Jazz Song Home ジャズ歌詞の訳詩 ABC順リスト

THE SORCERER
or the Elixir of Love - Act II
(魔法使い または 愛の秘薬:第二幕)

ギルバート&サリヴァンのコミックオペラ「魔法使い」(1877) 台本の訳



台本: W.S.ギルバート W.S. Gilbert
作曲: アーサー・サリヴァン Arthur Sallivan
初演: ロンドン、オペラ・コミック座、1877/11/17


第一幕: マーマデューク卿邸宅の庭、昼 


第二幕: マーマデューク卿邸宅の庭、真夜中 (第一幕から約12時間後)
≪あらすじ:   真夜中の庭。村人たちは目覚めはじめる。意識がはっきりしてくると、目の前の異性に恋をするようになる。18歳の少女コンスタンスは70に手の届く老人である公証人と恋をする。
アレクシスは魔法の成果に満足し、アリーンとの愛を永遠にするためにアリーンに媚薬を飲むよう勧めるが、アリーンは反対し口論となる。マーマデューク卿がアレクシスとアリーンの前にパートレット夫人を伴い現れる。アレクシスは父がレディ・サンガジュアーと結ばれることを望んでいたので不満だったが、表面上は父とパートレット夫人の恋を祝福する。一方レディ・サンガジュアーは魔法使いウェルズ氏を見染めるが、ウェルズ氏はうろたえて若い婚約者がいると嘘をつく。(ウェルズが地位ある人々を眠っている間、村人とは離して邸内に入れたことが混乱が大きくなる原因となる)
アリーンは恐れながらもアレクシスの要望どおり媚薬を飲む。デイリー教区司祭はペアに恵まれず一人寂しい思いをする。アリーンはアレクシスの所に行こうとするが、魔法が効き始めたときにたまたまデイリー司祭に会い、不本意ながらも愛し合う。これを見たアレクシスは怒り全員を集めアリーンを非難する。ウェルズ氏が登場し、この魔法を解く唯一の方法はアレクシスあるいはウェルズ氏が暗黒の神の犠牲になって死ぬことだと告げる。そして全員一致でウェルズ氏が死ぬことになる。ウェルズ氏は炎の中に身をささげ、村人全員は元の恋人のもとに戻り大団円となる。≫





登場人物
マーマデューク・ポイントデクスター卿 (初老の准男爵)
アレクシス(近衛兵第一連隊、卿の息子)
デイリー教会博士(プロヴァーレイ教区司祭)
公証人
ジョン・ウェリントン・ウェルズ(J・W・ウェルズ商会、魔法使い一族)
レディー・サンガジュアー(旧家の婦人)
アリーン(その娘、アレクシスの婚約者)
ミセス・パートレット(信徒席案内人)
コンスタンス(その娘)

村人(コーラス要員)




歌曲リスト
15. 'Tis twelve, I think and "Why, where be Oi?... If you'll marry me" (Aline, Alexis, Mr. Wells, and Chorus) – 1884 version
15'. Happy are we in our loving frivolity (Chorus) – 1877 version only
16. Dear friends, take pity on my lot (Constance, Notary, Aline, Alexis, and Chorus)
17. Thou hast the pow'r thy vaunted love (Alexis)
18. I rejoice that it's decided (Aline, Mrs. Partlet, Alexis, Dr. Daly, and Sir Marmaduke)
19. Oh, I have wrought much evil with my spells (Lady Sangazure and Mr. Wells)
20. Alexis! Doubt me not, my loved one (Aline)
21. Oh, my voice is sad and low (Dr. Daly)
22. Oh, joyous boon! oh, mad delight (Aline, Alexis, Dr. Daly, and Chorus)
23. Prepare for sad surprises (Alexis)
24. Act II Finale: "Or he or I must die (leading to a reprise of "Now to the banquet we press") (Ensemble)



第二幕

シーン:  月に照らされたマーマデューク卿邸宅屋外。第一幕に続き農民は全員地面の上で眠っているのが見られる。ウェルズ氏は、忍び足で、アレクシスとアリーンを従え、手には薄暗いランタンを持っている。

