THE SORCERER
or the Elixir of Love - Act I
(魔法使い または 愛の秘薬:第一幕)

ギルバート&サリヴァンのコミックオペラ「魔法使い」(1877) 台本の訳


the sorcerer's song


台本: W.S.ギルバート W.S. Gilbert
作曲: アーサー・サリヴァン Arthur Sallivan
初演: ロンドン、オペラ・コミック座、1877/11/17


第一幕: マーマデューク卿邸宅の庭、昼 
≪あらすじ:  マーマデューク卿は息子アレクシス婚約の儀を祝って自宅の庭で村人を迎え宴会を開こうとしている。村人たちはこの婚礼を祝うが、ただ一人信徒席案内係パートレット夫人の娘コンスタンスだけは村の教区司祭に片思いをしており楽しむことが出来ない。
アレクシスの婚約者アリーンが登場しアレクシスと人目をはばかることなく愛を確かめ合い婚約が成立する。アリーンの母レディ・サンガジュアとマーマデューク卿はかつては恋人同士であり、再開した二人にはかつての恋情がよみがえるが、古い風習に縛られる二人は互いに口にすることはなく儀礼的にふるまう。
アレクシスは「愛ある結婚こそあらゆる病に打ち勝つ万能薬である。恋に身分の上下があってはならず誰にでも平等にその機会を与えられるべきだ」という考えを持っている。彼は魔法使いのジョン・ウェルズを呼び、恋人アリーンが恐れるのに関わらず、彼の販売するパテント付きの媚薬(一目惚れ薬)を村人に秘密裏に飲ませようとする。この薬は独身の男女にだけ効くが眠りから覚めると最初に見た異性が愛おしくなるというものである。アレクシスの目的は、村人が階級の違いを超えて男女が結ばれるという彼の理想を果たすことであった。 魔法使いウェルズは、妖精、魔神、悪霊たちの力を借りて媚薬に魔力を与えお茶に混ぜる。そして婚約式の宴に出席した村人にふるまう。村人たちは薬のため眠りに落ちてしまう。≫



第二幕: マーマデューク卿邸宅の庭、真夜中
≪第一幕と第二幕の間には12時間程度の差がある≫



登場人物
マーマデューク・ポイントデクスター卿 (初老の准男爵)
アレクシス(近衛兵第一連隊、卿の息子)
デイリー教会博士(プロヴァーレイ教区司祭)
公証人
ジョン・ウェリントン・ウェルズ(J・W・ウェルズ商会、魔法使い一族)
レディー・サンガジュアー(旧家の婦人)
アリーン(その娘、アレクシスの婚約者)
ミセス・パートレット(信徒席案内人)
コンスタンス(その娘)

村人(コーラス要員)

≪サンガジュアーはフランス語で blue blood つまり貴族を意味する名前。信徒席案内人 (pew opener)とは、教会で裕福な信徒のための箱席を案内し扉を開ける係)≫



歌曲リスト
1. Ring forth ye bells (Double Chorus)
2. Constance, my daughter, why this strange depression? (Mrs. Partlet and Constance)
2a. When he is here (Constance)
3. The air is charged with amatory numbers (Dr. Daly)
3a.
Time was when Love and I were well acquainted (Dr. Daly)
4. Sir Marmaduke, my dear young friend Alexis (Sir Marmaduke, Dr. Daly, and Alexis)
4a. (Dance)
5. With heart and with voice (Chorus of Girls)
6. My kindly friends (Aline)
6a. Happy young heart (Aline)
7. My child, I join in these congratulations (Lady Sangazure)
8. With heart and with voice (Chorus of Men)
9. Welcome, joy! (Lady Sangazure and Sir Marmaduke)
10. All is prepared (Aline, Alexis, Notary, and Chorus)
10a. With heart and with voice (Double Chorus)
11. Love feeds on many kinds of food (Alexis)
12. My name is John Wellington Wells (Mr. Wells)
13. Sprites of earth and air (Aline, Alexis, Mr. Wells, and Chorus)
13a. Let's fly to a far-off land (Aline)
13b. Too late - too late ((Aline, Alexis, Mr. Wells, and Chorus)
14. Act I Finale (Ensemble)
14a. Now to the banquet we press & "Be happy all, the feast is spread before ye"
14b. The Tea-Cup Brindisi (Eat, drink and be gay)
14c. Oh love, true love
14d. Oh marvellous illusion
14e. Tea-Cup Brindisi reprise 1877 version



第一幕

シーン:
 マーマデューク卿のエリザベス朝風大邸宅の庭、昼。
 大型の天幕の端は開いており、白い布が掛けられたテーブルの一部が見える、
 骨付き肉、ティーポット、カップ類、パンにバター、ジャムなど。
 背景の庭には、木々の上の方に教会の尖塔が見られる。

コーラス:Ring forth ye bells
村人たち:
        強く鳴り響けよ、鐘よ、
          ラッパの響きとともに ・・・
        葬送の鐘は忘れ、
          喜びの鐘で満たしておくれ。
        悲しい歌の
          音階は忘れておくれ、
        お前の喉からは
          今日は喜びを鳴らしておくれ。

   男性たち:             女性たち:
何故なら今日は若者アレクシス様が|若きアレクシス・ポイントデクスター様が、
  アリーンと婚約するから   |  アリーン・サンガジュアーと、
その彼の男としての誇りは    |男としての彼の脇には彼女が、 ¶
  芝生で行われる祝宴で    |  芝生にて、そう、確かなこと!

        強く鳴り響けよ、鐘よ etc.
                    (男達家の中へ退場)

(パートレット夫人と娘のコンスタンス登場)


叙唱:Constance, my daughter, why this strange depression?
パートレット夫人:(以下『P夫人』と記す)
  コンスタンス、私の娘よ、何故奇妙な打ちひしがれようを?
  村は季節にふさわしい喜びに鳴り響いている、
  何故なら若くて優しいアレクシスが、
  偉大なマーマデューク・ポイントデクスター卿の跡継ぎが、
  アリーンと婚約の誓いを、ただ一人の娘
  アナベラ、レディ・サンガジュアーの。
  あなた、あなた一人が悲しみ心ここにあらずの様子;
  理由は何? 言いなさい、娘よ、言うのよ!

