THE PIRATES OF PENZANCE

or The Slave of Duty - Act II
(ペンザンスの海賊 または 義務の奴隷 : 第二幕)

英国のコミックオペラ「ペンザンスの海賊」(1880) 台本の訳

歌曲リスト
 Chapter 16: Oh, Dry the Glist'ning Tear
 Chapter 17: Then, Frederic, Let Your Escort Lion-Hearted
 Chapter 18: When the Foeman Bares His Steel
 Chapter 19: Now For the Pirates' Lair
 Chapter 20: When You Had Left Our Pirate Fold : aka "A Paradox"
 Chapter 21: Away, Away! My Heart's On Fire!
 Chapter 22: All Is Prepar'd; Your Gallant Crew Await You
 Chapter 23: Stay, Fred'ric, Stay ... Oh,, Here Is Love, and Here Is Truth
 Chapter 24: No, I'll Be Brave ... Though in Body and in Mind
 Chapter 25: Sergeant, Approach!
 Chapter 26: When a Felon's Not Engaged in His Employment
 Chapter 27: A Rollicking Band of Pirates We
 Chapter 28: With Cat-Like Tread, Upon Our Prey We Steal
 Chapter 29: Hush, Hush, Not a Word
 Chapter 30: Finale Act II - Sighing Softly to the River ... "Now What Is This and What is That?" ... "Frederic Here! Oh, Joy! Oh, Rapture!" .... With Base Deceit You Worked Upon Our Feelings!" ... "You/We Triumph Now" ... "Away With Them, and Place Them at the Bar!" ... "Poor Wandering Ones!"

 extra 1: Hail! Hail! The Gang's All Here!
 extra 2: My Eyes Are Fully Open : aka "It Really Doesn't Matter", "Matter Patter Song" or "Patter Trio"
 extra 3: Sorry Her Lot



台本: W.S.ギルバート W.S. Gilbert
作曲: アーサー・サリヴァン Arthur Sallivan


登場人物
 スタンレイ少将
 海賊王
 サミュエル(副官)
 フレデリック(海賊見習い)
 警察巡査部長
 メイベル(スタンレイ将軍の娘たち)
 イーディス 
 ケイト
 イザベル
 ルース(何でも屋の海賊の女中)

コーラス 海賊、警官、スタンレイ少将の娘たち

第一幕 コーンウォール海岸の岩浜

第二幕 月光に照らされた荒れ果てた礼拝堂


第二幕

場面: 月光に照らされた荒れ果てた礼拝堂。背景は荒れ果てたゴシック風の窓。
腰掛けているスタンレイ将軍は物思いに沈んでいる様子で、周りには彼の娘たちがいる。

コーラス Oh, Dry the Glistening Tear
  ああ、光る涙を乾かして
    軍人らしい頬を濡らす涙を;
  汝の愛する子供たちが聞いている、
    彼女たちは汝の安らぎを求めている。
  情け深き心痛とともに
    彼女らの腕はそなたの体を囲み、
  その姿ああ、娘たちには耐えられぬゆえ
    父の涙するのを見ることに!

(メイベル登場)

独唱:メイベル

  愛するお父様、ベッドにお入りにならないのですか
    こんな折悪き時間には、、
  陽気な昼の光は死に、
    そして薄暗き危険が顔をしかめているのに?
  見て、天国が彼女のランプに火を着けたわ、
    黄昏時は過ぎてしまい、
  そしてひんやりする空気は湿りを帯び、
    そして露が確実に降りている!
  愛するお父様、ベッドにお入りにならないのですか
    陽気な昼の光は死んでいるのに?

コーラス:
  ああ、光る涙を乾かして....

(フレデリック登場)

ダイアローグ
メイベル 『ああ、フレデリック、出来ませんか、あなたの英知にある静かなる美徳でもって、あなたの良心を写す何らかの言葉が仲立ちとなり父の悲しみを和らげることは?』
フレデリック 『やってみるよ、可愛いメイベル。でもなぜ父君は、このような隙間風の入る古き廃屋で夜な夜な腰をかけているのですか?』
少将 『なぜここに座っていると聞くのかね? 海賊に捕まることから避けるためさ、私は自分自身を孤児と言った; そして、天よ赦したまえ、私は孤児ではないのだ! 私がここに来たのは我が先祖たちの墓の前で自分自身に謙虚になり、そして家の紋章に不名誉をもたらしたことへの彼らの許しを願うためなのだ』
フレデリック 『しかし忘れていませんか、サー、あなたは資産をたった一年前に購入しただけで、それにあなたの立派な城の飾り漆喰はようやく乾こうかと言うほどになったのに』
少将 『フレデリック、この礼拝堂は先祖を祀るためのものだ: それは否定しようがないだろう。この邸宅とともに私は礼拝堂と付随する精神を購入したのだ。私はそれらの先祖が誰であったか分からない、でも私は今の先祖が誰であるか知っている、そして考えるだに私は震えるのだ、彼らの子孫(もし私が自分のことをそう呼んでいいなら)が購入したことは彼らに不名誉、疑うことなく、汚れなき家の紋章にもたらしたことを』
フレデリック 『気分を落ち着けて下さい。あなたがしたような行いをしなければ、これら向こう見ずな男たちは確かに近くの聖職者を呼んで、そしてあなたの大家族とその場で結婚したでしょう』
少将 『君の差し出した慰めに感謝しよう、でもそれは無益なことだ。私は確信しているのだ。フレデリック、私が感じる苦悩と痛恨は、私が不愉快な虚言を彼ら簡単に欺かれる海賊に対してしたことに、私は彼らの単純な心を持つ首領のところに今この夜にでも行き全てを告白、その結果がとても我が身に悲惨なことになろうと恐れていなかったのならそうすべきだったのだ。何時になったら君の隊があの悪党どもに対して進軍するのかね?』
フレデリック 『11時にです、真夜中前には僕は罪滅ぼしをさせることを僕には不本意にもなった仲間に対してと期待しています、死にいたる懲罰の鞭によってこの地上から一掃するため…そしてその後、愛しいメイベル、君は僕のものだ』
少将 『君に命を捧げる部下は君の手にあるのか?』
フレデリック 『勿論です、彼らはただ私の命令を待つのみです』
≪注:フレデリックは警官隊を率いて海賊のねぐらを襲おうとしている≫

