Jazz Song Home データベース ジャズ歌詞の訳詩 ソング・エッセイ 書籍紹介 ABC順リスト

IOLANTHE
or the Peer and the Peri - Act I, 1/2
(アイオランシ または 貴族と妖精:第一幕 前半)

ギルバート&サリヴァンのコミックオペラ「アイオランシ」(1882) 台本の訳


台本: W.S.ギルバート W.S. Gilbert
作曲: アーサー・サリヴァン Arthur Sallivan
初演: ロンドン、サヴォイ劇場、1882/2/11


第一幕 : アルカディア

第二幕 : ウエストミンスター宮殿

時期 : 1700~1882年頃 

≪第一幕前半のあらすじ:  遡ること25年前、永遠の命を持つ妖精のアイオランシは掟を破り寿命ある人間 (mortal) と結ばれ子供をもうけたために、妖精の女王から生涯追放の罰を言い渡される。しかし彼女は息子の近くにいたいと願いアルカディアの川底で過ごすことを選ぶ。
舞台では妖精たちが踊り歌っている。しかし彼女たちは心から楽しめない。それはアイオランシがいないからだ。彼女たちは妖精の女王にアイオランシの罪を許すよう嘆願し女王も了解する。
一方、25歳となったアイオランシの息子ストレフォン、彼はアルカディアの羊飼いとなっているが、上半身は妖精で永遠の命を持ち、下半身は人間で寿命ある者。彼にはフィリスという恋人がおり結婚の約束をする。しかし彼女には彼の出生のことは隠している。
フィリスは大法官の被後見人であり21歳になるまでは大法官の許可なしには結婚が出来ない。フィリスとストレフォンは大法官に結婚の許可を申し出るが許されないことを妖精の女王に告げると女王はストレフォンに手助けをすると約束する。自信を得たストレフォンはフィリスに結婚を迫り彼女も了承する。
フィリスが貴族院に入ると貴族院議員たちが彼女に結婚を迫るが、密かに大法官自身もフィリスとの結婚を願っている。しかし、彼女は自分は下層の者だから釣り合わないというが貴族院議員たちは問題ないと答える。しかたなくフィリスは婚約者がいることを打ち明ける。大法官がフィリスに命令を破ってまで結婚したい相手は誰かと問うた時にストレフォンが現われる。貴族たちは失望しながらも気高く振舞いながらフィリスと共に退場し、舞台には大法官とストレフォンのみが残る... ≫




登場人物
大法官(貴族院議長)
マウンタレイラット伯爵
トロラー伯爵
ウィリス二等兵(近衛兵第一連隊)
ストレフォン(アルカディアの羊飼い) 
妖精の女王
アイオランシ(妖精、ストレフォンの母)

妖精たち:
 セリア
 レイラ
 フリタ

フィリス(アルカディアの羊飼い女で、大法官府被後見人)

コーラス(公爵、侯爵、伯爵、子爵、男爵および妖精たち)

≪ストレフォン Strephon は英国廷臣、軍人、文人 Sir Philip Sidoney の作品 Arcadia (1590) に出てくる恋人を失って嘆く羊飼いで、田舎者の恋に悩む男を意味することもあるという。Iolanthe はwikipedia ではアイオゥランシー (aɪ.oʊˈlænθiː/) と発音すると記述されている。 DVD で確認したところ人によりアイオランテと発音しているようにも聞こえたが、ここではアイオランシと表記する。大法官 Lord of Chancellor は英国貴族院(上院)議長であり、上院が最終上級裁判所(最高裁判所)を形成し、上院議長である大法官がその長官を兼務していた。大法官府被後見人は衡平裁判所が管轄していた後見制度の元にある未成年のことで21歳に達するまでは後見人の許可なく結婚も財産の管理も出来なかったらしい。(英国政治制度、歴史等は詳しくないので全てらしいとしか言えないが)≫



歌曲リスト
1. "Tripping hither, tripping thither" (Celia, Leila, and Chorus of Fairies)
2. "Iolanthe! From thy dark exile thou art summoned" (Queen, Iolanthe, Celia, Leila, and Chorus of Fairies)
3. "Good-morrow, good mother" (Strephon and Chorus of Fairies)
4. "Fare thee well, attractive stranger" (Queen and Chorus of Fairies)
4a. "Good-morrow, good lover" (Phyllis and Strephon)
5. "None shall part us from each other" (Phyllis and Strephon)
6. "Loudly let the trumpet bray" (Chorus of Peers)
7. "The law is the true embodiment" (Lord Chancellor and Chorus of Peers)
8. "My well-loved Lord" and Barcarole, "Of all the young ladies I know" (Phyllis, Lord Tolloller, and Lord Mountararat)
9. "Nay, tempt me not" (Phyllis)
10. "Spurn not the nobly born" (Lord Tolloller and Chorus of Peers)
11. "My lords, it may not be" (Phyllis, Lord Tolloller, Lord Mountararat, Strephon, Lord Chancellor, and Chorus of Peers)