        三重唱:'Tis twelve, I think
アレクシス、アリーン、ウェルズ:
        12時になったようだ、
          それは神秘的な時間
        魔法の飲み物が
          その力を見せるはずだ。
        ああ、眠りにある人たちよ、
          君たちには分かるまい
        その炎が熱くするは
          それぞれの冷ややかな胸に!
アレクシス:
        でも待てよ、父がここにいない!
アリーン:
        ああ、どうか、母はどこにいるのかしら?
ウェルズ:
          ここに居てはいけないだろう、
          古き家柄の淑女、
          准男爵でかつバス2等爵子。
          神学博士と、
          その地位ある勅撰弁護士が、
          みなぐっすりと、戸外にて、
          だから彼らを屋内に運んだ
          そして彼らをベッドにそれぞれ置いたのさ!
        私はこの振る舞いが君の賛同を得られると信じています。
アレクシス:
        サー、良き判断をされました、
        そして繊細なる認識を見せてくれました
        我らがあなたの立場のような人に期待している以上に。
ウェルズ:
        でも静かに ... みな一人ずつ起きはじめましたぞ ...
        魔術が効いたようです ... 偉業がなされました!
        私たちは退いた方がいいでしょう
        愛の間、女中を、彼女を台所の炎が照らす!

(ウェルズ、アレクシス、アリーンは忍び足で退場とともに、村人は腕を伸ばし、あくびをし、目をこすり、起き上がる)

男たち:
    おや、おらーどこにいるんだ、おらー何をしてるんだ、
      眠気からさめたのは、丁度露が降りたころなのか?
少女たち:
    おや、そんなことしたら健康によくないわよ
      そして同様にとても立派な行いとは言えそうにないわね!
男たち:(少女たちを見ながら)
        おや、お前かい!
          今そのことを考えていたんだ!
少女たち:(恥ずかしそうに)
        あんたは何なの、今?
          教えて!
男たち:(憧れるように)
        えー、なんて言う鼻だこと、
          それになんて言う目だこと、嬢ちゃん!
        唇は薔薇のようで、
          それに頬もだ、嬢ちゃん!
少女たち:(恥ずかしそうに)
        本当のことを言うとね、
          そんなことしたことないけど、旦那、
        あたしはあんたがしゅきだよ
          まるで誰もしゅきになったことがないみたいだよ、旦那!
全員:
        えー、でもお前さんがしゅきなのさ!

男たち:
      お前が結婚してくれたら、俺はお前のために畑を掘り耕すさ!
少女たち:
      結婚してくれたら、あんたのために洗濯もパン焼きもするわ!
男たち:
      結婚してくれたら、お前のために何もかも捨てるさ!
全員:
      何でもするつもりさ、結婚してくれたら!


少女たち:
      結婚してくれたら、料理もお茶も淹れるわ!
男たち:
      結婚してくれたら、しこたまもうけるさ!
少女たち:
      結婚してくれたら、あんたを受け入れ何でもするわ!
全員:
      何でもするさ、結婚してくれたら!
        えー、でもお前さんがしゅきなのさ!

≪注:村人は寝ぼけており、I を oi, do を du, like を loike と呂律が回らない状態で歌うが、やがてちゃんとした発音になってくる≫



≪注:次のコーラスは初演の1877年版の歌で、1884年版ではカット≫
    コーラス:Happy are we in our loving frivolity

(シーン:村の市場。中央十字路には噴水式水飲み器。農民たちが踊りながら登場、二人ずつ組になって:老人と若い娘、それから老婦人と若い男、それから不釣り合いなカップルたち)

女性たち:
              軽はずみな恋に落ちた私たちは幸福、
            上流階級の如くに幸福で愉快;
男性たち:
            人類のあらゆる悦びの源は恋、
              金銭、地位、そして階級は虚構;
女性たち:
        長い間私たちは待ち放っておかれた、
男性たち:
          愛すること結婚することを考えることもなしに。
女性たち:
      例えこれまでそのことにつんぼで、おしで、めくらであったとしても、
男性たち:
    君がそのことの心を決めたことで十分満足さ。
男性たち:
              軽はずみな恋に落ちた私たちは幸福、
            上流階級の如くに幸福で愉快;
      例えこれまでそのことに見ざる言わざる聞かざるであったとしても、
    君がそのことの心を決めたことで十分満足さ。
              十分満足さ、ねえ私たちは、
                十分満足さ、ねえ私たちは。

≪注:至1877年版≫



カントリーダンス


(ダンスの終了とともに、泣いているコンスタンスが登場、率いているのは公証人で、ラッパ型補聴器を手にしている)


    アリア:Dear friends, take pity on my lot
コンスタンス:
      親愛なる友よ、私の運命に同情して下さい、
        我が杯には美酒はない!
      長い間愛してきた ... 彼は愛する気がないのか? ...
        我らの優しき崇拝すべき司祭を。
      何年も前に私の愛は始まり
        とても心地よく ... しかしとても悲しく ...
      でも私がこの醜い老人を見た時に、
      去りしは我が恋 ...
      私は彼を狂おしくも愛していると分かった。
        嗚呼!
(公証人に向かい)
      あなたはとても、とても見にくい老人よ、
        あなたを愛しているわ、狂おしいほどに愛しているわ!
公証人:
      私は耳がとても悪い老人じゃ、
        とてもあんたのことがよく聞こえん!
コーラス:
      あんたはとても耳の悪い老人さ、
        彼女はあんたを狂おしいほどに愛している!

