Jazz Song Home データベース ソング・エッセイ 書籍紹介 ABC順リスト

PATIENCE
or Bunthorne's Bride - Act I, 1/2
(ペイシェンス または バンソーンの花嫁:第一幕 前半)

ギルバート&サリヴァンのコミックオペラ「ペイシェンス」(1881) 台本の訳(G&S 訳 8本目)


台本: W.S.ギルバート W.S. Gilbert
作曲: アーサー・サリヴァン Arthur Sallivan
初演: ロンドン、サヴォイ劇場、1881/10/10
(元はロンドン、オペラ・コミック劇場の4月の公演のために作られたが、同年の10月に初めての電気照明を使ったサヴォイ劇場で開演された)


第1幕
バンソーン城外庭

第2幕
林間の空き地


第一幕前半のあらすじ:  バンソーン城の外庭、20人の乙女たちが恋煩いしているのは、城主であり官能派の詩人バンソーン。一方バンソーンは彼女たちには目もくれず村の乳しぼり少女ペイシェンスに恋をしている。乙女たちの前に現れた彼女には恋と言うものがどんなものか分からないと言う。ペイシェンスが乙女たちの前に現れたのは、一年前に村に逗留した近衛竜騎兵が公爵の城に来ると伝えに来たからだ。
近衛竜騎兵団が、兵団の魅力をアピールしながら行進して城に来る。そこで恋煩いの乙女たちと会う。彼女たちはペイシェンスにはナンセンスとしか思えないバンソーンの出来たての詩を讃える。竜騎兵団は一年前の婚約のことを正すと、彼女たちはより洗練され一年前の婚約はなかったことだと言い彼らの軍服をけなす。竜騎兵たちは怒ってこの軍服で女性たちは一目ぼれのはずと歌う。
一人っきりで誰にも見られていないことをバンソーンが確認すると、彼は自分が似非詩人で審美主義など理解していないと告白する。 ・・・



登場人物

近衛竜騎兵隊
 カルヴァーレイ大佐   
 マーガトロイド少佐   
 大尉:ダンスティブル公爵 

レジナルド・バンソーン(官能派詩人) 

アーチボルド・グロゥヴナー(田園派詩人) 

バンソーン氏の代理弁護士 

熱狂している女性たち
 淑女アンジェラ  
 淑女サフィア
 淑女エラ
 淑女ジェーン

ペイシェンス(酪農場で働く少女)

コーラス : 熱狂している女性たちと近衛竜騎兵隊


<< ダンスティブルはロンドン北方の商業町でこの劇が書かれた頃は、印刷と麦わら帽子で知られていた。>>


歌曲リスト

1. Twenty love-sick maidens we (Opening Chorus and Solos)
    - Maidens, Angela and Ella
2. Still brooding on their mad infatuation (Recitative)
    - Patience, Saphir, Angela, and Chorus
  I cannot tell what this love may be (Solo) - Patience
2a. Twenty love-sick maidens we (Chorus) - Maidens
3. The soldiers of our Queen (Chorus and Solo) - Dragoons and Colonel
4. In a doleful train (Chorus and Solos)
    - Maidens, Ella, Angela, Saphir, Dragoons, and Bunthorne
4a. Twenty love-sick maidens we (Chorus) - Maidens
5. When I first put this uniform on (Solo and Chorus) - Colonel and Dragoons
6. Am I alone and unobserved (Recitative and Solo) - Bunthorne


以下は第一幕 後半
7. Long years ago, fourteen maybe (Duet) - Patience and Angela
8. Prithee, pretty maiden (Duet) - Patience and Grosvenor
8a. Though to marry you would very selfish be (Duet) - Patience and Grosvenor
9. Let the merry cymbals sound (Finale of Act I) - Ensemble




第一幕

シーン: バンソーン城の外側。城の入り口の堀には跳ね橋がかかっている。若い女性たちは審美的なドレイプを身にまとい団体でステージに登場する。彼女たちはリュート、マンドリンなどを演奏しながら歌い、落胆の淵に立たされた風情。アンジェラ、エラ、サフィアがリードする。

Twenty love-sick maidens we

          乙女たちのコーラス
            私たちは20人の恋煩いの乙女、
              恋煩いは私たちの意思とは反している。
            それゆえ20年もの間続くだろう、
              20人の恋煩いの乙女のまま、
            私たちは20人の恋煩いの乙女、
              そして私たちは汝への恋ゆえ死を!