以下は第一幕後半

12. "When I went to the Bar" (Lord Chancellor)
13. Finale Act I (Ensemble)
o "When darkly looms the day"
o "The lady of my love has caught me talking to another"
o "Go away, madam"
o "Henceforth Strephon, cast away"
o "With Strephon for your foe, no doubt / Young Strephon is the kind of lout"



第一幕

シーン: アルカディアの田園地帯、舞台の後方に川が流れている。川に古びた橋が掛っている。

(セリア、レイリア、フリタに率いられた妖精たちが登場。歌い踊りながら彼女たちは舞台をまわる)



        妖精たちのコーラス:Tripping hither, tripping thither
        こちらを跳ね、あちらを跳ね、
        なぜなのか、なにゆえなのか誰も知らない;
        私たちは踊らなければ、私たちは歌わなければ
        妖精の輪を回る! ★

        独唱:セリア
        私たちは繊細で小さな妖精、
            いつまでも歌い、いつまでも踊る;
        私たちは気まぐれを楽しむ
            我を忘れるような流儀で、
        もしあなたが特別な祝典を
            永遠に終わることのない動きを望めば、
        私たちは応えるわ、ためらうことなく、
            気紛れな思いつきなんかじゃなく。

        コーラス
        そう、気紛れな思いつきなんかじゃなく!
            こちらを跳ね、... etc.

        独唱:レイラ
        もし私たちがどう生きているか聞かれたら、
        恋人たちのすべてのエキスが与えるもの ...
            私たちは恋人たちのため息に乗り、
            恋人たちのまなざしに温められ、
            恋人たちの涙で沐浴し、
            恋人たちの恐れを衣とし、
            恋人たちの投げ矢を武器とし、
            恋人たちの心を隠れ家として生きる。
        私たちのことを知ったのなら、発見できるでしょう
        私たちが恋人を糧として生きていることが!

        コーラス
        そう、私たちは恋人を糧として生きている!
        こちらを跳ね、... etc.

    (コーラスの終わりに全員が疲れたようにため息をする)

<<★:妖精の輪 fairy ring は、芝地の中にキノコが環状に生じて出来た暗緑色の部分のことで妖精たちの舞い踊りの跡と信じられた。>>

ダイアローグ
セリア: ああ、とても楽しいわ、でも女王様がアイオランシを追放してからは、妖精の歓楽は昔のようでなくなったわ!
レイラ: アイオランシは妖精国の命であり魂よ。何故って、彼女が私たちの歌を作り私たちの踊りを振りつけたから! 私たちは彼女の歌を歌い彼女の方法で跳ねるの、でも私たちは楽しんでいるわけじゃあないわ。
フリタ: 考えてみれば20と5年が彼女の追放以来過ぎたわね。こんな酷い罰を受けるなんて彼女は何をしたっていうのかしら。
レイラ: とても恐ろしいこと! 彼女は寿命ある人間と結婚したのよ!
フリタ: ああ! 寿命ある人間と結婚するなんて無思慮なことなの?
レイラ: 無思慮なこと? それは妖精システムの根源を壊すことよ! 私たちの法律では、寿命ある人間と結婚した妖精は死ぬのよ!
セリア: でもアイオランシは死んではいないわ!

    (妖精女王登場)