コンスタンス:
      何故彼をこんなにも愛しているか分からないことを知っている;
        これは魔法にかかっている、そうに違いないわ!
      彼は干からびて不愉快で、耳が遠く鈍く
        癇癪屋で、弱弱しく、みすぼらしい!
      彼は醜く、それに馬鹿げた服装をして、
        それにもうすぐ67歳、
      彼は私が毛嫌いするもの全てを持っている、
      でも真実は告白しなければ、
        彼がとても愛おしいほどに愛しているの!    
            嗚呼!
(公証人に向かい)
        あなたは私が毛嫌いするもの全てを持っている、
          それでもあなたを愛おしいほどに愛している!
公証人:
      その言葉は聞こえたぞ、でも他は、
        私にははっきりとは聞こえんかったぞ!
コーラス:
      あんたはとても耳の悪い老人さ、
        彼女はあんたを愛しいほどに愛している!

(この歌の間アリーンとアレクシスが背景の気付にくい所に登場する)

アレクシス:
      ああ歓喜! ああ歓喜!
        魔力はちゃんと効いたぞ、
          そして皆ここに結ばれたぞ。
アリーン:
      目隠しした小さな子供が 
        魔法の命に従い、
          彼らの婚姻の約束は結ばれた。

≪注:「目隠しした小さな子供」(Blind young boy) とは Glossary(Tit-Willow) によるとキューピッドのこととある。何故なのかは書かれていないが、ボッティチェリの「春(プリマヴェーラ)」に代表されるように、昔は目隠しをしたキューピッドの絵がよく描かれたようで「恋の盲目」を表しているらしい。( 西洋におけるキューピッドと天使の図像 を参照。与謝野晶子のみだれ髪の挿絵にも目隠しをしたキューピッドが描かれていた≫

        アンサンブル:
アリーン、アレクシス    コンスタンス      公証人

ああ、歓喜! 歓喜!  |ああ、苦き歓喜か!  |ああ歓喜!ああ歓喜!
  魔法が効いている、 |  言葉に言えぬは  |  言葉に言えぬは
  皆ここに      |  我が貧しき心が  |  我が心の状態は
    結ばれた!   |    輝いている  |    喜びにあること。
目隠しした小さな子供が |彼らはすぐにでも   |彼らはすぐにでも
  魔法の命にに従い  |  結婚の鐘を鳴らす、|  結婚の鐘を鳴らす、
  彼らの婚約の約束は |  こう言うため   |  こう言うため
    果たされた。  |  私たちが結ばれたと|  私たちが結ばれたと

真の幸福が       |告白すると      |真の幸福が
  あたりに君臨し、  |  不安な心もち   |  あたりに君臨し
住まうは        |  我が卑しき魂は  |  住まうは
  両者の性の中。   |    悩んでいる  |    両者の性の中。
そして皆賛美する    |そして誰も賛美しない |そして皆賛美するは
  思いやり深き配慮は |  稀なる模範なる  |  稀なる模範なる
  彼らの愛すべき   |  彼らの愛すべき  |  彼らの愛すべき
    アレクシスを! |    アレクシスを!|    アレクシスを!

(全員、アレクシスとアリーンを除き、愛し合いながら退場する)