コンスタンス:(以下『コンス』と記す)
  ああ、お母さん、聞かないで! たとえ私の顔色が
  赤から白に変わりそれから直ぐに続いて、
  それから白から赤になっても、ああ、言わないで!
  私の小さな胸が気持ちの高ぶりで震えていても、
  気にしないで、お母さん ... 何でもないのよ!
  もし打ち明ける機会があって長く深いため息をしても、
  ああ、気にしないで、その原因は永遠に知られてはならないから!
  
(パートレット夫人、娘と二人だけにするよう促し、コーラスの女性達は退場する)
  
アリア: When he is here
コンス:
        彼がここに居る時は、
          私は喜びにため息し …
        彼が行ってしまうと、
          私は嘆きにため息する …
        私の希望なき恐れは
          誰にも推し量れず …
        彼の愛だけが
          私の痛む心を癒してくれる!
        彼が冷たい時は
          私は悲しみに涙し …
        彼が親切な時は、
          私は歓喜に涙する。
        私の語られることなき嘆きは
          明日というものを知らない …
        私の苦しみが見つけられるのは
          希望なきこと、慰めなきこと、和らぎなきこと!

        私が嬉しい時、
          彼は喜びを見せない。
        私が哀れになっても、
          彼を嘆かせることはない。
        彼の厳粛なる声は
          私が宝とする口調となり …
        私の心はその口調で喜びを感じ、
          その口調で私の不幸な運命は慰めと!
        私が落胆した時は、
          私の苦悩はその口調で抑えられ …
        私が心が元気になれば、
          その口調が私の希望を励ましてくれる;
        甘い愚かしさのため
          彼へと私を急がすのは …
        彼の元から遠ざかろうと、
          私の命はとても悲しくわびしきもの!

ダイアローグ
P夫人:さあ、全て言うのよ! 恐がらずに …
  私も、同じように、愛したことがあるわ; でもずっと昔!
  誰なのあなたの愛の対象の若者は?
コンス:静かにして、お母さん! 彼が来るわ!(彼方を見つめながら)
  
  (デイリー教会博士登場。彼は物思いにふけっており二人を見ようともしない)

P夫人:(驚いて)私たちの敬愛する主任司祭様だわ!
コンス:ああ、みじめな私、心臓は張り裂けそうよ!
P夫人:娘よ、気楽になさい。そのような縁組に
  私は反対しないわよ。
  彼にしなさい … 彼はあなたのものよ! 二人が幸せになるように!
コンス:でも、お母さん、ねえ、お母さんが呉れてやる人じゃないのよ!
P夫人:そうね、確かに!
コンス:    彼は反対するに違いないわ!
P夫人:        そうに違いないわね。
  でもどうか … 心を奪いなさい … この件で彼に探りを入れるわ。
  安心しなさい … この恋の件は私に任せるのよ。(二人は引き下がる)

叙唱: The air is charged with amatory numbers
デイリー教会博士:(以下『デイリー』と記す)
        ここの空気は恋情の旋律で満たされている
          甘いマドリガルに、夢見る恋人たちのレイで。
        穏やかな、穏やかな、老いた心よ! なぜ目覚めるのか
          痛恨なる思い出の、古き、古き日々の眠りから?

≪マドリガルは無伴奏歌曲、または多声歌曲。レイは短い抒情詩、物語詩(歌)、鳥のさえずり≫

バラッド Time was when Love and I were well acquainted
デイリー:
        かつて我が恋人と私が互いを熟知していた頃。
          かつて私たちがいつまでも手を握りながら歩き回った頃。
        聖人のような若き日、何もかもが汚れなきものと思っていた、
          この世の誰も私より深く愛することはなかった!
        かつて、時は最も高貴な位の乙女たち、 ¶
          軍人さえも見捨て、
        私を敬おうとした、崇拝でうっとりと …
          ああ私を、私はその時は公明で若い牧師補だった!
        
        私は頭痛を? 集会に来た娘たちにため息した;
          私は風邪を? 静かなる涙がとめどなく流れた;
        私の顔色は悪かった? そこで教区民の半分は震えた;
          そして私が咳をし皆に説教がもうすぐ終わりと思わせた時!
        私は気にもせず … 嫉妬の疑いも私にはなく …
          何故なれば他の男たちより愛されたから。
        目の前の金箔で着飾った公爵も帯をまとった伯爵も逃げた …
          ああ私から、私は青白き若き牧師補だったのはその頃!

(バラッドの終わりに、パートレット夫人のコンスタンスが伴って現われる)
        
≪注:帯をまとった伯爵とは騎士の爵位を上げる儀式のときに着飾る様子を言及している≫

ダイアローグ
P夫人:こんにちは、祭司様。
デイリー:おや、パートレット夫人、お目にかかれて幸いですな。それに可愛い娘御のコンスタンス!なんと、彼女は可愛い女性と言わざるを得ませんな!
コンス:(傍白)やだ、お母さん、言葉が出て来ないわ!
P夫人:そうなのです、司祭様。娘はもうすぐ18歳になり、良き娘として育っております。(デイリー博士に小声で)ああ、サー、私はもうすぐ娘を失くしてしまいますわ!
デイリー:(P夫人に小声で)なんとも、悲しい言葉を。彼女は虚弱なのですか?
P夫人:いえ違います、サー … そういう意味でなくて … でも若い娘は結婚を求めておりますから。
デイリー:ああ、分かりました。確かにですな。しかしまだ時間がたっぷりあるのではないですか。4年か5年、今から。しかしその時が来たのなら、私は彼女の結婚を我がものとして喜びましょう …
コンス:(傍白)ああ、お母さん!
デイリー:彼女の地位にふさわしいがっしりした若者と。
コンス:(涙ながらに)彼は私のことを愛していない!
P夫人:よく不思議に思いますの、司祭様、(もし勝手が許されれば)、あなたは結婚したことがありませんね。
デイリー:(傍白)しかしいまだに、ときめくは我が心!
P夫人:聖職者の妻がいるのはこの村にはよいこと。それにしても、あなたはもう若くありません、いずれあなたの面倒を見て、身の回りの細々としたことの世話をする人が欲しくなるでしょう。
デイリー:パートレット夫人、確かにあなたの言われる通りです。私は本当に歳をとってきているのです、そして配偶者が私の晩年を支えてくれたらと思います。かつてそうあるべきだと思ったことも;しかし私はあまりにも長くほったらかしにしておいた … 私は時代遅れの年よりで、今は、どうですか、お嬢さん?(コンスタンスに向かって) … とても年老いた頑固者、まったく。ハ!ハ!いや、パートレット夫人、私の心はまったく確固たるものです。私は一人で生き、そして年老いた独身者として死ぬ覚悟です。
コンス:ああ、お母さん!(パートレット夫人の胸でむせび泣く)
P夫人:さあ、さあ、大事な娘よ、取り乱さないで。もっと良き時にまた試してみましょう … もう一度試すのよ。

