magnet hung in a hardware shop

            歌 ―― グロゥヴナー
        金物屋に掛かっていたのは磁石、
        周りには愛情を抱いた一団が
        鋏に針に釘にナイフなどの、
        捧げるは命を賭しての愛。
        しかし鉄類に対しては気まぐれな気持ちも起きず、
        例え彼は鉄を惹きつけても、鉄類は彼を惹きつけなかった。
        針や釘やナイフからは彼はそっぽを向いたのは、
        彼はその愛を銀の撹乳器に捧げたから!
        
乙女たち:   銀の撹乳器?
グロゥヴナー: 銀の撹乳器さ!
            彼の最もなる審美、
            とてもなる磁力
          気まぐれが振り向かせ ――
            『もし僕が甘言で誘うことが出来るなら、
             ナイフや針なんかを、
          銀の撹乳器にだって出来るはずだよね?』

乙女たち:   彼の最もなる審美、 etc.

グロゥヴナー: そこで鉄も鋼も驚きを表した、
        針はきれいに開けられた目を見開き、
        ペンナイフは『黙れ(閉じろ)』という気分になったのは疑いなく、
        鋏は『よしてくれ(切り離す)』と宣言し、
        薬缶は怒りに沸き立った、という話、
        釘はみんな頭を失っている間に、
        そしてあっちこっちとさまよいはじめた、
        ハンマーがやって来て釘たちを家に帰すまで(打ち込むまで)

乙女たち:   ハンマーが釘たちを家に帰したの?
グロゥヴナー: ハンバーが釘たちを家に帰したのさ!
            一方この磁石、
            渡り歩き
          恋人について彼が学んだは
            努力せずには
            磁石は永遠に
          銀の撹乳器を魅惑することはなかろう!

乙女たち:   一方この磁石、 etc.

  (彼女たちは意気消沈して立ち去る、時々彼の方を振り返りながら)

ダイアローグ グロゥヴナー: やっと彼女たちは去ってくれた! 僕に出会うすべての人に魅力を行使しているかに見えるこの不思議なる魅力とは何だろう? 運命的なる我が美の呪いか、我に征服された女たちにはうんざりだ!

            (ペイシェンス登場)

ペイシェンス: アーチボルド!
グロゥヴナー: (振り向き彼女を見る) ペイシェンス!
ペイシェンス: 私のレジナルドが起こす面倒事から逃げて来たの。 あなたにとても会いたかったわ、あなたがかつて私を好きだったようにまだ私を愛しているか聞きたかったの。
グロゥヴナー: 君を愛しているかって? もし一生涯の献身をと ―― (彼女の手を握る)
ペイシェンス: (憤慨して) 止めて! 手を放して、やめないとと叫ぶわよ! (彼は彼女を離す) もしあなたが紳士なら、どうか思い出して私は他の人のものだと! (とても優しく) でもあなたは私を愛しているわね、そうでしょ?
グロゥヴナー: 狂おしくも、絶望的にも、諦めきれぬほどに!
ペイシェンス: そうよね! 私はあなたのものにはなれない、でもそうよね!
グロゥヴナー: それで君はこのバンソーンを愛しているのかい?
ペイシェンス: 心全体の恍惚をもって、しおれ、枯れるほどに、そし燃え、痛むほどに! (悲しげに) それが私の義務だから。
グロゥヴナー: 賞賛すべき少女だこと。 でも君は彼と一緒で幸せなのかい?
ペイシェンス: 幸せ? 私は説明できないほど惨めよ!
グロゥヴナー: そうだよね! 僕は君のものにはなれない、でもそうだよね!
ペイシェンス: でももう行って。 愛するレジナルドが近づいているのが見えるわ。 さようなら、愛するアーチボルド、あなたが私をまだ愛していると知ってどんなに嬉しく思ったか言い尽くせないわ。
グロゥヴナー: ああ、もし僕が大胆にも ―― (彼女の方に近づく)
ペイシェンス: サー! この言葉は他の約束された方へのもの! (優しく) おお、アーチボルド、時々私のことを思って、私の心は傷ついていることを! 彼は私には思いやりのないひと、そしてあなたはとても愛らしい人!
グロゥヴナー: 愛らしい! (彼女の方に向かう)
ペイシェンス: 一歩でも私に近づけば、私は善良で純な女として、叫びますわ! (優しく) さようなら、アーチボルド! (厳しく) そこに止まって! (優しく) 時々私のことを思って! (怒って) 近づくはあなたに危険が! も一度アデューを!