ダイアローグ
アリーン:なんと喜ばしいことかしら、彼ら皆が新しく発見した幸福に!村中が幸福な物腰でペアになっている。でもまだ縁組が出来上がっていないんなら、この虚ろな世界は思慮が足りないと考えるべきではないのね! ¶
アレクシス:でも僕らはより賢いのだ...遙かに賢いのだ...そんな世の中より。良き面を観察してみるがよい、これら不釣り合いの縁組がどうなることかを。しみったれた妻は彼女のあまりにも軽薄な配偶者の無謀な支出をチェックするようになろう、裕福な夫は数多の帽子を一文無しの花嫁に見せるであろう、そして若く生きのいい配偶者は彼女の年老いたパートナーの暮れかかる日々にコミックソングを終わることなく歌い彼を励ますであろう!
アリーン:なんと歓喜に満ちた期待が彼にはあるのでしょう!
アレクシス:でもまだやらねばならぬことがあるのだ、それは僕の幸福を完璧にすること。僕らは自分たちのために媚薬を飲まねば、それは君の愛を永遠に永らえることを保証するものだから。
アリーン:あら、アレクシス、私を疑うのかしら? 私たちの愛にはそんなものが必要かしら、そんな人工的な方法で安心を買うなんて? だめよ、だめ、だめよ!
アレクシス:ねえ可愛いアリーン、時間は恐ろしくもものを変える力があり、だから僕は変化の可能性を越えた愛を持ちたいんだ。
アリーン:アレクシス、既に変化の可能性を越えた愛よ。私を信じてちょうだい、だって私の愛は決して、決して変わらないから!
アレクシス:じゃあ君は断固として断るというのかい?
アリーン:断わります。もしあなたが私を信じないのなら、あなたには私を愛する資格はないわ...私に愛される資格がないのよ。
アレクシス:十分だ、アリーン、僕はこの拒絶をどう解釈すべきか考えよう。

        バラッド:Thou has the power
        そなたは持つは汝の自慢の愛の力
        正当化するため、天上の全ての疑念から、
          にもかかわらず影が蓄積す:
        汝の愛を強く確かなものとするため
        それは、何が起ころうと、耐え抜かなければならぬ
          時はそれ自身が消えるべきまで。
            汝の愛は全くの花なり
            それは時間とともに消えてゆくもの!
            それが汝の愛ならば、ああ、悔しきこと!
            他の名前で言えば ...
              それは愛にあらず!

        そなたは力そしてそなたのみが、
        我を誇りある玉座に付かせる
          王たちが我を妬むはず!
        語られたことのなき値が付かぬほどの玉座に、
        東洋の真珠や黄金よりも稀なもの。
          しかし断ると! 駄目と、そなたは勝手にふるまったでは!
            そのような愛は日の光のようなもの
            一日のうちに消えよう:
            それが汝の愛ならば、ああ、悔しきこと!
            他の名前で言えば ...
              それは愛にあらず!
            

            (デイリー博士登場)

ダイアローグ
デイリー:(物思いにふけながら)これは異なこと...とても異なことじゃ。私のあらゆる予測を打ち壊してしまっている。これは明らかに平均的原則に反することじゃ。私には理解しかねるのじゃ。
アリーン:デイリー教会博士様、何を驚いているのです?
デイリー:おや愛しの人、この村はこれまでは結婚することや嫁にやることに夢中でなかった。今までこの村の若者は冒険的でなかったのに、それに娘たちは明らかに恥ずかしがっておる。それらを勘案した上で私を驚かせるのは君らに言う時に、村全体が私のもとに一団となって来て、私に懇願したのは彼らはなるべく早く結婚生活をすべく結びつけるようにと言うこと。君の御立派な父君でさえ私にそれとなく指示したのは直ぐさまに多分じゃが彼もまた妻帯するであろうことを。
アリーン:ああ、アレクシス...聞いた? 悦ばしいわよね?
アレクシス:そうさ、白状すると君のお母さんと僕の父の結婚はきっと幸福なる出来事となるだろうと。(デイリー博士に向かって行き)親愛なる司祭さま...あなたのもたらした知らせに非常に満足するものであります。
デイリー:はい...それでも、私の目には、これは憂鬱な側面を持つものと言えるのです。この全体的な結婚は幸福なる日々を想起させます...さて、嗚呼、永遠に消え去ったのです...私自身に関しては...しかし無念にも! 私は泣いてしまいます。私は結婚するにはとても齢を重ねています...それでも、この半時間の間に、私は大いなる交友を熱望しておりました。こんなことに以前は気付いたこともなかったのに、でもこの村の娘たちはとても魅力的に感じます。中年の方々にも同様にです。あるいは老年の方々にも。みな魅力的です...そして(深いため息とともに)全員婚約したのです!

    (マーマデューク卿がパートレット夫人と登場、腕を組んでいる)

