Jazz Song Home データベース ソング・エッセイ 書籍紹介 ABC順リスト

PATIENCE
or Bunthorne's Bride - Act I, 2/2
(ペイシェンス または バンソーンの花嫁:第一幕 後半)

第一幕後半のあらすじ:  バンソーンが一人でいる所にペイシェンスが現れる。喜んだバンソーンは彼女に愛の告白をするがペイシェンスは彼を嫌悪し拒絶する。傷ついたバンソーンが去るとアンジェラが現れ恐怖におののくペイシェンスに何があったか聞くと、ペイシェンスは愛とは何かをアンジェラに聞く。
アンジェラはまことの愛とは無償の純粋な感情と答えるが、無償という義務の愛をしたことがないペイシェンスは泣いてしまう。アンジェラがペイシェンスに人を愛した経験を聞くと、14年前の幼少時に遊び友達と愛し合った事実を語る。
 再び一人になったペイシェンスの前に美しい青年が現れペイシェンスに求婚する。彼女は初対面だと拒絶すると昔愛し合った幼馴染のアーチボルドだと答え、彼がいかに完璧に成長し、会う女性だれからも愛されてしまう悩みと幼少時の恋が忘れられない事実を彼女に伝える。彼女は求婚を受け入れようとはしたものの、愛とは無私無償であるべきとのアンジェラの教えを思い出し、美しく成長した彼を愛することは、誰からも愛される男を独占することであり、真の愛とは言えないという論理から、結局は求婚を受け入れず別れる。
 一方、傷心のバンソーンは慈善くじ引きを開き、くじに当たったものがバンソーンの花嫁になれると宣言すると、かつての婚約者だった竜騎兵の反対にも関わらず20人の乙女たちはくじ引きに参加する。
くじ引きで勝者を決めようとする寸前にペイシェンスが現れ、バンソーンの求婚を受け入れると言い、バンソーンはくじ引きを中止する。ペイシェンスはバンソーンを愛しているわけではなく、義務として無償の愛を捧げようとしたのだがバンソーンは単純に自分を愛していると思い狂喜する。
再び失恋した20人の乙女たちは竜騎兵とよりを戻しかけるが、失恋した審美派の詩人アーチボルトの姿を見てしまい彼の方になびき、竜騎兵将校たちを再び袖にする。アーチボルドは乙女たちの求愛にたじろいでしまう ・・・



歌曲リスト


1. Twenty love-sick maidens we (Opening Chorus and Solos) - Maidens, Angela and Ella
2. Still brooding on their mad infatuation (Recitative) - Patience, Saphir, Angela, and Chorus
I cannot tell what this love may be (Solo) - Patience
2a. Twenty love-sick maidens we (Chorus) - Maidens
3. The soldiers of our Queen (Chorus and Solo) - Dragoons and Colonel
4. In a doleful train (Chorus and Solos) - Maidens, Ella, Angela, Saphir, Dragoons, and Bunthorne
4a. Twenty love-sick maidens we (Chorus) - Maidens
5. When I first put this uniform on (Solo and Chorus) - Colonel and Dragoons
6. Am I alone and unobserved- (Recitative and Solo) - Bunthorne
第一幕 後半
7. Long years ago, fourteen maybe (Duet) - Patience and Angela
8. Prithee, pretty maiden (Duet) - Patience and Grosvenor
8a. Though to marry you would very selfish be (Duet) - Patience and Grosvenor
9. Let the merry cymbals sound (Finale of Act I) - Ensemble