女王: そうよ、何故ならあなた方の女王は彼女にとてつもない愛をそそいだからよ、代りに彼女に与えた罰則は一生苦役にあること、彼女が夫と別れ二度と言葉を交わすことがなければという条件で!
レイラ: 苦役の罰則というその判決に彼女は今あるのね、彼女の頭を (on her head) あの川の底に沈めるという! ★
女王: そうよ、でも私が彼女を追放したとき、彼女にはこの地上にあるあらゆる快適な住む場所を提供したのよ。私は彼女を川の底に住むように仕向けたつもりはないはず! 彼女が苦難に耐えなければならない不快さを思うと私は全く惨めな気持ちになってしまうわ!
レイラ: 湿気を考えてみて! そして彼女の胸はいつでも繊細なことを。
女王: それに蛙のことも! ウグッ! 私はアイオランシがなぜ蛙たちの中に行ってしまったか理由を知るまでは心の平安を持ち安らぐことはないでしょう!
レイラ: じゃあ彼女を呼びつけて聞いてみたら?
女王: なぜというの? なぜならもし私が彼女を見てしまうと彼女を直ぐに許すでしょうから!
セリア: じゃあ彼女を許さないの? 25年というのはとても長い時間よ!
レイラ: どれだけ私たちが彼女を愛しているか考えてみて!
女王: 彼女への愛? あなた方の私への愛はどうなの? なんてこと、彼女は私にとって価値ないものなら! 私にキンポウゲの中で丸くなることを教えたのは誰? アイオランシよ! クモの巣をブランコにするのを教えたのは誰? アイオランシよ! 雨露に飛び込むのを ... ナッツの殻を巣にすることを ... クモの巣の糸で跳ねまわることを教えたのは誰? アイオランシよ!
レイラ: 彼女はびっくりすることをしてくれたわ!
フリタ: ああ、彼女を私たちに戻して下さい、偉大なる女王様、私たちのためでなくともあなたのために! (全員嘆願のために膝まづく)
女王: (ぐずぐずと) ああ私は強くあらねば、でも私は弱いもの! 私は大理石でなければ、でも私は土くれ! 彼女への罰は私が意図していたもの以上に重いものだった。彼女を蛙たちと暮らさせるつもりなんて ... それに ...まあ、まあ、あなたたちの思いどおりにすれば ... あなたたちの思い通りにすべきね!

<<★: on her head はヴィクトリア時代のキャッチフレーズで簡単にという意味>>

    女王の呪文: Iolanthe! From thy dark exile thou art summoned
女王:                 アイオランシ!
        暗き追放の地より汝は呼び出されし!
            来たれ我らの呼び出しに ...
          来たれ、来たれ、アイオランシ!
セリア:             アイオランシ!
レイラ:             アイオランシ!
全員:           来たれ我らの呼び出しに、アイオランシ!
                アイオランシ、来たれ!

(アイオランシが水中から立ち上がる。彼女は水草に覆われている。彼女は女王に近づき頭を垂れ腕を交差させる)


アイオランシ: (以下、アイオと記述する)
        卑しき胸でもって
          そしてあらゆる希望を低くに置き、
        あなたの命令に、
          背かれた女王に、私は頭を垂れます!

女王:     
      妖精の法に対しての暗き罪に対し
      吾はそなたに一生の追放を言い渡した;
      しかし慈悲が吾が心の中で揺れておる ...
      立つのだ ... 汝は許されし!

アイオ:             許された!
全員:                     許された!
        
(水草は彼女の身から落ち、彼女は妖精の身なりとなる。女王はダイヤの宝冠を彼女の頭に置き、そして抱き締める。他の者たちも同じく彼女を抱きしめる)

        コーラス
        ようこそ我らの心に再び来たことを、
            アイオランシ! アイオランシ!
        私たちもあなたの苦き痛みを感じていた、
            アイオランシ! アイオランシ!
        みなの心からみなの腕から
        私たち愛すべき小さな仲間が
        ようこそあなた妖精の国へ、
            アイオランシ!

ダイアログ
女王: さてそれでは、教えてくれぬか、あらゆる世界を選ぶことが出来たのに、一体どうしてあなたは小川の底に生きることを選んだのじゃ?
アイオ: わたしの息子、ストレフォンの近くにいるためです?
女王: おやまあ、あなたに息子があったとは知りもしなかったぞ。
アイオ: 息子が生まれたのは女王様の命により私が夫の元を去った直ぐ後のこと ... しかし息子は父親が存在することなど知りもしません。
フリタ: 彼はいくつなの?
アイオ: 24歳よ。
レイラ: 24歳! 誰も、あなたを見れば、あなたに24歳の息子がいるなんて思わないでしょう! でも彼は永遠の命という利点はあるのね。私たちは年をとることはないわ! 彼は可愛いの?
アイオ: 彼はとても可愛いわ、でも彼は強そうに見せかけようとしているわ。
全員: (残念そうに) ああ!
女王: 私は強情に関しては反対などしないわ、適度であればね。
セリア: それで彼は何を?
アイオ: かれはアルカディアの羊飼いをしているの ... そして彼はフィリス、大法官の被後見人、に恋しているのよ。
セリア: ただの羊飼い! それに彼は半分は妖精ね!
アイオ: 彼は腰までは妖精よ ... でも彼の下半身は寿命ある人間なのよ。
全員: ああ何と!
女王: 私は他の人より詮索好きというわけじゃないつもりよ、でも正直腰までが妖精で下半身は人間というものを見てみたいわ!
アイオ: 簡単ですわ、だって彼が来てますもの!