                (パートレット夫人とコンスタンス退場)

デイリー:(彼女たちを見送りながら)可哀そうな娘さん!彼女の胸にはなにかあるのだろう。彼女は端正な顔立ちの方なのに。かつてはこの老いた心があのような美しい娘にときめき動悸が2倍にもなったことがあったもの!でも、あーあ!私は弱虫!ああ、こちらに若きアレクシスが彼の誇らしげで幸せな父親と来る。この泣き虫をさらしてしまう涙を乾かそう。

        (マーマデューク卿とアレクシス登場)

叙唱:Sir Marmaduke, my dear young friend Alexis
デイリー:
  マーマデューク卿 … 愛すべき若き友、アレクシス …
  この最も幸せなる、最も縁起良き婚約に際し …
  どうか、この老いたる友からの、言葉を
  我が最良の、我が最良の祝いを述べさせて下さい!
マーマデューク卿:(以下『MP卿』と記す)
  司祭殿、感謝の気持ちでいっぱいです。
アレクシス:            デイリー博士、
  我が老師、そして我が価値高い牧師様、
  心の底からありがたく存じます!
        (音楽と共に語られる)
デイリー:
  幸運が君にあらんことを! まだ半ばに
  ある君が若き人生のこれからに喜びあることを …
  歓喜に満ちたこれからに! そしてその歓喜に達したのなら、
  その先には希望に満ちた水平線があることを
  (しかしその時は君の人生はまだ半ばでしかない)
  実りある約束とともに水平線を越えしかし
  君の前に開けられるは、その間にも、
  新たな輝ける水平線があらんことを祈ります!
MP卿:
  司祭殿、それは素晴らしき手本となる言葉
  威厳のある讃辞の古き教えとなるべき
  私を、我が人生を通して、多いに夢中にさせられるもの、
  どうかこの言葉を写し取る感謝を私に下され
  書記官のごとく書き留めさせ、私自身が
  適切な時に使うことを許して下され?
デイリー:
  卿よ、あなたは正確に書きとめて下され
  太陽殿が西の眠りの海に沈む前に!
                (デイリー教会博士退場)

ダイアローグ
MP卿:(夢心地にあるアレクシスに向かい)さあ、我が息子よ … お前のフィアンセイが5分以内にここに来ようぞ。彼女を受け止めるため目を覚ますのだ。
アレクシス:ああ歓喜!
MP卿:そうさ、お前は幸運な若者だ、そして私はこのサンガジュアー家との婚姻が私の最も望んでいたことをお前に隠すことはなかろう。アリーンは裕福で、彼女は十分に由緒ある家の出、トロイのヘレンの七千と三十七に渡る直系の子孫であるから。確かに、あの淑女の家紋には汚れがあった … パリス {rev.1} との恋愛事件が … しかしどこにこのような家系がおろうか、私自身以外の家系で、傷一つない家系が? 貴君は運の良い男なのだ、サー … とても運の良い男なのだ!
アレクシス:父上、僕は澄み切った喜びがこみあげています。悲しみという病的な汚れが輝く愛の湖を覆うことはなく、その上、手を取り合い、アリーンと僕は永遠へと漕ぎだすでしょう。
MP卿:アレクシスよ、お前のこの若き淑女への愛情をそうあけすけに言わないで欲しいのだ。お前はいつでも彼女の美しさをバラッドにして歌って、お前の椅子の後ろに控えている使用人にお前の高揚を合唱して欲しいと期待しておる。これは繊細なこととは言えぬな。
アレクシス:父上、僕のように愛している男ならば …
MP卿:フン、フンだ!50年前私はお前の未来の義母に狂おしくも恋したものだ、レディー・サンガジュアーにだ、そして私は彼女が私の愛に戻ってくると信じておる。しかし我々が繊細さもなく公共の前で互いの腕を抱き寄せることは罪ではないのか、大声を出しながら …
        『ああ、我が崇拝する君よ!』『愛した若者よ!』
        『高揚した歓喜!』『汚れなき喜び!』
などは現代的な愛の営みに見えるが? 違う!それは『マダム、私はあなたがご健康である喜びがあることと信じております』 … 『サー、あなたは多いに礼儀正しくあられます、私は私が至極快適であると主張いたします』 … そういった具合であったのだ。さらなる繊細さこそ … さらなる敬意となるのだ。しかし見よ … アリーンが近づいて来る … さあ退場しようではないか、彼女には興味あるセレモニーにおいて演ずるべき重要な役を演じるだろうから。 ¶
                (マーマデューク卿およびアレクシス退場)

≪「ヘレン」「パリス」はギリシャ神話に出てくるトロイ戦争の原因となった人物のことで、かなり古いスキャンダルを指している≫

    (アリーンがテラスに登場、女性コーラスに先導されて)

≪婚約式がこの日にとり行われるが、当時の写真を見るとアリーンはヴェールを被り花嫁のような装いをしている。一方アレクシスは軍服姿で登場している≫

コーラス With heart and with voice
少女たち:
        心と声を伴い
          さあこの婚姻を歓迎しましょう:
        彼女の選んだ若者に
          心臓の震えと共に、
            愛らしいアリーンが来ます!

        彼らの愛が決して食傷することなきことを!
          彼らの歓喜に限りなきことを!
        喜びの光輪が
          彼らに生が取り囲むことを!
            天は私たちのアリーンを祝福しています!