叙唱:少将 Then, Frederic, Let Your Escort Lion-Hearted
  それならば、フレデリック、君の護衛団に獅子の心を授けよう
  将軍の祝福を受けるべく召集させよ、
  彼らが恐怖の冒険に出かける前に。

フレデリック:
  敬愛する閣下、彼らが来ました。


(警察が、一列縦隊に行進する。彼らは一列に並び、観客に顔を向ける)

歌唱:巡査部長と警官隊 When the Foeman Bares His Steel
  敵兵が彼らの鋼の刃(やいば)を剥きだしにする時、
    タランタラ! タランタラ!
  我ら不安なる心持ちを感ず、
    タランタラ!
  そこで我らは最も賢き手を見つける
    タランタラ! タランタラ!
  それは我らの胸をたたきそして歌うこと、
    タランタラ!
  暴動に恐れた時には、
    タランタラ! タランタラ!
  そして恐怖で足が震える時は、
≪注:原文は And your heart is in your boots で「心臓が靴の中に落ちる」とは「意気消沈する」のこと≫
    タランタラ!
  勇気を回復させるものは
  進軍ラッパの勇壮な響きのみ、
  進軍ラッパの勇壮な響きのみ。

全員:
  タランタラ! タランタラ!...≪注:ラッパの擬音だろう≫

メイベル:
  進め、そなたら英雄たちよ、栄光に向けて、
  たとえ戦いで無残に死すとも、
  歌や物語によりそなたらは生きよう
    不朽の名声にいざ進まん!
  死に向かい、完膚なきまで打ちのめせよ;
  死は、あらゆるコーンウォールの娘たちを
  涙させ貴方の墓を濡らすであろう。
    進め、そなたら英雄よ、死に向かって!
 
少女たち:
  進め、そなたら英雄よ、死に向かって!
  
巡査部長と警官隊:
  我々への声とはっきり分かる、
    タランタラ! タランタラ!
  これらの激励は善意からのもの、
    タランタラ!
  そんな表現は言葉通りとは思えぬ、、
    タランタラ! タランタラ!
  男たちを鼓舞すべく計算されたこと、
    タランタラ!
  運命に立ち向かおうとする人々へ、
  とても神経が高ぶっている人々へと。
    タランタラ! タランタラ! タランタラ!
  いまだに我々への声とはっきり分かる
  これらの激励は善意からのものと。
    タランタラ! タランタラ! タランタラ!

イーディス:
  行きて貴方達の最善の務めを果たせよ、
  そして全てのつながりが切る前に、
  私たちはさらば永遠にと言うだろう。
    栄光と死に場所に向かって!

少女たち:
  栄光と死に場所に向かって!
  あなたたちの敵は荒々しく冷酷、
  違う、慈悲の心なく、不誠実だ;
  若く未熟者だろうと、年老いて歯の抜けた者でも、
    彼らの慈悲を求めても無駄だろう。

巡査部長:
  我々は非常に大きな緊張を感じる、
  我らの上にのしかかる危機に対して、
  そして言及さるは少なき可能性
  我らが再び帰還することへの。
  それでも、多分賢きことは
  文句も批判もせぬこと、
  なぜなれば明らかに
  これらの激励は善意からのものなれば。
 
警官隊:
  そう、とても明らかなこと
    これらの激励は善意からのものなれば。

アンサンブル
 警官隊以外のコーラス               警官隊のコーラス

 行きてあなた達の最善の務めを果たせよ...    敵兵が鋼の刃を剥きだしにする時...


少将:
    進め、進め!
警官隊:(進みも見せず)
              了解、了解、我らは進む。
少将:
    あの海賊を撲滅せよ。
警官隊:
              タランタラ!
少将:
    ならば留まらずにおれ。
警官隊:
              タランタラ!
少将:
    ではなぜ遅れておるのじゃ?
警官隊:
              万事了解、我らは進む!
    了解、敵に向かって前進!
少将:
    分かったから、でも進まぬではないか!
警官隊:
              万事了解、我らは進む!
    了解、敵に向かって前進!
少将:
    分かったから、でも進まぬではないか!
全員:
    最終的に、彼らは本当に進む!


≪注:少女たちの無責任な鼓舞に、臆病風を吹かす警官隊は辟易しますます尻込みするようになる≫

(警官隊退場。メイベルはフレデリックに涙し退場、
 彼女の姉たちが付きそいメイベルを慰める。
 少将と他の人間がそれに続き退場し、フレデリック一人が残る)

叙唱:フレデリック Now for the Pirates' Lair! Oh, Joy Unbounded!
  さあ海賊たちの隠れ家へ! ああ、束縛されぬことの喜びよ!
  ああ、甘き安らぎ! ああ、例えようもなき至福!
  最後には僕は償えよう、あるちょっとした手段によって、
  繰り返された窃盗と略奪に対し
  それは、義務感という容赦なき言葉によるもの、
  われ、境遇の犠牲者、は罪を犯して来た!


(海賊王とルースが武器を持って現われる)

海賊王:
  若造フレデリックよ! (ピストルで彼を狙いながら)
フレデリック:
    呼ぶのは誰だ?
海賊王:
      お前の以前の指揮官だ!
ルース:
  それに私よ、あなたの可愛いルースよ! (ピストルで彼を狙いながら)
フレデリック: 
    ああ、狂った侵略者め。
  大胆にも僕に顔を向けられるとは? おのれを知らぬか、なんと軽率な人たちよ、
  僕は君たちに撲滅を宣告したではないか?


(海賊王とルースはピストルを両耳に当てる)

海賊王:
  我々に慈悲をくれようと言うのか! 聞くがよい、お前が打ちのめされる前に!
フレデリック:
  お前らの言葉に聞く耳は持たぬ。
  でも、慈悲というものがわれらの容赦なき怒りを和らげるやもしれぬ。
  それゆえ僕は慈悲深くなろう…言うがよい!