アリーンとアレクシス:(傍白で)パートレット夫人とは!
MP卿:デイリー博士、われに喜びを下され。アレクシスよ、我が愛する息子よ、お前はきっと、私は信じているが、この知らせを喜んで呉れるであろう、我が暮れゆく日々がおそらくこの善き、徳ある、気立て良き御婦人を伴侶とすることで慰みとなろうことを。
アレクシス:(不意を突かれたように)愛する父よ、これは僕が期待していたものとは全く同じ訳ではありません。少なからずの驚きを感じております。それでも父上にあなたの奥方が私の母でなければならないという必要性はないことを断言しなくてはなりませんな。(傍白でアリーンに)これは僕が本当に望んでいたこととは違うんだ。
P夫人:(アレクシスの方へ行き)ああ、サー、私はあなたの許しを切に望む次第です。私が自覚しているのは私が社会的には重要でない人間であり求められも、地上の多くの物を捧げられ神聖視されることもないということ、しかし私は少なくともあなたの尊敬すべき父上に偉大で計り知れない真実、思いやり、それに愛する技術という持参金を差し上げることが出来るのです。 ¶
アレクシス:(冷淡に)そんな質問はしていません。結局は、信義ある愛はあらゆる地上の喜びの真の源泉となるのです。
MP卿:私は息子が心の衝撃による馬鹿な父親の行いを誤解することなく非難することはないと知っておったぞ。ゾーラは世界が美しいと多分とは言わないだろうが...
デイリー:今なお彼女は魅惑的...まぎれもなく魅惑的だが。(ため息)
アリーン:ゾーラはとても素敵よ、それにとても清らか、正直、そして全く、全く穏やかな気性よ:そしてそれは美人であることより遥かに価値あることです、マーマデューク卿。
デイリー:そうです;美は衰え朽ちるもの、でも個人的な清らかさは死ぬことはないものです、なぜなら衰えの症状が見られたのなら再生することが出来るからです。わがマーマデューク卿殿、私は心からのお祝いを申し上げます。(ため息)

≪注:アレクシスには失望と苛立ちが見て取れる。ゾーラはパートレット夫人の名前だろう。≫

        五重唱:I rejoice that its decided
アレクシス:
        私は決まったことを喜ぼう、
          今の幸福は彼の一生のもの、
        父にもたらされたのは
        まことでやさしき妻だから。
アンサンブル:
        彼女は彼の世話をし、看病し、回復させ、
          下着を干し、涙を乾かす;
        思いやりある運命の女神に感謝しよう、彼に
          彼の苦痛を何年も和らげるような妻を送ったことに!
アリーン:
        若くて浮ついた思慮なき娘ではなく、
          しとやかさ、自信ある態度、そしてあざけりに満ち ¶
        でも淑やかなる寡婦、背負うは
          50年という重み!
MP卿:
        高き地位の厳格なる美
          宝石をちりばめた太陽のような輝きはなくとも ...
        しかし自分の務めを果たす妻こそ、
          行わねばならぬ務めを果たす妻こそ!
アンサンブル:
        彼女は彼の世話をし、 etc.
P夫人:
        私は図々しいあばずれ女でも軽薄女でもない ...
          よくいるような尻軽女でも ...
        でも私は清潔でさっぱりした未亡人
          ここ数マイル四方に知れ渡っている!
デイリー:
        村中が今つれあいを得た、
          みなとても幸せそうだ ...
        一人生きるのが私の運命;
          私と結婚する者など残っていない!
アンサンブル:
        彼と結婚する者など残っていない!
        彼女は彼の世話をし、 etc.

(マーマデューク卿、パートレット夫人、それにアリーンとアレクシスは手を取って退場。デイリー博士は彼らの後を感傷的に付いて行き、ため息とともに退場する)

        (ウェルズ氏登場)

        叙唱:Oh, I have wrought much evil with my spells
ウェルズ:
        ああ、私の魔法は酷い効果をもたらしたものだ!
          取り返すことのできない邪悪!
        君にとってひどく悪いことだぞ、J.W.ウェルズ君よ ...
          彼らは君に何をやらかしたんだろう?
        ほら ... また愛に見捨てられた女性が来たぞ ...
          悲しい哉、可哀そうに傷ついた御婦人だ!
        静かに憂いは彼女の人生を麻痺させる ... ¶
          そして私、一人が、非難に値す!

        (レディ・サンガジュアー登場)

レディS:
        悲しい哉、それは私! 嗚呼なんと!
        私は恋にため息し、なんとも出来ることなら、 ¶
        私は年老いて髪も白くなっているから。
            でも待って!

        (ウェルズを見て彼に魅惑される)

        叙唱
レディS:    私の目の前にあるのは妖精かしら?
ウェルズ:    ああ恐ろしや! ... 彼女は私を崇拝し始めておるぞ!
        この最後の大災難が私を圧倒しようとしている!
レディS:    なぜそなたはそのような意気消沈した面持ちで私を見るのじゃ?
        お願いですからそのように私から逃げないでください!
ウェルズ:    奥様私を逃してください ... それはいけないことです!