第一幕

第一幕 前半より

ダイアローグ
バンソーン: ああ、ペイシェンス、こちらに来なさい。 そちと一緒で嬉しいぞ。 苦き心の者、虚ろしか感じぬ者が、そちと一緒で嬉しいぞ。 君は虚ろではないだろう、どうじゃ?
ペイシェンス: いいえ、結構です、食事は済ませました。 でも ―― すみません ―― 食事の邪魔をしたのなら。 (★) 
バンソーン: 人生は邪魔でなりたっておる。 苦悩する魂、孤独への焦がれも、邪魔され苦しまされる。 おお、わが心は疲労し切っておる。 おお、私は呪われている! 行ってはならぬ。
ペイシェンス: まことに、済まないと思っています。
バンソーン: 答えておくれ、少女よ、君は切望したことはないのか?
ペイシェンス: (理解できないで) 私は生きるために稼ぎます。 (★★)
バンソーン: (いらいらして) 違う、違う! 君は心の飢えている状態をご存じか? 君は日々乗算表と直面させられながらも感じる、漠然への切望というものを知っておるか? 君は大海原を求め櫂を見つけるということを知っておるか? ―― 旋風を求めそれでも求められぬならふいごで何とかしようとするのを。 それが我の実情。 おお、私は呪われた存在! 行くでない。
ペイシェンス: 相済みません、あなたの言葉が理解できません ―― あなたは私を怖がらせています。
バンソーン: 怖がるでない ―― ただの詩歌に過ぎぬ。
ペイシェンス: まあ、それが詩歌というなら、私は詩歌が嫌いになります。
バンソーン: (熱心に) 嫌いか? (傍白で) 彼女を信じていいのだろうか? (声を大きく) ペイシェンス、君は詩歌が嫌いと ―― なら、君と私の二人の時は、私は詩歌が嫌いになろう。 虚ろなり、実体もなく ―― 満足することなく。 理想郷を切望することに何の意味があるのだろう、もしそこに行くことが出来ると知っていながら、敷地賃借でしか住めないと知ったのなら。
ペイシェンス: サー、私は ――
バンソーン: ペイシェンス、私はずっと君を愛しておった。 君に秘密を伝えたい。 私は見た目ほどには怒りっぽくはないのだ。 君が望めば、私は髪を切ろう。 たまたま傍観した者が想像するであろうより無邪気な面白味が私にはあるのだ。 君は私の陽気さを見たことはないだろう。 おとなしくして ―― とてもいい子でいれば ―― いつか君にも。 君の好みが軽い冗談というならなら ―― これがその店だと思っておくれ。
ペイシェンス: サー、正直に申し上げます。 恋ということに関しては私は無知なのです。 大伯母さん以外に愛したことはないのです。 でも私がはっきり申し上げられるのは、どうしたって、私はあなた様を愛することが出来ないのです。
バンソーン: おお、駄目なのかね?
ペイシェンス: とてもはっきりとしています。 とてもはっきりと。 とても。
バンソーン: よろしい。 これからの人生は暗闇だ。 これから何が起ころう構うものか。 私が君にただ一つ望むことは私の打ち明け話を罵らないで欲しいということだ。 例え君が私を嫌悪していても、私は他の若い淑女たちからは大いなる人気者なのだよ。
ペイシェンス: 私があなたにただ一つ望みたいのは私を放っておいてこの話を蒸し返さないで欲しいということです。
バンソーン: もちろんだとも。 心破れ一人寂しく、私は行こう。 (朗吟する)

        『おお、漂いながら
           悲しみのこの黒きアケルダマ(血の畑)より、
         今日の土のごとくの塵が向かう所
         塵のごとくの土の明日に』

これは私個人の小作品。 私はこれを 『心の泡沫』と呼ぶ。 これは出版しないだろう。 さらば! ペイシェンス、ペイシェンス、さらばじゃ!

            (バンソーン退場)

ペイシェンス: 一体どういった意味なのかしら? なぜ彼は私を愛するというの? なぜ彼は私が彼を愛することを望むのかしら? 彼は親戚ではないのに! 恐ろしいわ!

<< ペイシェンスはバンソーンの質問を勘違いしている。 ★:虚ろ hollow かとの質問を「空腹か?」と勘違いしている。 ★★:質問の yearn を earn と勘違い。>>

            (アンジェラ登場)

