THE PIRATES OF PENZANCE

or The Slave of Duty - Act I
(ペンザンスの海賊 または 義務の奴隷 : 第一幕)

英国のコミックオペラ「ペンザンスの海賊」(1880) 台本の訳

歌曲リスト
 Chapter 01: Opening - Pour, Oh, Pour, The Pirate Sherry
 Chapter 02: When Fred'ric Was A Little Lad
 Chapter 03: Oh, Better Far To Live and Die
 Chapter 04: Oh! False One You Have Deceiv'd Me!
 Chapter 05: Climbing Over Rocky Mountain
 Chapter 06: Stop, Ladies, Pray!
 Chapter 07: Oh, Is There Not One Maiden Breast
 Chapter 08: Poor Wand'ring One!
 Chapter 09: What Ought We To Do?
 Chapter 10: How Beautifully Blue The Sky
 Chapter 11: Stay, We Must Not Lose Our Senses
 Chapter 12: Here's A First-Rate Opportunity
 Chapter 13: Hold, Monsters
 Chapter 14: I Am The Very Model Of A Modern Major-General : aka "Major-General's Song"
 Chapter 15: Oh, Men Of Dark And Dismal Fate - Finale



台本: W.S.ギルバート W.S. Gilbert
作曲: アーサー・サリヴァン Arthur Sallivan


登場人物
 スタンレイ少将
 海賊王
 サミュエル(副官)
 フレデリック(海賊見習い)
 警察巡査部長
 メイベル(スタンレイ将軍の娘たち)
 イーディス 
 ケイト
 イザベル
 ルース(何でも屋の海賊の女中)

コーラス 海賊、警官、スタンレイ少将の娘たち

第一幕 コーンウォール海岸の岩浜

第二幕 月光に照らされた荒れ果てた礼拝堂


第一幕

場面: コーンウォール沿岸の岩だらけの浜。遠くに見える海は静か。帆船が錨を下ろしている。
幕が上がると、海賊たちの一団が現われる:酒を飲む者、カードゲームに興じる者。
サミュエル…海賊の副官…が海賊の一団から別の一団に行き酒瓶から杯に酒を注ぐ。
フレデリックは後ろの方で、元気のない様子で腰掛けている。

オープニングコーラス Pour, Oh Pour, The Pirate Sherry
全員:
  注げよ、ああシェリーを注げよ海賊よ;
    満たすのだ、海賊のグラスを満たすのだ;
  そしてみんなより陽気になろう、
    海賊になみなみと注ぐのだ
サミュエル:
  なぜなら今日、われらの見習いが
    年季奉公から離れ一人前になるのだから;
  力強い腕、それにきつい匂いは
    今こそ彼が海賊になった証なり!
全員:
  フレデリックの旅立ちに幸運を!
    フレデリックは年季奉公に達したから。
サミュエル:
  20と2歳、ここに彼は成長した、
    そして彼は一人で旅立てるのだ、
  われらこんなにも浮かれているのは
    盛大な酒盛りのため。
全員:
  フレデリックの旅立ちに幸運を!
    フレデリックは年季奉公に達したから。
  注げよ、ああシェリーを注げよ海賊よ....


(フレデリックは立ち上がり、登場した海賊王に向かう)

ダイアローグ
海賊王 『さあ、フレデリック、今日から我らが仲間の正式な一員だ』
全員 『万歳』
フレデリック 『わが友よ、皆に感謝する、心から、あなたたちの温かい思いに。僕には皆が受けるべき報いを与えねばと!』
海賊王 『どういう意味だ?』
フレデリック 『今日の日僕は年季奉公が終わり、そして今日の日僕は永遠に君たちから去るから』
海賊王 『それは不思議なこと;キュナーダー航路に穴を開けて沈めた、P&O社の船を切り刻んだ力強い手が出港の際のてこ棒に手を掛けないとは』
フレデリック 『その通りです、僕はあなたたちに最善を尽くしました。なぜかって? それは僕の年季奉公の義務であり、僕は義務の奴隷だからです。弟子として僕はいつもあなた達に奉公してきました。しかしそれは間違っていたのです…たとえどうあろうと、誤りの元は僕らにあるのです、あなた達のせいでなく、そして僕はそのための束縛された事を誇りに思います』
サミュエル 『間違い? どんな間違いを?』
フレデリック 『言わない方がいいでしょう、僕の敬愛するルースに及びますから』
(ルースが登場し前方に出てくる)
ルース 『違うわ、愛する坊っちゃん、私の心は長い間、秘密という腐った歯に齧られてきたのだから。すぐに吐き出した方がいいわよ』

歌:ルース When Fred'ric Was a Little Lad
  フレデリックが子供の頃、彼は勇気と大胆さがあることを証明して見せた、
  彼の父は海での仕事をするため彼に奉公に出そうと考えた。
  私は、ああ! 彼の世話女中、それが私にのしかかった宿命
  将来を水先案内人(パイロット)として約束された少年の奉公に付きそい世話することに…
  生活は頑強な若者にはそれほど悪くなかった、高き幸運とは言えないのは確かだとしても、
  私は世話役とはいえ、あんたらの子供をパイロットにするのはまんざら悪くないもの。

  私は愚かな世話役、いつもへまをして面倒を起こす
  私は言葉を正しく捉えられなかった、耳が悪かったとは言え;
  私への指示を間違えてしまい、私の頭がくるくるしている時に、
  この将来ある少年を連れて行き引き渡したのは海賊(パイレイト)に。
  犯したのは悲しい間違い、それで彼を悪党軍団に引き渡す運命に。
  私が彼を渡したのはパイレイト…あんたたちよ…パイロットでなく。

