Jazz Song Home データベース ジャズ歌詞の訳詩 ソング・エッセイ 書籍紹介 ABC順リスト

IOLANTHE
or the Peer and the Peri - Act I, 2/2
(アイオランシ または 貴族と妖精:第一幕 後半)

<< ギルバート&サリヴァンのコミックオペラ「アイオランシ」(1882) 台本の訳


台本: W.S.ギルバート W.S. Gilbert
作曲: アーサー・サリヴァン Arthur Sallivan
初演: ロンドン、サヴォイ劇場、1882/2/11


第一幕 : アルカディア

第二幕 : ウエストミンスター宮殿

時期 : 1700~1882年頃 

≪第一幕後半のあらすじ:  大法官は命令に背く理由をストレフォンに聞くと、ストレフォンは自然の法に従ったまでと主張する。しかし証拠のないものは受理できぬと大法官は拒絶する。大法官は法廷弁護士だったころから法に忠実であり不正はしなかったと言う。アイオランシが登場しストレフォンの嘆きを聞き女王に頼むと約束する。
アイオランシとストレフォンが仲睦まじく話しているのを盗み見たフィリスと貴族達はストレフォンの不実を責める。ストレフォンは話していたのは彼の母だと主張するが、17歳にしか見えない女性が母だとは信じない。大法官が現れるとアイオランシは顔を隠す。大法官はストレフォンをなじり、怒ったフィリスはストレフォンと別れ誰でもいいので貴族と結婚すると言い貴族達は狂喜する。
ストレフォンが合図を送ると、国会議事堂に妖精達が現れる。妖精女王が説明するも貴族達は信じない。妖精達は貴族に興味を持つが、大法官に出て行くよう命令される。女王は怒りストレフォンを国会議員にして、彼の言う通りに国会を動かすと宣言する。貴族達は妖精であることを信じるようになり嘆願するが女王は受け付けない。フィリスも許しを乞い願うが、ストレフォンは彼女を突き放し国会議員になろうと出て行く。≫




歌曲リスト
第一幕前半
1. "Tripping hither, tripping thither" (Celia, Leila, and Chorus of Fairies)
2. "Iolanthe! From thy dark exile thou art summoned" (Queen, Iolanthe, Celia, Leila, and Chorus of Fairies)
3. "Good-morrow, good mother" (Strephon and Chorus of Fairies)
4. "Fare thee well, attractive stranger" (Queen and Chorus of Fairies)
4a. "Good-morrow, good lover" (Phyllis and Strephon)
5. "None shall part us from each other" (Phyllis and Strephon)
6. "Loudly let the trumpet bray" (Chorus of Peers)
7. "The law is the true embodiment" (Lord Chancellor and Chorus of Peers)
8. "Of all the young ladies I know" (Phyllis, Lord Tolloller, and Lord Mountararat)
9. "Nay, tempt me not" (Phyllis)
10. "Spurn not the nobly born" (Lord Tolloller and Chorus of Peers)
11. "My lords, it may not be" (Phyllis, Lord Tolloller, Lord Mountararat, Strephon, Lord Chancellor, and Chorus of Peers)

第一幕後半
12. "When I went to the Bar" (Lord Chancellor)
13. Finale Act I (Ensemble)
  "When darkly looms the day"
  "The lady of my love has caught me talking to another"
  "Go away, madam"
  "Henceforth Strephon, cast away"
  "With Strephon for your foe, no doubt / Young Strephon is the kind of lout"