アンジェラ: あら、ペイシェンス、何かあったの?
ペイシェンス: アンジェラ様、二つお教えください。 一番目は、みなを惑わせるこの愛とは一体なんですの、そして二番目は、狂気との違いをどうやって見分けたらいいのですか?
アンジェラ: 可哀想な盲目の子供ね。 彼女をお許しください、女神エロス様。 それは、愛は全ての情熱であり大いなる本質だからよ。 それは純潔の実体化で、洗練の抽象物なの。 それは貪欲を支配するこの混乱の中において一つだけの無私の感情よ。
ペイシェンス: ああ、お嬢様、ああ! (泣き出す)
アンジェラ: なぜ泣くのです?
ペイシェンス: この何年もの間私はこの気高く無私の熱情とは無縁に生きてきたことを思ったからです。 何と私はよこしまな娘だこと。 これは無私と言えるでしょうか?
アンジェラ: 絶対よ! 私欲に汚れた愛は愛とは言わないのおよ。 ああ、試して、試すの、愛することを試みるのよ! もしあなたが心をすべて捧げるのなら実際難しいことじゃないのよ。
ペイシェンス: すぐにでも取り掛かります。 私は誰かを愛することにどっぷり浸かるまでは眠りにつかないことにします。
アンジェラ: 気高い少女だこと。 でもあなたが誰も愛したことがなかったなんてあり得るの?
ペイシェンス: あります、一人だけ。
アンジェラ: ああ、誰を?
ペイシェンス: 大伯母様を ――
アンジェラ: 大伯母は数に入れないの。
ペイシェンス: ならば誰もいません。 少なくとも ―― いいえ、いません。 赤ん坊だった頃以来。 でもそれは数には入れないのですね、多分。
アンジェラ: どうかしら。 言ってみなさい。

Long years ago, fourteen maybe

        二重唱 ―― ペイシェンス、アンジェラ
        何年もの昔 ―― 多分14年かしら
          4歳の小さな赤ん坊の頃、
        他の赤ん坊が私と遊んでくれた、
          私よりひとつかふたつ年上の。
      稀なる美しさをもつ子供、
      驚くべき瞳に素晴らしい髪の毛の、
      彼は、私の子供の目には、そう見えたの
      完璧にも小さな子供らしさを持っていると!
        ああ私たちは何と愛したことか、あの子と私!
          何と私たち赤ん坊の喜びの純なる!
        何とまことなる私たちの愛 ―― そして、それでいながら、
          彼は小さな男の子だった!

アンジェラ: ああ、昔ながらの、昔ながらの物語はキューピッドの感触!
        そうだと思ったわ ―― そうだと思ったわ!
          彼は小さな男の子だった

ペイシェンス: (ショックを受けて)
        どうか、私の言葉を誤解しないでください ――
        忘れないでください、 ―― 忘れないでください、どうか、
        彼は小さな男の子だった

アンジェラ: 疑いないわ! でも、心の痛みがどうあろうと、
        興味深い事実が残っているのね ――
          彼は小さな男の子だった!

            アンサンブル
  ペイシェンス                    アンジェラ
ああ、そうです、私の痛みがどうであれ etc.     確かね! でも貴女の痛みがどうだろうと etc.

<< 幼少の頃の恋を思い出すパターンは、 Princes Ida でも使われている。>>

        (アンジェラ退場)

ダイアローグ
ペイシェンス: 私がぞっとした状態にあることを考えると完全に恐ろしくなるわ。 愛が義務だったなんて思いもよらなかったわ。 だからみんな不幸そうに見えるのね。 誓って言えるのは、私は私自身と仲良く出来そうにもないわ。 私は尊敬に値しそうにないもの。 すぐにでも恋をしなければ ... (グロゥヴナー登場) 誰か知らない人と!

Prithee, pretty maiden

        二重唱 ―― ペイシェンス、グロゥヴナー
グロゥヴナー:  どうか、可愛い乙女よ ―― どうか、本当のことを言っておくれ、
            (嗚呼、僕は悲嘆、あな、あな悲し!) (¶)
          恋人に君の後を付きまとわれたことってある
            嗚呼、あな悲し、おお!
              喜んで見つけよう
              君に恋人がいるのなら!
            嗚呼、あな悲し、おお!

ペイシェンス:  お優しい旦那さま、私の心は陽気で気まま ――
            (嗚呼、でも彼は悲嘆、あな、あな悲し!)
          誰かが私を誘惑しようとなんて気遣いはありません ――
            嗚呼、あな悲し、おお!
              誰かが私を誘惑しようとなんて
              気遣いはありせんわ ―― それゆえ
            嗚呼、あな悲し、おお!