三重唱:ルース、海賊王、フレデリック When You Had Left Our Pirate Fold
≪注:この曲は Paradox と呼ばれることもあるようで、生まれて21年もたっているのに、まだ5歳という事実をパラドックスと言っているのだろう≫
ルース:
  あなたが私たち海賊の谷を去ったあと、
    みんなしぼんだ元気を取り戻そうとしてみた、
  古くからのしきたりが伝えるのは、
    風変わりな軽口や屁理屈を並びたてること。
  しかし私らが聞いた軽口じゃ効果はなしで、
    岩の上に横たわり泣きくれたもの、
  しかしそれも誰かが
    ぞくぞくするパラドックスを述べるまで。
フレデリック:
      パラドックスだって?
ルース:(大笑いしながら)
        パラドックスよ!
  かなり巧みなパラドックス!
  みんなで軽口に屁理屈を聞いたもの、
  でもこのパラドックスにはかなわなかった!
全員:
  パラドックス、パラドックス....

海賊王:
  わしらはお前を楽しむ味を知ったのだ、珍なる軽口を乗っけて
    妙な言い回しのいかれた矛盾で;
  それでわしらは大笑い、
    わしらはその時お前に聞かせたかったよ、
  わしらは言ったよ、「もしあいつに言えたらなあ、
    フレデリックは冗談を楽しめただろうに!」
  それでわしらは命の危険を冒してまで
    わしらの若造に言いに来た次第。
フレデリック:(興味深げに)
  そのパラドックスを言いに?
海賊王:(笑いながら)
  その最高に巧みに出来たパラドックスを!
  みんなで軽口に屁理屈を聞いたもの、
  でもこのパラドックスにはかなわなかった!
全員:
  パラドックス、パラドックス....

 
詠唱:海賊王
  なぜか馬鹿げた理由で、それに対して、どうあろうが、わしは不忠実でとは願わぬが、
  ある権威ある御仁が、名は知らぬが、王立天文台長のような立場の人が、
  決めたのは、たとえ二月という月が不愉快と感じたからかも知れぬが、月に28日で十分とした故、
  四年に一度は日にちを20と9日は必要と考えたようで、
  それである奇妙な偶然で…わしは驚かないさ、もし意地悪な妖精が介したせいだとしても…
  お前はこの意地悪な取り決めの犠牲者、うるう年に生まれ、2月の29日だったのは、
  それにより、単純な算術計算をしてみれば、簡単に分かるだろう、
  つまりお前が21年生きていたとしても、でも、誕生日に関しては、お前は5歳とほんのちょっと!
ルースと海賊王:
  ハ!ハ!ハ!ハ!
  ホ!ホ!ホ!ホ!
フレデリック:
  おやおや!
  ちょっと待って!(指で数え始める)
  そうだね、君たちの計算通りだよ!
全員:
  ハ!ハ!ハ!ホ!ホ!ホ!ホ!
フレデリック:(他の人より楽しそうに)
  なんとこのパラドックスのおかしな理屈!
  常識的には彼女は陽気に茶化している!
  普通に数えたとすれば、
    21年もの間僕は生きてきき、
  でも、出生日を考えれば
    僕は5歳足らずの子供!
ルースと海賊王:
  彼は5歳足らずの子供! ハ!ハ!ハ!
全員:
  パラドックス、パラドックス....
  その最高に巧みに出来たパラドックスを!
  ハ!ハ!ハ!ハ!ハ!ハ!ハ!ハ!ハ! 


(ルースと海賊王は自身の体を後ろの方に倒れ込む、笑いで疲れ切った様子)

ダイアローグ
フレデリック 『僕の話の中で、これは最高に奇妙…最高にふざけた風変わりな 5 と 1/4 歳だこと!だれも僕を見てそうは思わないだろうね!』
ルース 『喜ばなきゃ、請け合うわよ、あんたが私たちを容赦したことを。あんたは決して自分を許さなかったでしょうね、あんたの二人の仲間を見つけた時に殺してしまったとしたら』
フレデリック 『僕の仲間だって?』
海賊王 『(立ち上がり)どうもお前は自分の微妙な立場を理解していないようだな: お前は我々の奉公人だってことを…』
フレデリック 『僕が生まれてから21年に達するまでだよね』
海賊王 『違うぞ、お前が21回目の誕生日に達するまでだ、(書類を取り出しながら)そして、通過した誕生日だと、お前はたったの5と1/4歳』
フレデリック 『まさか君らはそのことで僕を捉えるつもりかい?』
海賊王 『いや、われわれは単にお前に事実を思い出させ、それからお前の他の義務感にゆだねているのだ』
ルース 『あんたの義務感よ!』
フレデリック 『(荒々しく)そんな立場を利用してからかうんじゃないよ!僕は君らに対し慈悲深いように、僕にも慈悲深くあっておくれよ!お願いだからそんな契約書の条項を主張しないでくれないか、幸せの杯が僕の唇に触れようとする時だっていうのに!』
ルース 『私たちはなにも主張していないわよ;私たちはあなたの義務について指摘することだけで満足なのよ』
海賊王 『お前の義務を!』
フレデリック 『(一呼吸おいて)それなら、君たちが僕の義務感に訴えるのなら、それなら僕の義務というものは明白だ。僕は君の悪名高い天職というものを憎む;僕は震えてしまうよ、こんな混乱した状況を思うと; しかし義務は何よりも勝るもの…いかなる代価があろうとも僕は自分の義務を果たすのみだ』
海賊王 『勇気ある演説だ! 来い、お前はもう一度われわれの仲間だ』
フレデリック 『率いてくれ、僕はついて行くから。(突然)ああ、恐ろしいことに!』
≪注:Joseph Papp 版 (1980年のブロードウェイ・ミュージカル作品でケヴィン・クライン、リンダ・ロンシュタット等が出演)では、第二幕に Ruddigore (1887) からパター三重唱 My Eyes Are Fully Open と H.M.S Pinafore (1878) からバラッド Sorry Her Lot の2曲が追加されている。そして上のセリフ「僕はついて行くから。」と言った後で、パター三重唱 My Eyes Are Fully Open が歌われている≫
ルースと海賊王 『どうしたのか?』
フレデリック 『君たちに言うべきだろうか? いや、いや、それは言えない; たとえ、君らの仲間だとしても…』
海賊王 『言うのだ、お前の誠実感に命令する、その誠実感はいまだ残念にも見せてもらっておらぬが』
フレデリック 『スタンレイ将軍、僕のメイベルの父君のことです…』
ルースと海賊王 『そうか、そうか!』
フレデリック 『彼は君たちから逃れたのは彼が孤児だという口実だったね?』
海賊王 『そう言ったな』
フレデリック 『僕の心を痛むのは愛する娘の父君の栄誉を裏切るから、でもあなたの奉公人としては他に道がない。僕の義務として言わなければならぬのはスタンレイ将軍は孤児ではないこと!』
ルースと海賊王 『なんだと!』
フレデリック 『更に、彼は孤児だったためしもないこと!』
海賊王 『このように理解していいのだろうかつまり、彼の卑劣な命を救ったと、彼は大胆にも我ら信じやすき単純さを利したと?(フレデリックはうなずき涙を流す) われらの復讐は素早くも残忍になろう。我らは仲間を集めに行きトレモーデン城をまさにこの夜に襲撃するのだ』
フレデリック 『しかし、しばし…』
海賊王 『なにも言うでない! 彼に判決は下されたのだ!』