(グロゥヴナーはため息し、彼女を悲しげに見つめる、深くため息しながら退場する。彼女はどっと泣き出す)

  (バンソーン登場、ジェーンが付いて来る。 彼は不機嫌で心が一杯になっている)

            ジェーンの歌
            悲しみのつながり
            ひとつづつ私が歩くのは一日中。
            無益な私の愛ゆえ ――
            誰よりも悲壮
            ただため息し漏れる言葉は
            悲痛とは私のこと、嗚呼!

ダイアローグ
バンソーン: (ペイシェンスを見て) 泣いておるのか? なぜ泣くのじゃ?
ペイシェンス: ただ思っていたのは強くあなたを愛していることです!
バンソーン: 私を愛している! フン!
ジェーン: 彼を愛している! フン!
バンソーン: (ジェーンに) 邪魔するでない。
ジェーン: 彼はいつも私を痛めつけている!
ペイシェンス: (彼の所に行きながら) どうしたのですか、愛するレジナルド様? 何か悲しいことがあれば、私に言ってください、私も共に悲しみましょう。 (ため息しながら) それが私の義務ですから!
バンソーン: (ぶっきらぼうに) 君は今誰と話をしていたのだ?
ペイシェンス: 敬愛するアーチボルド様とです。
バンソーン: (激怒して) 敬愛するアーチボルド様と! 我が面目に対し、あまりではないか!
ジェーン: 大いに酷すぎますわ。
バンソーン: (怒りをジェーンに) 黙れ!
ジェーン: また痛めつけられた!
ペイシェンス: 私が思うに私が会った人の中で、彼は最も気高く、最も清く、最も完全な存在です。 でも私は彼を愛してはいません。 実は彼は献身的にも私に愛情を抱いていました、でも私は彼を愛していないのです。 いつだって彼が愛情を募らせたとしたら、私は叫び声を上げます。 これは私の義務ですから! (ため息)
バンソーン: そうだろうよ!
ジェーン: 私も! そうでしょうよ!
ペイシェンス: ああ、私が彼を愛しながらもあなたも愛せるのでしょうか? 二人の人を同時には愛せないものでしょう!
バンソーン: ああ、出来ないのかね、それでも!
ペイシェンス: ええ、出来ないでしょうね、もし出来たらいいのに。
バンソーン: 君は愛がどんなものかわかっていないようだね!
ペイシェンス: (ため息) いいえ知っています。 知らない時は幸せの時を過ごせましたは、でも苦い経験が私に教えてくれたのです。

        (バンソーンとジェーン退場)

Love is a plaintive song

            バラード ―― ペイシェンス
        愛とは悲しみに満ちた歌、
          苦しんでいる乙女により歌われる、
        話すは間違った物語、
          話すは裏切られた望み、
        返るはそれぞれの音階が変わるたび、
          彼が悲しいときは済まなく思い、
        彼のどんな欠点にも盲目になり、
          彼が喜べば陽気になる!
            間違いが治癒できるは愛はなく、
              常に新しきは愛、
            純粋なるものこそ愛、
              真実なるものこそ愛!

        悪しきに善を与え、
          しかめ面に微笑みかけ、
        あなたを片意地にさせ、
          あなたの落涙には声を上げて笑い、
        決して利己的な気まぐれの、
          面倒事や悩ませる痛みを起こすことなく。
        全てが彼のため
          全く彼女のためでなく!
            とわに耐えるは愛、
              例え報いは少なくとも、
            純粋なるものこそ愛、
              真実なるものこそ愛!