グロゥヴナー:  どうか、可愛い乙女よ、結婚しておくれ?
            (嗚呼、でも僕は希望が、あな、あな悲し!)
          言ってみよう、すぐにでも、僕は所有している者 ――
            嗚呼、あな悲し、おお!
              お金を、僕は蔑むも、
              多くの人は尊んでいる、
            嗚呼、あな悲し、おお!
            
ペイシェンス:  お優しい旦那さま、私の思いどおり結婚するとしても ――
            (嗚呼、でも彼には希望が、あな、あな悲し!)
          今の所私はあなたを知りません、だから申し出は断らねばなりません。
            嗚呼、あな悲し、おお!
              他の乙女のところに行くのですあなたは ――
              今の所はあなたを知りませんから、
            嗚呼、あな悲し、おお!

<< ¶:Hey, but I’m doleful, willow willow waly! の行は埋め合わせ歌詞。 willow は多くの場合、悲しみと関連づけられることが多く The Mikado の Tit Willow などはその一例。 Waly も悲嘆を表す発声語。
ここで登場するバンソーンのライヴァル Grosvenor は、GROVE-nerr と発音する。この名前は 1877年にオープンしたアート・ギャラリーから取ったもので、開場以来審美派との関連が有名になった。>>



ダイアローグ
グロゥヴナー: ペイシェンス! 君は僕が誰だか気づかないなんてことがあるのかい?
ペイシェンス: 気づくですって? いいえ、本当に気づきません!
グロゥヴナー: 15年という年月が僕を大きく変えたのだろう?
ペイシェンス: 15年ですって? どういう意味なの?
グロゥヴナー: 君は若き日の友達をお忘れか、君のアーチボルドを? ―― 幼き遊び仲間の? ああ、時の神クロノスよ、クロノスよ、あまりにもむごいでは!
ペイシェンス: アーチボルド! 本当なの? ねえ、見せて。 そうよ、そうよ! そうに違いないわ! ああ、なんて何てうれしいの! もう会えないと思っていたわ! 何て成長されたこと!
グロゥヴナー: そうだよ、ペイシェンス、僕は背が高くなりがっしりとなったのさ。
ペイシェンス: それに何てご立派になられて。
グロゥヴナー: そうだよ、ペイシェンス、僕はとても美しくなったのさ。 (ため息)
ペイシェンス: でもそれであなたが不幸になるなんてないでしょ?
グロゥヴナー: そうだよ、ペイシェンス。 美しさという天の恵みをいただいた僕は多分地球上にライバルとなる男はいないだろう、僕は、それにしても、完全に完璧に惨めなんだ。
ペイシェンス: ああ、でもなぜなの?
グロゥヴナー: 僕の君への幼き愛は決して消えていないのだよ。 想像してご覧、それで、僕の状況を君に伝えたよね、あらゆる女性に出会うと狂おしく愛されるという僕の忌まわしい運命を。
ペイシェンス: じゃあなぜあなたは自分自身をそんなにも美しく飾っているの? 変装したり、醜く見せたり、迫害から逃れるために何かできるでしょ?
グロゥヴナー: いいや、ペイシェンス、出来ないんだよ。 この贈り物は ―― この状況にはうんざりだけど ―― 我が人類の歓喜と快楽のために与えられたものなんだ。 僕は美の女神の被信託人にして我が信託人の条件を忠実に遂行することと理解することが僕の義務なのさ。
ペイシェンス: それで、あなたも、詩人なの?
グロゥヴナー: そうだよ、僕は素朴の使徒なのさ。 僕は『申し分なきアーチボルド』と呼ばれている。 ―― 何故なら僕は欠陥なき人間だから。
ペイシェンス: それであなたが同じ目線で私のような少女を愛することが出来るの?
グロゥヴナー: そうだよ、ペイシェンス、別に変なことはないだろ? 僕は君のことを14世紀のフィレンツェ風の熱狂でもってこの15年間ずっと愛し続けてきたのだから!
ペイシェンス: ああ、素晴らしいこと! これまでの私は恋の声には聾者だったわ。 これからの私は恋がどんなものか知ったようだわ。 私に囁いていた声は ―― それはアーチボルド・グロゥヴナーだと。
グロゥヴナー: そうだよ、ペイシェンス、そうなんだ!
ペイシェンス: (有頂天になって) 私たちは決して、決して別れないわ!
グロゥヴナー: 僕らは共に生き共に死を迎えよう。
ペイシェンス: 約束するわ!
グロゥヴナー: 約束しよう!
ペイシェンス: (彼をはねつけ) でも ―― ああ、恐ろしい!
グロゥヴナー: どうしたんだ?
ペイシェンス: なぜって、あなたの完璧さよ! あなたを知る人が感じるであろう限りなき恍惚の源泉のあなたが!
グロゥヴナー: 僕は完璧と知っているさ。 で?
ペイシェンス: ならば、私の心を罵ってください、あなたを愛することに無私無欲などないわけがないから。
グロゥヴナー: 寛大の力よ! 思いもよらなかった!
ペイシェンス: あらゆる女性が愛し貴方と一緒にいたいという特質を独占するなんて! それは許されざることに違いない!
グロゥヴナー: でも、そうすべきだよ! ああ、運命の完璧さよ、あなたは我が幸福にまたも土足で踏み入ろうとするか!
ペイシェンス: ああ、もしあなたが自分の美しさをより劣るものと考えてくれたのなら。
グロゥヴナー: そうすべきなんだけど、率直さが僕に説得するのは僕はそうじゃないと!
ペイシェンス: 私たちの義務は明白よ、私たちは分かれるべき、それも永遠に!
グロゥヴナー: ああ、みじめ! それでも僕には君の決断の適正さには疑問を持てないんだ。 さらば、ペイシェンス!
ペイシェンス: さようなら、アーチボルド! でも待って!
グロゥヴナー: なんだい、ペイシェンス?
ペイシェンス: たとえ私があなたを愛さなくても ―― あなたが完璧だから ―― あなたが私を愛することを妨げるものはないわ。 私はきれいじゃないし、地味で、魅力がないから。
グロゥヴナー: ああ、それは全くだ!
ペイシェンス: あなたのような男性が私のような少女を愛することは無私のことに違いないわ!
グロゥヴナー: 無私そのものさ!


