Jazz Song Home データベース ジャズ歌詞の訳詩 ソング・エッセイ 書籍紹介 ABC順リスト

IOLANTHE
or the Peer and the Peri - Act II, 1/2
(アイオランシ または 貴族と妖精:第二幕 前半)

<< ギルバート&サリヴァンのコミックオペラ「アイオランシ」(1882) 台本の訳


台本: W.S.ギルバート W.S. Gilbert
作曲: アーサー・サリヴァン Arthur Sallivan
初演: ロンドン、サヴォイ劇場、1882/2/11


第一幕 : アルカディア

第二幕 : ウエストミンスター宮殿

時期 : 1700~1882年頃 

≪第二幕前半のあらすじ:  ストレフォンは妖精の力をかりて国会議員となり貴族院の反対してきた議案を通し、貴族達は混乱する。ウェストミンスター宮殿の衛兵ウィリス二等兵は国会の混乱を笑う。
貴族達は妖精にこの混乱をやめさせるよう妖精達に懇願するが妖精達は妖精のかけた術は解けないという。貴族達は怒るが妖精は彼らの魅力のとりこになり、妖精女王にたしなめられる。女王は魅力ある男がいても自分は妖精法に忠実であり、人間と結婚すれば妖精には死があることを思い起こさせる。
一方、フィリスと婚約した二人の貴族は互いに譲歩する姿勢を拒否するものの、彼女を得るべく決闘するという案に対しては、友情という理由のもとに拒否する。 大法官はフィリスへの報われぬ愛に苦悶し悪夢から目覚める。≫




歌曲リスト
第二幕前半

14. "When all night long a chap remains" (Private Willis)
15. "Strephon's a member of Parliament" (Chorus of Fairies and Peers)
16. "When Britain really ruled the waves" (Lord Mountararat and Chorus)
17. "In vain to us you plead" (Leila, Celia, Chorus of Fairies, Mountararat, Tolloller, and Chorus of Peers)
18. "Oh, foolish fay" (Queen with Chorus of Fairies)
19. "Though p'r'aps I may incur thy blame" (Phyllis, Lord Mountararat, Lord Tolloller, and Private Willis)
20.
"Love, unrequited, robs me of my rest" ... "When you're lying awake" (Lord Chancellor)

第二幕後半

21. "If you go in you're sure to win" (Lord Tolloller, Lord Mountararat, and Lord Chancellor)
22. "If we're weak enough to tarry" (Phyllis and Strephon)
23. "My lord, a suppliant at your feet" (Iolanthe)
24. "It may not be" (Lord Chancellor, Iolanthe, and Chorus of Fairies)
25. "Soon as we may, off and away" (Ensemble)



第二幕

(シーン:ウェストミンスター宮殿、ウェストミンスター・ホール、左側には時計台が上方に見える、中央右寄りにはウィリス二等兵の衛兵姿が見られる、右側には月明かり。)

        歌:ウィリス二等兵:When all night long a chap remains
        夜間の長きにわたり 
          男は歩哨任務を続ける、単調さを追い払うべく
        彼は頭を鍛錬しておる、
          それこそ、彼の任務と考えるなり。 
        決して豪華な膝の上で養育されたことがないとは言え
          しかし私は君たちに勧告す、 
        私は知性ある男、
          そして考える事は君らを驚かせるであろうこと。
            私は喜劇的だとよく思うことが ― ファル、ラル、ラ!
            なんと自然はいつだって巧く出来ているのか ― ファル、ラル、ラ!
              どの少年もどの少女も
                今の世界に生まれた彼らは
            多少なりとも急進派か
              あるいは多少なりとも保守派に属す! 
                    ファル、ラル、ラ!

        あの議事堂の中で議員達が賛否の決を採るとき、
          彼らに大脳がそれに小脳でもあるとすれば、
        彼らは大脳を外して行くであろう、
          そして彼らのリーダーがいう通りに票を投じるのだ。
        しかしながらそこで運命のいたずらの予感が 
          ぼんくらなる国会議員たちが近接近しておる、
        みな自身のことしか考えていない、その彼らが
          だれも平静な顔をしていられない。 
            だから大声でファル、ラルと祝おう ― ファル、ラル、ラ!
            なんと自然はいつも工夫されているのか ― ファル、ラル、ラ!
              どの少年もどの少女も
                今の世界に生まれた彼らは
            多少なりとも急進派か
              あるいは多少なりとも保守派に属す! 
                    ファル、ラル、ラ!