        二重唱:Hate me! I drop my H's - have through life!
ウェルズ:    憎んで下さい! 私は生涯 ... H音を落としている輩(やから)!
レディS:      愛して! 私もHを落とします!
ウェルズ:    憎んで下さい! 私はいつでもナイフで豆を食べます!
レディS:      愛して! 私もそんな風に食べます!
ウェルズ:    憎んで下さい! 私はよく一本木丘でよく転げ落ちるのです。
レディS:      愛して! そこで会いましょうよ!
ウェルズ:    憎んで下さい! 私はよくロシャーヴィルに行くような輩です!
レディS:      愛して! 一緒に楽しみましょうよ!

レディS:    愛して! 私の誇りは永遠に捨てるわ!
ウェルズ:      憎んで下さい! それだけじゃ足りません!
レディS:    愛して! あなたの店に行って手助けするわ!
ウェルズ:      憎んで下さい! そんな生活は下等ですよ!
レディS:    愛して! 私の語法は永遠にそれを捨て去ります!
ウェルズ:      憎んで下さい! 我が名にかけて厳命します! ¶
レディS:    愛して! ひまわりを髪にさしましょう!
ウェルズ:      憎んで下さい! 似あうとは思えませんが!


≪注:H音を落とすとは、My Fair Lady のイライザが最初Hが発音できなかったように、コックニー訛り、つまり下層の人間であることを表していることかと思う。 豆をナイフで食べるとはテーブルマナーを知らないことだろう。 一本木丘 (One Tree Hill) はグリニッジ公園にある丘。よく人が転げ落ちたという。 ロシャーヴィルはイングランド南東部近くの娯楽場、劇場などがある遊園地で、労働者階級のロンドン子に人気があった。≫

        叙唱
ウェルズ:    ここで私が言おうとするのは怒りにまかせてでなく ...
        私はあなたを愛していないのです ... 私は婚約しているから!
レディS:(恐ろしげに)    婚約ですって!
ウェルズ:                婚約です!

            美しき娘と、
              明るい茶色の髪、
            そして優しく気取りのない微笑みを持った
            その人が私を待っています
            穏やかな海で
              南太平洋の島で。
ウェルズ:(傍白で)
        嘘ですよ!  誰も待ってなどいないのです!
レディS:(苦しげに)
               彼女は明るい茶色の髪;
ウェルズ:(傍白で)
        嘘ですよ!  誰も微笑んでなどいないのです!
レディS:(苦しげに)
               穏やかな海で!

        アンサンブル
  レディS              ウェルズ

ああ、苦痛、激怒、落胆!    | ああ、苦痛、激怒、落胆!
娘は明るい茶色の髪、      | ああ、どこに終わりが...ああ、どこに?
  私の髪は雪のように白い   |   私はとても知りたいと思う!
不実な男よ、あなたのせいよ、  | まったく私のせいだ、
私が先祖の墓に、        | 彼女が先祖の墓に、
 悲しい人生で埋められるなら! |   悲しい人生で埋められたら!


二人:            先祖の墓に ... 先祖の墓に、
            きっとそれは あなたの/私の せいだ、
            もし 私が/彼女が 先祖の墓に、
              私の/彼女の悲しい人生で埋められるとしたら!

 (レディ・サンガジュアー退場、大いなる苦痛で、ウェルズ氏とともに。アリーン登場)

        叙唱:Alexis! Doubt me not, my loved one!
アリーン:
        アレクシス! 疑わないで、愛する人! 見て、
        あなたの述べた意向は私には君主の法規よ!
        全ての恐怖 ... 全ての悪い考えは捨てます!
        これは我が愛する人の意向、それに従います!
                    (彼女は媚薬を飲む)

            恐ろしき行いがなされた、
              我が愛する人は近くに!
            私の人に会いに行こう、
              震える恐怖の中で!
            もし私たちに何か悪しきことがあれば
              影を追い払うべき、
            これは私の恋人の意向、
              それに従います!

 (アリーンが退場しかけると、物思いに沈んだデイリー教会博士が登場し彼女と会う。彼はたて笛(フラジョレット flageolet )を演奏している。魔法の影響で彼女は瞬く間に彼に奇妙な魅惑される、そして彼への望みなき恋のあらゆる症状を見せる)

        歌:Oh my voice is sad and low
デイリー:
        ああ、私の声は悲しく低い
        そしておずおずとした足取りで私は行く ...
        愛の重荷がのしかかり
        私はあらゆる娘に頼み込んだ、
        『結婚してくれるか、可愛いお嬢さん?
         僕の薄暗い小屋で一緒に過ごさないかい?』
           可愛いお嬢さんは答える、『いや! いや! いや!
           親切な申し出には感謝します ...
           あなたの善き心、あふれる金庫;
           でもあなたの提案を断らなければ ...
             私は何々さんと婚約しているの!』(たて笛のソロ)
                何々さんと! 何々さんと!(たて笛のソロ)
                何々さんと! 何々さんと!(たて笛のソロ)
            『私は何何さんと婚約しているの!』
           なんとも略奪するは若き心の悪しきこと;
           なんとも愛の耕作地に働く人のことか!
           この村のあらゆる娘が
             何々さんと婚約している! (たて笛のソロ)
                何々さんと! 何々さんと!(たて笛のソロ)
                何々さんと! 何々さんと!(たて笛のソロ)
             みな何々さんと婚約している!