Though to marry you would very selfish be

        二重唱 ―― ペイシェンス、グロゥヴナー
ペイシェンス:   あなたと結婚することがとても私欲的なことだとしても ――
グロゥヴナー:     嗚呼、僕は悲嘆、あな、あな悲し!
ペイシェンス:   いいのよあなたは、今までどおり、私を愛し続けることが ――
グロゥヴナー:       嗚呼、あな悲し、おお!
二人:            この世は全て無視して
                君は/私は崇拝し続ける ――
             嗚呼、あな悲し、おお!

        (最後に、残念な様子で退場する、互いに別の方向に)
            

        第一幕 フィナーレ


(バンソーン登場、バラを冠にして彷徨する、とても悲惨な様子。 彼はアンジェラとサフィアに引かれている(彼女たちはそれぞれ彼のバラの花綱の一端を手にしている)、乙女たちの行列とともに。 彼女たちは古典的な踊りを踊りながら、シンバルやダブル・パイプ(§)などの古代ギリシャの楽器を演奏している。)

Let the merry cymbals sound

                コーラス
          陽気なシンバルの音を鳴らそう、
            華やかなパイプの音は牧羊人の喜び
          アポロ祭で飛び跳ねながら
            陽気に歩もう、でも古典的な調べで、
            陽気に歩もう、でも古典的な調べで。
          希望に満ちたみなの心が鼓動している、
          だって、この興奮する会合で
            気まぐれな運命の女神が決めるは
          誰が私たちのバンソーンの花嫁になるかを!

<< §:ダブル・パイプとは古代ギリシャのアウロス aulos という楽器のこと。>>

    (竜騎兵団入場、大佐、少佐、公爵が先導。 彼らは彼女たちの行列に驚く)

            コーラス ―― 竜騎兵団
          さあ教えたもう、願わくば、
          なに故に彼女たちはかくのごとく貴君を召喚したのか ――
          おお、詩人よ、どう答えるか ――
            君がやらかしたは何事ぞ?