三重唱 Away, Away! My Heart's On Fire

海賊王とルース                 フレデリック

燃えよ、燃えよ!我が心の炎よ          消えろ、消えろ! 我が身が事切れぬうちに…
  われは燃える、この卑劣な策略の報いに      今日の日に我が義務を遂行することは苦しいこと!
まさにこの夜は我が恐ろしき報復を        我が心は恐ろしき苦悶に満たされ、
  血糊で満腹するほどに、燃えよ、燃えよ!     それは我が心の底まで。消えろ、消えろ! 

≪注:三重唱の左側一行目は Away, away! my heart’s on fire; と歌っているが、多分怒りの炎が更に強くと願う "away" であり、一方右側は Away, away! ere I expire という歌詞で、多分心の苦悶を消えるようにと願った "away" と解釈した≫

海賊王:
    この嘘に満ちた卑劣な手で、
  彼はわれら花婿を騙した。
    復讐の雄たけびを上げよ;
  我ら海賊は決断強き。
    容赦なきわれらが本性
  彼はうそにより懐柔し、
    そして、その報いは、
  今夜裏切り者に死が。

全員:
  そうだ、そうだ! 今夜裏切り者に死が!

ルース:
    今夜彼には死が!
海賊王:
  そう、あるいは明朝早くに。
フレデリック:
    彼の娘たちも同様に?
ルース:
  娘たちは悲しみにのたうつだろう。
海賊王:
    大事な人ゆえ…
ルース:
  女の本性として彼女たちが大事にしてきた人を…
フレデリック:
    そして全て策略を企てた者は…
海賊王:
  策略の悪用には非業の死を!
全員:
    今夜彼には死が... 


(海賊王、ルース退場、メイベル登場)

叙唱:メイベル All Is Prepar'd, Your Gallant Crew Await You!
メイベル:
  全て準備は整ったわ、あなたの優秀な隊員があなたを待っています。
  私のフレデリックが涙を? そんなはずは
  獅子の心の勇者が来たるべき戦闘にウズラのようにひるんでいるの?
フレデリック:
  違うんだ、メイベル、違うんだ。恐ろしき事実が
  今ここで発覚したんだ。メイベル、僕の可愛いくも愛する人よ、
  僕はこの身を海賊の船長に奉仕すべきものとして捧げなければならないんだ
  僕が21回目の誕生日を迎えるまで。
メイベル:
  でもあなたは21歳でしょう?
フレデリック:
     さっき分かったんだ
  僕はうるう年生まれで、問題の誕生日は
  1940年まで来ないんだよ。
≪注:1900年は閏年でないのでこのことを考慮に入れていれば1873年、入れていなければ1877年がこのオペラの背景となる。どちらが正しいかをテーマにしたアイザック・アシモフの短編ミステリーがあるらしい≫
メイベル:
  ああ、恐ろしいこと! ぞっとする破滅!
フレデリック:
  だから、さようならだ!
メイベル:
  だめ、だめよ! ああ、フレデリック、聞いてちょうだい。


二重唱:メイベルとフレデリック Stay, Fred'ric, Stay
メイベル:
  そのままで、フレデリック、行かないで!
    法的な要求はないはず、
    恥という影が
    汝の名の上に落ちるはずなどない!
  そのままで、フレデリック、行かないで!
  
フレデリック:
  いや、メイベル、駄目なんだ!
    今夜僕はこの城壁を去るのだ、
    この思いで僕の魂は消沈するが、
    しかし厳格なる義務が望めば、
  僕は従わざるを得ないのだ。

二重唱:メイベル&フレデリック:
  ああ、私から去って、切望することなく
    ただ一人住む人もない場所に、
  運命の女神は私には公平でないように思える、
    大いなる不幸としか!
  そして自然が、一日一日と、
    アクセントも明確に歌う
  この歓喜に満ちたラウンドレイは、≪注:短いフレーズの繰り返しのある歌のこと≫
    「彼はそなたを愛している…彼はここにいる。
     ファラ、ララ、ファラ、ララ」
  
フレデリック:
  ああ、ここにあるそなたから去り
    夢見る終わりなき夜を過ごさねば、
  喜びが暗くわびしくなる所
    そして悲しみだけが君臨す…
  そして自然が、一日一日と、
    アクセントも明確に歌う
  この歓喜に満ちたラウンドレイ
   「彼はそなたを愛している…彼は去りぬ。
    ファラ、ララ、ファラ、ララ」

フレデリック:
  1940年には僕はその年齢に達し、
  僕は戻るだろう、そして君を奪おう…僕はそう宣言する!
メイベル:
      とても長く感じるわ!
フレデリック:
  誓っておくれ、その時まで、君は僕に誠実であると。
メイベル:
      はい、私は強くあります!
  スタンレイ家全てが死に絶えたとしても、私は誓います!