(ストレフォン登場、歌い踊りそしてフラジョレットを演奏しながら。彼には彼が登場したときに退場した妖精たちは見えない) ★

<<★: フラジョレット flageolet は音孔6個の小型の縦笛>>


        ストレフォンの歌: Good morrow, good mother!
ストレフォン: (以下、ストレと記す)
        お早うございます、お母さま!
          お母さま、お早うございます!
        とにかくどうにかして、
          あなたの悲しみを払いのけねば!
            言葉にならぬ位の喜びに
            僕の胸は張り裂けそうです、
            だから少しでも一緒に
            歓喜の表現を、
          だって僕は今日の日に結婚するから ... 今日の日に ...
            そう、僕は今日の日に結婚するから!

コーラス: (傍白で)
          そう、彼は今日の日に結婚するから ... 今日の日に ...
          そう、彼は今日の日に結婚するから!

ダイアローグ
アイオ: では大法官殿は彼の被後見人美しいフィリスと結婚するという最後の許しに同意したわけね?
ストレ: 違うんだ実際には。僕の涙ながらの懇願に彼が答えたのは、『羊飼いの若者は大法官の被後見人を妻とするのはふさわしくない。』 僕は裁判所でたたずみ、それから僕は彼にアルカディアの歌をフラジョレットの演奏を交えて歌ったのさ、無為なことだけど。最初彼は楽しんだように見え、それに法廷弁護士も、でも直ぐに僕の歌と笛に我慢できなくなって僕を追い出すよう命令したんだ。そこで法廷の門衛が、しわくちゃの袈裟帯に赤茶けたボンバシーン地の法廷服を着たやつが、僕を連れて行ったのさ、歌いながらだけど、チャンセリー通りまで! もう行くもんか; 今日彼女と結婚して、結果をものともせずに、なすがままになるのさ!(妖精たちを見る)所でこいつらは何? ★
アイオ: あら、ストレフォン! 一緒に祝って、女王様の許しがでたのよ!
ストレ: 許したの、お母さん? とてもいい知らせだね。
アイオ: そしてこの女性たちは私の愛する姉妹なの。
ストレ: 姉妹たちなの! じゃあ彼女たちは ... 僕の叔母さん!
女王: 喜ばしき一片の知らせがあなたの花嫁の結婚の日とは!
ストレ: 静かに! 僕の花嫁は僕が妖精類とは何も知らないんだ。 あえて言わないのは、彼女が怖がるといけないから。彼女は僕が人間と思っているし、僕はその方がいいんだ。
レイラ: あなたが妖精類だということはそれほど素敵でもないように聞こえるわ。
ストレ: 素敵! 叔母ちゃん! これは僕の存在に対する呪いなんだよ! 半妖精に何かいいことでも? 僕の体は鍵穴を通してすり抜けることが出来るというのに、僕の脚が後ろ側に残っているなんてどこが素敵なの? 僕は上半身を透明に出来るけれども下半身は丸見えなんだよ! 僕の頭脳は妖精の頭脳、でも下半身ときたら猿のようにキャッキャ言うだけの阿呆なんだよ。 僕の上半分は永遠の命、でも下半分は毎日年老いて行き、いつか一方は老衰で死ぬ運命。 僕の上半分はどうなるの、僕の下半分が埋められたときは、本当にどうなるのか分からないんだよ。
妖精たち: 可哀そうな人!
女王: あなたの苦悩は分かったわ、でも妖精の頭脳があるのだから行うべき知的領域を探し求めるべきよ。¶ ちょっと待って。私は自由にできる懐中選挙区がひとつ二つあるの。議員になる気はないかしら? ★★
アイオ: 妖精議員ですって! 面白そうね!
ストレ: 上手くやれそうにないよ ... わかるでしょ、腰までの僕は最も決然とした種類のトーリー党員、所が僕の脚は混乱のもととなる急進派、そして、投票者控え廊下 (division) にいると、彼らは僕を違った側に連れて行くに決っているのさ。ねえ、2対1なんだよ、議会通過させるには。 ★★★
女王: 嘆くでない;あなたは急進保守派として戻るのよ、そしてあなたの脚は吾が特別な見計らいをされるでしょう。
ストレ: (お辞儀をしながら)陛下は物事を半々にしないことが分かりました。
女王: そうです、吾は足の先まで妖精なのです。