 (歌の終わりにデイリー教会博士はアリーンを見る、そして一服の影響で彼女に恋をする)

        アンサンブル:Oh joyous boon!
アリーンとデイリー:
        ああ、喜ばしきたまもの! ああ、狂おしき歓喜;
        ああ、太陽よ月よ! ああ、昼も夜よ!
          祝いましょう、私と一緒に祝いましょう!
        我らの喜びを高らかに言いましょう、あなたの上の鳥に ...
        あなたの小川が、さらさらと私たちの愛に向かい、
          合唱の頂点に;
デイリー:
        ああ、喜ばしきたまもの!
アリーン:
          ああ、狂おしき歓喜!
デイリー:
        ああ、太陽よ月よ!
アリーン:
          ああ昼も夜も!
二人:
          一緒に祝いましょう!
          一緒に祝いましょう!
          祝いましょう、一緒に祝いましょう!

        (アレクシス登場)

アレクシス:(有頂天になって)
          我が愛する人アリーン、我が幸福!
        媚薬を ... 君は飲んだのだね?
アリーン:(混乱した様子で)
          そうよ! そうよ!
アレクシス:
    ああ、喜び、我が人、永遠の我が人よ、永遠に! (彼女を抱きしめる)
アリーン:
    アレクシス、やめて ... だめなのよ!
        (デイリー教会博士が二人の間に入る)
アレクシス:(不思議そうに)
        何故だ?

        二重唱:アリーンとデイリー教会博士
アリーン:
        嗚呼! このように会うようになった恋人たち;
          ああ、惨めな、惨めな私!
        ああ、責めないで冷たい欺瞞で;
          ああ、惨めな、惨めな私!
        あなたは私に飲ませようとした ... 震える恐怖とともに
        私は飲んだ、そして、一服の魔力により
        最初に見た人を恋した!
          ああ、惨めな、惨めな私!
デイリー:
        愛しき若き友よ、慰められるべき人 ...
          我らは惨め、惨めな君。
        このように私は作用から逃れられない ...
          我らは惨め、惨めな君。
        あるとても異様なる魔力が
        私たち二人に魔法が降りかかった ...
        結果は言うまでもない。
          我らは惨め、惨めな君。

アレクシス:(一人で)
        あるとても異様なる魔力が
全員:
        私たち/彼ら二人に魔法が降りかかった ...
アレクシス:(怒り狂って)
        不実者め、行くがよい ... 僕はそなたを撥ねつけようぞ、
        そなたを変えた汝の新たな恋人に向かい!
        汝の裏切りを全ての男たちは知るだろう!
アリーン:(荒々しく)
        私にはどうしようもないのです!
アレクシス:(突き放しながら)
            来なさい、みんな!
デイリー:
        私たちにはどうしようもないのです!
アレクシス:(突き放しながら)
            私の呼び出しにこたえなさい!
アリーン:(荒々しく)
        私にはどうしようもないのです!
アレクシス:(突き放しながら)
            こちらに来なさい、さあ!
アリーン:(荒々しく)
        私にはどうしようもないのです!
アレクシス:(突き放しながら)
            来なさい、みんな!

    (レディ・サンガジュアーとウェルズ氏を除きすべての登場人物が登場)

コーラス:
        ああ、何が起きたのですか、それにこの騒ぎはなんですか?
          彼は彼女を睨みつけて、殴らんばかりに脅している!
        ああ、何故彼はは自慢げにしていた彼女を痛めつけているのか?
          それに彼女は彼から逃げようと?

        叙唱:Prepare for sad surprises
アレクシス:
        悲しき驚きに心しておくがよい ...
        我が恋人アリーンが侮辱を!
        哀れな考えが彼女を恥じ入らせることもなく ...
        新たな恋人が彼女を求めている!
        彼のものになるがよい、不実な女よ、良くなるか悪くなるかは知らぬが ...
        しかし、僕から去る前に、恋人たちへの呪いがあらんことを ...