アンサンブル:
      ああ、ここに愛が、ここに誠実が、
        そしてここに歓喜の笑いの糧が:
  彼/彼女は彼/彼女の真実に忠実でしょう、
      二人が結ばれるまで、そしてその後もずっと。


(フレデリック窓に向かって走り飛び越えて出て行く)

≪注:Joseph Papp 版 (1980年のブロードウェイ・ミュージカル作品でケヴィン・クライン、リンダ・ロンシュタット等が出演)では、第二幕に Ruddigore (1887) からパター三重唱 My Eyes Are Fully Open と H.M.S Pinafore (1878) からバラッド Sorry Her Lot の2曲が追加されている。そして "No, I'll Be Brave" の前にバラッド Sorry Her Lot がメイベルによって歌われている≫

歌唱:メイベル No, I'll Be Brave
メイベル:(殆ど気絶しかけて)
  いいえ、私は勇気を持つわ! ああ、家系とは、
  なんとそなたは魅惑し、そなたの支配はなんと卓越したものか!
  全員来て下さい、不屈の青き服の警官たちよ、
  難局が、いまここに、戦いが来ています。


(警官隊が登場し、一列に行進する)

巡査部長:
  体も、心も万端ながらも
警官隊:
    タランタラ! タランタラ!
巡査部長:
  我々はこわごわと傾きかけている、
警官隊:
    タランタラ!
巡査部長:
  そして何も見えぬのは…
警官隊:
    タランタラ! タランタラ!
巡査部長:
  背後にある危険が。
警官隊:
    タランタラ!
巡査部長:
  でも、危険が近づいた時は、
警官隊:
    タランタラ! タランタラ!
巡査部長:
  なんとか見せつけよう…
警官隊:
    タランタラ!
巡査部長:
  まるで感じないかのごとく
  ここにいる誰かへの恐怖を
警官隊:
    タランタラ! タランタラ!....

メイベル:
  巡査部長、こちらに来て! 若きフレデリックはあなたたちを死と栄光に導くはずだった。
警官隊:
  そんな言い方は嬉しくないですな。
メイベル:
  どうでもいいこと;彼はあなた達を導くことはなくなりました、彼はまた彼の古き仲間と団結したからです。
警官隊:
  彼の行いは恥ずべきこと!
メイベル:
  あなたの言葉は不当です。あなたには何も分からないのですから。 彼は気高く行動したからです。
警官隊:
  彼は気高く行動した!
メイベル:
  彼を以前に愛したのと同じくらい愛しく、義務感による彼の英雄的な犠牲は私にとって彼を十倍も我慢させてくれるのです。彼は彼の義務を果たしました。私は自分の義務を果たします。あなたたちは自分自身の義務に従いなさい。


(メイベル退場)

ダイアローグ
≪注:台本や楽譜ではここは会話になっているが Joseph Papp 版 の映像を見るとレチタティーヴォで歌っている≫
警官隊 『ようし!』
巡査部長 『まごついてしまうな』
警官隊 『我々にはちっとも理解しかねます』
巡査部長 『いまだに、彼は義務感から行動するようだ…』
警官隊 『それとは違うようです、もちろん。同時に、われわれは繰り返しますが、われわれにはちっとも理解しかねます』
巡査部長 『どうでもいいこと。我々の方向は明確だ: 我々は最善を尽くし、これら海賊を捕えることに専念することだ。われらに最も悩ましいのは我らが警官職であることなのだ、それで我らが道を誤りし同類の人間の自由が奪われることになるが、自由はわれわれ誰においてもとても大切ことなのだ…しかしながら我らはそのことを警察に入る前に考慮すべきだったのだ』
警官隊 『そうすべきだだったと思います!』
巡査部長 『今となってはもう遅すぎるのだ!』
警官隊 『その通りです』
≪注:巡査部長以下の警官隊の言葉は強がりであって実際は警察に入ったことを後悔しているようである。
次の歌も警官隊の臆病さを表現しているようだが、歌詞を理解しきれていないので訳の正確さは疑問≫


歌:巡査部長 When a Felon's Not Engaged in His Employment
巡査部長:
  ある重犯罪者が自分の仕事を辞めたら…
警官隊:
    自分の仕事を、
巡査部長:
  つまり重罪となる小仕事に飽きたら…
警官隊:
    小仕事に、
巡査部長:
  彼が無邪気な享楽を得る可能性は…
警官隊:
    無邪気な享受を、
巡査部長:
  どこかの正直者と同じく大きなもの…
警官隊:
    正直者と。
巡査部長:
  われらの気持ちは息も難しいほど…
警官隊:
    息も難しいほど、
巡査部長:
  警察の義務は成し得なければ…
警官隊:
    成し得なければ。
巡査部長:
  ああ、別の考えをしてみようでは…
警官隊:
    別の考えを、
巡査部長:
  警察官の運命は幸福なものとは言えぬ。
警官隊:
    ああ、警察の義務は成し得ねば、成し得ねば、
    警官の運命は幸福なものとは言えぬ。

巡査部長:
  大がかりな夜間強盗は夜盗罪でなければ…
警官隊:
    夜盗罪でなければ
巡査部長:
  のどを掻っ切ることが犯罪の分類になければ…
警官隊:
    犯罪の分類には、
巡査部長:
  彼は小川のせせらぎを楽しめるのに…
警官隊:
    小川のせせらぎを、
巡査部長:
  それから陽気な村の鐘を聞けるのに…
警官隊:
    村の鐘を。
巡査部長:
  行商人が仕事を終え母の胸に飛び込む時…
警官隊:
    母の胸に、
巡査部長:
  彼は太陽の下で寝ころんで日向ぼっこをするのが好き…
警官隊:
    太陽の下で。
巡査部長:
  ああ、別の考えをしてみようでは…
警官隊:
    別の考えを、
巡査部長:
  警察官の運命は幸福なものとは言えぬ。
警官隊:
  ああ、警察の義務は成し得ねば、
  警官の運命は幸福なものとは言えぬ。


(姿なき海賊のコーラス、遠くから)

コーラス:海賊 A Rollicking Band of Pirates We
  俺たちゃ大はしゃぎの海賊軍団、
  みんな、海に乗り出すのに飽き飽きした奴ら、
  夜盗に手を染めようとしている、
    残忍で血の染みた武器を従えて。

巡査部長:
  シッ、シッ! 奴らが邸宅に侵入するのが聞こえる、
  忍び足で海賊たちが近づいて来るぞ。


(海賊のコーラスが再び始まるがもっと近くに聞こえる)

  俺たちゃ皿や黄金のために来たのではない…
  スタンレイ将軍が語ったことに対し…
  俺たちゃ五十倍の罰を科しに、
     スタンレイ将軍の物語に。

警官隊:
  奴らは罰を科しに
海賊たち:
      五十倍も!
  俺たちゃ罰を科しに、
警官隊:
      五十倍も!
全員:
  奴ら/俺たちゃ五十倍もの罰を科しに
    スタンレイ将軍の話に対し。
巡査部長:
  彼らは大勢で来ている、忍び足で、
    われらの振る舞いは、さあ…隠れることだ。