第一幕

前半から続く


ダイアログ
大法官:さて、貴様、大法官裁判所の命令に背くとはどういった言い訳が出来るのかね?
ストレフォン:閣下、私は大法官裁判所のことは知らないのです:私が従うのは自然という議会の法律なのです。蜂、そよ風、海、ミヤマガラス、小川、疾風、谷間、泉そして山々の叫びが、『お前はこの娘を愛している ・・・ 彼女を取りなさい、我々の命令だ!』と。それは天空に書かれていること、あらゆる暗き雨雲より放たれし輝く棘鉤(とげかぎ)を持つ雷(いかづち)の矢が赤暗き空に書いたこと。大いなる雨は彼女の悲しみに向けて振り思いやりでずぶ濡れに! 自然の合唱が我が恋人を奪うよう命じたら、僕は『駄目だ、ある大法官が禁じているのだ』 と答えるべきでしょうか? 閣下、あなたは英国の高き地位の大法官です、しかしあなたは鳥たちは木々の大法官ですか、風の王、雷雲の王子ですか?
大法官:いいや。肝心の点を言おう。私は以前それに会ったことがあるかどうか知らない。しかし我が問題として現時点では法廷の前では自然の合唱がその問題に興味を持っているかどうかの証拠がないのだよ。 ★
ストレフォン:証拠がないだって! あなたは僕の言葉を聞いたでしょ。僕は自然が僕の恋人を取れと言っているのに。
大法官:ああ!しかし、親愛なる君よ、君は自然が何て語ったかは言うことではないのだよ ・・・ 証拠とはならぬのじゃ。ここに雨雲の供述書、あるいは大雨による宣誓、それがあれば彼らの主張が通るというものだ。
ストレフォン:そうあなたには面白くもない証拠という規則でこの心のなかに潜む煮えたぎる気持ちの案件に適用させる心はないという訳ですね?
大法官:当然である。私はいつだって私の目の前の義務に忠実であった、そしてその事実が私を今日の威厳ある地位に昇りたらしめたものなのだ。

<< ★:英国法においては不適当な人物の言葉(また聞きなど)は証拠とはされていない>>


        大法官の歌:When I went to the Bar
        私が法廷弁護士だったとても若かった頃、
            (言ったのだ自分自身に ・・・ 言い聞かせたのだ)
        私は新しくも独特な方式で仕事しよう、
            (言ったのだ自分自身に ・・・ 言い聞かせたのだ)
        私は決してゴロツキや盗人は
        疑いもなく信じる価値のある紳士とはとは思わないつもりだと、
        何故ならば彼の代理弁護士が私に訴状を送ったから。
            (言ったのだ自分自身に ・・・ 言い聞かせたのだ)

        法廷に行く前に私は訴状をひと通り読むようにしよう
            (言ったのだ自分自身に ・・・ 言い聞かせたのだ)
        そして私は自分には出来ないことは引き受けないようにしよう、
            (言ったのだ自分自身に ・・・ 言い聞かせたのだ)
        私が学んだ法学は決して不名誉なことはしないようにだったから
        顔には笑みをたたえながら報酬を受取るようなことのように
        訴訟事件に出廷しなかったことで
            (言ったのだ自分自身に ・・・ 言い聞かせたのだ)

        私は陪審の目にホコリを入れてミスリードなどしない、 ★1
            (言ったのだ自分自身に ・・・ 言い聞かせたのだ)
        あるいは賢からぬ判事に目隠しをしてを騙すこともしないだろう、 ★2
            (言ったのだ自分自身に ・・・ 言い聞かせたのだ)
        あるいは強制召喚された証人を信じることも、
        財務府裁判、王座裁判、人民訴訟裁判、離婚裁判いずれにおいても ★3
        彼らに偽証させるのは当たり前にあるから
            (言ったのだ自分自身に ・・・ 言い聞かせたのだ)

        他に男が関わる専門職であっても
            (言ったのだ自分自身に ・・・ 言い聞かせたのだ)
        陸軍でも、海軍でも、教会それに舞台においても
            (言ったのだ自分自身に ・・・ 言い聞かせたのだ)
        専門職の免状を持ちながらも、もし踏み外してしまうと、
        君の昇格の機会には必ず傷となるだろうと、
        そう私が思うにこれは法廷にも当てはめられると
            (言ったのだ自分自身に ・・・ 言い聞かせたのだ)

                        (大法官退場)

