PORGY

男が出来た、ポーギーって名前
こいつは分ってくれてる、ポーギーは私のもの
もう今までの生き方はおしまい、これからは彼と一緒にすごすの
ああ神様、彼の腕が私を抱くときに感じるの、
分るの、私がいないと彼は生きていけないと。
彼の家で寝泊りしたいとお願いするつもり、

まあいいご面相とはいえないやつだけれど、
怠け者で頼りにならないやつだけれど、
彼の愛は特別のもの。
だから私は生き方を変えるわ、
奪うことをやめ、与えることに変わる喜び、
男ができたの、ポーギーは私のもの。

ひどいご面相だと言われても、
怠け者で頼りにならないやつだけれど、
彼の愛は特別のもの。
だから私は生き方を変えるわ、
奪うことをやめ、与えることに変わる喜び、
男ができたの、ポーギーは私のもの。


※ ヘイワード&ガーシュインのフォーク・オペラ「ポーギーとベス」(1935)以前に作られた「ポーギーの」歌。(デュボース・ヘイワードの原作小説「ポーギー」は1925年発表)

レヴュー Blackbirds of 1928 で紹介されたが、このレヴューショーからは次の曲もフィールズ&マクヒューのコンビによって提供された。
●I Can't Give You Anything But Love
  ファッツ・ワーラーから曲を買ったとも言われる。
●I Must Have That Man
  ビリー・ホリディの歌で有名。
●Doin' the New Low-Down
  ビル・"ボージャングルス"・ロビンソンのテーマ曲。
  映画「コットン・クラブ」では階段タップのシーンで流れていた曲。

なお、ビリー・ホリディは Porgy という歌を残しているが原曲は I Loves You Porgy である。他に Porgy, I's Your Woman Now という歌を Porgy というタイトルで歌っている歌手もいる。(いずれもヘイワード&ガーシュイン兄弟作のフォーク・オペラ曲)


作詞: ドロシー・フィールズ Dorothy Fields
作曲: ジミー・マクヒュー Jimmy McHugh
出典: Lew Leslie's Blackbirds of 1928 (revue) より Aida Ward が紹介

CD, LP
● アビー・リンカン Abbey Lincoln : That's Him (Reverside)
● エセル・ウォーターズ Ethel Waters
● ジェリ・サザーン Jeri Southern : サザーン・ブリーズ (Roulette)
● ニーナ・シモン Nina Simone : At Newport (Official)
● テディ・キング Teddi King : ガール・アンド・ハー・ソングス



2008/04/26 訳
2012/06/15 レイアウト変更等


Home (ホームページ)   Menu (上位メニュー)