<< ★門衛が付けた袈裟帯とは、聖職者、法曹関係者が首にかける長い白布。通常門衛が着けることはない。 ★★ 懐中選挙区 pocket borough はHMS Pinafore にも出てくるが、個人または一族の牛耳る選挙区のことで 1832 (or 1867) 年には選挙法改正で廃止された。 ★★★ 英議会で division lobby というと下院議場をはさんで賛成側と反対側の二つがある、投票者控え廊下のことを言う。>>


        アンサンブル: Fare thee well, attractive stranger
女王:         さようなら、魅惑的な異人よ。
妖精:         さようなら、魅惑的な異人よ。
女王:         そなたは疑念、危険、
           危機、当惑にあるのなら
           吾を呼ぶがよい、さすれば吾はそこに行こう!
妖精:         そうよ! 私たちを呼べば、そこに行きます!
              こちらを跳ね、あちらを跳ね、
              なぜなのか、なにゆえなのか誰も知らない;
              私たちは直ぐにでも羽ばたこう
              別の妖精の輪に向かって!

(妖精たちと女王は旅立つ、アイオランシは息子に愛情のこもった別れをつげ最後に退場する)

(フィリス登場、歌い踊りながら、フラジョレットの音と共に)

        フィリスの歌:Good morrow, good lover!
フィリス: (以下、フィリと記す)
        お早う、恋人よ!
          恋人よ、お早う!
          願わくは見つけたいもの、
          いろいろ手を尽くして
            隠す方法を
            あなたの心配している気持ちを、
            そして二人で幾らばかりかの
            歓喜の表情を持ちましょう、
        だっえ私たちは今日のこの日に結婚するのだから...この日に!
              そう、私たちは今日のこの日に結婚するのだから!
二人:            そう、私たちは今日の etc.

ダイアローグ
ストレ: (彼女を抱きしめ)僕のフィリス! 今日この日に僕らは永遠に幸せをつかもう。
フィリ: あら、私たちは今日結婚するのよ。
ストレ: 一緒のことだよ。
フィリ: そのとおりね。でもああ、ストレフォン、私は自分が踏み出そうとしていることに震えてしまうの。被後見人が大法官の許可なしに結婚すれば一生労役に服さなければ! あと二年で成人に達するの。二年間待つことはできないの?
ストレ: 二年だって。君は鏡を見たことがあるのかい?
フィリ: いいえ、一度も。
ストレ: ほら、見てごらん (彼女に手鏡を見せる)、そこで僕が二年も待てるか期待しているのが妥当かどうか教えてくれないか?
フィリ: (自分自身を見て)駄目ね、あなたの言う通り ... 無理な願いだわ。無理を言っちゃいけないわね。
ストレ: 付け加えると、二年間で何が起こるか誰にも言えないだろ? 何故って、君が大法官その人とその間に恋に落ちるかもしれないしね!
フィリ: まさか、彼は清廉なお年寄りの紳士よ。
ストレ: 所が実際は、貴族院の半分は君の足にため息しているんだから。
フィリ: 貴族院の人たちは確かにとても思いやりのある人たちね。
ストレ: 思いやり? そう思えたらよかったのに! なんで25人もの急進派貴族たちが去年の秋に君の牧草地に来て狩猟をしたんだろう? スズメを撃つためじゃないはずさ。なんで25人もの保守派貴族たちが君の沼地に釣りに来たんだろう? 金魚だなんて言わないでおくれ! そうじゃないのさ ... 遅れることは危険を意味しているのさ、だからもし僕たちが結婚するんなら早ければ早いほうがいいのさ。


        フィリスとストレフォン二重唱:None shall part us from each other
フィリ:    誰も私たちを引き離せない、
          一人の生も死も私たちのもの;
        つまるところは片割れのため ...
          私は汝に、そなたは我に!
二人:    そなたは木そして我は花なり ...
          そなたは偶像;我は人民 ...
        そなたは一日そして我は時間 ...
          そなたは歌い手;我は歌!