公爵:      いけにえの儀式のためか、
          裁判の判決によるものか、
          始まったばかりに見えるぞ、
            ならば逃げたらいかがか?

大佐:      彼女らはには貴君を連行出来ないのだ、
          貴君を絞首刑や斬首するために、
          また彼女ら全てが貴君と結婚も出来なかろう、
            不運な男よ!

竜騎兵:     さあ教えたもう、願わくば、
          なに故に彼女たちはかくのごとく貴君を召喚したのか ――
          おお、詩人よ、どう答えるか ――
            君がやらかしたは何事ぞ?

            (事務弁護士入場)

            レチタティーヴォ ―― バンソーン
        我がペイシェンスの蛮行による心の痛みにより、
          我が事務弁護士の勧告に従い (事務弁護士を紹介する)
        目的とするは ―― 慈愛の報償を目的に、
          我は自身をくじ引きの褒美としよう!

乙女たち:   彼の事務弁護士の勧告に従い、
          彼は自身をくじ引きの褒美としている!
竜騎兵:    おお、恐ろしや! 彼の事務弁護士に促されて、
          彼は自身をくじ引きの褒美としている!
乙女たち:   おお、彼の事務弁護士に神の恩恵あれ!
竜騎兵:      彼の事務弁護士に忌まわしき呪いあれ!

    (事務弁護士、竜騎兵の呪いに恐怖を憶え、急いで逃げ去る)

大佐:    止まれ、我ら君らに乞い願う、
          我らが希望に明かりが灯る前に。
        君らの目の前に見えるは
        君らが誓約した男たち!

竜騎兵:   止まれ、我ら君らに乞い願う、
        君らを崇拝しておるゆえ。
        我らに君たちは誓約したでは
        婚姻することを ――
          止まれ、我ら君らに乞い願う!

            独唱 ―― 公爵
        君たち乙女の心は、ああ、鋼にあらじ
        雄弁なる懇願に憐れを感じ、
        英国兵士の気持ちを示すふるまいに対し
(傍白で竜騎兵に)    ため息せよ、ため息を、みなため息を!    (全員ため息する)

        敵兵の刃に対し我らが稀にしか見せぬ
        英国兵士がひざまずくことを、
        それでも、一丸となって、そなたらにひざまずこう ――
(傍白で竜騎兵に)    ひざまずけ、ひざまずけ、みなひざまずくのだ!  (全員ひざまずく)

        我ら兵士はめったに泣き叫ばぬもの、
        それでも ―― 理由は言うまでもなかろう ――
        涙の粒が戦士の目からあふれる!
(傍白で竜騎兵に)    泣くのだ、泣くのだ、みな泣こう        (全員泣く)


            アンサンブル

    乙女たち                    竜騎兵
  私たちの兵士はめったに泣き叫ばぬ         我ら兵士はめったに泣き叫ばぬもの、
そして私たちには理由を言う必要はない     それでも理由は言うまでもなかろう
涙の粒が戦士の目から流れ落ちる!       涙の粒が戦士の目からあふれる!
  泣いている、泣いている、みな泣いている!    泣くのだ、泣くのだ、みな泣こう!


バンソーン: (この嘆願の間不機嫌になり)
      さあ、来なさい、そして貪欲をもって慈善くじを購入しなさい、
      君らの気おくれや天性の内気に打ち克って、
      慈善くじの券を直ぐにでも買わねば、
        半ギニーを置けば夫が得られよう ――
      青と白やその他の色の磁器のその裁きにより ―― (※)
      古の東洋から現代の素焼きまで ――
      半ギニーを置けば ―― 富くじから彼を引き当てられよう ――
        このような幸運がまた来ることはなかろう。

コーラス: 青や白やその他の色の磁器のその裁きにより、 etc.

(乙女たち券を購入するため群れとなる。この間、竜騎兵は一列となって踊り、舞台上を周り無関心を装う)

※ 青と白 blue-and-white は当時人気のあった東洋の磁器。購入したくじを壺の中に入れた。>>

竜騎兵:   我らは見捨てられた、気づいてはおる
        しかし気にはせぬ ―― しかし気にはせぬ!
        海には魚がいるもの、まったくその通り
        魚が出てくる好機はいくらでもあるもの、
        いつの日か我らに分け前が得られよう、
        だから気にはせぬ ―― だから気にはせぬ!