<< 無能な議員だらけの国会が混乱していることを歩哨兵は笑っているのだろう>>
            
    (セリア、レイラ、フレッタなどの妖精達が登場。彼女たちは舞台を跳ねまわる)


          妖精達のコーラス:Strephon's a member of Parliament
          ストレフォンが議会の一員になった!
            彼の選んだあらゆる議案は通っている。
          彼の法案はすべての賛同を得るべく ―
            妖精の術を見せつけている。
              ホイッグもトーリーも
              彼らの栄光は消えてしまい、
          彼のどの話にも耳を傾け ―
          貴族院議員も庶民院議員も憂鬱に!
          ストレフォンは彼らの足をブルブル震えさせる!
            ブルブル震えさせる!
            ブルブル震えさせる!
          ストレフォンは彼らの足をブルブル震えさせる!

          貴族達のコーラス
          ストレフォンが議会の一員になった!
            全て悪用なる議案が通っておる。 
          彼の不適切な議案への賛同
            それでも今は誰も否認しない。
              ホイッグもトーリーも
              彼らの栄光は消えてしまい、
          彼のどの話にも耳を傾け ―
          彼の法案はすべての賛同を得る ―
          この場は大いなるてんやわんや!
              てんやわんや!
              てんやわんや!
          この場は大いなるてんやわんや!

    (ウェストミンスター・ホールからマウンタレイラット卿、トロラー卿登場)

ダイアローグ
セリア:イライラしているみたいね。
マウンタ卿:イライラだと! そう言えるだろうな! 一体、この君たちのプロウタジェイ(秘蔵っ子)ときたら何もかも台無しにしておる。今晩彼は貴族院議員を開くべく競争試験導入議案の2回目読み上げをしようとしている。 
トロラー卿:しかも彼はそれも通過させようとしている!
マウンタ卿:通過だと? 勿論彼はそうするだろう! 彼は議会のピックフォード運送屋さ ― 彼は何でも通すとさ! ★
レイラ:そうです。どうかお許しを、私たちの過ちなの!
マウンタ卿:まったく災難だ!
セリア:そうです;私たちは議員達に影響を与えています、そして彼の意向通りに投票するよう仕向けているのです。
レイラ:私たちの流儀なの。議論を省略するのが。
トロラー卿:さて、所でこれがどういうことか考えてみたまえ。私自身のことはどうでもいいと思っているのだが、しかしながら祖父たちへの称賛に値しない貴族院になるとしたら、この国の道徳は退廃してしまうだろう。
レイラ:おっしゃる通りですわ!
マウンタ卿:私は知的指導者たちに反論する気はないが ― 私は知的指導者たちには大いなる尊敬を抱いておるから ― 時に私にもいくらかの知性があればとは思うが ― しかしながら貴族院というのは知的階級を排他的に扱うことで成り立っているものであり、それ故に庶民院(下院)というものが出来たのである。 
レイラ:そんなこと考えてもみませんでしたわ!
マウンタ卿:これにより女性の参政を阻んでいるのだ。その帰結としてもし疑いもなく発展を遂げた大英帝国制度がそこにあるとすれば、それは貴族院によるものなのだ。 

<< ★: ピックフォードは「何でも運びます」をうたい文句にした運送業者。議案の通過と運ぶは同じ carry という言葉を使っている。>>

        歌:マウンタレイラット卿 When Britain really ruled the waves
        英国が真に海を支配していた頃 ―
          (よき女王ベスの時代) ★1
        見せかけでない貴族院が作られた
        知的な高位の人に対し、
          あるいは高貴なる博学者に対し; ¶
        それでも英国は誇りある月桂冠を勝ち取ったのじゃ
        よき女王ベスの栄光の日々に!

コーラス:        そう、英国は誇りある月桂冠を etc.

        ウェリントンがボナパルトを打ちのめした時、
          どんな子供でも知っていること、
        貴族院は、戦争の最中に、
        特別なことはしなかったのだ、
          そして上手くやらなかったのだ;
        それでも英国は世界を輝かせておる
        よき王ジョージの栄光の日々に! ★2

コーラス:        そう、英国は世界を輝かせて etc.

        そして貴族院が立法権を
          掌握している限りは、 ¶
        そして貴族の政治指導者がいらいらせず
        邪魔しようと切望しなければ
          それは自分達が理解できない問題に対し、
        まるで輝く光が大英帝国を照らすであろう
          ジョージ王の栄光の日々の如くに!