ストレ:    つまるところあの甘い出会い以来
          あの時、喜びの中、僕が目覚めし時知るは
        僕自身の心臓が君の鼓動とともに打ち震え、
          心を祀りし僕自身の愛を!
二人:    そなたは小川そして我は柳 ...
          そなたは彫刻家;我は粘土 ...
        そなたは大洋;我は大波 ...
          そなたは日の出;われは一日!

        (ストレフォンとフィリスは二人して退場)

<<台本には書かれていないがここからは場面が国会議事堂(ウェストミンスター宮殿内)になる。貴族院議員の衣装は赤いローブ、頭には宝冠という姿。一方、大法官の衣装は、長髪のカツラに黒を基調とした花柄のローブという法廷衣装といういでたち。途中から登場するフィリスとストレフォンはフラジョレットを首からぶら下げている。>>

        (行進曲。貴族たちが行進で登場)

        貴族院議員のコーラス:Loudly let the trumpet bray
            大きな音でトランペットを吹くのだ!
                    タンタンタラ!
              誇り高く金管を鳴り響かせよ!
                    ジング! ブーン!
            上におわす貴族の道に向かい
              この類稀なる行進は進む、
                タンタンタラ! ジング! ブーン!
            下に、下に、お前ら下層の中産階級どもよ!
            下に、下に、お前ら職人ども、下に、お前ら大衆よ!
            トランペットを吹け、金管を鳴り響かせよ!
                タンタンタラ! ジング! ブーン!
            我ら最も高位にある貴族なり、
            法の規範、
            英国民の大黒柱、
                タンタンタラ! ジング! ブーン!

        (大法官登場、続くは彼の裳裾持ち(もすそもち))

        大法官の歌:The law is the true embodiment
大法官:
        法は真にあらゆることを具現化したもの
        そして卓越しておる。
        それには欠陥や瑕疵は見当たらず、
        そして我は、我が議員たちよ、法の具現者なり。
        憲法の保護者である我
        可愛らしくも若い娘たちの後見人、
        みな素直ないい娘たち ... すべて
        21歳を超えてはおらぬ。
          喜びあふれる業務ながら
          ふさわしきは感受性ある大法官!

全員:            喜びあふれる業務 etc.

大法官:
        しかし例え敬意が表されようと
        法に則る(のっとる)自負が我を煽るのだ、
        否定できないにしても
        不便な側面はあるもの。
        なぜなら我はそれほど年老いてはおらず、それほど醜くもない、
        そして私は再び結婚する意志はある、
        しかしながら貴族であることの報いとなる厄災はある ¶
        もし我が我が被後見人の一人に恋すれば!
          それは幾分か我が気質を試すがごとく、何故なれば 
          我はそれにふさわしき感受性ある大法官!

全員:            それは幾分か etc.

大法官:
        さて被後見人と結婚する者は
        我が元に来て許しを求めよ、
        我が法廷にて一日中座っておる、
        同意に値する娘を与えよう、
        一人を彼へ ... 一人を彼の男に ...
        一人を君へ ... 一人をお前に ...
        一人をそなたへ ... 一人を汝に ...
        しかし決して、ああ、我には一人も!
          腹立たしいことなり
          高位にある感受性ある大法官には!

全員:            腹立たしいこと etc.

        (トロラー卿登場)

ダイアローグ
トロラー: さて、閣下、本日の職務でございます。
大法官: 御意なり。フィリス、衡平法裁判所被後見人である娘、彼女は君たちの支配権に強き影響を持っており、君たちは一団となって私に要請したのは君らの誰であろうと彼女が選ぶに適当かと考える機会を彼女に与えるため、そのため高貴なる貴族が彼女の小屋にまさに行き、直ぐにでも来られるようにと要請したとのことだな。それに関しては否定する根拠などない私だが、私自身は、この若き人間に著しくも魅力を感じているという不運を背負っておるのだ。我が彼女への関心は我が政体への評判を簡単に傷つけるものとなろう。三か月前の私は強い男であったのだ。それ以上言うことはなかろう。もし私が我が義務を甘んじて和睦できるものならばじゃ、私は躊躇なく彼女を私のものにするという報償を受けよう、ならば私は良心に基づき言葉にしよう我は彼女を殊の外幸福に出来るに値するものは私以外だれもいないことを。(貴族たち; いいぞ! いいぞ!) しかしながらそのような褒賞は誤解を開くことになるであろうし、そしてそれ故、個人的な不便がどうあろうと、私は自分の主張を断念せざるを得ないのだ。
トロラー: 閣下、どうか、この議会の一員として、貴下の苦痛に満ちた地位に大いなる同情を申し上げさせて下さい。
大法官: 貴殿たちには謝意を表そうぞ。衡平裁判所被後見人に恋する大法官の気持ちは妬みに値するものではないものよ。彼の地位とは何であるか? 彼は自分の被後見人と己の結婚の許可に同意することが出来るものなのか? 彼は自身の許可なくして自身の被後見人と結婚できるのか? そしてもし彼が自身の被後見人と自身の許可なしに結婚してしまったら、彼自身の法廷において彼自身を不服従罪で罰することが出来るのか? そしてもし彼が彼の法廷への不服従罪として彼を罰したとしたら、彼は彼自身の前に弁護士を従えて現われ、彼自身の判決による逮捕で移送させることが出来るのだろうか? ああ、議会員たちよ、棘という苦痛が詰め込まれたウール座布団の上院議長席に座っていなければならないとは何とも苦痛なこと! ★