  すぐに私は分かった、疑うことなく、この厄災がおよぼす影響を、
  しかし私は故郷へ帰ることが出来ずに、そして私のご主人にお暇(いとま)した。
  世話役というものはあなた達が言うところの「仕事」を恐れてはいないもの、
  そこで私は心を決めて海賊向けの「よろず引き受け女中」になった。
  これであんたたちにも経緯が分かったでしょ、疑い屋のあんたたち、
  あんたたちには気が付かなかったでしょ、彼はパイロットの見習い奉公に行くべきだったと。


ダイアローグ
ルース 『ああ、許してね! フレデリック、許してね!(ひざまずく)』
フレデリック 『立ち上がって、愛しい人、僕はずっと前からあなたを許していたから』
ルース 『(立ち上がり)この二つの言葉はとても似ているわ』
フレデリック 『似ていた。今でも似ている、しかしながら歳月は彼らの頭上を過ぎゆくもの。しかし今日の午後に僕の義務は終わる。個別には君たちを言葉にならない親愛の念で愛している。しかし集団としては、君たちを絶対的嫌悪の気持で憎悪している。ああ! 哀れな我が身、我が愛する友よ、それが僕の義務感なのだ、一度僕の契約年が切れたら、僕は自分を心と魂に捧げるべく、我が身をその奴隷とし、君たちの絶滅を願うのだ』
全員 『哀れな若者よ…哀れな若者よ!』(全員泣く)
海賊王 『さて、フレデリックよ、もしそれがお前の心からの願いなら、我々を撲滅させるのを義務と感じているのなら、その信念に基づく行為は我々には責められまい。常に信念の言葉に基づく行動をするのだ、我が弟子よ、そしてその結論をなす機会を待つのだ。
サミュエル 『それから、我々は我々にほとんど残っていない誘惑的な金銀しかお前には与えられぬ。我々には海賊行為の給金は支払えそうにない。なぜか分からぬが出来ないのだ』
フレデリック 『僕には理由が分かる、でも、ああ! 君たちには言えぬ; それは良くないことだから』
海賊王 『言えぬのか、我が弟子よ? まだ11時と30分だ、鐘が12回打つまではお前は我らの仲間なのだ』
サミュエル 『その通りだ、その時までお前は束縛されており我らの利益を守るべきなのだ』
全員 『聞こう、聞こうじゃないか!』
フレデリック 『そう、それなら、これは我が義務、海賊としての、言おうではないか、君たちはあまりにも心が優しすぎるから。例えば君らは決して君らより弱き一団を襲うことはなく、そして君らより強い一団を襲う時は常変わらず打ちのめされる始末ではないか』
海賊王 『確かに一理ある』
フレデリック 『加えて、君らは決して孤児に乱暴することはない!』
サミュエル 『勿論だとも。 我々自身が孤児であり、それがどういうことか知っているからだ』
フレデリック 『確かに、でもその噂は広まっているじゃないか、それの結果と言えば? 僕らが捕えた誰もが言うのは、彼は孤児だからと。ここ最近捕えた三隻の船はどれも船員が孤児で構成されていて、それで彼らを手放すはめに。人は思うだろうね、大英帝国の商業船団は孤児院から選出された人だけで構成ているだろうと…でも我々も知っての通りそれは違うんだ』
サミュエル 『しかし全員を縛り首! お前は我々が全く無慈悲な人間とは思わないんだろうね?』
フレデリック 『そこが僕の難しい所;12時までは僕は無慈悲、12時を過ぎたら無慈悲にならず。これまでこんなに難しい立場の人間がいただろうか?』
ルース 『それにルースも、あなたのルースよ、あなたにかくも愛された女、中年にさしかかった女ながらあなたの少年の心に捕えられた、その彼女はどうなるのでしょう?』
海賊王 『ああ、彼はお前をつれていくだろう』(ルースをフレデリックに引き渡す)
フレデリック 『ねえ、ルース、君に関しては僕はちょっと難しく感じているんだよ。君をとても崇拝していることは確かさ、でも僕は8歳になってから常に海を見て来たんだ、そして君が僕がその間顔を見た唯一の女性。僕には素敵な顔に見えるよ』
ルース 『そうなの…そうなんだ!』
フレデリック 『そう言っただろう、それが僕が感じていることさ。でも僕はまだ他の女性に出会い比べる機会がなかったんだよ、もしかしたら僕の感じ方が間違いの可能性もあるよね』
海賊王 『確かに』
フレデリック 『もしかして酷いことかも、この無邪気な人と結婚して、そのあとに彼女が美しくないことが分かったのなら』
海賊王 『しかしルースはとても綺麗さ、本当に綺麗さ』
サミュエル 『そうです、ルースには美しさが残っています』
フレデリック 『本当にそう思うのですか』
サミュエル 『思うさ』
フレデリック 『それなら僕は自分勝手なことをせず彼女を君たちから奪うようなことはしません、それがあなた達への対価ですから。僕は彼女を置いて行きます』(ルースを王に戻す)
海賊王 『駄目だ、フレデリック、そうしてはいけないのだ。我らは乱暴者、乱暴な人生を送ってきた、しかし我らはそれほど心ない人間とは違い、汝らの愛を奪うことなどせぬ。我思うに我にはこう言う権利があるはず、それは汝の計り知れないほどの世界中が愛しく思う宝物を奪うような人間ではないと』
全員 『(騒がしく)一人たりともいない!』
海賊王 『そう、ここにはいない。汝の愛を手放すでない、フレデリックよ、汝の愛を手放すでない』(彼女をまたフレデリックに渡す)
≪注:はっきりとは言わないが互いにルースから手を引きたい様子がおかしい≫
フレデリック 『あなた達は素晴らしい人だ、本当に』(ルース出ていく)
海賊王 『さて潮時か、我らはお前との別れの時。さらばじゃ、フレデリック。お前の撲滅計画が始まったら、我らの死は素早く痛みの伴わぬことを願うがお前の好きにするがよい』
フレデリック 『そうします! 愛の元にあなた方をそうします。誓います! あなた方がこの撲滅を不要なものとすべく僕と一緒に文明社会に戻る手もありますが!』
海賊王 『駄目だ、フレデリック、そうであってはならないのだ! 我は自分の仕事についてあまり考えることはない、しかし体面ということで考えれば、これは比較的正直な気持ちなのだ。駄目だ、フレデリック、我は海賊王として生きそして死ぬのだ』