(警官たちは身を隠す。それとともに、海賊たちが荒廃した窓に見えるようになる。
 彼らは注意深く侵入してきて、舞台に現われる。
 サミュエルは侵入道具やピストルなどをかついでいる)

コーラス With Cat-Like Tread
≪注:このオペラでも一番知られているメロディーが緑色の字となっている所。おまけ 参照≫

海賊たち:(大声で)
  猫のような足取りで、
    俺たちの獲物に忍び込む;
  静かなる恐怖で、
    俺たちゃ用心深いと感じる。
  音はまったくせず、
    俺たちゃ言葉も交わさず、
  蠅が着地しても
    はっきり聞こえるほど…
警官隊:(ピアニシモで)
         タランタラ、タランタラ!
海賊たち:
  とても静かに海賊は忍び込む、
  この家の住人すべてがぐっすり眠っている間に、
  さあ、友よ、海を耕す者たち、
    しばし航海を休み、
    他の地に駐屯しようでは;
  脇道を逸れて海賊屋から
  ちょっと夜盗になろうではないか。

警官隊:(ピアニシモで)
         タランタラ、タランタラ!
サミュエル:(用具をいろいろなメンバーに渡しながら)
  さあお前にはバールをそしてお前には錐を、
  お前には護身用棍棒を…多分殴りたいだろうから!
  お前にはサイレント・マッチ、お前には遮光器付き捕獲灯を、
  お前はやすりを持て、それに合鍵用のスケルトン・キーもだ。 

≪注:サイレント・マッチは硫黄を付着した棒の先端に酸化カリ塩を塗ったマッチで硫酸と石綿の混合液に浸すと静かに発火するマッチ(らしい)。スケルトン・キーは多くの錠を開けることが出来る鍵穴に差し込む歯が凹んだ形状の鍵のこと(らしい)≫

(海賊王、フレデリック、ルース登場)

海賊たち:(フォルテシモ)
  猫のような足取りで...
警官隊:(ピアニシモ)
    タランタラ! タランタラ!


叙唱 Hush, Hush! Not a Word
フレデリック:
  シー、シー! 言葉は出さないで; 中に明りが見える!
    少将が来る、素早く隠れよう!
海賊たち:
  確かに、確かに、少将が来る!


(海賊たちが身を隠し、海賊王、フレデリック、ルースは退場) 

警官隊:
  確かに、確かに、少将が来る!
少将:(部屋着で登場、手には明りを持っている)
    そう、そう、少将が来た!

少将:(独唱で)
  激しい恐怖に苦悩するは
    償われておらぬ虚言ゆえ、
  私は眠りなき床に体を横たえ
    体をゆすり、寝返り、うめき苦しむ。
  自分の良心の痛みを感じた男は
    あらゆる享楽の平安は得られぬもの;
  そこで床に目覚めたまま体を横にしておると、
    大声が聞こえたように思えたのだ。
男たち:
    彼は大声が聞こえただって…ハ!ハ!
少将:
      違う、全ては静寂
      谷間も、山も;
    心が落ち着いてきたようだ…
      なんとも動きのない風景、
      これはまさに
    そよ風のため息に違いない。 


バラッド:少将 Sighing Softly to the River
少将:
  優しいため息は川に向かい
    愛らしきそよ風が生まれる、
  あらゆる自然を身震いさせ、
    木々をとおしサラサラと鳴る。
男たち:
       木々をとおし。
少将:
  そして小川は、さざ波の調べで、
    強き愛に笑い転げ、
  その時ポプラは、喜びのため
    高く掲げた腕を振る。
男たち:
  そう、木々さ、強き愛のため、
  高く掲げた繁れる腕を振り、
    川よ、川よ、小さき川よ、
  そなたの愛らしき繁栄を永久に!
  天は汝を祝福す、ポプラの木よ、
  そなたの求愛は幸せなものとなろう。
少将:
  でも、そよ風は放浪者にすぎず、
    彼が翼を羽ばたかせると、
  小川やポプラの嘆きは恋人の
  ため息に、「悲しい哉!」と
男たち:
           悲しい哉!
少将:
  おお! 言っておきながら止めてしまう、
    あの浮浪者の口から!
  そよ風が求愛の旅に出た時の話、
    それほどに上手く口説ける者はいようか?
男たち:
  恐ろしき物語はその浮浪者の口から、
  誰にもそれほどに上手く口説けまい、
    可愛い小川よ、 そなたの夢は終わりぬ、
  何故なればそなたの愛は放浪者へのもの;
  悲しきかポプラ林の運命は、
  気紛れなそよ風に言い寄られたのだから。 

≪注:将軍が舞台中央で独唱し、後ろに隠れている海賊や警官が被せるようにコーラスする。
後に作られた Mikado (1885) の Tit-Willow が思い起こされる≫


(少将の娘たちが登場、メイベルが率いる、全員ペニョワール(化粧着)とナイトキャップ姿、
 灯したろうそくを持っている) 

少女たち:
  あらどうしたの、それに何があったの、それに何故父は寝間を離れたのかしら
  こんな夜遅い時間に、とても完璧とは言えぬ服装で?
  愛する父は、何時だってそうだったように、とても几帳面な人なのに!
  父の変えようのない規則は 10時30分に寝間に行くことなのに。
  何ともおかしな事が起きてしまい愛する父を眠りから呼びこんだのかしら、
  夜遅いこんな時間に、とても完璧とは言えぬ服装で?


(海賊王、サミュエル、フレデリック登場)

海賊王:
  進め、家来ども、あそこの少将を捕まえろ!