コーラス:        まるで輝く光が etc.

<< 貴族達が無能だからこそ英国が繁栄するのだという図々しい詭弁。 ★1:エリザベス1世:在位 1558-1603。★2:ナポレオンが敗れたワーテルローの戦いは 1815 年で、この時の王はジョージ3世だが当時は認知症となり、実際の政務は摂政であった王子のジョージ4世が執った。どちらを指しているかはっきりしないが、いずれにせよどちらかのジョージ王を示しているのだろう。 >>

ダイアローグ
レイラ:(歌の間から貴族に魅惑されて) 魅惑的な人たちね、そうじゃない?
セリア:明らかにね。控えめな尊厳でもって、気取った慇懃さとともに、私に英国貴族代表議員の座を下さいな。 ★1
トロラー卿:ではどうかね、遅きに失する前にこの君らのプロウタジェイ(秘蔵っ子)を止めさせるわけにはいかないかね。君らのやっている悪戯を考えて見たまえ!
レイラ:(泣きながら) でももう私たちには彼を止めることはできないの。 (傍白でセリアに)彼らは素敵ね! (はっきりと声に出して)ああ、何故あなたたちは私たちから離れ拒むのかしら、おバカさん!

<< ★1:貴族代表議員とは貴族の代表として貴族院に議席をもつスコットランド、アイルランド貴族。>>


        レイラ&セリアの二重唱 In vain to us you plead
レイラ:    あなた達の訴えは私たちには無為なこと ―
                    行かないで!
        あなた達の嘆願には耳を傾けないわ ―
                    行かないで!
            本当よ私たちはため息している、
              でも勘違いしないで
            涙をためた目が
              許しを表しているとは。
                    ああ、だめ!
            私たちは本当に苦難にあるの ―
              そう、大きな苦難に、
                    行かないで!

妖精達:        本当よ私たちはため息している etc.

セリア:    あなた達の侮蔑的な冷笑 ―
                    行かないで!
        憤慨の涙を呼び起こすの ―
                    行かないで!
            あなた方は私たちの法を破ったの ―
              あなた方は私たちの敵なの:
            私たちが泣くのは何故なら
              私たちはあなた方を憎むから!
                    そうでしょ!
        あなた方はとても意地悪な貴族よ!
            あなた方は意地悪な貴族よ!
                    行かないで!

妖精達:        あなた方は私たちの法を破った etc.

マウンタ卿、トロラー卿:
            我らの侮蔑的な冷笑、
                    ハッ! ハッ!
            憤慨の涙を呼び起こす、
                    ハッ! ハッ!
            そういうことなら、君たちよ ―
妖精達:                行かないで!
貴族達:                我らは行こうぞ!

(マウンタ卿、トロラー卿、貴族達退場。妖精達は彼らの姿を切なそうに見る)

            (妖精女王登場)

ダイアローグ
女王:ああ破廉恥な ― 恥を知りなさい! これであなた達が従うべき法に忠実であると言えるのの? 人間と結婚すれば死ということを知っておいででしょ?
レイラ:ええ、でも人間との結婚を望むことは死ではないでしょ!
フレタ:もしそうだったら、女王様は私たち全員に死刑の執行をしているはず!
女王:ああ、これぞ弱き事、思いに打ち克ちなさい!
セリア:私たちは弱点と知っているわ、でも弱点がこんなにも強い思いなの!
レイラ:私たちはあなたのように頑健ではないの!
女王:頑健と! あなた方は私が男性の美点が与える効果に不感症だとでも言うの? あの男性を見なさい! (歩哨を指し) 見事な絵姿! (歩哨に向かい) あなたのお名前は、サー?


ウィリス:(直立不動の姿勢になり)ウィリス二等兵、B中隊、近衛歩兵第一連隊です。
女王:あなたはとてもお綺麗な方ですね、サー。
ウィリス:私はいつも褒められています。
女王:とてもよくわかりますわ。 (妖精達に向かい) さあここに肉体的特徴がまさに神々しい男性がいるわよ。この男性は最も私に特別な影響を与えるわ。もし私が自然の衝動に屈服したのなら、私はひれ伏し彼を崇拝するでしょう。でも私はこの性癖を克服しているの: 私はこれと格闘し、そして足元に倒すの! それが私があの男に対する思いの対処法なの!