<< この歌は Trial by Jury における "When I, good frinds, was called to the Bar", HMS Pinafore における "When I was a lad" 同様の when I で始まるパターソング。ミュージカルで言う登場人物のキャラクターを語る "I am" song という分類にあたるのだろう。正直この歌の主旨はよくわからないのだが、 「大法官である自分は若いころから法にのっとり決して不正をしない人間であった」 と言いたいのだろう。
★1 Throw dust in a juryman's eyes は陪審員をミスリードさせること。
★2 hoodwink は馬の目に覆いをすることから、人の目をくらます、ごまかすことを意味する。
★3 財務府裁判所、王座裁判所、人民訴訟裁判所も古くからあるもの。この物語が発表されたのは1882年だが、財務府裁判所は1880年には王座裁判所に吸収されている。>>


    
            (アイオランシ登場)
ダイアローグ
ストレフォン:ああ、フィリス! まさに君を僕のものにしたいと願っていたのに君から引き離されるとは! ああ、あんまりだ ・・・ あんまりだ!
アイオランシ:(涙を流すストレフォンに向かい) 息子が涙を ・・・ しかも彼の結婚式の日に!
ストレフォン:僕の結婚式の日! ああ、母さん、一緒に涙を流して下さい、法律が二人の間に割り込んだのです、そして大法官は僕らを永遠に引き離したのです。
アイオランシ:大法官! (傍白で)ああ、もし彼が知ってさえいれば!
ストレフォン:(彼女の言葉を小耳にはさんでしまい) 彼が何を知ってさえいればですか?
アイオランシ:どうでもよいことです! 大法官の力はあなたには及ばないわ。思い出してあなたは半分は妖精なのよ。あなたは拒否できるの ・・・ 上半身部分はね。
ストレフォン:確かに、でも下半身に関して彼は何年もの間僕を監禁できるのです。 僕の上半身が自由だからって何の意味があるのです、僕の足が七年もの労役に服していたら?
アイオランシ:確かに。でも心を確かに持って ・・・ 私たちの女王様はあなたに特別の保護をすると約束したのよ。 私は彼女の所に行きあなたの特異な状況を申し立てるわ。
ストレフォン:愛する母上! 何と感謝すべきか?

        フィナーレ:四重唱




(フィナーレの始まりとともに、貴族院議員が舞台の後方に見えないように忍び足で現れる。マンタレイラット卿、トロラー卿は二人の間にフィリスを従え、彼女は耳に入る話し声を恐ろしげに聞いている。)

ストレ:(アイオランシに)
            日が暗く成りかけるころになり、
            全てがぼんやりとした灰色になると、
            薄暗がりを追いやろうと、
                あなたを僕は呼び出そう!

フィリ:(マウンタに独白で)        あれは何なの?
マウンタ:(フィリスに独白で)            
            彼が何か言っているようだ、
            このような雨の日に、
            時を忘れたかのごとくに、
                彼が呼んだ彼女によりそい!

コーラス:    彼が何か言っているようだ etc.

    (フィリスは恋人の不実の思いから大いなる動揺を示す)

アイオ:(ストレフォンに)
            嵐が汝の帆船を難破させる時に、
            そして全てが陰鬱で暗くなると、
            もしそなたが方舟を必要とするならば、 ★
                私はそなたに与えよう!

フィリ:(トロラーに独白で)    あれは何なの?

トロラー:(フィリスに独白で)
            私にはあの小娘の言葉が聞こえる、
            彼女は暗くなった後に会おうと、
            セント・ジェイムズ公園で、 ★★
                そして彼に彼女を捧げると! 

コーラス:        私たちにはあの小娘の言葉が聞こえる etc.