歌:海賊王 Oh, Better Far to Live and Die
海賊王:
  ああ、遥かに良きことなり、生きて死ぬのは
  我がかかげた勇士の黒き旗の下にて、
≪注:頭蓋骨の下に交差した骨が描かれた海賊旗で Jolly Roger とも呼ばれる≫
  それは信心家のふりに比ぶれば、
  海賊の頭脳と海賊の心をもって生き死のう。
  お前の行こうとしている偽物の世界より遥かに、
  そこは海賊だれもが裕福やも;
  しかし我は我の歌う歌に忠実なり、
  そして海賊王として生きそして死ぬなり。
    我は海賊王なる故に!
    それはまさに、まさに栄光なり
    海賊王であることは!
    我は海賊王であるが故!
全員:
      それは殿のこと!
    海賊王に喝采を!
海賊王:
    それはまさに、まさに栄光なり
    海賊王であることは!
全員:
      まさにそう!
    海賊王に喝采を!

海賊王:
  我がわが餌食を探し求めるべく出陣の命を出すとき、
  我は高貴なる血をこの身に感じずにはいられぬ。
  我はより多くの船を沈めた、これは真実なり、
  高貴な生まれの国王がやったであろうことより多く;
  しかし第一級の玉座につく多くの王たちは、
  彼が王冠を自分の物と呼びたければ、
  達成のために何でもやるもの
  我が行ってきた事以上の汚れたことを、
    我は海賊王なる故に!
    それはまさに、まさに栄光なり
    海賊王であることは!
全員:
       それは殿のこと!
     海賊王に喝采を!
海賊王:
    それはまさに、まさに栄光なり
    海賊王であることは!
全員:
       まさにそう!
    海賊王に喝采を!


(フレデリックを除き全員退場し、ルースが登場する)

ダイアローグ
ルース 『ああ、私を連れて行って! あなたに置き去りにされては私は生きてゆけません』
フレデリック 『ルース、正直に君に言おう。君はとても僕を愛していてくれる、しかし君も知っている通り、しかし僕は熟慮せねばならぬ、それは君が僕より遥かに年上であること。21歳の若者は大概は17歳の娘を妻にと求めるもの』
ルース 『17歳の妻ですって! 私が1000歳の妻のような言い方を!』
フレデリック 『違うよ、でも僕には君が47歳の妻にしか見えず、でもとても多すぎるんだよ。ルース、正直で遠慮なしに言っておくれ: 他の女性と比べて、君は綺麗なのかい?』
ルース 『正直にお答えします、坊ちゃま。私は多少冷たいかもしれませんが他の点では文句なしです』
フレデリック 『君が冷たいのは残念だけど、でも僕が聞いたのは君の個人的な外見についてだよ。他の女性と比べて君は美人なのかい?』
ルース 『(赤面しながら)あなたにそう言ってきたでしょう、愛しいお坊ちゃま』
フレデリック 『ああ、でも最近のこと?』
ルース 『あらいやだわ; 何年も何年も前によ』
フレデリック 『自分のことをどう思っているんだい?』
ルース 『これは答えにくい質問ですこと、でも私は自分が綺麗な女性だと思ってますわ』
フレデリック 『それが正直な意見?』
ルース 『そうですわ、もし私の答えがうそなら貴方を欺いたことになりますわ』
フレデリック 『ありがとう、ルース。 信じるよ、君が僕の未経験を利用してないことは確かだね。僕は正しいことに従うべきなんだ、それでももし…つまりもし…君が本当に素敵な女性なら、君の歳が僕らが一緒になることの障害にならないはずさ。
(遠くから少女たちのコーラスが聞こえる)耳を傾けよ! 確かに声が聞こえる。その者たちは我ら犯すべからざる秘密基地に近づこうとしている。これは税関史なのか? 否、これは税関史の音ではないはず』
ルース 『(ひそひそと)困ったわ! これは若い少女たちのコーラスだわ! もし彼が彼女たちを見たら私は捨てられる』
フレデリック 『(彼方を見つめ)なんとも素敵な眺め、美しき乙女たちの一団なり!』
ルース 『(ひそひそと)捨てられる、捨てられる』
フレデリック 『なんと愛らしいこと、なんとも驚かされるのは彼女たちの無邪気さ! 何と優雅と言うべきか…何とも繊細と言うべきか…何とも洗練! 所でルースは、ルースは僕に彼女が美しいと言ったでは!』

叙唱 Oh! False One You Have Deceiv'd Me! ≪注:叙唱=レチタティーヴォ≫
フレデリック:
  ああ、不実な者よ、君は僕をだました!
ルース:
    私があなたをだましたと?
フレデリック:
      そう僕をだました!
(彼女をののしる)