            女王の歌:Oh, foolish fay
          ああ、愚かな妖精達よ、
            考えてごらんなさい、何故なら
          彼の勇猛そうな衣装に
            私の胸は和らぐ、
          私は背くとでも
            吾が妖精の法を?
          何故なら私が天上の 
            王国を舞い上がり、 ¶
          恋に落ちる
            ようになったから、
          まるで私が
            恋多き鳩の如くとでも?
(傍白で)          ああ、恋多き鳩!
                典型的なオウディウスの詩! ★1
                  この私だけの心は
                    汝らの心のように暖かい、
              あえてそうは言わないとしても!

コーラス:        ああ、恋多き鳩 etc.

          輝きを増す炎は
            激しい熱となり
          私は消火栓を開ける
            常識と言う消火栓を、
          そして失うは
            多少の出費となる!
          吾は守らねば
            吾が妖精の法;
          あれにあるは主役
            呼び物となる人―  ¶
          我々が得たるは
            ショー消防署長! ★2
(傍白で)          ああ、ショー消防署長殿!
                人には言えぬ真の愛を
                  そなたの消防団の
                  冷たい散水により
              私の大いなる愛の火を消せるだろうか、どうかしら!

コーラス:        ああ、ショー消防署長殿! etc.

        (妖精達、妖精女王が悲しみのうちに退場する)

<< ★1:オウディウスは古代ローマの詩人。 ★2:初演の時客席にいたロンドンの消防署長 Eyre Massey Shaw を指して女王役の Alice Barnett が歌った。>>

            (フィリス登場)

ダイアローグ
フィリス:(半分泣きながら) どうして私には元気が出ないのか考えられないわ。私は一度に二人の貴族と婚約した。それはどんな少女だって幸せな気分になるのに十分なことなのに。でも私は惨め! 私がストレフォンが気になっているからじゃないの、だって私は彼を憎んでいるから! 自分より明らかに若い母親と一緒にいるような男が気になる女なんていないわ!
        
        (マウンタレイラット卿、トロラー卿登場)

マウンタ卿:フィリス! ダーリン!
トロラー卿:フィリス! 我が恋人!
フィリス:やめて! 図々しい。あら、多分あなた方は私と婚約した貴族方かしら?
マウンタ卿:私はそのうちの一人だよ。
トロラー卿:私はその一方さ。
フィリス:ああ、では、ダーリン!(マウンタ卿に向かい)。 私の恋人!(トロラー卿に向かい)。 所で、あなた達のどちらかにするか決ったの?
トロラー卿:合意には至っていないさ。難しい立場なんだ。コイントスで決められるような簡単な問題じゃないんだ。総合して見れば私たちは君に決めてもらうしかなさそうだね。
フィリス:どうして私に関心を寄せるのかしら? あなた達は二人ともに伯爵で二人ともお金持ち、そして二人ともに気さくな方たち。 ¶
マウンタ卿:そうだね。 少なくとも私の方は当てはまるようだ。
トロラー卿:私の方こそその通り。
マウンタ卿:違う、違う!
トロラー卿:正に私こそそうさ。とても気さくな男さ。
マウンタ卿:まあ、まあ ― 多分君はそうだろうね。
フィリス:二人のどちらかを選ぶ根拠が本当にないの。もしあなた達の一人が自分の肩書を捨てて、アイルランドの借地人に地所を分配するのなら、じゃあ、それなら、私には受け入れる理由が見つかるというものよ。
マウンタ卿:トロラー君、君にはこの犠牲を受け入れる気はないかね?
トロラー卿:いいや!
マウンタ卿:女性に感謝されるとしてもだめかね?
トロラー卿:いいや! 女性に感謝されるとしてもだめだね。
マウンタ卿:それならば、残されたただ一つの問題は、二人のうちどちらかが一方のために諦めるなのか? 多分、総合的に見て、僕となら彼女はより幸せになれるはず。どうだろう。間違っているかもしれないが。
トロラー卿:いいや。君だと言う根拠が分からないよ。私は彼女の意思を信じているさ。しかし恐るべきことと思えるのはもし君が僕から彼女を奪ってしまえば、私たちは決闘しなければならないのだ、そして二人のうちどちらかが死ぬこととなろう。それば我が家系の伝統でありそれを尊重すると誓うのだ。心苦しい立場にある、何故なれば君に対し私はとても強き尊敬を抱いているからだ、ジョージ。
マウンタ卿:(大いに感じ入り) ああ君トーマス!
トロラー卿:君は僕の大親友さ、ジョージ。 我々は同じ少年時代を ― 少なくとも僕はそうさ。もし私が生き残れば我が存在は希望なきほどに苦々しいものとなろう。
マウンタ卿:それならば、愛する友トーマスよ、勝たないことだ。繰り返して言うが ― 僕の存在がそのような影響を君に与えるのならば、勝ってはいけない。だめだ、だめだ。もし我々二人のうちいずれかが一方を負かすのなら、それは私にすべきだ!
トロラー卿:だめだ、だめだ!
マウンタ卿:ああ、そうなのだ! ― 我らの少年の如くの友情を考えるのなら君にそうするよう私は主張するのだ!
トロラー卿:(大いに感動し) さて、さて、そうなるべきか。しかし、いや、だめだ! そのような行いには同意できないそれは君に無益な良心の呵責で君を破壊するからだ。
マウンタ卿:しかしそんなことにはならないであろう。私は最初はとても悲しいだろう ― ああ、そうならない人間なんていようか? ― しかし徐々に悲しみも消えよう。私は君がとても好きだ ― しかし違うのだ、多分、君が僕を好きな程度とは。
トロラー卿:ジョージ、君は貴き男だ、しかしその涙が君の嘘を告げているぞ。だめだ、ジョージ;君はとても私のことが好きで、だから私は君に私のために一週間も続く不愉快を与えることには同意できないのだ。
マウンタ卿:しかし、親愛なるトーマスよ、それは一週間も続かないだろう! 思い出すがよい、君は貴族院を率いている! 君の死により私はその地位を引き継ごう! ああ、トーマス、悲しみは一日だけのものなのだ!
フィリス:(近寄りながら) さあ、私のために戦ってくれることを希望します、何故ならあなた達の友情は本当に価値のあるものに見えないから。 
トロラー卿:(彼女を見ながら) さて、私にはそうとは思えないが!
マウンタ卿:私もだ。この神聖なる友情という結びつきは至上のものだから。