(この間乙女たちは券を購入している。 最後にジェーンが姿を現す。バンソーンは嫌悪の表情で彼女を見る)

バンソーン:     君も券を買おうというのかね?
ジェーン:(驚き) もちろんですとも、当然ですわ?
バンソーン:(傍白) おお、幸運の女神よ、きついこと! (声をあげ) 目隠しをせよ。
        二分間が決めるのは誰が栄誉となるかを!
        (乙女たち、目隠しをする)

        コーラス ―― 乙女たち
      おお、幸運の女神よ、我が痛む心に優しくあれ。
      我らのように、あなたは目隠しをしているが、しかし目が見えようぞ! (それぞれ片目を外す)
      ただ目隠しを上げよ、さすれば、見えるはず、
      そして栄誉をくだされ、私に栄誉をくだされ!
        (彼女たちは再び目隠しをする)

バンソーン:    さあ、淑女ジェーン、どうか最初に引いてくだされ!
ジェーン: (歓喜で) 彼は私が最も愛している!
バンソーン: (傍白) 最悪の結果を望みたい!

    (ジェーンはバッグに手をいれくじを取り出そうとする。
     ペイシェンスが登場し止めようとする)

ペイシェンス:  しばらく! 手を止めて!
全員: (目隠しを全員外す) 邪魔をするのは何のためか?
        この厚かましい少女を撤退させてください!
ジェーン:    出ていきなさい、出ていきなさい、それでミルク桶のある所に行くのだ!
バンソーン: (突然) 彼女は券が欲しいのだ! 一ダース分を取りなさい!
ペイシェンス: いいえ!


        独唱 ―― ペイシェンス (バンソーンにひざまずきながら)
          もしあなたの胸に寛容があるのなら
            この哀れなる悔悛に対し、
          そは、呵責の念に圧迫されし者、
            心からの悔い改めをせし。
          もしあなたが、かくも身分の低い者と、いまだに
            つれ合うことを欲しているなら、
          ならば私をめとりください、もし望むなら、
            あなたの花嫁となりましょう。

コーラス:        ああ、無恥なる女!
                おお、厚顔なるもの!
              出ていくのだ ――
                行くのだ、翼を広げて!
              無恥なる女よ!
                厚顔ならものよ!

バンソーン: 何とも強きは恋心! 一週間に何度も何度も、
        彼女は私に愛情をもって恋しい思いを、そして話すことを恐れたことか、
        しかし自然の神よ、抑えるにはあまりにも遥か遠くにあり、
        汝との絆を破るに至り ―― それで二人はここに!

ペイシェンス: いいえ、バンソーン殿、違うのです ―― また間違いましたね。
        許してください ―― 説明に努めましょう


        歌 ―― ペイシェンス
           まことの愛はひたむきな心のはず ――
バンソーン:                まさにその通り!
ペイシェンス:   あらゆる私欲的な気まぐれなどとは無縁の ――
バンソーン:                まさにその通り!
ペイシェンス:   報償や歓喜という甲斐なき思いではなく、
           乙女が陥りがちな気まぐれでなく ――
           まことの愛は不純物で価値を減ずることはなきもの。
男たち:                まさにその通り!

ペイシェンス:   詐称が必ず導きしは恥辱へと ――
大佐:                    まさにその通り!
ペイシェンス:   盲目の虚栄は不和の種となり ――
少佐:                    まさにその通り!
ペイシェンス:   それにより、つまり、一人の乙女が
          彼女自身を捧げあなたを愛するようになったのです。 (バンソーンを指す)
           それは非私欲的な意見から促されたゆえ、
           それは非私欲的な意見から促されたゆえ!
男たち:                まさにその通り!