二重唱:フレデリックとルース
フレデリック:
  君は僕に君が黄金のように綺麗だと言ったね!
ルース:(乱暴に)
    そう、お坊ちゃま、そうではないですか?
フレデリック:
  いま僕は知ったのだ、君は美しくなく歳をとっていると。
ルース:
    確かに私はそれほどでもありませんわ。
フレデリック:
  僕の無知に付け込んで演じたね。
ルース:
    私はそんな筋書きを書けませんわ。
フレデリック:
  君の顔には皺が、君の髪は灰色が。
ルース:
    徐々にそうなったものです。
フレデリック:
  不実な女性、僕をだますために、
    僕はそんなにも信用していたのに!
ルース:
  お坊ちゃま、お坊ちゃま、私を見捨てないで!
      聞いて下さい、貴方が去る前に!
    私の愛情は反響のない愛!
  乙女たちに優しさをかけるのですか…彼女の情愛は生生しくも嫉妬深いもの、
      とても高い確率でそうなります、
      それが積み重なって、
  夏の17歳…夏の17歳に。


アンサンブル 
ルース:                フレデリック: 
おやめ下さい、愛するお坊ちゃま、     そう、君の前の主人は 
私を厄災に追いやるのは。         君を厄災から救った。 
何という持参金が             君の愛情ときたら不愉快なほどに 
この寡婦の私に下されると?        熱情的、それははっきりしている 
私の愛情は衰えることなく         もし、君が述べるというのなら 
積み重ねて来た              積み重なってきただろう、 
47年間も…47年間も!           47年間も…47年間も! 

(最後に彼は彼女を拒絶し、彼女は消えてゆく)

叙唱:フレデリック
  僕は何をすべきか? これら麗しき乙女たちの前では
  僕はあえてこの奇怪な衣装を見せるべきではない!
  駄目だ、駄目だ、僕は近くの隠れ場所に居るべきだ
  僕がきちんとした身なりを見せられるまでは


(彼は洞窟に隠れ、岩山を登る少女たちが登場する)

コーラス:少女たち Climbing Over Rocky Mountain
少女たち:
  岩山を登り、
  小川や泉を飛び越え、
  柳がゆれる林を通り抜け
  永久に流れる川のたもとは、
    夏の雨で増水している;
  長く葉の多い迷路を縫うように進み
  数え切れぬほどの雛菊が点々とし、
  粗くごつごつした小道を登り、
  頑丈な山を登る小さな娘たち、
    明るい海岸線が顔を見せるまで彼女らは進む!
イーディス:
  陽気に踊りましょう
  つかの間の楽しみに明けくれましょう、
  真の盟友の如く挨拶しましょう、
  徐々に足取りが弱まって来ているけど。
少女たち:
  真の盟友の如く挨拶しましょう、
  徐々に足取りが弱まって来ているけど。
イーディス:
  あらゆる瞬間が宝をもたらす
  特別な楽しみという宝を;
  時は瞬く間に消えるけれど、
  飛び立つ瞬間に陽気に挨拶しよう。
ケイト:
  骨折りと心配とは遥かの彼方、
  新鮮な海の空気を享楽しましょう、
  ここに私たちは生きそしてただ一人君臨する
  私たちだけが支配する世界に。
  さあここが、この私たちの岩の隠れ家よ、
  死ぬのが定めの人々を遥かに見降ろし、
  私たちは女王となり、布告を発す…
  彼らは誇りに思う、喜びとともに。
全員:
  陽気に踊りましょう....


ダイアローグ
ケイト 『何とも絵のような場所だこと! ここは一体どこなの!』
イーディス 『それにパパは一体どこなのか。ずっと後方に残してきたわ』
イザベル 『パパは直ぐにこちらに着くわよ! 可哀そうなパパは私たちみたいに若くない事を思い出して、それに私たちが来たのはわずかに困難な田舎だから』
ケイト 『でも何と喜ばしいことかしら全く私たちだけなんて! だって、多分だけど私たちがこの魅惑的な場所に足を踏み入れた最初の人類だからよ』
イザベル 『人魚は除いたらね…ここはとても人魚のいそうな所だから』
ケイト 『それは上半身裸でいる人類のことね』
イーディス 『それなら厳密には足を踏み入れられないわ。しっぽはあるかもしれないけど、でも足は無理よ』
ケイト 『でもパパと家来たちがお弁当を従えて到着するまで何をしましょう?』
イーディス 『ここには私たちだけ、それに海はガラスのように滑らか。どうかしら、私たち靴を脱ぎ、靴下を脱ぎ、水辺で足をパタパタさせましょうか?』
全員 『賛成、賛成! まったくおあつらえむきよ』
≪注:少女たちの会話が何とも牧歌的で無垢≫

(彼女たちは提案に従おうとする。みな片方の靴を脱ぎ終わったところで、
 フレデリックが洞窟から出てくる)

叙唱:フレデリック Stop, Ladies, Pray!
フレデリック:
  止めるのだ、お嬢さんたち、後生だから!
少女たち:(片足でピョンピョンしながら)
    男よ!
フレデリック:
      わざとじゃないんだ
  この身を君たちにさらし君たちの邪魔をしようとは
  この効果的かつ奇抜な衣装をもって;
  しかしこの特殊な状況においては、
  僕は我が必須の義務として君たちに知らせるのだ
  それは君たちの行為が誰にも目撃されないようにと!
イーディス:
    でも貴方はどなた? 教えて!(全員ピョンピョン)
フレデリック:
      僕は海賊さ!
少女たち:(後方にピョンピョン)
    海賊ですって! 恐い!
フレデリック:
    お嬢さんたち、逃げないで!
  今晩僕は我が恥ずべき仕事を放棄したんだ;
  それから、ついに、ああ清らかで比類なき乙女たちに!
  ああ、永遠に咲き誇る美しきつぼみをも赤面させる!
  僕は、心が痛み、君が暖かみのある優しさを求む。
イーディス:
  なんと彼の話の哀れなこと!
ケイト:
    なんと彼のまれにみる美しきこと!
少女たち: 
  なんと彼の話の哀れなこと! なんと彼のまれに見る美しきこと!