<< ★ アイオランシの『方舟 Ark 』 という言葉を、トロラー卿は『公園 park 』と聞き違えている。 ★★ ロンドンにある王立公園>>

フィリ:
            見通しはとても悪くなっている
            かくも痛み悲しい私の心が
            喜ぶことは決してない
                夏の太陽のように。

フィリ、アイオ、トロラー、ストレ:
            見通しは酷く/それほど 悪いわけではない、
            かくも痛み悲しい 私の/そなたの 心が
            やがて喜びに打ち震えるであろう、
                夏の太陽のように:
            なぜなら空が暗くなり
            嵐が 彼の/そなたの/僕の 帆船を難破させる時、
            もし 彼が/我が 方舟を必要とするならば、
            彼女が/私が 彼に/そなたに 与えようから!

フィリ:(自身の姿を現し)    ああ!

            (アイオランテとストレフォン大いにうろたえる)

フィリ:
            ああ恥知らずな人、震えるがよい!
                否、企てるでない。
            汝の隠した罪、
                我らは別れる … 永遠に!
            私は彼を盲目にも崇拝していた、
            彼は他の人を崇拝している …
ストレ:        思いやりある心で僕の話を聞いておくれ、
                この女性は僕の母なんだ。
トロラー:        この女性は彼の何だって?
ストレ:        この女性は僕の母なんだ!
テナー:        この女性は彼の何だって?
バス:         彼がいうには彼女は彼の母だって!

(彼らはアイオランシを嘲るように指さし、思いっきり笑う。彼女はストレフォンを守ろうと彼の所へ行く)
                
        (大法官が登場、アイオランシは自身の姿をつつみ隠す)

大法官:        この見苦しき浮かれ騒ぎは何のつもりかな、
                聞き耳を立てている大地を揺るがすような?

トロラー:        この冗談はとても見事なもので、
                私たちの浮かれ騒ぎの言い訳になりましょう。
マウンタ:        この紳士は見られたのです、
                十七歳の娘といる所を、
            ドゥルチ・ファー・ニエンティ(愉しき無為)に耽っていた彼を、 ★
                そして彼の目論もうとした驚きは、
                我らに信じさせようとしたこと
            彼女は彼の母だと … 彼はもうすぐ25歳だというのに!

大法官:(厳粛に)    自身を顧みよ、願わくば、
                そして自分の言葉に注意するのだ ・・・
            いにしえのローマ人いわく、フェスティーナ・レンテイ(ゆっくり急げ)
                私には何やら見えぬのじゃ
                それほど若き娘が
            25歳の男の母親に成れるものかを。

全員:                ハッ! ハッ! ハッ! ハッ! ハッ!

ストレ:    閣下、僕には十分な証拠があります ・・・
        彼女は今も、昔も ・・・ 生まれた時から母でした!

            バラッド
ストレ:
            赤ん坊の時代には
          彼女の膝で僕は横になり、
            赤子の糧を
          彼女は僕に飲ませた;
            彼女が与えなければ
          彼女が供した救いを、
            空腹を和らげねば、
          君らのストレフォンは死んでいたのだ!
大法官:(大いに感動し)
        そのような滋養が与えられねば、
        まさに我らのストレフォンは死んでいたであろう!
全員:(より感銘させられ)
        そのような滋養が与えられねば、
        まさに我らのストレフォンは死んでいたであろう!

大法官:        しかしながら、彼女は決して
          彼の母ではないのは、見ての通り、
            何ゆえにこの熱く
          必要もない涙を流すのか?
            それに何の法のもとに
          我らはかくも悦ばしき
            歓喜を、理由は
          我らのストレフォンは死んでは居らぬから?
          むしろ涙を流そうでは
          理由は我らのストレフォンは死んでは居らぬから!

全員:        大いに真なり ・・・ 涙を流そうでは
        理由は我らのストレフォンは死んでは居らぬから!