叙唱:My kindly friends, I thank you for this greeting.
アリーン:
    私の親切な友よ、この出迎えに感謝いたします
    そしてあなた達が私にこの世のあらゆる喜びを願うように、
    私はあなた方の願いがすぐさま成就されることを信じています!

アリア:Oh, happy young heart
アリーン:
    ああ、幸福な若き心!
      来るは汝若き貴族が求愛に
    彼の目には喜びが、
      そして誇りが彼の胸に …
    ありたけの褒美を汝に与えよ
      彼が最高であることに
    懇願に来たことに。
      でも … まだ二人は別れていなければ、
                    若き心よ!
      でも … まだ二人は別れていなければ!
    
    ああ、陽気な若き心よ、
      汝の求愛の日は輝いている!
    しかし更なる幸福が先に
      未経験の日々が …
    悲しみが妨げることは出来ない、
      愛の契られた時は
    結びは解かれることはない。
      それならば、決して別れはない、
                    若き心よ!
      それならば、決して別れはない!

        (レディ・サンガジュアー登場)
    
叙唱:My child, I join in these congratulations
レディ・サンガジュアー:(以下『レディS』と記す)
  我が娘よ、この祝辞に私も参加しましょう:
  この老いた目のわずかな涙も見せないように気をつけよう!
  昔の思いが押し寄せてくる。 例え私が悲しくとも、
  それは私自身のこと。アリーン、あなたのことではないの!
  
        (アレクシス登場、男性コーラスの先に立つ)

コーラス:With heart and with voice
男たち:
        心と声を伴い
          さあこの結婚を歓迎しましょう:
        彼が選んだ女性へ、
          心を震わせながら、
            来るはアレクシス、勇者なり!

(マーマデューク卿登場、レディ・サンガジュアーと彼は強い動揺の兆候を見せるも、互いの姿を見ながら抑えようと努力する、アレクシスとアリーンは互いに駆け寄り抱きあう)
  
叙唱
アレクシス:  ああ、愛する人よ!
アリーン:     愛すべき男の子!
アレクシス:  高揚したる歓喜!
アリーン:     純粋な喜び!
                    (二人は退場する)

二重唱:Welcome joy, adieu to sadness!
MP卿:(丁重な態度を崩さず)
        ようこそ歓喜よ、さらばじゃ悲哀よ!
          オーロラ神が日中に輝いている、
        そうあの目、喜びに満ちた双つの球、
          心配の雲を追い払う。
        抗いがたき誘惑が
          我に駆り立てるはつつましやかな口づけを君の手に;
        私は君の最も思いやりある僕(しもべ)なり …
          命令に最も思いやりある者です!
    (強き熱情のこもった傍白で)
        崇めながらも荒々しく!
        魅せられながらも狂おしく!
        我が悲嘆に溺れるは
          きっかけもつかめず無念さに! ¶
        混乱させ苦しめるは、
        残念なことに何もしなかったこと、
        私が満足を覚えるのは
          このように密かに呼びかけることで;
          『永遠なるサンガジュア、
            『神々しきサンガジュア、
          『ようこそ我が家の門に、
            『天使よ、ああ我がものになれ!』
    (儀礼的口調で声を出し))
        抗いがたき誘惑が
          我に駆り立てるはつつましやかな口づけを君の手に;
        私は君の最も思いやりある僕(しもべ)なり …
          命令に最も思いやり者です!
レディーS:
        サー、最もなる礼儀に感謝いたします
          あなたの大いなるおもてなしに;
        讃辞の言葉は正に騎士のごとく
          私にはいまだかって向けられたことのなきもの!
        騎士道精神という要素こそ
          悲しきことに我が土地に欠けているもの …
        サー、わたくしは最も従順なる者、
          命令に従順な者です。
    (強き熱情のこもった傍白で)
        崇めながらも荒々しく!
        魅せられながらも狂おしく!
        我が悲嘆に溺れるは
          きっかけもつかめず無念さに!
        混乱させ苦しめるは、
        残念なことに何もしなかったこと、
        私が満足を覚えるのは
          このように密かに呼びかけることで;
          『永遠なるマーマデューク、
            『神々しきマーマデューク、
          『あなたの戸口へ我を、
            『愛した人よ、ああ私のものに!』
    (儀礼的口調で声を出し))
        騎士道精神という要素こそ
          悲しきことに我が土地に欠けているもの …
        サー、わたくしは最も従順なる者、
          命令に従順な者です。
≪オーロラはローマ神話の曙の神≫

    (この間に結婚の契約に関する公証人が登場する)
≪第二幕に彼はラッパ型補聴器を使っている67歳近い老人と記述されている≫

叙唱:All is prepared
公証人:    署名と封印する準備が全て整いました、
          契約書は合意されたごとく草案されています;
コーラス:   署名と封印する準備が...etc.
公証人:    テーブルに来なさい、離れられないそこの恋人たちよ、
          署名し封することで証書がなされる!
コーラス:   テーブルに来なさい... etc.

(アレクシスとアリーンは前に出て署名する。アレクシスはマーマデューク卿が、アリーンは彼女の母が付きそう)
        
アレクシス:  さあ交付した … 交付した、
          我が行為を証書に!    
        
アリーン:   さあ交付した … 交付したわ、
          我が行為を証書に!        

コーラス:See they sign, without a quiver
        見よ彼らの署名を、震えもない、それを …
          それから押印がなされた。
        彼らは交付した … 交付した
          彼らの行為を証書に!