<< 二人の貴族はフィリスを欲するものの、地位を捨てる気も決闘で命を落とす気もなく、耳に響きのよい友情という言葉でそれを回避しようとしている>>


    四重唱:マウンタレイラット卿、トロラー卿、フィリス、ウィリス二等兵
        :Though p'r'aps I may incur your blame

トロラー卿:    どうやら私は君の非難を招いてしまったみたいだが、
          小さなこと
          私は決して決闘など
        友情という名のもとに!

マウンタ卿:    それに私も同じ考えを抱いていると言いたい;
          愛があるとしても
          上には位置しないのだ
        真の友情という名の上には!

フィリス:      じゃあ私を自由にさせて、どうか;非難は私のもの;
          あなた達の狂喜は忘れて
          あなた方の道を行けばいいわ
        友情という名のもとに!

全員:        ああ、多くの男たちが、友情という名のもとに、
        幸運、地位、名誉を手放してきたことか!
        しかし誰もいまだに、この広き世界で、
        いいなずけを手放してはいない!

ウィリス:    認めなさい、汝友情よ、すべて同じく、 ¶

全員:          この汝愛しき名のいけにえよ!

(マウンタレイラット卿、トロラー卿退場、陽気に、一方の側へ、フィリスは別の側へ退場、近衛兵退場)

        (大法官登場、とても悲惨な様子で)



        大法官のレチタチーボ Love, unrequited, robs me my rest
    愛、報われることなく、我がやすらぎを奪う:
        愛、希望なき間、我が燃える愛は重荷:
    愛、悪夢のごとく、我が胸に重くのしかかる、
        そして真夜中の眠りに忍び込む!