<< ★:ドゥルチ・ファー・ニエンティ dolce far niente はイタリア語。以後貴族たちは気取って外国語を多用する。>>

(全員涙する。アイオランシ、彼女は大法官から彼女の顔を隠すことに成功し、こっそりと消え去る)

フィリ:    行くがよい、信義に背いた者よ ・・・ 永遠に私たちは別れよう:
        あなた方の一人に、我が閣下、わたくしは心を捧げます!
全員:                ああ、狂喜!
ストレ:    聞いておくれ、フィリス、君が去る前に。
フィリ:    言うでない ・・・ あなたは私を欺いたのです。
全員:        言うでない ・・・ 君は彼女を欺いたのだ。

                        (ストレフォン退場)

            バラッド
フィリ:
          富も地位も私は求めぬ ・・・
            その喜びは偽であり無為なもの;
          私は威厳ある人々への愛を捨てたのは
            粗野な若者への愛のため。
          しかし今はその粗野な若者に誠なく、
          悲しみにひしがれた心をあなた達に向けます ・・・
            心は傷つき、
            震え、壊れ、
          この心は悲しみに慣れてしまうのです! ¶

          富も地位もあなた方にはふさわしいのは
            それを餌に使うこと、
          あなた方全員から最も富があり最も高き位の者を
            私の悲しみに打ちひしがれた心は選ぶべき。
          とはいえそれほど高貴でなく ・・・ それほど裕福でない
          この二人の貴族から、私は居場所を見つけるでしょう ¶
            心は傷つき、
            震え、壊れている、
          あなた方二人のうちの一人と私はどちらでもかまいません!


                アンサンブル
フィリ:(マウンタレイラット卿とトロラー卿に向かい)
        あなたに私の心をまったく捧げましょう!
全員:(困惑したように)        どちらに?
フィリ:    どちらでも!
      あなたに我を与えましょう ・・・ それは我が運命!
全員:                    誰を?
フィリ:    いずれでも!
      私は一生あなたのものもし選んでくれれば。
全員:                    彼女は誰のものに?
フィリ:    それはあなた方次第!
      私は伯爵夫人になりましょう、なれますか?
全員:                    何と?
フィリ:    何でもよいのです!
全員:        幸運なる女性よ!
        ストレフォンの運は影をひそめたり;
        地位、それは強きもの、
        『伯爵夫人』は称号なり、
        しかしながら誰のものになるかは不明確!

                (ストレフォン登場)

ストレ:  僕が怠惰にも運命が消え入ることを見ていられるとでも?
            いいや、だめだ!
貴族達:        へー、そうかい!
ストレ:  強靭なる守護者が、僕を助ける者がいるのだ!

    (妖精たち登場、跳ねまわる、セリア、レイラ、フレタを先頭に、続くは妖精女王)

            妖精たちの合唱
        こちらを跳ね、あちらを跳ね、
          なぜなのか、なにゆえなのか誰も知らない;
        なぜ私たちを必要としているのか私たちは知らない、
          しかしあなたは私たちを呼んだ、だからここに
          可愛い妖精たちが全員登場したの
            いつもの跳ねるやり方で!
            あなたに従うのが私たちの務め ・・・
            言って、どうか、あなたの喜びは何なのかを!

ストレ:  僕が話している我が愛する女性が別の人と思われて ・・・
貴族達:    ああ、なんて奴! 若造ストレフォンは悪党だ!
ストレ:  僕は彼女にあの女性は僕の母親だと分かりやすく言ったのに ・・・
貴族達:    ウッソー、ウッソー、よく言うよ!
ストレ:  彼女は僕の話を信じようとしなくて、僕らは別れるべきと言う始末、
      何故って僕は二枚舌を始めっから使っていたと、
      それで彼女は彼らに差しのべて、それで僕は傷心という次第 ・・・
貴族達:    ウッソー、ウッソー、よく言うよ!

女王:   ああ、残酷な人たち、恋人同士を引き裂くなんて!
妖精達:    ああ、なんて奴! 我らのストレフォンは悪党なんかじゃ!
女王:   あなた達は彼を不当に扱ったのよ、あの女性は彼の母親なのに!
妖精達:    ウッソー、ウッソー、よく言うよ!
大法官:  その与太話はいつもの彼のとっさの言い訳であろう。
 (傍白)     私は彼女の顔を見ていないのだ、が二人が互いを愛撫していたのなら、
       そして彼女が17歳程度でしか ・・・ 私はそいつは彼の母親だとは信じない!
        ウッソー、ウッソー。
妖精達:        よく言うよ!