          ソロ ―― アンジェラ
アンジェラ:  恋は希望という糧を与える、言われている所、さもなくば恋は死ぬであろうと:
全員:                    ああ、みじめ!
アンジェラ:  まだ、わが恋は生きている、例え希望がないとしても!
全員:                    ああ、みじめ!
アンジェラ:  嗚呼、哀れなる心よ、隠れてしまいなさい、
      泣き声が協和してラウンデレイとならぬよう! (★)
全員:                    ああ、みじめ!

コーラス:     私たち全ての恋は全て一人のため、
            なのにその恋を彼は気づくことはない、
          彼は恥ずかしがり屋で誰にも関心を向けない、
            悲しみと惨めが私たちの定め。
                    ああ、みじめ!

          ソロ ―― エラ
        消えよ、破れた心よ、
          消えよ、恋が報われるという夢よ、
        消えよ、愚かなる心よ!
          消えよ、結ばれた恋人という夢よ、
        消えよ、向こう見ずな心よ、
          消えよ、歩き出すことのない夢よ。
        そしてそなたの夢の中では
          そなたが心破れたことは忘れなさい!

コーラス:                ああ、みじめ!
エラ:          そなたが心破れたことは忘れなさい!
コーラス:        私たちは20人の恋煩いの乙女、 etc.

<< ラウンデレイ Roundelay は短い繰り返しのある歌。 >>

ダイアローグ
アンジェラ: 私たちの恋にはおかしな魔法がかかっている。レジナルドへの恋に関しては私たちはライヴァルどうし、とても恋の希望なきが、私たち互いを結び付けている。
サフィア: 嫉妬が悲惨の中に取り込まれてしまった。一方彼、私たちの目と心の道しるべの星となる人は、常に氷のごとく無頓着 ―― 私たちは何のために奮闘しているのかしら?
エラ: 乙女の恋は、彼への、税のように利子が膨らむ!
サフィア: そのとおり! 彼に税を払わせましょう。
アンジェラ: そして大切にすることが領収書!
        (ジェーン嬢 登場)
サフィア: 幸せの領収書を!
ジェーン:(突然に) 愚か者たち!
アンジェラ: どういったことです?
ジェーン: 愚かで盲目! あの人は恋しているの ―― 狂おしい恋を!
アンジェラ: でも誰に? 私たちの中でなく!
ジェーン: いいえ、私たちの中にはいないわ。 彼の突飛な気まぐれに火が付いたの、一瞬にして、ペイシェンス、村のミルク売り少女に。
サフィア: ペイシェンスに? ああ、あり得ない!
ジェーン: フン! 昨日彼女の酪農場で彼を見かけたの、新鮮なバターをテーブルスプーンで食べているのを。 今日の彼は具合が悪いみたい!
サフィア: でもペイシェンスは自慢していたわ、恋したことなんてないと ―― 彼女にとって恋って、封印された本なのと。 ああ、彼は本気じゃないはず!
ジェーン: そは軽やかに翔ける気まぐれにすぎぬ ―― そは瞬く間に消えるであろう。 (傍白) おお、レジナルド、もしあなたが黄金の価値ある恋があなたを待っていると知ってさえいたら、この私のしわだらけの胸に溜め込んだ愛を、ミルク売りの勝利ははかなきものとなろう!

(ペイシェンスが高台から現われる。彼女はしょげ返った乙女たちを憐みの目で見降ろしている)

Still brooding on their mad infatuation

        レチタティーヴォ ―― ペイシェンス
        狂ったのぼせあがりに彼女たちは今も思案中、
          考えてみればそなた、恋よ、そなたは私には訪れもせず!
        より幸せなる私、そなたの職務から逃れているから、
          公爵や公爵夫人の恋よりも幸せ!