アリア:フレデリック Oh, Is There Not One Maiden Breast
  ああ、そこには一人の乙女の胸さえもないのか
    道徳的な美徳を感じないほどの胸が
  広く世界に興味を掻きたてられ
    義務感に服従される男には?
  誰が心からあきらめることはないだろう
    結婚だけを願い、
  救いを求める僕のような人間が
    この不運な境遇にある男を?
少女たち:
  哀れ! 一人の乙女の胸さえもないなんて
    道徳的な美徳を感じない胸が
  広く世界に興味を掻きたて
    義務感に服従された男には!
フレデリック:
  ああ、一人の乙女さえここにはいないのか
    家庭的な顔立ちが悪しき顔色となるは
  総ての望みが失望に消えた故
    常に恋に勝利してきた男なのに?
  そんな人が、もし居たのなら、
    僕は君たちの上にかかる天国の橋に誓おう、
  もし君たちが僕に目をかけてくれれば、
    たとえ君たちが美しくなくとも…僕は君を愛するだろう!
少女たち:
  哀しや! 一人の乙女さえここにはいなかったの
    家庭的な顔立ちが悪しき顔色となるは
  総ての望みが失望に消えた故
    常に恋に勝利してきた男なのに?
フレデリック:(失意の様子で)
  一人もいないのですか?
少女たち:
        いいえ、いいえ…ひとりもいないわ!
フレデリック:
  一人もいないのですか?
少女たち:
        いいえ、いいえ…ひとりもいないわ!

(メイベル登場する)
メイベル:
               いるわよ、一人!
少女たち:
           メイベルだわ!
メイベル:
     そうよ、メイベルよ! 


叙唱:メイベル
  ああ、お姉さま達、哀れという名の人には耳をふさぐのですか、
    恥ずべきこと!
  真のこと、彼は道に迷ってしまい
    ただ懇願するだけ
  善良で誠実なる根拠が
    お姉さまの中にあるの
  みな哀れという名の人には耳をふさぐのですか?
少女たち:(ひそひそと)
  その質問に関しては、彼という存在が
    美しさ故でなければ、
  彼女をとても激しく動かすのは
    義務感とやらのせいかしら?
メイベル:
  恥ずべきこと、恥ずべきこと、恥ずべきことよ!


アリア:メイベル Poor Wande'ring One
  哀れなさすらい人!
  たとえそなたが迷っていたとせよ、
    情けある心を受取りなさい、
    汝やり直すため、
  哀れなさすらい人!
  哀れなさすらい人!
  もし私の貧しい愛のようなものでも
    そなたが見つける一助となろう
    まことの心の平穏を…
  さあ、受取りなさい、それはそなたのもの!
    心を受取り、晴れた日をより輝けるように;
    どれか心を受取るなら…私の心を受取りなさい。
少女たち:
  心を受取りなさい; だめよ危険な下層の者;
  どれか心を受取るなら…私たち以外から! 


(メイベルとフレデリック退場する。イーディスは姉妹たちを手招きし、
 彼女たちはイーディスを囲んで半円形になる)

≪注:末娘(らしい)のメイベルはハンサムなフレデリックに一目ぼれし、姉たちもそれを感づいている≫

コーラス:少女たち What Ought to Do?
イーディス:
  どうしたらいいの、
    優しい妹たち、言って?
  礼節という人は、知っての通り、
    どこにも行くなかれと言い;
  一方同情心が主張するには、
    『あなたたちの束縛から彼らを自由にせよ…
  他の遊びを楽しみ…
    彼ら二人の自由にせよ』と
ケイト:
  彼女の場合はいつか起きること、
    あなたにも、あら、それとも私にも。
  彼女には彼女の干し草を作らせること、
    太陽が輝いている間に。 ≪注:好機をものにしなさいという意味≫
  妥協しておきましょう
   (私たちの心は皮で出来ているわけではないから):
  私たちは目をつむっていましょう、
    そして天気の話をしましょう。
少女たち:
  そうね、そうよ、天気の話をしましょう。


ペチャクチャのコーラス:少女たち How Beautifully Blue the Sky
  なんと美しい青空、
  晴雨計は天気がよいと示し ≪注:原文の glass は晴雨計(気圧計)を意味する≫
  晴れが続くようにと私は願う、
  でも昨日は雨だった。
  明日はまた降るかも
  (この村は慈雨を望んでいると聞いてはいる)
  でも人は言う、なぜそうじゃないか知っている、
  だって私たちは暖かな七月を過ごすから。


(メイベルとフレデリック登場)

(メイベルの独唱の間、少女たちはピアニシモでペチャクチャ、
 でも常に聞き耳を立てている)

独唱:メイベル
  いままで乙女を目覚めさせたことがあったかしら
    家事をするという夢から、
  朝日が昇ると彼女は気づく
    なんとも美しい光景に?
  いままで乙女が
    目覚めの哀しさで目を閉じたことがあったかしら、
  夢見ている時の何とも言えぬ喜びから? 
フレデリック:
  そうさ! そうさ! これは何とも言えぬ喜び!
少女たち:
  何と美しい青空...... 