ダイアローグ
デイリー:(前に進み出て)待て! しばしの間。この哀れな子供は君の要請で媚薬を飲んだのだ。彼女は君の元へと急いでいた ... しかし、最も不幸なことに、代わりに私に会ったのだ。君が私たちに一服盛ったおかげで、結果は必然的なものとなったのだ。しかし私には恐れはない...私は誰の競争相手ともならないだろうから。私はこの村をすぐに去ろう ... そして我が悲しみは植民地の主教区の手ごろな暗き地に埋めよう。
アレクシス:我が偉大なる老友よ!(彼の手を取る ... それからレディ・サンガジュアーとともに登場したウェルズ氏の所に走り寄る) ああ、ウェルズさん、何を、何をすべきなのだろう?
ウェルズ:分からぬ...それでもまだ...この魔法を解く方法が一つだけあるのだ。
アレクシス:言って下さい...ああ、言って下さい!
ウェルズ:君か、または私が命を暗黒と悪の神、アフリマンに捧げること。私としては君にすべきだと考えるが。私は自身の命を君たちのために犠牲にすることに何のためらいもないが、しかし我が社は来週資産評価があり、社にとっては好ましいことではないのだ。
アレクシス:そうだな。それなら私が引き受けよう!
アリーン:だめ、いけないわ...アレクシス...それは駄目よ。ウェルズさん、もし彼が死ねば全員の愛は元の状態に戻るかもしれない、でも私はどうなるの? 私に残されるのは冷たい地、愛する人のいない元の状態よ!
ウェルズ:そうですね...それは考えもしなかった。(他の人に向かい)友よ、君たちに言おう、決断は君らの手に委ねられたと。

≪アフリマン Ahrimanes はゾロアスター教の暗黒と悪の神。アフラ・マツダ神の敵とされる≫




        フィナーレ:Or I or he must die        
ウェルズ:
            私か彼かが
              死ねなばならぬ!
            どちらが好ましいか?
              答えよ!
MP卿:
            死すべきは汝よ!
              汝は全ての厄介事の元凶!
デイリー:
            死すべきは汝よ!
              汝従うべきはこの確固たる命令なり!
全員:
            死すべきは汝! 死すべきは汝! 死すべきは汝!
ウェルズ:
        そうであるか! 私は捧げよう! 我が運命は封印された。
        このような民衆の意見に私は従おう!
            (トラップに落ちる)
        幸福を皆に...我に残りしは断念...
        私は以降...誰と共にかは関係ない...いずこへもも!

≪注:トラップとは舞台床に設置された迫(せり)のことかと思う≫

(去る。全員現在のパートナーと離れ、元の恋人の所に戻る。マーマデューク卿はパートレット夫人から離れ、レディ・サンガジュアの所に行く。アリーンはデイリー教会博士から離れ、アレクシスの所に行く。デイリー教会博士はアリーンから離れコンスタンスの所へ行く。公証人はコンスタンスから離れ、パートレット夫人のもとへ。全員のコーラスが一斉に変化する)

紳士たち:    ああ、愛する人よ!
淑女たち:      可愛い男の子よ!
紳士たち:    天上の恍惚!
淑女たち:      純然たる喜び!

        アンサンブル
MP卿、レディS、アレクシス、アリーン:
        さあ宴会だ押し寄せよう...
          さあ卵にハムを...
        さあマスタードにクレスを... 
          さあイチゴジャムを!
デイリー、コンスタンス、公証人、P:
        さあお茶を我らの主人に...
          さあにぎやかに丸パンを...
        さあマフィンにトーストを...
          さあ陽気なサリー・ランを!
コーラス:
        さあ卵にハムを
          さあイチゴジャムを、
        さあにぎやかに丸パンを
          さあ陽気なサリー・ランを! etc.

(全員のダンス、シンフォニーに合わせて。ウェルズ氏はトラップに落ちて行く、赤い炎に向かい)




補足:
●訳はGilbert and Sullivan Archive にあった "The Sorcerer" 台本を元にした
 ただし歌詞の繰り返しは略してあるので、より詳細で正確な台本は、Web Opera が参考になる。
●人名の読み方、背景、俳優のしぐさなどは、1982年BBC制作のTV番組(スタジオでの撮影)のDVD "The Sorcerer" を参考とした。

●()は主にト書き。
●茶色字の≪≫内は訳者のコメントや用語解説。
●記号¶のついた行は、意味不明につき仮訳、訳に自信がない所。
 



2011/11/01 訳
2013/03/01 レイアウト変更等


 ページトップへ