ダイアローグ
サフィア:(見上げて) あれはペイシェンス ―― 幸せな少女! 詩人に恋されている!
ペイシェンス: お許しを、お嬢様たち。 お邪魔したようです! (行こうとする)
アンジェラ: だめよ、可恋い娘さん、こちらに来なさい。 本当なの
       あなたは恋したことがないって?
ペイシェンス:             まったくそのとおりです。
ソプラノたち: まったくの感嘆!
コントラルトたち:            それにまったく哀れなもの!
    

I cannot tell what this love may be

        ソロ ―― ペイシェンス
        私には恋がどんなものかを語れない、
        皆には訪れるのに私にだけ来ないから。 
        恋は彼女たちがほのめかすようなものじゃないはず、
        そうでなければこの淑女たちのため息は何故?
        恋は深き歓喜と有頂天じゃあないはず、
        そうでなければこの麗しき淑女たちの涙は何故?
        恋はよく言われるような至福ではないはず、
        そうでなければ彼女たちの目は不思議に赤いのは何故?
          いたるところに真実の恋があるのを知っているけど
          訪れは皆に、私を除いて、
          私には恋がどんなものかを語れない!
            私は陽気で明るいというのに、
            一方彼女たちは腰かけ夜も昼もため息する。
            彼女たちと私の間にある湾を考えてしまう、
            ファ ラ ラ ラ! ―― それと 'みじめ' の間の湾を

コーラス:        そう彼女は陽気で、 etc.

ペイシェンス:    もし恋がとげならば、彼女たちはウィットを見せなければ
        愚かにも抱き寄せ慈しむといった風に。
        もし恋が雑草ならば、何と簡単なこと彼女たちは
        集めればよいでは、毎日!
        もし恋が人を賢くするイラクサならば、
        それなら心臓のすぐ近くに飾ればよいのでは?
        それで恋がこのどれにも当たらないものならば、私に言って、
        ああ、どうしてあなたたちは座り込んで忍び泣きやため息するの?
          いたるところに真実の恋があるのを知っているけど etc.

コーラス:        そう彼女は陽気で、 etc.

ダイアローグ
アンジェラ: あら、ペイシェンス、あなたが恋をしたことがないなら、あなたは本当の幸福を知らないってことよ! (全員ため息)
ペイシェンス: でも本に幸せなは気持ち次第にいつも思えるわ。本に幸せなが順調なんて見えないの。  
ジェーン: 狂乱の超自然的至福といものがあるの ―― 鋭アクセント付の超至高エクスタシー ―― 俗人は消化不良と間違えやすいもの。 でもこれは消化不良とは違うの ―― それは審美的変貌なの! (他の人に向かい) 無駄話は十分ね。 さあ!
ペイシェンス: でも待って、新たなお知らせがあるの。 第35近衛竜騎兵団が村に逗留していて、いままさにここに来ようとしているわ。
アンジェラ: 第35近衛竜騎兵団ですって!
サフィア: 肥満の男たちよ、惰性のデブたち!
エラ: 近衛竜騎兵たちには興味はないわ。
ペイシェンス: でも、そんな、あなたたち全員は一年前に彼らと婚約したのはず!
サフィア: 一年前!
アンジェラ: 哀れな娘ね、あなたにはわかっていないのね。 一年前の彼らは私たちの目にはとても素敵に見えたもの、でもそれ以来私たちの趣向は洗練され、知覚力は高揚したの。 (他の人に) 来なさい、われらのレジナルドのため朝の賛歌を歌う時間になったわ。 彼の城に入りましょう!

(女性たちが、二人二人と去っていく、城の中へ、「20人の恋煩いの乙女」を歌いながら、ハープやマンドリンを携えて。ペイシェンスは彼女たちを驚きの目で見て、同時に彼女が入場したときの岩に登る)

(行進、近衛竜騎兵団の入場、少佐が率いる)

The soldiers of our Queen

        コーラス ―― 竜騎兵団
        われら女王の兵隊は
          友情という紐で結ばれておる、
        戦闘場面においても
          彼らは共に敵と戦う。
        母の息子たちは誰もが
          戦うべき準備ができており負けるのは、
        一人の敵
          すべての敵!