(彼らは少将を捕える)

少女たち:
  海賊よ! 海賊よ! ああ、残念なこと!
海賊たち:(飛び上がり)
  そうさ、俺たちは海賊さ、残念だね!
少将:
  フレデリックがいる! ああ、嬉しや! ああ、歓喜か!
  君の仲間に命令して彼らを捕えさせるのだ!
メイベル:
  フレデリック、助けて!
フレデリック:
    美しいメイベルよ、
  もし出来るのならやるだろう、でも僕には不可能なのだ。
海賊たち:
  彼の言う通りさ、彼には不可能なのだ。
海賊王:
    欺瞞を元に
      われらの同情を利用したな!
  復讐は甘きもの、
    そしてわれらの仕事を芳しくする!
  まれなる勇気で
    男らしく解決を、
  死の支度をしろ
    不幸なるスタンレイ将軍よ。

メイベル:(荒々しく)
    父は死ななければならないのですか、赦しの告解もせずに…聖油で清められもせず?
≪注:聖油・・・は臨終に際して体に油を塗るカトリックの儀式≫
少女たち:
      ああ、思いやりを父に!
メイベル:
    父のために誰も武器を持たないのですか?
少女たち:
      ああ、思いやりを父に!
警官隊:(飛び上がりながら)
    いますよ、われらがここに、今まで隠れていましたが!
少女たち:
    ああ、天上の喜びか!
警官隊:
    警察の命だ、海賊は降伏せよ!
少女たち:
    ああ、天上の喜びか! 


(乱闘が次々と海賊と警官の間で起こる、結局警官が打ち負かされ屈服される、
 海賊たちは刀を抜いて彼らを見下ろすように立つ)

海賊と警官のコーラス:
    われらは/お前たち は今勝利した、強くわれらが思うに
      お前たち/われわれ の生命線は短く切れたようだな;
    いかなる海賊の仲間も証言台には立たぬ、 
      中央刑事裁判所での。

巡査部長:
  お前らの目論見では少々有利に立ったようだが、
  しかしお前らの誇り高き勝利は長くは続かぬ。
海賊王:
  お前らが孤児だと言うなかれ、既にその手は知っているから。
巡査部長:
  お前らの忠誠よりもわれらの力はより強いと主張できよう…
  わららはお前らに降伏を命ずる、われらの降伏命令は
    ヴィクトリア女王の御名において!
海賊王:(困惑した様子で)
      そうするのか?
警官隊:
        そうするのだ!
    われらはお前らに降伏の命令を下すのだ、
    ヴィクトリア女王の御名において! 


(海賊たちはひざまずき、警官たちは勝ち誇ったように彼らを見下ろすように立ち上がる)

海賊王:
  われらは今すぐ従おう、謙虚な態度で
  なぜなら、いくら過ちを犯そうと、われらは我が女王を愛しているのだから
警官隊:
  そうだ、そうだ、いくら過ちを犯そうと、彼らは彼らの女王を愛しているのだから
全員:
  そうだ、そうだ、いくら過ちを犯そうと、彼らは彼らの女王を愛しているのだから

(警官隊は海賊たちの襟を掴む、ハンカチーフを出し涙にむせる)

少将:
  彼らとともに法廷に行くのだ!


(ルース登場)
ルース:
  しばしお待ちを! 彼らの身分について説明させて下さい。
  彼らは庶民には属さぬ身分;
  彼らは高貴な生まれながら悪の道に走った者。
全員:
  彼らは高貴な生まれながら悪の道に走った者。
少将:
  その宣言を聞いて心動かされぬ英国人は一人もおらぬ、
  何故なら、全てわれら英国人の過ち故、われら英国人は我が国の貴族院を愛するが故。
  私は君たちに乞おう、われを許したまえ、前海賊王よ!
  貴族は貴族になるべし、それは若気のいたりゆえ。
  君らの地位と法的な義務を取り戻し、
  そしてわが娘を得るがよい、みな美しき者たちなれば。


≪注:Joseph Pipp 版のブロードウェイミュージカルではフィナーレで Major-General's Song がリプリーズとして挿入されている≫

フィナーレ
  哀れなさすらい人!
    たとえそなたらが迷っていたとせよ、
    情けある心を受取りなさい、
    汝らやり直すため、
  哀れなさすらい人!
  哀れなさすらい人!
    もしわれらの貧しい愛のようなものでも
    そなたたちが見つける一助となろう
    まことの心の平穏を…
  さあ、受取りなさい、それはそなたのらもの!

全員:
  哀れなさすらい人よ!.....





おまけ1: この歌は海賊たちのコーラス With Cat-Like Tread の一部を使ったポピュラーソング

Hail! Hail! The Gang's All Here

1. A gang of good fellows are we (are we),
With never a worry you see (you see),
We laugh and joke, we sing and smoke,
No matter the weather
when we get together
we have just a jubilee

俺たちゃ気のいい仲間たち、
心配なんかしたことないんだよ、
笑い冗談を飛ばし歌い煙草を吸う、
どんな天気だっても
一緒にいるときゃ
ただ楽しむだけ

Chorus:
Hail! Hail! The gang's all here,
What the (deuce) do we care,
What the (deuce) do we care,
Hail! We're full of cheer,
What the (deuce) do we care, Bill!


[repeat Chorus]

    コーラス:
    やあ、おーい! 仲間たちがここにいるよ、
    なにが起きても心配ないさ、
    なにが起きても心配ないさ、
    やあ! 俺たちゃ元気いっぱいさ、
    なにが起きても心配ないさ、ビル!

    やあ、おーい! 仲間たちがここにいるよ、
    なにが起きても心配ないさ、
    なにが起きても心配ないさ、
    やあ! 俺たちゃ元気いっぱいさ、
    なにが起きても心配ないさ、ビル!

2. We Love another we do (we do),
With brotherly love and it's true (it's true),
It's one for all, the big and small,
It's always me for you;
No matter the weatehr
when we get together
we drink a toast or two.

[to Chorus]

俺たちゃ互いを愛しているんだ、
兄弟愛のようなもの本当さ、
一人は皆のためって具合、大きなことも小さなことも、
いつでもお前のためき俺がいるのさ;
天気がどうあろうと
俺たちが一緒になれば
乾杯を挙げまた乾杯さ。

(コーラスへ)

3. When out for a good time we go (we go),
There's nothing we do that is slow (is slow),
Of joy we get our share you bet,
The gang will tell you so;
No matter the weather
when we get together
we sing this song you know

[to Chorus]

外で何か楽しいことがあれば俺たちゃ出かけるのさ、
俺たちゃそういうことには早業、
楽しいことは一緒にするものさ、
仲間はお前にこう言うだろうよ;
天気がどうだろうと
俺たちが一緒になったら
この歌を歌うんだ

(コーラスへ)

※ 第二幕のコーラス With a Cat-Like Tread の中の Come, friends, who plough the sea と歌い出す部分のメロディーを利用したポピュラーソングで歌詞はいくつかのヴァージョンがあり Alabama Jubilee というタイトルもある。