(メイベルの独唱の間、少女たちはピアニシモでペチャクチャ、
 でも常に聞き耳を立てている)

独唱:フレデリック
  かつて海賊の魂が揺れ動いたことがあっただろうか
    彼の魂の罪深さを感じさせる夢で
  そして目覚めると気付くのはその魂が
    平穏で美徳の光を放っていることが? 


アンサンブル
メイベル         フレデリック             少女たち
いままで乙女を目覚めさせ   今まで海賊が嫌になったこと、     何と美しい青空...
 たことがあったかしら     があったらろうか
家事をするという夢から    秘密の使命のために諦めること
朝日が昇ると彼女は気づく   彼が婚姻すること
なんとも美しい光景と!    その女性を嫁にという思いを諦めることが。 


叙唱:フレデリック Stay, We Must Not Lose Our Senses
  まて、僕らは常識を失くしてはいけない;
    犯罪に躊躇することのない男たちが
        すぐにここに来る!
  海賊行為の恐ろしき報いとは;
    どうかお願いだ、君たちをここからさらうこと、若き淑女たちよ、
        この海岸に法の手が及んでないかぎりは!


(フレデリックとメイベル退場する)

少女たち:
  だめ、私たちは常識を失くしてはいけないわ、
    もし彼らが犯罪に躊躇することがなければ、
       私たちはここにいるべきではないわ!
  海賊行為をする彼らの恐ろしき報いとは…
    若い女性という素敵な伴侶!
       逃げましょう。 


(コーラスの間に海賊がひそかに登場し、少女たちの後方で半円形を取る。
 少女たちが退場しようとすると、それぞれの海賊は一人ずつ少女をつかむ。
 海賊王はイーディスとイザベルを、サミュエルはケイトをつかむ)

少女たち:
  遅すぎたわ
海賊たち:
    ハ、ハ!
少女たち:
      遅すぎたわ
海賊たち:
        ホ、ホ!
  ハ、ハ、ハ、ハ! ホ、ホ、ホ、ホ!


アンサンブル Here's a First-Rate Opportunity
(海賊は少女たちの前を通りすぎる)      (少女たちは海賊たちの前を通りすぎる)
海賊たち                   少女たち
これは第一級の好機なり             私たちは好機を逃してしまった
無難に結婚できる、               無難に逃げられたのに;
至福にふけることができる            それで至福とはお別れに
家庭生活というくびき無しに。          私たち少女としての家庭生活とは!
お前らすぐに司祭をしたてて、          私たちすぐに司祭をしたてて、
夫婦としての結婚の儀式をあげなければ、     夫婦として結婚の儀式をあげなければ、
神学博士により、                神学博士により、
この近隣に住んでいる。             この近隣に住んでいる。


全員:
  神学博士により
  この近隣に住んでいる、
  博士により、博士、博士、
  神学の、神学の。 


叙唱:メイベル Hold, Monsters
  やめなさい、野獣たち! あなたたち海賊のキャラヴァンサライを作る前に、
≪注:キャラバンサライとは広い中庭があるキャンヴァスでつくった宿屋。隊商宿≫
    私たちの意思を無視して、私たちみんなと結婚しようとは、
  我慢しなさい私たちは大法官府の被後見人だから
    それに父上は少将なのよ

サミュエル:(おびえて)
  止めたほうが、そいうしないと危なさそうだ、
    彼女らの父親は少将だとさ。
少女たち:
  そうよ、そうよ;父上は少将よ。


(前触れもなく岩の上に当の少将が登場する)

少将:
  そうじゃ、そうじゃ、私が少将じゃ。
サミュエル:
  彼が少将なら。
全員:
  彼がそう! 少将に万歳。
少将:
  そうこれは栄光なること、
  少将であることは。
全員:
  全く! 少将に万歳を!


パター(早口歌):少将 I Am the Very Model of a Modern Major-General
≪注 別名 "Major-General's Song" でこのオペラで最も人気のある歌の一つ≫

少将:
  私はとても典型的な近代の少将なり、
  ≪注:オリジナルでは model でなく pattern という言葉だったが M が続くように変えられた。
知識はあるが実戦にはうとい将校の姿をカリカチュアしたものか≫

  私の知識は野菜、動物、鉱物など、
  私は歴代の英国王を知悉しており、それに私が引用できるのは歴史的な戦争
  マラソン(マラトン)からウォータールー(ワーテルロー)の戦いまで、分類順にも言える;
  私が同様に良く知りぬいているのは、数学の問題
  理解しているのは方程式、一次も二次も、
  二項式の定理にしても、数多くの事柄が満ち溢れ…
  多くの面白い事実、直角三角形の斜辺の二乗などのこと。
全員:
  多くの面白い事実....

少将:
  私は積分や微分の計算に強く;
  私は極微動物という生き物の学術名にも強く: 
  要するに、野菜や、動物や、そして鉱物の事柄などを、
  私はとても典型的な近代の少将なり。
全員:
  要するに、野菜や、動物や、そして鉱物の事柄などを、
  彼はとても典型的な近代の少将なり。

少将:
  私は我々の神話上の歴史を知っている、アーサー王やカラドックス卿のことなど、
  私は難しい折句問題に答えられるし、パラドックス問題の趣味もあるし、
  私はヘリオガバルスの犯した罪の哀歌を引用するし、
  曲線問題においては私は特有の放物線問題をものに出来るし、
  私はラファエルと信じられている絵がジェラルド・ダウやゾファニーのものと言えるし、
  アリストファネスの戯曲「蛙」の蛙の鳴き声のコーラスを知っているし、
  ≪注:単に "Bre-ke-ke-kex ko-ax ko-ax" と鳴くだけ≫
  私は以前聞いたガンガンと響く音楽のフーガを口ずさめるし、
  ≪注:フーガは複数の音声が含まれるのでこれは無理な話≫
  それにひどくナンセンスな「ピナフォー」中のアリア全部を口笛で吹けるのだ。
  ≪注:ギルバート&サリヴァンのヒット作「軍艦ピナフォー」のことで一種の楽屋落ち≫
全員:
  それにひどくナンセンスな「ピナフォー」中の...