        (大佐入場)

        ソロ ―― 大佐 ¶
        もしあの人気ある不思議の秘法が知りたいか、
          世間には重竜騎兵と知られたる不思議を、
コーラス:        まさに、まさに、まさに、まさに、まさに、まさに、まさに!
大佐:    歴史上の傑出した人たちをあげてみよう、
          彼らをすらすらと人気曲に合わせて言おう。
        船上にて勝利したネルソン提督の豪胆 ―――
          ビスマルクの才、編み出せし計画 ―――
        フィールディングのユーモア(矛盾するように聞こえるが) ―――
          トレパンで頭をくり抜く医師パジェットの冷静 ―――
        ジュリアンの科学力、高名な音楽家 ――
          歴史家マコーリーの機知、彼はアン女王の作者 ―――
        パディのペーソス、ブーコシーの劇に出てくる ―――
          ソード―とマン島教区の主教の管理法 ―――
        洒落者オルセーの勢い、剥奪された食わせ者 ―――  
        ディケンズとサッカレーの語り力 ―――
        ヴィットーリオ・エマヌエーレ伊王 ―― 呪われたピーク山のペルヴィル ――
        トーマス・アクイナス、それにサシェヴェレル博士 ――
          タッパーにテニスン ―― ダニエル・デフォー ――
          アンソニー・トロロプにギゾー氏! ああ!
            これらの要素をすべて取り上げよう、これらは融合できるもの
            すべて土鍋かるつぼで溶かしてみれば、
            コトコト煮込んで、浮きかすを取り除けば、
            そこで出来あがる残滓(ざんし)が重竜騎兵となる

コーラス:      そう! そう! そう! そう!
          出来あがる残滓(ざんし)が重竜騎兵となる

大佐:    もしこの兵士に見える模範の秘法が知りたくば、
          ロシア皇帝の財産を狙うのだ (もし出来るならば) ――
        アラゴン出身のスペイン人家系の誇り ――
          呪いの言葉を吐くメフィストの力 ――
        ウォーターフォード卿風味、 見境なく愉快な ――
          無法者ロデリックの尊大、 一族を率いた ――
        探偵パディントン・ポラキーの鋭利な洞察 ――
          長椅子の上のオダリスク(ハーレムの女奴隷)の優美 ――
        カエサルやハンニバルの天才的戦略 ――
        食人種を打ち破ったサー・ガーネットの巧み ――
        ハムレットの風合い ―― ストレンジャーと呼ばれた伯爵、彼の感触 ――
        バイロンの詩にあるマンフレッドを少々 (でも多くではなく) ――
          バーリントンの儀官、リチャードソンの見世物 ――
          小説カパフィールドのミカウバー氏、蝋細工師マダム・トゥーソー ――
            これらの要素をすべて取り上げよう、これらは融合できるもの
            すべて土鍋かるつぼで溶かしてみれば、
            コトコト煮込んで、浮きかすを取り除けば、
            そこで出来あがる残滓(ざんし)が重竜騎兵となる
            
コーラス:      そう! そう! そう! そう!
          出来あがる残滓(ざんし)が重竜騎兵となる

<< ¶:Colonel's Song として知られるこパターソングは51人の歴史上人物、架空の人物をリストアップしている。それぞれの人物は、Benford's G&S Lexicon に説明がある。 >>