        (マウンタレイラット卿登場)

マウンタ: 閣下、喜ばしきお知らせで御座います、かの若き女性を連れてくることに成功しまして、彼女は議会待機所におります。 ★★

<< ★ 上院議長席は Woolsack といい、大きくて四角いカウチでありウールが詰め込まれ背もたれ、肘当てなどはなく赤い布で覆われている。
★★ Bar of the House は議会待機所と訳した。議事堂には上院、下院ともに議員以外が事務目的で入ることを許された仕切った部屋があった。>>


        (フィリス登場)


        フィリスの叙唱:My well-loved Lord and guardian dear...
フィリ:
        我が尊敬すべき閣下である守護者様、
        呼びつけに応じここに来ました!

貴族院議員: (コーラス)
          ああ歓喜、なんと華美!
          なんと優美、なんと従順!

トロラー: (独唱)
        私が知るあらゆる若き女性の中でも
          この可愛くも若い女性は最も綺麗;
        彼女の唇は最も薔薇なる姿、
          彼女の目は最も豊かで比類なきもの。
        彼女の出生は低い、それは確か、
          しかし生まれも地位も我は十分もっている;
        私は文法も綴りも身にある、2倍も;
          私には血統も品行もある、20倍も、
            彼女の出生は低い、それは確か、
              私は文法も綴りも身にある、2倍も;

コーラス:
          生まれも地位も彼は十分持っている、
            血統も品行も20倍も!

マウンタ: (独唱)
        議事堂の外見は分かれているように見えよう
          あらゆる考えられる意見においてもそうだとしても
        あらゆる党の問題は一つに、
          愛と献身の熱狂の中に;
        もし君が我らに明確に言うよう求めるなら
          我らが属する党は何かと、
        私たちは応えよう、疑いや遅れもなく、
          私がこの歌を歌っている仲間 (party) だと!

フィリ: (独唱)    
        お断りするのはとても狂おしいことですが、
          でも私はパイプと小太鼓で打ち鳴らします; ★
        私は自分が使う言葉の綴りは書けます、
          それに私の文法はお隣さんと同じくらい正確です、
        生まれに関しては ... 私は一般の者と同じ生まれ ¶
          私の振る舞いは無作法に見えても心あるもの、
        私は誰に頼るのが最善かを知っている、
          私が特別の仲間を必要としている時には!

フィリ、トロラー、マウンタ:
        例え私の/彼女の地位が最高のものでないとしても、
        思うに私は/彼女は一般の者と同じ生まれ; 
        そして私は/彼女は心から誰を頼ればいいか知っている、
        私が/彼女が特別な仲間を必要としている時には!


<< ★ 小太鼓と訳したテイバー tabor は「笛を吹きながら片手で打つ小太鼓」と辞書にはある。>>


        フィリスの叙唱:Nay tempt me not
フィリ:
        駄目です、私を誘惑しないで。
          私が属するようでない階級を;
        低階層の小屋
          それだけに徳を見出すのです!
コーラス:
      違う、違う;まことに高階層の者が君を決して傷つけることはない、
      高貴であることが徳の欠如を意味しているわけではないのだから。


        トロラー卿のバラッド:Spurn not the nobly born
        貴族と生れし者を
          恋に関しては拒絶するでない、
        また有力者に恵まれた者に
          徳に関しての冷笑を送るでない。
        高貴であることは恥でないのだから ―
        我らは同等であるとの要求を誇りを持って述べる
        彼の卑しい名前は
          尊敬に値すると。
        青き血! 青き血! ★1
          徳ある愛が求められる時は
          権力は無でしかない、
        洪水から幾年過ぎようと ★2
          青き血! ああ青き血!
コーラス:    徳ある愛が求められる時は ect.