トロラー:    私はよく使ったもの
        育ちが高貴な者の言い訳を
      突然に(それは『レペンテ』を意味する英語)、 ★1
        しかしながら私が今まで聞いた中では
        これは最も馬鹿らしいもの。
      彼女は17歳で、そして彼は25歳なれば!

全員:      といっても彼女は17歳、そして彼は25歳!
        ああ、なんて奴! 若造ストレフォンは悪党だ!

マウンタ:    さあ、聞きなさい、どうかお願いだから、
        これは矛盾であると
      されよう、誰もコントラディセンテ(否定)しないこと。 ★2
        彼女の年は今日の日においては、
        彼の誕生は、8歳マイナスなれば、
      もし彼女が17歳で、彼が25歳ならば!

貴族達と妖精達:      もし彼女が17歳で、彼が25歳でしかなければ!

全員:   彼女が彼の母と言うことは愚劣の極み!
        ああ、なんて奴! 我らのストレフォンは悪党だ!
      おそらく彼の頭は腐っており、とてもふさぎ込んでおるのだ!
        ウッソー、ウッソー、よく言うよ!
      私は言葉は有害なものになりえると言うつもりはない、
      しかし母親がその息子より若いというのはとても奇妙なこと、
      そしてそのような母親はたいていにおいて庶出のもの。
        ウッソー、ウッソー、よく言うよ!

<<★1:レペンテ repentè はイタリア語またはラテン語。 ★2:コントラディンセ contradicente はラテン語で contradicting のこと。>>



大法官:        行きなさい、マダム;
            言わねばならぬ、マダムと、
            あなたの姿は、マダム、
                衝撃の風合いなり。

            無作法であるぞ、マダム、
            押し入るとは、マダム、
            あなたの同腹たちのような、マダム、
                鉄面皮は!

            君はここに来て、マダム、
            邪魔をしたのだ、マダム、
            貴族院議員たちに、マダム。
                (私はその一人なのだ。)

            自分で気づいておろう、マダム、
            何とも図々しいかを、マダム、
            では元気で、マダム、
                そして消えようぞ!

            アンサンブル

妖精達:(女王に向かい)
            ここに居させて下さい、マダム;
            言わなければ、マダム、
            彼らの風貌は、マダム、
                衝撃の風合いで!

            無作法ですね、マダム、
            ほのめかすのは、マダム、
            あなたの同腹が、マダム、
                鉄面皮だとは!

            彼らは凝視しようとしている、マダム、
            気が付くと、マダム、
            彼らは何と図々しく、マダム、
                彼らのしたことと言ったら!

女王:(怒り狂い)
          これら取るに足らぬ人間のため反抗とは、
          私は妖精の門より発射させよう
          あらゆる恐ろしき雷(いかずち)を
          我が驚異の兵器庫にある!

フィリ:(傍白で)
          彼らは恐ろしき脅威を発射させるのか、
          全員がそれならば大失策に悔むでしょう。
          確かにこれらは永遠の命を持つものに違いない。

            アンサンブル
        貴族達                妖精達

    行きなさい、マダム etc.     ここに居させて下さい、マダム etc.


                            (フィリス退場)

女王:            ああ! 軽率なる大法官よ
            これは非常に必要なること
              あなたの舌から教えていただくは
              威厳あるスピーチを ・・・
            ころころ変わるあなたの態度! ¶

            あなたの冗談はかくも虚ろ、
            あなたの勝手なるふるまい、
              それはふさわしくない
              顔をあわせた時に
            影響力のある妖精と。

貴族達全員:(独白で)
            我々は知らなかった
            我々が話しているのは
              影響力のある妖精とは!