ダイアローグ
大佐: さあ、以前凱旋した地にまたも来たぞ。 ところで公爵はどこだ?
        (公爵登場、気力なく、消沈した様子)
公爵: 参上つかまりました! (ため息)
大佐: さあ、元気を出せ、落ち込むんじゃない!
公爵: ああ、そのことに関しては、私は哀れな悪魔くらい陽気です、一日千ポンドの収入がある公爵という身分の不運により。  << 悪魔のように陽気とは陰気ということか? >>
少佐: ヘッ! ほとんどの男は君を妬んでおるよ
公爵: 私に妬みですと? 教えてください、少佐、あなたはタフィー(キャンディ)はお好きですか?
少佐: おおいに!
大佐: 我ら誰もがタフィーを好んでおる。
全員: 好んでいる。
公爵: そうですね、適度なタフィーは重要なことです。 でも朝食にタフィーで生きていたら、夕食にタフィー、お茶にタフィー ―― タフィーだけが好きと仮定しましょう、それでタフィーしか出されないとしたらあなた方は屈辱を感じるでしょう ―― そうだったらどうですか?
大佐: 十分理解できるぞ、そのような状況では、タフィーでさえ単調なものになるだろう。
公爵: 「タフィー」から読めるのは、こび、へつらい、それに卑屈な服従で最初はそのような位置にまで押し上げられ、最後には天使の第45位にへつらうような人間に生まれた男のことを考えるようになったのです。 大いなる天よ、私の中に追従するに値するものはあるのでしょうか? 私には実質的な知性があると、あるいは傑出した学問があるとでも、あるいは非常なる機知が、あるいは類まれなる教義が、あるいは異例なほどの徳があるとでも?
大佐: 君は私が知っている普通の若者と変わりはないようだ。
全員: そうだ!
公爵: まさに! そうまさに! それこそまさに私を現した言葉! 有難うございます! で、私はこの地位にはいたくないのです、だから私はこの第2級騎兵連隊に参加したのです。 陸軍だと、思うに、私は時々鼻であしらわれるでしょうし、多分埋められているかも、知ったことではないですが。 この考えは素晴らしく、だからここにいる次第です。
大佐: (他を見つめ) 分かった、ここには女性たちもいる。
公爵: でも長い髪の紳士は誰なのでしょう?
大佐: 分からぬ。
公爵: 彼は人気者のようだ!
大佐: 彼はまさに人気者のようだ!

(バンソーン登場、乙女たちが付いてくる、二人ずつ、以前同様ハープなどを弾いている。彼は詩作をしており、とてもふけっている。彼はだれも目に入らず、ただ歩いて舞台を横切り、乙女たちが追従している、彼女たちは竜騎兵には気づかない ―― 驚きと憤りが彼ら将校に見られる)

In a doleful train

        乙女たちのコーラス
        悲しみの連隊
          二人ずつ私たちは一日中歩き回る ――
        無益な私たちの愛ゆえ!
          誰より悲壮に満ちたものはいない
            ただため息し漏れる言葉は
            悲痛とは私、嗚呼!

        竜騎兵のコーラス
    今はこの馬鹿げて、この途方もない時ではないだろう?
      全く完璧な非常識さ ―― 出来ることなら説明されたい。
    われらを大切に思い慈しむむため熱心に殺到するでなく、
      彼女たちはこの物憂げな文学系男性を好いている
        われらを陰険な目で凝視するでなく、
        愛しげな目を投げかけるはずなのに、
    われらに顔を赤らめ、われらにぽっとし、喜びいいちゃいちゃのはずなのに;
      彼女たちは実際はわれらを鼻であしらい、あざけり、馬鹿にしているいる!
      軍人に対しての格別な扱いをしている!
      彼女たちは実際はわれらを鼻であしらい、あざけり、馬鹿にしているいる!
      軍人に対しての格別な扱いをしている!

アンジェラ:    
        謎めいた詩人どの、われらの祈りを聞いてください、
          私たちは20人の恋煩いの乙女 ――
        若く裕福な、色黒で美しい、
          みな尊い生まれの者たち。
            そして私たちは貴方への愛で死ぬ ――
            私たちは20人の恋煩いの乙女 !

乙女たち:        そう、私たちは貴方への愛で死ぬ ――
            私たちは20人の恋煩いの乙女 !

バンソーン:(傍白、ずる賢く)
        我が本に目を通してみたものの    
          うっとりと恍惚とした様で、
        まるで文学系男性のごとく
          誰が女性の肉体を軽蔑するであろう、
        我は明白に彼女たちの言葉が聞こえる、
        彼女たちは20人の恋煩いの乙女!