        心を声に乗せ
          この婚姻を歓迎しよう;
        彼らを歓喜させておこう、
          まことの愛に打ち震えながら、
          アレクシスは勇者、
          そして愛らしいアリーンに!
                    (アレクシスとアリーンを残し全員退場)

ダイアローグ
アレクシス:ついに二人だけになれたね。愛しい君よ、君はついに僕の正式な婚約者になったんだ。君はとても幸福でないかい?
アリーン:あら、アレクシス、疑うことが出来るの? 地上のあらゆるものを超越してに私があなたを愛していないから、お返しとして私はあなたに愛されないとでも言うの? 真の愛とは言えないのかしら、忠実をもって与えたら忠実で返すことが、さまざまな世俗的な喜びのよりどころとなることが? 
アレクシス:それに関しては疑いようがないね。ああ、この世界は最高の真実だと信じ込まされている! ああ、この世界は人の作った階級、富、教育、世代、美醜、慣習、嗜好、そして気質、と言う壁を壊すことが出来るに違いないのさ、そこで理解するは輝かしい根本理念、それは結婚のみがあらゆる厄病の万能薬となり得ることを見いだされることさ。 ¶
アリーン:その妙なる教義の説教を続けて下さい、これからもずっと続けて、ああ、真の幸福たる福音を。
アレクシス:そうありたいと思うよ、しかし大義は進展してはいるが歩みは鈍い。いまだに僕は主義の一部を改訂している始末、それは男と女は階級の区別なしに婚姻すべきものと。この問題を僕は工科学校で講義したが、機械工たちは満場一致で僕の見かたに同意してくれたもの。僕は工場でも、パブでも、それに精神病院でも講義したけどどれも熱狂的な賛同を受けたものさ。僕は土方連中にも説いたもの、もし地位の高い裕福な女性との結婚すれば生まれる効用について、そして土方たちは反対しなかったよ!
アリーン:気高いお方だこと!それでも教育のない階層の人たちが議論には心を開かないときている!それで伯爵夫人方がなんとおっしゃっているのかしら?
アレクシス:もちろん、今の時点では、否定できないけど、貴族階級はお高く止まったままさ。
アリーン:あら、労働者には真の知性があるってことなのね結局は!
アレクシス:彼が素面なら非情に高貴な生き物なのさ。そう、アリーン、真の幸福は真の愛に訪れるもの、そして真の愛は外的な影響に惑わされないもの。それはそれ自身の上にそれ自身によって生きるもの … それ自身の愛は愛のみで生きながらえるものさ!

≪アレクシスの言葉はまじめなようでいて、精神病院やパブでの演説で賛同を得たことを喜ぶなど、どこかずれていて滑稽≫

バラッド:Love feeds on many kind of food
アレクシス:
        愛はあらゆるものを糧として生きるもの、そうさ ¶
          ある愛は階級のために、あるものは義務のため;
        あるものは空っぽの劇場に心を投げ打ち、
          他の者は若さと美貌により愛し。
        金への愛は世界ではありがちなこと;
          あるものは自身への愛で、孤独に過ごす;
        僕へ捧げて欲しい愛は愛のみの愛を …
          僕が愛するのは愛 … 愛そのもの!

        何という男であろう他の喜びに渇くとも、
          彼の愛する妻が彼を強く崇拝するなら?
        貧困、窮状、そして心労が彼らを最悪の事態にするとも、
          愛する女性が君を心から愛するならば。
        恋人の思いはいつまでも彼のものにと …
          心からの愛は永遠に孤独にはならず;
        僕へ捧げて欲しい愛は愛のみの愛を …
          僕が愛するのは愛 … 愛そのもの!
        
ダイアローグ
アリーン:ああ、アレクシス、これらは気高き基本理念よ!
アレクシス:そうさ、アリーン、そこで僕は彼らを補助すべくいちかばちかの手を使おうと思うんだ。君はJ.W.ウェルズ&カンパニーという商会を聞いたことがあるかい、シマリー・アクス通りにある老舗の魔法使い一族さ。
≪ St. Mary Axe はロンドンの通りの名前だがセント・メアリー・アクスではなく Simmary Axe と読むらしい≫
アリーン:広告で見たことはあるわ。
アレクシス:彼らはフィルター(媚薬)を開発したんだ、それは、報告を信じるならば、まったく信頼できるものだって。僕は村民に分配するつもりさ、そうすると僕がそうしたら12時間以内にここには純粋で永続する幸福の秘密を知らない大人はいなくなるのさ。どう思う? ¶
アリーン:ええ、あなた、もちろんフィルター(茶漉し) は家の中じゃ有益なものだわ;でもまだよく分からないの、それを保持した人が地上の歓喜の頂点に居られるというのが。
アレクシス:アリーン、君は誤解しているよ。僕はフィルターとは言っていないよ … 僕が言ったのはフィルターさ。
≪媚薬を意味するフィルターは philtre と、茶漉しを意味するフィルターは filter と綴る ≫
アリーン:(驚いた風情で)まさか惚れ薬のこと?
アレクシス:それどころか … 僕は惚れ薬の意味で言ったんだ。
アリーン:ああ、アレクシス!それは正しくないことだと思うわ。本当にそうよ。それから … 本当の魔術師が! ああ、とても邪悪なことよ。
アレクシス:アリーン、村中の唇に愛を浸し、そして彼らを年齢や、階級や運不運の違いをなくして婚姻する組みを作るのは称賛に値する目的となるんじゃないかい、どうかな?
アリーン:確かにそうかもしれないけど、でも …
アレクシス:それなら超自然な手段に頼らなければならないのは不快だろうが、僕はそれでも避けたい気持ちを隠し、僕の望む姿の偉大で善き結果に従おうではないか。(大声で呼ぶ)ハーキュリーズ
        (小姓が天幕から現われる)

≪ハーキュリーズ(ヘラクレス)は大男を連想させるが登場するのは子供≫

小姓:イエス、サー。
アレクシス:ウェルズ氏はおられるかな?
小姓:彼は天幕の中です、サー … 休んでおります。
アレクシス:彼にこちらに来るように伝えておくれ。
小姓:イエス、サー。 (小姓退場)
アリーン:ああ、でも、アレクシス! 本当の魔法使いよ!ああ、死ぬほど恐いわ!
アレクシス:保証するよ僕のアリーンが恐怖に負けないと、この力強い右手を持つ彼女のアレクシスがここで彼女を守ることを。
アリーン:無駄よ、あなた、あなたの力強い右手が私を守ると言っても、この魔法使いはあなたが振り向く前に私をギニー・ピッグに変えてしまうのよ。
アレクシス:彼は君をギニー・ピッグに変えるかもしれない、確かに、でも彼が自在にそうするなんてまず考えられないよ。あれは最も信頼のおける商会で、僕は確信しているんだ彼が決して商人らしくない行為をしないことを。

≪ギニー・ピッグは医学実験用に使われるペルー産小型のげっ歯類だが、名前とは関係なく豚でもないしギニア産でもない。日本ではかつてモルモットと呼ばれたこともあるが別種動物のマーモットの誤用。和名はテンジクネズミだが当然インド産でもないしネズミでもない≫