少将:
  それから私は洗濯物リストをバビロンの楔形文字で書けるし、
  それからブリトン人族長カラクタクスの制服の詳細を説明できるし、
  ≪注:John H. Foley の 1859年の彫像では、単なる下帯だけの姿≫
  要するに、野菜や、動物や、そして鉱物の事柄などを、
  私はとても典型的な近代の少将なり。
全員:
  要するに、野菜や、動物や、そして鉱物の事柄などを、
  彼はとても典型的な近代の少将なり。

少将:
  事実、私が砦に関する 『円頂小丘』と 『半月堡』の意味を知った時、
  私が投げ槍からモーゼルライフルの照準範囲を言いあてられた時、
  私が用心している出撃や奇襲のような戦いの時、
  それに私が 『兵站部』の正確な意味を知った時、
  近代砲術の進展状況を習った時、
  女子修道院の見習い以上に戦術の知識を得た時、
  つまりは、私が戦略の初歩をかじった時には…
  良き少将とは決して馬に支配されぬこと。
  ≪注:この連は軍事用語が多用されている≫
全員:
  良き少将とは決して...

少将:
  私の軍事知識に関しては、私が勇気と冒険心に富んでいるとしても、
  今世紀初頭までになると疎くなってきておる、
  でも今でも、野菜や、動物や、鉱物の事柄に関しては、
  私はとても典型的な近代の少将なり。
全員:
  でも今でも、野菜や、動物や、鉱物の事柄に関しては、
  彼はとても典型的な近代の少将なり。


ダイアローグ
少将 『さあここに私は自分自身を紹介したぞ、これからどうなるものか知りたいものだ』
ケイト 『ああ、パパ…私たち…』
サミュエル 『失礼、二語で説明しましょう:我々はあなたの娘さんと結婚することを提案します』
少将 『おや、まあ!』 ≪注:サミュエルは二語以上で話し、少将は二語で答えている≫
少女たち 『私たちの意思に反してよ、パパ…私たちの意思じゃないの!』
少将 『ああ、でもそんなことしてはいけないよ! 聞いて良いかな…とても奇抜な制服だね、でもよく知っている気がする。君たちは何者?』
海賊王 『我々は全員独身の紳士です』
少将 『そうかね、そういうことだね…他に何か?』
海賊王 『いえ、他には特に』
イーディス 『パパ、彼らの言うことを聞いては駄目よ…有名なペンザンスの海賊よ!』
少将 『ペンザンスの海賊! よく(オーフン often)聞く名だね』
メイベル 『この紳士を除いて全員よ! (フレデリックを指して)…彼は一度は海賊だった、でも彼は年季奉公が今日切れて、つまりこの人は誰にも恥ずかしくない生活をこれから送るのよ』
少将 『でもちょっと待てよ。私は義理の息子が海賊なのは反対だね』
海賊王 『わしらは少将が義理の父ということは反対だね。でもその問題は棚上げにしようじゃないか。言い張ることはせんさ。そこは大目にみようじゃないか』
少将 『(ひそひそと)ハッ! 良いアイデアが。(大声で)つまり君たちの言いたいのは、君たちは故意に私から奪おうというのか、私のような年寄りのただひとつの支えを、そして私の残りの人生を友もなく守る人もなく、一人ぼっちにしようというのか?』
海賊王 『まあそういうことになりますな』
少将 『教えてくれないか、君たちは孤児(オーフン orphan)であることがどんなものか知っているのか?』
海賊たち 『(げんなりしたさまで)ああ、全くヒデーもんでさあ』
海賊王 『またあの話かよ』
少将 『君たちに聞くのは、君たちは孤児であることがどんなものか知っているのかね?』
海賊王 『よくさ(オーフン often)!』
少将 『そうかい、孤児か。そんな人間を知っているのかね?』
海賊王 『わしが言ったのは、オーフンという言葉さ』
全員 『(むかつきながら)オーフン、オーフン、オーフン』(顔を背ける)
少将 『お互い理解し合っていないようだね。私が聞いたのは、君たちはオーフンである人間を知っているのかね、と聞いたのだ。そしたら君は「オーフン」と言ったね。私が理解している所では、君は単に「オーフン」という言葉を繰り返して、君がその言葉を理解していることを私に示しているようだが』
海賊王 『わしはその言葉を何度も(オーフン)繰り返していないさ』
少将 『失礼ながら、貴君は実際に言っておるぞ』
海賊王 『わしが繰り返したのは一回きりだ』
少将 『たしかに、しかし君はこの言葉を繰り返した』
海賊王 『しかし何度もじゃない(not often) 』
少将 『待て! 我々がどこを混乱しているかわかったぞ。貴君が「オーフン」と言うとき、それは「オーフン」のことかね…つまり親をなくした人間、それとも「オーフン」、頻繁にということかね?』
海賊王 『おや! 失礼した…あんたが言ったことが分かったよ…頻繁にさ』
少将 『ああ! 貴君は「オーフン」と言った、頻繁に』
海賊王 『いや、一回だけだ』
少将 『(イライラして)まさしく…貴君は「オーフン」と言った、頻繁に、たった一度だけ』
≪注:このやりとりは漫才のようで笑わせどころだろう≫