長らくアメリカでは、パーティ・ソングとして親しまれておりガイ・ロンバード&ロイヤル・カナディアンズの新年を祝うパフォーマンスでも必ず演奏されたという。第二次大戦中はアメリカ軍隊に人気のあった曲だが、更にこの歌はスコットランド、グラスゴーにある「セルティックFC」の登場歌 The Celtic Song としても知られている。

資料によっては作詞作曲はセオドア・モースとするものもありはっきりしない。作詞のエスロムはモースの妻 Dorothy Terris のペンネームで Three O'Clock in the Morning の作詞者。夫の姓 Morse を逆に綴ると Esrom となる。



作詞: E.A.エスロム E.A. Esrom
作曲: セオドア・モース Theodore Morse (1917)
原曲: アーサー・サリヴァン Sir Arthur Sullivan (1880)

YouTube 聴き比べ
● Hail! Hail! The Gang's All Here
● With a Cat-Like Tread


おまけ2: Joseph Papp 版に追加された歌で、別名 "It Really Doesn't Matter" または "Matter Patter Song"。元は1887年作品「ラディゴア」に書かれたもので、"海賊用"に歌詞の一部は変えられている。またブロードウェイミュージカル "Thoroughly Modern Millie" でも "Speed Test" というタイトルで使われている。あまりの早口に聞き取りはほとんど不可能だが、意味不明でも楽しい歌。

パター三重唱:フレデリック、海賊王、ルース My Eyes Are Fully Open
フレデリック:
  僕はこのひどい状況に対して目をいっぱいに開いているのさ… ≪注:驚いているということか?≫
  すぐにでもメイベルの所に行って彼女に演説しなきゃ。
  彼女に僕は義務と道徳観のはざまにいると言わなきゃ、
  ところが僕にはこの宙ぶらりんな成り行きに対してどうしていいか分かんない始末。
  さて僕は刀や短剣で非業の死はご免だけど、
  でも海賊というものはちょっと容赦できる程度に威張って満足するものだし、
  それに僕の虚栄心をくすぐる世辞の一、二の言葉で得意な気分になるものさ、
  でも今夜用があるんで、だから本当はどうでもいいことなのさ!
海賊王:
        だから本当はどうでもいいことなのさ…
ルース:
        だから本当はどうでもいいことなのさ…
全員:
  だから本当はどうでもいいこと......ことなのさ!...

ルース:
  もし私がちっとも狂っていなくてそれに一般的な馬鹿でなければ
  その問題に関して忠告できるわよ、手当たり次第だけど;
  あっというまにその質問に取っ組む方法を見せるわ、
  そしたらあんたは本当に私の提案力に驚くはずよ。
  その問題にはとっても価値のある手紙をあんたに書いてあげる、
  全てが傑出した提案だけど私の気分が多少よくなったらのことね、
  でも今のところは私は帽子屋さんのように狂っていて ≪注:不思議な国のアリス (1865) の引用≫
  だから「ラディゴア」の歌を歌うわ。だって本当にどうでもいいことだから
  ≪注:この早口歌はギルバート&サリヴァンのオペラ「ラディゴア」の中の歌≫
海賊王:
         われわれが歌っているのはちょっとどうでもいいことなのさ…
フレデリック:
         われわれが歌っているのはちょっとどうでもいいことなのさ…
全員:
  われわれが歌っているのはちょっとどうでもいいこと......ことなのさ!...
  
海賊王: ≪注:テンポが更に速くなる≫
  もしわしに幸運にもしっかり者の母親がいたら
  彼女はわしらが今、一方の人に話しているように喋るだろう…
  彼女はわしが間違ったと思えば、良き忠告をわしに呉れるだろう
  (それはそなたに私が相談していることに対し全く素晴らしきものとなろう)
  わが物語はむしろ面白き田園詩と言ってよかろう、
  そして私はとても上品な一個人として生きそして死ぬだろう。
  ≪注:indiwiddle という言葉が使われているが辞書にはなく訛まった individual として訳した≫
  この特に速い、知性に欠ける早口歌は
  一般には聞けまい、まあだとしてもどうでもよいことだが
  ≪注:一気に歌い終わった海賊王は酸欠状態で倒れこむ≫
フレデリック:
         まあだとしてもどうでもよいことだが…
ルース:
         まあだとしてもどうでもよいことだが…
全員:
  この特に速い、知性に欠ける早口歌は
  一般には聞けまい、まあだとしてもどうでもよいことだが...

ダイアローグ
フレデリック 『ああ、恐ろしいこと!』
海賊王とルース 『どうしたんだ? (What's the Matter?)』...次のセリフに続く


この歌詞は You Tube にアップロードされた映像を参考にした
歌詞付きの動画
ケヴィン・クライン、アンジェラ・ランズベリー、レックス・スミスの字幕付き映像



おまけ3: Joseph Papp 版に追加された歌で、元は 1878年の「軍艦ピナフォー」に書かれた歌

バラッド:メイベル Sorry Her Lot
  あまりに強く愛した彼女の運命は痛ましい、
    無益な希望のみに心は重く、
  呪いを含むため息は哀しく、
    あまりに明白に語る目が光る;
  あまりに強く愛した彼女の運命は痛ましい、
    無益な希望のみに心は重く、
  呪いを含むため息は哀しく、
    あまりに明白に語る目が光る;
      哀しみは重く首をたれ
      愛は生きていても希望が死んだから!
      愛は生きていても希望が死んだから!
      愛は生きていても希望が死んだから!

次の歌 No, I'll Be Brave に続く


補足:
★訳はGilbert and Sullivan Archive にあった 『ペンザンスの海賊台本』を元にした
●黒字の『』内は会話。()は主にト書き。
●茶色字の≪≫内は訳者のコメントや用語解説。
●青字は歌、レチタティーヴォなど。
●前のコーラスを繰り返すときは「...」としてある。
■Amazon から Opera Australia の H.M.S. Pinafore / Trial By Jury のセットdvdを注文したので
到着後に H.M.S. Pinafore (軍艦ピナフォー)の訳に取り組んでみたい。
 
ページ・トップに戻る


2011/07/16 訳
2013/03/01 レイアウト変更等


Home (ホームページ)   Menu (上位メニュー)