竜騎兵:(互いを見て) 彼は明白に彼女たちの言葉が聞こえる、 etc.

サフィア:     なんと卓越した賢明、
          ひと時の宿命しかない人間にしては。
        もったいなくも貴方の紫の瞳で見上げてしまう
          それは貴方の心から引き出された詩。
            20人の恋煩いの乙女たち 見よ ――
            みなひざまずこう! (全員ひざまずく)

乙女たち:    私たちは20人の恋煩いの乙女 etc.

バンソーン:(傍白) とはいえど、前に言及したように、
          誰もが信服されたようだ
        あの理解を超越したる神秘は
          我の独占するところ、
        間近に我に見えるは
        誰もがひざまずいている!

竜騎兵:(互いに向かい) 間近に見えるは etc.

            アンサンブル
    乙女たち            竜騎兵
  悲しみの連隊 etc.    今はこの馬鹿げて、この途方もない時でないだろう? etc.

ダイアローグ
大佐: アンジェラ! これはどういうことだ?
アンジェラ: おお、サー、私たちをほっておいて。 私たちの気持ちが単なる調子っぱずれから、愛の物語に明かりがさしただけなの。
少佐: しかし君たち全員に一体なにが起きたんだ?
ジェーン: バンソーン! 彼が私たちに起きたの。 彼が私たちの間に来たの、それで彼は私たちを理想化させたの。
公爵: 彼はあなたたちを理想化することに成功したのですか?
ジェーン: 成功したわ!
公爵: 良きバンソーンおじさんか!
ジェーン: 私の目は開いたの。 私は絶望にうなだれ。 私は情熱的な深い思いになっているの。 私はよたついてしがみついているの。

(この間バンソーンが詩作で苦悶している姿が見られる。乙女たちは彼の身もだえを一心に見つめている。最後に彼は求める言葉を見つけ書き込む。全員が安心した様子)

バンソーン: 完成! ついに、完成したぞ!
(彼はよろめき、心の緊張から放たれたため、大佐の腕に倒れ込む)
大佐: よくなったかね?
バンソーン: ええ ―― ああ貴方でしたか! ―― 良くなりました。 詩が完成して、それで我が魂は詩の中に行ってしまったのです。 そういうことです。 取り立てて言うほどではないのですが、一日3回は起こるのです。 (ペイシェンスを見る、彼女はこの場面の間登場する) ああ、ペイシェンス! 可愛いペイシェンス! (彼女の手を握る。彼女は怯えたように見える)
アンジェラ: どうか私たちに呼んでくださらない、サー?
サフィア: お願いいたします。 (全員ひざまずく)
バンソーン: 読まなければ?
竜騎兵: いいや!
バンソーン: (苛立つ。ペイシェンスに) 君が望むなら読んでしんぜよう!
ペイシェンス: (より怯えて) あなたのお好きなように。
バンソーン: これは荒々しく、奇妙で、官能的なもの。 でもとても優しく、とても熱情的で、とても貴重なもの。 題名は、『ああ、ホロウ(虚ろ)! ホロウ! ホロウ!』
ペイシェンス: 狩りの歌ですの?
バンソーン: 狩りの歌? いやいや、これは狩りの歌ではないんだ。 何もかもが当たり前に見られる詩人の心の叫び。 これを理解するためには、他の人に情熱的にぴったりと抱き付きそして枯れかけたユリのことを思うこと。 (彼女たちは彼の朗読のとおりにする)

        『ああ、ホロウ(虚ろ)! ホロウ! ホロウ!』
          詩人が歌うのはいつ時か
          もだえる乙女、しなやかな手足、
            震える不死の花アスフォデル、
          いかに彼は彼女の悲しみを絵に描けるのか、、
          ものを知ること、彼の知識以上に、
            すべてはカロメル(塩化水銀)により正されようか?

          時は詩人の台座から
          いきり立ったコロシント
            焦がれるはアロエ、至上のときめきにめまいする、
          いかに彼はこれらの苦悶を歌えようか
          ものを知ること、彼の知識以上に、
            それはそれらが純粋な丸薬ゆえか?