        (ウェルズ氏が天幕から登場)

ウェルズ:今日は、サー(アリーンはますます怖そうな様子)
アレクシス:今日は … 君は魔法使いだそうだね。
ウェルズ:そうです、サー、我々は交霊術をどの支社でも行っております。私どもの選んだ品ぞろえには、願い帽、占い棒、魔除け札、呪文札、呪文除け札などがあります。私たちのは廉価版の出生日占いもしますし、それに3ポンド6シリングで保証付きの占星術も行います。私たちののアブダの箱にはどれも特許付きの鬼婆が入っており箱から出て災難を予言します、箱は丈夫なバネ付きで強度は十分になっております。私たちのアラジンのランプはとても上品なものですし、私たちのの予言の石板は、何でも予知いたします … 大臣の更迭から政党の統合まで … なんでも尋ねられたことに対し。私たちの1ペニー呪い … 最も安価な商品ですが … は失敗なしと考えられています。私たちはある特別な超祈祷、もあり、しかしながら殆ど頼まれることはないのです。一度だけクリスマスに販売したことが … ある紳士に彼女の義母に対し … しかし彼の心は苦痛に悶えてしまい、結局我が社に返却されてしまったのです。しかし私たちが販売するペニー呪いは、特に日曜日の夜に、素晴らしく効くのです。私たちには強固すぎて効果を解除できない程なのです。

≪願い帽 wishing-cap はかぶると願いがかなう帽子。占い棒 divinging rod は水脈、鉱脈探知に用いた棒。アブダの箱は、アラビアンナイトを元にした James Ridley's (1736-65) の小説 Tales of the Genii (精霊たちの物語)に出てくるバグダッドの商人アブダの寝室にある行李のこと。中には老婆が入っており、毎晩彼に福を呼ぶ護符を見つけるようアブダに夢で伝える。

歌(パター):My name is John Wellington Wells
ウェルズ:
        私の名はジョン・ウェリントン・ウェルズ、
        私の商売は魔術に呪文、
          祈祷に呪いにより
          それで財布は空にならず、
        予言や、魔女や、凶兆を。

        もしあなたが誇り高き敵を「追いかけ」たいのなら …
        もしあなたが金持ちの伯父をロウ人形にして溶かしたいのなら …
          ちょっと立ち寄って下さい
          ジン(精霊)のすみかに、 
        17番地、シマリー・アックス通りの!

        私たちは第一級に分類される魔術を保持しています;
          そして死霊を出現させれば
        その効果は滑稽なものか悲劇的か、
          こんなに安い店はありません
        愛の媚薬 … 私たちは大量に保持しています;
          それに知識もありもし誰かが燃やしたとしても、
        私たちはとても小さな予言者を保持しています、予言者
          彼は私たちに無限の見返りをもたらします:

            なぜなれば彼は予言出来るから
            彼の片目をつむるだけで、
            安心して見るのは
            未来の世界、
            あなたの過去を総括します、
            不明瞭を明確にし、
            気性の性癖から
            人の出生を … 出生を;
            彼は神の言葉を答えます、
            見るも無残なる悪鬼、
            四脚詩は悲劇的、 ¶
            鏡はかくも魔術的、
            事実は天文学的、
            謹厳か笑劇的か、
            そして、もしあなたが望めば、彼は
        体を縮小も出来よう!

                ああ!
        もし誰かに何かが不足していれば、
        彼は在庫からそれを探し出す、
          もし彼が立ち寄って探せば
          ジンのすみか、
        17番地、シマリー・アックス通りに!
            
        彼はあなたの前に出現させよう群れとなった
          幽霊たちを、
        それは鏡にも映らず
          おどろおどろしく
                翼をもつもの、
        それはやせこけぞっとした顔つきの亡霊
          彼はあなたの前に出現させよう
                白布をまといし亡霊の群れを、
        そしてあなたを大いなる恐怖に;
          彼はあなたの頭を引っ張ることも出来よう
                鎖でもって、
        そして残酷で恐ろしい声でわめく!

            そこで、もしあなたが計画しているなら、彼は
            姿を変えます、
            都会的な上品さに、 ¶
            たっぷりと悪魔的に、
            人間性を苛立たせ、
            無意味な言葉で、
            うぬぼれをぶちのめし …
        あなたの敵を狂気の縁に追いやります!

            類語を除くと、 ¶
            悪霊学の中には、
            電気生物学、 
            神秘的疾病分類額、
            霊魂言語学、
            上級天文学、
            それらを彼は熟知する、彼は
        拒否など要求しない奴! ¶

                ああ!
        私の名はジョン・ウェリントン・ウェルズ、
        私の商売は魔術に呪文、
          祈祷に呪いにより
          それで財布は空にならず、
        予言や、魔女や、凶兆を。

        もし誰かに何かが不足していれば、
        彼は在庫からそれを探し出す、
          もし彼が立ち寄って探せば
          ジンのすみか、
        17番地、シマリー・アックス通りに!


≪ロウ人形...は死なせたいと思う人間の人形を溶かすことでその人間の死を願う呪いで、藁人形に五寸釘を打つ日本の風習に似たもの。ジン Djinn は古代アラブ神話に出てくる精霊。 四脚詩としたのは tetrapods のこと。ギルバート&サリヴァン・アーカイヴのグローサリーには古代ギリシャ悲劇の詩の形式とある。 ≫