 (バラードの終わりににペイシェンスは泣きながら退場する。バンソーンとジェーン登場)

ダイアローグ
バンソーン: 何もかもわが身には悪い方向に来ている、あの気取った顔の馬鹿が来て以来。 それまでは私は尊敬されていた ―― 言ってみれば愛されていた。
ジェーン: 遠慮しすぎです ―― 崇拝されていたのです!
バンソーン: 詩人には朗読させるもの! 乙女らは我が行く所どこへでもついて行ったもの、今では彼の後をついている。
ジェーン: 全員ではありません! 私は今でもあなたに忠実ですわ。
バンソーン: そう、可愛い乙女だねは!
ジェーン: いいえ、可愛くはありません、がっしりです。 元気を出して! 私はあなたの元を離れません、誓います。
バンソーン: ああ、有難う! 私には何なのかわかるぞ、それは彼の途方もない柔和さなのだ。 彼女たちは私にあまりにも高位なる刺激を感じてしまい、あきれたことに! そう疑いもなく私には高位なる刺激が備わっているのだ。
ジェーン: 私の嗜好ではありません!
バンソーン: (残酷に) いいや、しかし私は彼女たちのものだ。 しかし私は世界に示そう、私にも彼と同じように柔和になれることを。 もし彼女たちが無味を求めるなら、彼女たちに与えよう。 私は彼に会い同じ土台でこの男を打ち負かそう。
ジェーン: できますとも。 私が手助けしましょう。
バンソーン: そうするのか? ジェーン、君には大量の善き点がある、結局は。

So go to him and say to him

        デュエット ―― バンソーンとジェーン
ジェーン:     そこで彼の元へ行き彼に言おう、丁重なる皮肉をもって ――
バンソーン:            歌おう 『やあ、君
                御機嫌よう』 ――
              それで僕はこう言おう!
ジェーン:     『あなたのスタイルは大いに神聖 ―― あなたの髪型はあまりにも規範的』

バンソーン:            歌おう 『お前なんかヘッヘッ ――
                お前なんかフン! フン! 』 ――
              それで僕はこう言おう!
ジェーン:     『私は理想的男子にして病的なる若き審美だった ――
         我が霊感を疑うは異端と思われていた ――
         君の温和なる嘔吐剤で私に割り込むまでは』
バンソーン:            歌おう 『お前はブーブー ――
                お前はプープー』
                歌おう 『お前はブーブー ――
                お前はプープー』
              それで僕はこう言おう!
二人:       歌おう『やあ、君 ―― 御機嫌よう』 ――
        歌おう『お前なんかヘッヘッ ―― お前なんかフン! フン! 』 ――
        歌おう 『お前はブーブー ―― お前はプープー』
        それであなたは/私は言おう!
バンソーン:     彼に言おう彼がもっとおどけると承諾するまで
ジェーン:             歌おう 『お前はブーブー ――
                お前はプープー』 ――
              それであなたはこう言うでしょう!
バンソーン:    彼の巻毛をカットし、彼の眼ん玉に眼鏡をかけてやる ――
ジェーン:             歌おう 『お前なんかヘッヘッ ――
                お前なんかフン! フン!』 ――
              それであなたはこう言うでしょう!
              それであなたはこう言うでしょう!
バンソーン:    彼との会話を屁理屈と揚げ足取りだらけで埋めてしまおう、
        豚のブツ切りと太巻きプディングをがつがつ食らおう ――
        彼は都合よく素早く立ち消えるがよかろう。
ジェーン:             歌おう 『やあ、君 ――
                御機嫌よう』 ――
              それであなたはこう言うでしょう!
二人:       歌おう『やあ、君 ―― 御機嫌よう』 ――
        歌おう『お前なんかヘッヘッ ―― お前なんかフン! フン! 』 ――
        歌おう 『お前はブーブー ―― お前はプープー』
        それであなたは/私は言おう!

            (ジェーンとバンソーン一緒に退場)


第二幕 後半に続く


補足:
●訳はGilbert and Sullivan Archive : Patience 台本を元にした。
●1982年BBC制作のTV番組 Patience / Hammond-Stroud, Mills, Collins, Opera World (1982) (スタジオ撮影) のDVD を参考とした。
●用語等は、Gilbert and Sullivan Archive の Glossaries 、 Benford's G&S Lexcon Entries for Patience などを参考にした。
●茶色字の≪≫内は訳者のコメントや用語解説。
●意味不明の歌詞やダイアローグなどは、適当に訳してある。
 


2014/06/30 訳


 ページトップへ