          そうなのか、そう出来るのか、
          自然はその神意を持ち、
            この世に詩心なきは住めようか?
          あるいは全て自然のなせる技
          何かの詩心が潜んでいるのか、
            コロシントもカロメルにも?
                私には答えられぬ。

            (バンソーン退場)

ダイアローグ
アンジェラ: なんと純粋にも香しく!
サフィア: なんとまことある尊く!
ペイシェンス: まあ、私にはナンセンスにしか見えないわ。
サフィア: ナンセンス、そうよ、多分 ―― でも、ああ、なんと尊いナンセンス!
大佐: これは全く素晴らしい、でも君たちは我々と婚約したことをお忘れのようだ。
サフィア: なかったことに出来るわ。 あなたは最高天ではないわ。 あなたはデラクルスカ派詩人ではないわ。 その上あなたは古代英語ではないわ。 ああ、古代英語だとしても遅すぎたわね! (将校たちは互いを驚きの目で見る)
ジェーン:(軍服を見て) 赤と黄色! 原色ね! ああ、サウス・ケンジントンの画家ね。
公爵: 軍服は我々がデザインした訳じゃないし、軍服がどう進展していったかは分からないんだ。
ジェーン: そう、あなたたちじゃなさそうね。 いまだに、蜘蛛の巣がはったような灰色のヴェルヴェットがあるし、 冷たくなった肉汁スープのような華奢な花をつけて、14世紀のフィレンツェ風の造作で、ヴェニス革の飾りとスペイン製モール、それに何か日本風のものを頭に乗っけて ―― それはどうでもいいけど ―― 少なくとも古代英国風ね! 来なさい、乙女たち。
(乙女たち退場、二人ずつ、「私たちは20人の恋煩いの乙女」を繰り返しながら。将校たちは彼女たちの退場を驚きの目で見ている)
公爵: 紳士諸君、これは英国軍服に対する侮辱ですぞ。
大佐: ヴィーナスの宮中、マールスの戦場にても同様に成功した色の軍服である!

<< ペイシェンスが勘違いしたのは Hallo という言葉で、狐狩りで猟犬をけしかける叫び声。
カロメルは塩化水銀、コロシントはウリ科の多年草。カロメル、コロシント、アロエも下剤として利用された。いきり立ったとコロシントは撞着語法。>>


When I first put this uniform on

        歌 ―― 大佐
        私がこの軍服を初めて身に着けたとき、
          私が言ったのは、鏡をみながら、
            『これは百万人の
             民間人がいても
          私の姿かたちはそれを超えよう。
            黄金色のモールは美女を魅了すべく、
            私に過分にあるものは、簡潔に言えば
              恋人への宣誓のとき
              ヘッセン風軍靴で叫ぶとき
            どこにおいて雄弁である!』
              私が信頼を置く実物、
              私がこの軍服を初めて身に着けたとき!

コーラス ―― 竜騎兵
          まったくの偶然だが、
            信頼を置くものなんて稀なのに、
          同じことが私には起きた、
            私がこの軍服を初めて身に着けたとき!

大佐:        私が言ったのは、私が最初にそれを身に着けたとき、
          『これは大馬鹿野郎にもはっきりと分かる、
            どの美女でさえ
            彼女の義務を感じるだろう、
          一目でその魅力に屈することを。
          彼女たちは私が気ままに黄金色のモールを
          美しく汚れない軍服につけて見るであろう』 ――
            私は信頼を置いたことはないのに、
            私がこの軍服を初めて見に着けたとき!

コーラス ―― 竜騎兵
          まったくの偶然だが、
            当てにするなんて稀なのに、
          予測すらしなかったもの、
            私がこの軍服を初めて身に着けたとき!