ダイアローグ
アレクシス:僕はとても重要なことの意見を求めようと手紙を送ったと思うが。君は特許取得付きの水酸化水素式一目ぼれ媚薬を宣伝していることに間違いはないかい。
ウェルズ:サー、それが私どもの売れ筋の商品でございます。(薬瓶を取り出す)
アレクシス:さて僕が知りたいのは君の広告で主張している品質を君が保証できるかということなのだが。
ウェルズ:サー、われわれは自社の製品に誇大広告など吹いたことなどありません。我々は古くからの由緒正しき家柄にして大いなる魔法一家であります、そしてどの保証も破られたことはなく広告通りの効果が完全に現われています。(傷ついた様子)
アリーン:(傍白で)ああ、アレクシス、彼を責めないで!彼は私たちを何か恐ろしいものに変身させるわ … そうよきっと!
アレクシス:僕が心配するのは純粋な博愛主義的目的でこの媚薬を配布することに関してなんだ、秘密裏に、この村の住人に。僕は当然に要求するのは量の問題なんだ。どうやって売るのかね?
ウェルズ:大量に買うというのなら、サー、私どもが強くお勧めするのは樽に入れることで、必要に応じて取り出せばいいのです。私どもは4.5ガロンと9ガロンの樽を売っています … それにパイプやホッグズヘッドなどの大樽もあります、現金を前金で頂けるのなら10パーセントの割引きもします。
アレクシス:僕は陸海軍ストアーの会員なのだが。
ウェルズ:その場合は25パーセント割引きとなります。
アレクシス:アリーン、村人たちは数分以内に宴会に集まってくるよ。ティーポットを取って来ておくれ。
アリーン:でも、アレクシス …
アレクシス:ねえ君、僕の言うことに従っておくれ、頼むから。ティーポットを取って来なよ。
アリーン:(行きながら)デイリー博士は反対するはずよ!(アリーン退場)
アレクシス:どのくらいで効果は現われるのかね?
ウェルズ:12時間以内です。誰であろうとこれを飲んだ人間は意識をその間失い、目が覚めたら恋に落ちます、当然のことながら、最初に彼が会った女性でその人も飲んだのなら、彼の恋は瞬時に見返りがあるでしょう。一回やってみれば証明されますよ。

≪1英国ガロンは約4.5リットル。パイプは約105ガロン(≒480リットル)の、ホッグズヘッドは約52.5ガロン(≒240リットル)の大樽。陸海軍ストア (Army and Navy Stores) は 1871 年に設立された、陸海軍将校およびその未亡人に会員資格のある生活協同組合のようなもの。目が覚めたら最初に見た異性を好きになってしまうという発想はシェークスピアの「夏の夜の夢」を借用したものだろう≫

        (アリーンが大きなティーポットを持って登場)

アレクシス:よし;それでは、ウェルズさん、君がすぐにこのティーポットに村人全体に効果を与えるに十分な媚薬をすぐに入れたら感謝するのだが。
アリーン:でもとんでもないわ、アレクシス、多くの村人は既婚者よ!
ウェルズ:お譲さん、この媚薬は厳格な基準の上で化合したものです。既婚者には何ら影響を与えないようになっているのです。この恐ろしき試練の間あなたは持ちこたえられるという自身はありますか?
アレクシス:正当な理由があれば怖くはないですよ。
ウェルズ:よろしい、それでは、すぐに呪文を唱えましょう。

        (舞台が暗くなる)

呪文:Sprites of earth and air
ウェルズ:
        土と大気の妖精よ …
          火と炎の魔神よ …
            悪霊の魂よ、
            群れとなりここに来なさい。
        この恐ろしき行いが命を吹き込む!
          現れよ、現れよ、現れよ。
男達の声:     ご主人さま、我らはここに!
ウェルズ:
        夜の腐臭の鬼婆よ …
          死の影のある小鬼よ …
            青白き幽霊よ、
            群れとなって押し寄せよ、
        そしてお前たちの力を貸すのだ。
          現れよ、現れよ、現れよ。
女達の声:     ご主人さま、我らはここに!
アレクシス:(傍白で)
        さあ、彼らが集まった、
          夜の魔神たちが!
アリーン:(傍白で)
        ああ、アレクシス、震えるわ、
          安全な所に飛んで行かなくては!

アリア:Let us fly to a far-off land
アリーン:
        私たちを遠くに飛んで行かせて、
          そこは静かで十分な安らぎがあるところ …
        そこは銀色に輝く岸辺のため息
          貝殻がため息をこだまする。
        その地が与える喜びの地へ、
          愛の翼にのり二人して飛び立ちましょう;
        純心に、そこには生が …
          純心にそこで死を迎えましょう!

合唱:Too late - too late
霊たち:
        もう遅い … もう遅い
          それはならぬ!
        幸福なる運命は
          そなたらのものではない!
アレクシス、アリーン、
そしてウェルズ:

        もう遅い … もう遅い
          それはならぬ!
        幸福なる運命は
          そなたの/私のものではない!

ウェルズ:
        さて皺だらけの鬼婆よ、手に持った毒袋、
          手放すのじゃお前のむかつく重荷を!
        吹けよ火に炎を、不浄なる歌を!
          吐き出すのだ毒液を、ヒキガエルよ!
        汝ら無情なる悪霊よ、吠え叫べ、
          呪いを遠くの野に流すのだ …
        汝ら夜の魔神よ、お前らの汚らわしき湾に
          腐臭のする大量の産出物を!

ウェルズ:(小瓶をティーポットに注ぐ … 閃光)
            一滴目!
コーラス:            やった!
ウェルズ:        二滴目!(閃光)
コーラス:            やった!
ウェルズ:        三滴目!(閃光)
コーラス:            我らを解き放てよ!
            我らを解き放てよ … それで完了だ
                ハッ!ハッ!ハッ!
            我らを解き放てよ … それで完了だ
                ハッ!ハッ!ハッ!
        
アリーンとアレクシス:(傍白で)
        私たちを遠くに飛んで行かせて、
          そこは静かで十分な安らぎがあるところ …
        そこは銀色に輝く岸辺のため息
          貝殻がため息をこだまする。

悪霊たちのコーラス:
    ハッ!ハッ!ハッ!ハッ!ハッ!ハッ!ハッ!ハッ!

≪このシーンは映画「トプシー・ターヴィー」にそのステージシーンが見られるが、火花、煙幕、雷鳴音などの舞台効果を使っていた≫

第一幕フィナーレ:Now to the banquet we press

(舞台は明るくなる。ウェルズは村人を手招きする。村人、登場人物が登場、楽しそうに踊りながら。パーレット夫人とウェルズはティーカップを分け与える)

≪台本には書かれていないが参考としたDVDでは宴は天幕の中で行われていた≫

コーラス:
        さあ宴会だ押し寄せよう;
          さあ卵にハムを;
        さあマスタードにクレスを、 
          さあイチゴジャムを!
          さあお茶を我らの主人に、
        さあにぎやかに丸パンを、
          さあマフィンにトーストを、
        さあ陽気なサリー・ランを! 