大法官:        この気紛れによる災いで、
            私はけっこうなる困惑にある!
              せっかちな声音
              名も知らぬ婦人による
            私はより用心深くあらねば;

            彼女は妖精のように思える
            アンデルセンの図書にあるような、
              ところが私は思いこんでいた
              校長だと
            女子学校の! ¶

貴族達:        我々は思い込んでいた
            校長だと
              女子学校の!

女王:        次の国会が召集されたとき、
          あなた方は打ち震えるであろう!

セリア:    我らの怒り、紳士達が私たちを苛めた時は、
          それは凄まじいものと!

レイラ:    目にあうのだ、我らの叫びを過小に評価した者は、
          恐ろしき破滅に!

女王:        吾の判決を書き留めよ吾の言う通りに、
          さすれば彼が罰を与えようぞ!  (ストレフォンを指す)

貴族達:    容赦願います!


女王:        今後より、ストレフォン、投げ捨てるのです
        牧杖そしてパイプそして派手なリボンを ・・・
        鳴き弱々しい羊の仲間や群れを;
        下院に入るべくあなたは行くのです!

全員:        下院に入るべく彼は行く!
          我らのこの上ない威信を後ろ盾に、
          彼は大いなる多数派として命ずるであろう!
        下院に入るべく彼は行くのだ!

女王:        下院の群衆の中で、
        急進派であろうと保守派であろうと ・・・
        ホイッグ党あるいはトーリー党 ・・・ 私は知らぬが ・・・ ★1
        しかし下院に入るべくあなたは行くのです!

全員:        下院に入るべく etc.


女王:(音楽の間に喋る)
        あらゆる法案あらゆる方法で
        それで彼の悦びが満足されるであろう、
        例えあなたの激怒が起こされようと、
        両院において通過するであろう!

貴族達:        ああ!
女王:        あなた達は開会をしなければ、彼に理由が見つかれば、
        ライチョウが撃たれ鮭が網にかかる季節には; ★2

貴族達:        ならぬ!

女王:        彼は大切な権利を終わりにするであろう
        あなた方が楽しむ金曜日の夜を: ★3

貴族達:        ならぬ!

女王:        彼は火ぶくれとなった毎年の課題を解決させよう、 
        死亡した妻の姉妹との結婚という; ★4

貴族達:        慈悲を!

女王:        爵位を授けよう、その時、
        すべての市議会議員の者に;

貴族達:        容赦を!

女王:        貴族達は満ち溢れようキリスト教世界では、
        それで公爵の過大な地位は
        達成できよう、競争
        試験をすることで! ★5

貴族達:        恐ろしきこと!

妖精達とフィリ:    彼らの恐怖
          彼らは偽ることは出来ぬ
        しかも彼らの恐れが彼らを震えさせていることを隠すことも!


<<★1 ホイッグは急進派、トーリーは保守派。 ★2 この季節は通常国会が採決される頃。 ★3 金曜日は早いうちに開会、採決をして土曜日に国会が開くことはない。 ★4 以前は死亡した妻の姉妹と結婚することは近親相姦とみなされ禁止されていた。19世紀半ばよりこれを許可しようとの法案が出されたが、毎年のように下院では可決され上院では否決が繰り返された。この年越し法案は 20世紀になってようやく可決された。 ★5 競争試験は公務員新人採用試験の主なる手段であった>>


        アンサンブル:Young Strephon is the kind of lou
    貴族達             妖精、フィリス、ストレフォン

 若造ストレフォンは田舎者   |ストレフォンあなたの敵には、疑いもなく
 我らはちっとも気にはしておらぬ|恐怖という未来が開けている、 ¶
   我らは知らぬぞ      |  そう彼らの言う
   邪悪なるものが      |  邪悪なるものが
 どのような結果をもたらすか。 |どのような結果をもたらすのか?
                |
 しかし貴族に相応しき     |隠れたる
   報復を求めよう      |  報復を求めている
 あらゆる庶民         |高貴な者達、彼らは賭けている
   我らに反する意見の者を、 |  彼の意見に反対する者には、
   それとも大胆にも選びし  |  それでもあえて選ぶ者には
 我らを攻撃せしものを。    |彼の攻撃を与えることを。


妖精達:    それは彼らを悲嘆と恥辱の世界に押し込むでしょう;
        彼のいわゆる忍耐と彼らが主張せざるを得ないものに、 ¶
          もし彼らが逃げれば
          いかなる形でも
        とても痛みいる悲しみに!