        (竜騎兵たち怒りながら退場する)

    (バンソーン登場、様子に変化が見られる、熱情的でメロドラマティックに)

Am I alone and unobserved

        レチタティーヴォ ―― バンソーン
        私ひとりだけ、
          誰にも気づかれていないだろう? ひとりだ!
        じゃあ自身のことを
          私はインチキ審美主義者!
        この厳しげな空気は
          ただ単に
            上っ面のもの。
        この皮肉な微笑みは
          ただのまやかし
            策略による!
        この汚れなき衣装は
          よき趣味ながら
            不適切!
        告白しよう!
      物憂いユリへの愛などに私は感動せぬ!
      弱弱しい手足ややつれた頬などに私は喜びを感じない!
        薄汚れた緑なんかは気にならない
          どうやったとしても。
        私は一人だけしか見えないことに焦がれはしない
          それは日本でしかない。
        私はもったいぶった文句を好きではない
          ステンドグラスのような硬直した姿勢での。
      簡単に言えば、私の中世趣味は見せかけ、
        生まれつき病的な愛を賞賛す!

        独唱 : バンソーン
もし君が稀なる文化を持つ男として高き審美的な詩行の中で
    輝けるものか心配があるなら、
君は超自然な言葉のあらゆる胚芽に目覚めねばならず、
    そしてそれらを至る所に植えよ。
君はヒナギクの上に体を横たえヒナギクと対話せよ、
    新規のフレーズを使い君の複雑な心の状態を。
意味は重要ではない、もし超自然のことに関する無為なお喋りだとしても。
        そして誰もが言うだろう、
        君が神秘的な歩きを見せれば、
『もしこの若き男が私にとって深淵すぎる用語で彼自身を表現するならば、
おや、何と非常に非凡な深淵なる若き男であることかこの深淵なるこの若き男のあるべきは!』

遥か昔に消えた暗き日々を賞賛する雄弁であれ。
そして納得、君に出来るなら、善きアン王女の治世は文化が最も反映した日々だと。
もちろん君は新鮮で新たなものには何でもブーブー不平を垂れるだろう、
    そして断定するのはその粗野と下品さを。
なぜなら芸術が急に終わったのは洗練されたジョセフィーヌ皇后の宮中にて。
        そして誰もが言うだろう、
        君が神秘的な歩きを見せれば、
『もし私にとって十分満足ながら、彼には十分でなければ、
おや、何と非常に洗練された若者であることかこの種の若者のあるべきは!』

そこで野菜ファッションに身を付けた感傷的な熱情が君の覇気なき脾臓を刺激するであろう、
プラトンの愛情は恥ずかしがりやの若きジャガイモや、
    あまりフランス風でないインゲン(french bean) に !
例え敵なるペリシテ人と衝突しても、君は高き審美派隊の指導者にまつりあげられよう、
もし君がピカデリー街を中世風の手にはポピーやユリの花を持って歩いたら。
        そして誰もが言うだろう、
        君らしく優雅な姿で歩けば、
『もし私にはまったくさっぱりであっても彼の実質が野菜への愛情であるなら、
おや、何と最も格別に純なる若者であることかこの純なる若者のあるべきは!』

    (歌の終わりに、ペイシェンスが登場。彼は彼女を見る)

<< ステンドグラスはモリスとバーン=ジョーンズというステンドグラス作家の作品を示しているらしい。ジョゼフィーヌ皇后はナポレオン・ボナパルトの最初の妻。脾臓はかつてはさまざまな感情が宿る所とされた。
『ペイシェンス』は当時流行した審美主義を揶揄した作品のようで、ピカデリー街でポピーやユリの花を持って歩いたとされるのはオスカー・ワイルドを暗示していると当時の観客はすぐ分かったらしいが実際のワイルドはそのような行動はしなかったという。 >>


第一幕 後半に続く


補足:
●訳はGilbert and Sullivan Archive : Patience 台本を元にした。
●1982年BBC制作のTV番組 Patience / Hammond-Stroud, Mills, Collins, Opera World (1982) (スタジオ撮影) のDVD を参考とした。
●用語等は、Gilbert and Sullivan Archive の Glossaries 、 Benford's G&S Lexcon Entries for Patience などを参考にした。
●茶色字の≪≫内は訳者のコメントや用語解説。
●意味不明の歌詞やダイアローグなどは、適当に訳してある。
 


2014/04/20 訳


 ページトップへ