        大法官の歌 When you're lying awake
陰鬱なる頭痛で床に眠れもせず横になっていると、そして不安が休憩を禁じていると、
私が想像するに君は気に入っている言語を使うであろう、不適切さもなく;
君の頭には炎が燃えており ― 布団どもが共謀していつもの眠りを君から略奪する:
最初に掛け布団が動き、そして君のつま先の覆いを外し、そして君の体の下にある敷布は控えめに滑り;
それから毛布がくすぐり ― 君は混じり合ったピクルスの様に感じ ― チクチクと鋭く刺す、
そして君は熱くなり、そして君は磔になり、そして君とマットレスの間が不在となるまで君は転げながら寝具を放る。
そして布団どもは這い出し床に重なってしまう、そして君はからまりながらそれらを拾い上げる。
その後君の枕は辞任し丁重に拒否するはいつもの角度にあること!
さて、君はうたた寝の恰好をしてなんらかの休息を得る、熱き眼球と止まることのない頭痛とともに。
しかし君の眠りは起きていた方がはるかに快適と思える程の恐ろしい夢に溢れている;
君の夢の中で君は海峡を渡っており、そして君はハリッジからの蒸気船の中で寝返りを打つ― ★1
それは何か大きな水浴機ととても小さな2等馬車の中間のようなもの― ★2 
それから君はペニーアイスやコールドミートでパーティーの友達や親せきにもてなす ―
彼らは貪欲な略奪団 ― みなスローンスクエア駅やサウスケンジントン駅から地下鉄で来た。 ★3
それから旅行中に君は弁護士を見つける (彼はデヴォンからその朝に出発した);
彼はやや小さめで、君は彼がほんの11歳でしかないと言ったので驚きはしない。
さて、君はこの不思議な男に君は怒り狂ってしまう (ちなみに、この船は今は四輪馬車に変わった)
そして君はカードゲームをしている、そして君が『引き分けにつきディーラーの儲け』と彼に言い彼は君に不満を言う; ★4
でも君は我慢がならず、そこで君はあきらめて手を上げ、そこで君は氷柱のように冷たいことに気づく、
君のシャツと靴下で(黒いシルクで金の刺繍があるやつ)、ソールズベリー平原を自転車で横切っている:
そして彼と船員も自転車に乗っている ― 彼らはどうにかして投資している ―
そして彼は水夫たちに語っているのは彼が興味を持っている会社の詳細について ―
それは機械の図面、雑音の混じった電信から安価なあらゆる商品を得るため
(それは船乗りたちをイライラさせ)、小売業者に御馳走するのは全て野菜のよう ―
君は小さな商人を植えようと良き鋤人を手に入れる (最初に靴型とともに彼の靴を脱がす)、
そして彼の脚は根が付き、そして彼の指は芽を出し、それらは花開き果樹のように蕾となる ―
八百屋の木から君は葡萄とグリーンピース、カリフラワー、パインアップル、そしてクランベリーが取れる、
一方練り菓子の草からはチェリーブランディが与えられ、林檎のケーキ、それは三角、そしてバンベリーケーキ ―
分け前はペニー、大半はロスチャイルドやベアリングなどの銀行家に、
そしてほんの少しが君に割り当てられ、君は絶望の慄きから目が覚める ―

君はいつもどおりに打ちひしがれ、首は引きつる、そして君がいびきをかくのは不思議でないのは頭が、床にあり、しびれてピリピリするは足裏から脛まで、そしえ君の体は這い、君の左足は眠りにあるのに、つま先はこむらがえり、そして鼻の頭には蠅が止まっている、そして羽毛が君の肺に、そして舌には熱が、そして喉の渇きは強く、そして一般的に理解されることは君は安らかな眠りに付けなかったこと;

しかし暗闇はさり、そしてついには日の光がさす、そして夜は長かった ― あれこれ、あれこれ、我が歌は続く ― そして神よ感謝します終わったのです。

                (大法官、疲れたように席に倒れ込む)



<< 別名 Nightmare song というパターソングだがあまり面白い歌には感じられない。 DVD, Youtube などでは大法官は夜具姿で歌っていた。
★1:ハリッジはイングランド南西部の港町。 ★2:水浴機 bathing machine は車輪付きの着替え室。海に付け人に見られることなく水着姿で海に入れるようにしたもの。 ★3:1868年に開業当時からあった2つの地下鉄駅は隣接している。 ★4:ブラックジャックなどの場合ディーラーの手より低いか同じだった場合はディーラーの勝ちとなる>>


後半に続く


補足:
●訳はGilbert and Sullivan Archive にあった "Iolanthe" 台本を元にした
 ただし歌詞の繰り返しは略してあるので、より詳細で正確な台本は、Web Opera が参考になる。
●人名の読み方、背景、俳優のしぐさなどは、1982年BBC制作のTV番組 Iolanthe / Hammond-Stroud, Mills, Collins, Opera World (1982) (スタジオ撮影で、現代の映像を挿入するなど演出はかなりアレンジしてある) のDVD を参考とした。

●()は主にト書き。
●茶色字の≪≫内は訳者のコメントや用語解説。
●記号¶のついた行は、意味不明につき仮訳、訳に自信がない所。
 


2012/02/25 訳


 ページトップへ