貴族達:    君らの力に我らはひるむことなく鼻であしらおう:
        不吉なる復讐が君らに振りかかろう。
          もし君らが包囲したのなら
          我らの高きプレスティージ(栄光)を ・・・

妖精達:    (そのプレスティージという言葉はフランス語よ)

            アンサンブル
    貴族達             妖精達と女王

 君らの力に我らはひるむことなく|たとえ我らの脅しにあなたたちは
  鼻であしらおう:      |  鼻であしらおうと、
 不吉なる復讐が        |不吉なる復讐が
  君らに振りかかろう。    |  あなた達に振りかかるでしょう
 若造ストレフォンはただの田舎者|ストレフォンあなたの敵は、疑いもなく
 我らはちっとも気にはしておらぬ|恐怖という未来が開けている、 
   我らは知らぬぞ      |  そして彼らの言う
   邪悪なるものが      |  邪悪なるものが
 どのような結果をもたらすか。 |どのような結果をもたらすのか? 


貴族達:        我らの威厳ある面持ちを
              お前に消すことは出来ぬのだ
            下にいるカナーユ(庶民)の手助けで!
妖精達:          (その言葉はフランス語ね)
貴族達:        差別の潮が引く
              群れの眼前にある潮が ¶
            低俗なるプレッブ(平民)という群れ!
妖精達:          (ラテン語ね)
貴族達:        悦びに満ち溢れよう、
              そして狂気が激しくなろう
            ホイ・ポロイ(平民)よ!
妖精達:          (ギリシャの叙述ね)

貴族達:        一つのラテン語、一つのギリシャ語、
              そして一つはフランス語。

妖精達:        あなた方の威厳ある面持ちは
              私達は直ぐに消し去りましょう
            下にいるカナーユとともに!
貴族達:          (それはフランス語)
妖精達:        差別の潮が引く
              群れの眼前の潮が
            低俗なるプレッブという群れ!
貴族達:          (ラテン語なり)
妖精達:        悦びに満ち溢れよう、
              そして狂気が激しくなろう
            ホイ・ポロイにて!
貴族達:          (ギリシャ語の叙述)

妖精達:        一つのラテン語、一つのギリシャ語、
              そして一つはフランス語。


    貴族達             妖精達

  君らは待つ必要はない:   |  私達は待たないわ:
   飛んで行きなさい!    |  空高くに行くわ!
  君らの脅しに満ちた憎しみ  | 私たちの脅しに満ちた憎しみに
   我らは挑もうとも思わぬ! |  あなた達は挑もうともしない!


(妖精達は細杖で貴族達を脅す。貴族達は楽しく懇願すべく膝まづく ¶。フィリスはストレフォンを態度を軟化するよう懇願する。彼は彼女を突き放し、彼女は気絶してマウンタレイラット卿とトロラー卿の腕の中に落ちる)


第一幕 了



補足:
●訳はGilbert and Sullivan Archive にあった "Iolanthe" 台本を元にした
 ただし歌詞の繰り返しは略してあるので、より詳細で正確な台本は、Web Opera が参考になる。
●人名の読み方、背景、俳優のしぐさなどは、1982年BBC制作のTV番組 Iolanthe / Hammond-Stroud, Mills, Collins, Opera World (1982) (スタジオ撮影で、現代の映像を挿入するなど演出はかなりアレンジしてある) のDVD を参考とした。

●()は主にト書き。
●茶色字の≪≫内は訳者のコメントや用語解説。
●記号¶のついた行は、意味不明につき仮訳、訳に自信がない所。
 


2012/02/01 訳


 ページトップへ