女たち: 卵にハム、それにイチゴジャム!
男たち: にぎやかな丸パン、陽気なサリー・ラン!
      にぎやかな、にぎやかな丸パン!

≪クレス cress は辛味のある野菜。サリー・ランは茶請けとして食べられる菓子パン≫

叙唱:Be happy all, the feast is spread before ye
MP卿:
    みな楽しく … 料理は君らの前にあるぞ
      恐がるでない、ただ楽しむのじゃ、どうか!
    食べよ、そう、そして飲めよ … 明るく、そうしておくれ。
      一度のみ考えなしの愚か者が今日の主役となるのじゃ。

ティーカップ・ブリンティジ1:Eat, drink and be gay 
≪ブリンディジは乾杯の歌≫
MP卿:
        飲めよ、食せよ、そして陽気になろう、
          心配や悲しみは追放だ、
        楽しく笑うのだ今日は、
          泣くのは、もし悲しかったら、明日に!
        さあ、カップをみなに配ろう …
          私が飲み物の保証人となろう、
        これは濃い、請け負おうぞ、
          なぜならこれは教区司祭様が淹れたのだから!
コーラス:
            誰も彼同様に知らぬのは
              ジョーラム(大容器)に淹れたお茶の中身、
                ハッ!ハッ!
            いっぱい入ったジョーラムのお茶。

三重唱:
ウェルズ、アリーン、アレクシス:(傍白で)
        見よ、見よ、彼らは飲む …
          みな不用心にも、
        ティーカップはカチャカチャ鳴る、
          みな大飲みをしておる!
        彼らの心はとろけてしまう
          半時間のうちに …
        それから感じるだろう
          この一服の力を!

(この歌の間、コンスタンスは小さなティーポット、薬缶、紅茶缶、保温カバーをデイリー博士の所に持ってくる。彼はお茶を巧みに淹れる)

ブリンティジ2:Pain, trouble, and care
デイリー:(ティーポットを持ちながら)
        痛み、患い、それに心配、
          悲惨、心痛、苦悩。
        早速、出て行くのじゃ、お前のねぐらから
          みな直ぐに消え去るのじゃ!
        苦労、悲哀、それに陰謀、
          瞬く間に飛び出すのじゃ …
        ポットには3つのスプーンが …
          あなたがたの司祭のお茶ですぞ!

コーラス:
        誰も彼ほどには巧みではない
          ジョラムにお茶を淹れることは。
                ハッ!ハッ!
            いっぱい入ったジョラムのお茶。

デュエット:Oh love, true love"
アレクシスとアリーン:(傍白で)
    ああ愛よ、まことの愛よ … 天上のもの、永遠のもの!
      あらゆる喜びのもと … まことの至福の泉、 …
    ああ愛よ、まことの愛よ … 天からの信義、
      この上なき宝物それは混じりけのないものと知っている、 …
    ああ愛する人、まことの愛よ、歓喜の豊穣よ、
      平穏を生む耕地よ … 偉大なる天国の穀倉よ、 …
    ああ愛よ、まことの愛よ、我らのの悲しみを見下ろしたまえ …
      この村に住む人を … ああ、我らのこの声を聞きたまえ!

(明らかになるのは人々の奇妙な振る舞いにより魔法が効いていること。
 みな目をこすり、そして舞台上をよろめくのはまるで麻薬の影響の如く)

アンサンブル:Oh marvellous illusion

   全員(傍白で)         アレクシス、ウェルズ、アリーン
  ああ、素晴らしき幻想!      | 素晴らしき幻想!
    ああ、恐ろしき驚愕!     |   恐ろしき驚愕
  この妙なる混乱は何だろう     | 妙なる混乱に興奮している
    我が痛む目を覆っているのは? |   彼らの痛んだ目とともに …
  私は感覚を取り戻さなければ、   | 彼らは感覚を取り戻さなければ、
  分別の法を復旧することで     |   分別の法を復旧することで、
    そうしないと恐ろしい結果が  | そうしないと恐ろしい結果が
  仲間に引き起こされるかも!    |   仲間に引き起こされるかも!


≪次の繰り返し(reprise)は、1877年のオリジナル版にあったものだが、1884年の再演版ではカットされた≫
繰り返し(1877 version only):Eat, drink and be gay 
男たち:
        飲めよ、食せよ、そして陽気になろう、
          心配や悲しみは追放だ、
        楽しく笑うのだ今日は、
          泣くのは、もし悲しかったら、明日に!
女たち:
        さあ、カップをみなに配ろう、
          私が飲み物の保証人となろう、
        これは濃い、請け負おうぞ、
          なぜならこれは教区司祭様が淹れたのだから!
        これは濃い、請け負おうぞ、
          なぜならこれは教区司祭様が淹れたのだから!

ウェルズ、アリーン、アレクシス        他の人たち
  見よ、見よ、彼らは飲む、     |   カップをみなに配ろう
  みな不用心にも、         |
  ティーカップはカチャカチャ鳴る、 |   これは恋、請け負おうぞ
  私たちは成功した!        |
  私たちは成功した!        |

全員:           誰も彼ほどには巧みではない、
         ジョラムにお茶を淹れることは!
        ジョラムいっぱいにお茶を淹れるのは、
       ジョラムのお茶を!
≪至 1877年版≫


(彼ら媚薬を服した者たちはこの効果に無駄に抵抗する、それでも、コーラスの終わりには、舞台上に無意識の状態で倒れこむ)

第一幕 終

第二幕に続く



補足:
●訳はGilbert and Sullivan Archive にあった "The Sorcerer" 台本を元にした
 ただし歌詞の繰り返しは略してあるので、より詳細で正確な台本は、Web Opera が参考になる。
●人名の読み方、背景、俳優のしぐさなどは、1982年BBC制作のTV番組(スタジオでの撮影)のDVD "The Sorcerer" を参考とした。

●()は主にト書き。
●茶色字の≪≫内は訳者のコメントや用語解説。
●記号¶のついた行は、意味不明につき仮訳、訳に自信がない所。
 


ページ・トップへ


2011/10/01 訳
2013/03/01 レイアウト変更等


Home (ホームページ)   Menu (上位メニュー)