トロラー:
        我らに苦き痛みを与えるのは遠慮願えぬか
          その厳格なる拒絶を持って、
        または下層の蔑みを与えるのは
          我らの試練を増加させるのは。
        ただ純粋で公明な心臓が
        ベルグレイヴ・スクエアで鼓動しているだろう ★3
        まさに下層の空気が流れる
          セヴン・ダイアルズと同じように。 ★4
        青き血! 青き血!
          そなたは何者ぞ
          我らに何を与えるのか?
        洪水から幾年過ぎようと、
          青き血! 青き血!
コーラス:    そなたは何者ぞ etc.

<< ★1:青き血 blue blood は貴族、貴族の血統を意味する。★2:「洪水」 the Flood は旧約聖書のノア洪水を意味しているのだろうが、伝統あることを大げさに表現したものだろう。 The Sorcerer にも「トロイのヘレンから続く家系」という表現があった。 ★3:ベルグレイヴ・スクエアは高級住宅街。★4:セヴン・ダイアルズは 19 世紀は不潔さと犯罪で有名だったスラム街。>>


        フィリスの叙唱:My lords, it may not be
        貴族殿たち、違うのです。
          悲しみに我が心は裂けています!
        あなた方は私のために無駄な時間を費やしています、
          なぜならああ! 私の心はある人のものに捧げたのです!

全員:        捧げたと!
フィリ:    そうです、捧げたのです!
全員:        ああ、恐ろしきこと!!!

        大法官の叙唱
      それは誰であるか大胆にも我らに高き不愉快をもたらしたのは
        そして我らの強い命令に反抗する者は?

            (ストレフォン登場)
ストレ:   それは私だ … 若者ストレフォン! この計り知れぬ宝は我がものなり!
        この世に反してまで私は我が恋人を手に入れたと主張する!
            (フィリスが彼の腕の中に駆け込む)
     羊飼いなり我は ―
全員:            羊飼いだと彼は!
ストレ:  アルカディアの ―
全員:            アルカディアの!
ストレ:   婚約しているのだ我らは!
全員:            婚約しているのだ彼らは!
ストレ:   そしてそれが意味するのは ―
全員:            結婚を今日の日に!

        アンサンブル
  ストレフォン          他全員 

 羊飼いなり我は          羊飼いだと彼は
 アルカディアの          アルカディアの
 婚約したのだ我らは        婚約したのだ彼らは
 そしてそれが意味するのは     そしてそれが意味するのは
   結婚を今日の日に!        結婚を今日の日に! 


    マウンタレイラット卿とトロラー卿の二重唱
        (互いにひそひそ話で)

        この下層の打撃は、
          短剣の一突きより酷いもの ―
        たとえ我らが遥かに
          精神的に動揺していようと、
        お互いの心は
          我ら生来の誇りがあろう ―
        さあ去ろうでは、
          威厳を持ち堂々と!
全員:         さあ去ろうでは、
          威厳を持ち堂々と!

        貴族院議員たちのコーラス
        たとえ我らが心は彼女にひどく痛めつけられたにせよ、
        他の婚約者を選んだことで、
        さあこれはとても楽しいことだと思おうではないか。
          ハッ! ハッ! ハッ! タンタラ!

(貴族院議員たち威厳を持って舞台を回りながら行進退場。大法官はフィリスをストレフォンと離して彼女に去るよう命ずる。彼女は貴族院議員たちについて行く。残るは大法官とストレフォンのみ)


第一幕 後半に続く




補足:
●訳はGilbert and Sullivan Archive にあった "Iolanthe" 台本を元にした
 ただし歌詞の繰り返しは略してあるので、より詳細で正確な台本は、Web Opera が参考になる。
●人名の読み方、背景、俳優のしぐさなどは、1982年BBC制作のTV番組 Iolanthe / Hammond-Stroud, Mills, Collins, Opera World (1982) (スタジオ撮影で、現代の映像を挿入するなど演出はかなりアレンジしてある) のDVD を参考とした。

●()は主にト書き。
●茶色字の≪≫内は訳者のコメントや用語解説。
●記号¶のついた行は、意味不明につき仮訳、訳に自信がない所。
 


2012/01/05 訳


 ページトップへ