サフィア:        あなたはこの恥知らずな女と結婚するという結論になったの?
アンジェラ:        他の人と結婚するチャンスはないの?
バンソーン:(決意をもって) ない! (ペイシェンスを抱き寄せる)

(ペイシェンスとバンソーンが退場。 アンジェラ、サフィアそれにエラは大佐、公爵、少佐を呼び寄せる、他の乙女たちは他の将校たちを愛情をもって見つめる)

            六重唱
          私にはこだまする声の柔き調べが聞こえる
            それは古き、古き愛の、久しく死んだ ――
          我が悲しむ心に囁くは『慶び』 ――
            最後の涙を流れさせようと ――7
          ただ悲痛のみだった心を歓喜だけが変えよう ――
            歓喜の心へと、それは悲痛でしかなかった心、
          そして決して、ああ決して、この心は変わることなく
            あの古き、古き愛を再び!
          (乙女たちは将校たちを抱きしめる)

コーラス:      そう、ただ悲痛のみだった心を etc.

          (ペイシェンスとバンソーン登場)

(竜騎兵たちと乙女たちが抱き合っていると、グロゥヴナーが登場する、書を読みながら。彼は誰にも気を留めない、がゆっくりと腰を下ろし、読み続けている。 乙女たちは全員不思議にも彼に魅惑される、そして次第に竜騎兵たちから身を引いていく)

アンジェラ:  しかしこの人は誰、彼の神々しい雅が
         布告するは高貴な種族の生まれと?
         そしてこの人は誰、彼の雄々しい顔に
         悲しみを堪えている趣きある影がみえる人は?
コーラス:   そう、この人は誰、彼の神々しい雅が
         布告するは高貴な種族の生まれと?
グロゥヴナー: 私は心破れた吟遊詩人、
         その心は審美にて涙は純粋!
アンジェラ:  審美! 彼は審美主義者よ!
グロゥヴナー: まさに、まさに ―― 私はは審美主義者
            そして詩人!
乙女たち:     ならば、私たちはあなたを愛しているわ!

(乙女たちは竜騎兵から離れ一団となり、グロゥヴナーを囲みひざまずく。 バンソーンは激怒し、彼のライヴァルだと気づく)

竜騎兵:    彼女たちは彼を愛した! おぞましい!
バンソーン&ペイシェンス:
         彼女たちは彼を愛した! おぞましい!
グロゥヴナー: 彼女たちは私を愛した! おぞましい! おぞましい! おぞましい!

        アンサンブル ―― トゥッティ(総奏)
  乙女たち                          グロゥヴナー
おお、私たちが愛の告白をしている間傾聴願います      またも我が美麗の呪いが
  言葉では不完全にしか表せませんが。        希望なき苦痛と苦悩をまき散らす!
その貝のような耳を、ああ、閉じないでください。  汝の耳を、ああ幸運の女神よ、閉じないように
  破れた愛の心乱れた苦悶の叫びから!        我が耐え難き苦悶の叫びから!
                               我が貝のような耳は閉じることも叶わぬ
                              破れた愛の心乱れた苦悶の叫びから!

  ペイシェンス                   バンソーン、公爵、少佐、大佐
  レジナルド様、告白の間傾聴願います       表現しがたき我が嫉妬
 まったくの無私の愛です。            彼女たちが大胆にも告白する愛を。
無私のものです、誰も知りませんが、       彼の貝のような耳は閉じることが出来ぬ
 あなたが疑うことはありませんよね?        彼女たちの嘆きの物語に対し!

            竜騎兵
          おお、彼女たちが愛の告白している間傾聴しようでは
          言葉では不完全にしか表せないが。
        彼の貝のような耳は、ああ、閉じることはない
        破られた愛の心乱れた苦悶の叫びから!
          今こそこの馬鹿馬鹿しい、 etc.


第一幕 了 (第二幕に続く)


補足:
●訳はGilbert and Sullivan Archive : Patience 台本を元にした。
●1982年BBC制作のTV番組 Patience / Hammond-Stroud, Mills, Collins, Opera World (1982) (スタジオ撮影) のDVD を参考とした。
●用語等は、Gilbert and Sullivan Archive の Glossaries 、 Benford's G&S Lexcon Entries for Patience などを参考にした。
●茶色字の≪≫内は訳者のコメントや用語解説。
●意味不明の歌詞やダイアローグなどは、適当に訳してある。
 


2014/05/15 訳


 ページトップへ