第一幕フィナーレ Oh, Men of Dark and Dismal Fate
少将:
  ああ、暗く悲惨な運命の男たちよ、
    君らの残忍な仕打ちを慎みなさい、
  わが孤独な心に慈愛を、
    私は孤児だから!
王とサミュエル:
    孤児だって?
少将:
  孤児だよ!
海賊たち:
    憐れむべき、孤児を。
少将:
  君たちの目の前にあるこの子供たちは
    全て私のものと言える!
海賊たち:
    哀れな男なり!
少将:
  彼女らを私から奪うがいい、
    さすれば私は本当に孤独。
海賊たち:
    哀れな男なり!
少将:
  もし憐憫を感じることが君らにできるなら、
    わが残されし喜びを残してくれぬか?
  見よ、君らの足元にみなひざまずいている;
  君らの心は君らが盗めぬものと
    哀れ、哀れな寂しき孤児に対して!
海賊たち:(泣きながら)
    哀れな男なり!
  見よ、我らの足元で彼女らはひざまずいている;
  われらの心は奪うこと叶わぬ
    哀れ、哀れな寂しき孤児に対して!
王とサミュエル:
  見よ、我らの足元で彼女らはひざまずいている....
 

アンサンブル
少将(ひそひそ)       少女たち(ひそひそ)      海賊たち(ひそひそ)
私が語るのは恐ろしき物語    父が恐ろしき物語を語る      彼が物語を語るならば
だがそれが弱めることはない   それは弱めるかもしれない     彼は死にいたるのは
我が栄光を;          父の栄光を;           むごたらしい死によって、
何故なれば彼らは奪おうと    たとえ彼らが父から奪うとて    最もむごたらしい
我が娘たちを          その娘たちを           虐殺となろう
大波の彼方に、         大波の彼方に、          かつて知られたる 
                                 この水の中へ
もし無ければ、優美な言葉、   簡単なこと、優美な言葉で、    簡単なこと、優美な言葉で、
無邪気な嘘を自在に       無邪気な嘘とも呼べる;      無邪気な嘘とも呼べる;
それは同じ           でも結局同じ           でも結局同じ
部類とは言えぬ         部類になる            部類になる
普通の恐怖物語と比べ。     普通の恐怖物語と比べ。      普通の恐怖物語と比べ。


海賊王:
  たとえ我々の暗き過去に
    時に窃盗という犯罪に関与していたとしても、
  我々はむしろ思うのは我々が
    空なる気分で常にいたわけではないと。
  たとえ我々が争いに生きていたとしても
    我々はいつも心苦しく事を始めたのだ、
  何のため、我々は尋ねれば、生活のため
    詩歌の気配すらその中にもたずに?
全員:(ひざまずき)
  栄光を、詩歌に、天国に生れし乙女!
    汝は海賊の仕業なれど最もなる黄金色
  栄光を、流れる泉のごとき感傷に!
    みなに栄光を、天上の和らぎに (全員立ち上がる)
海賊王:
  行くがよい、お前たちは自由の身、われら海賊の掟がお前たちを守ろう、
  そしてわれら一団の名誉ある団員であるわれらはお前たちを選んだのだ!
サミュエル:  
  何故なら彼は孤児だから!
コーラス:   
  彼こそ! この孤児に万歳を!
少将:      
  そう、時に役立つことなり
     孤児であることは。
コーラス:
  まさに! この孤児に万歳を!
アンサンブル:
  ああ、幸せなる日、喜びの笑顔に満ち
  我らは/彼らはこの先既婚者になるだろう!
  それは縁起よく起こるべき、
  彼女の/我々の姉妹すべてが花嫁介添人になろうこと!


(ルースが登場しフレデリックのそばによる)

ルース:
  おお、お坊ちゃま、一言聞いて下さい、私はあなたを探しました!
  ルースを思い出して、あなたのルースが、あなたの前にひざまずいています!
海賊たち:
  確かに、そう、ルースを思い出した、君の前にひざまずいているのは!
フレデリック:
  行くのだ、君は僕を欺いたではないか!
海賊たち:(ルースを脅かし)
  行くのだ、お前は彼を欺いたではないか!
ルース:
  ああ、だめです、捨てないで!
海賊たち:
  ああ、だめです、彼女を捨てないで!
フレデリック:
  行くのだ、僕を悲しませたではないか!
海賊たち:
  行くのだ、彼を悲しませたではないか!
フレデリック:
  僕の願いは君が去ることだ! (フレデリックはルースを押しやる)
海賊たち:
  我々の願いはお前が彼の元から去ることだ!

アンサンブル:
  どうか寛大な目で観察せよ
  彼女たちは/私たちは レースと縞の服を見せつけ!
  そんな好機はなかったでは
  無難に結婚できるなんて
  しかし彼女たち/私たちは無上の喜びをあきらめた
  限りない家庭生活の喜びを、
  たとえ神学の博士が
  近隣に在住していたにしても


(少女たちと少将は岩に登り、その間海賊たちは舞台上で歓喜の荒々しい踊りを踊る。
 少将は英国国旗を掲げ、海賊王は頭蓋骨の下に骨が交差した黒い旗を掲げる。
 ルースが登場し最後にフレデリックに近づくも彼は彼女を押しやる)

第一幕 幕

第二幕に続く


訳はGilbert and Sullivan Archive にあった 『ペンザンスの海賊台本』を元にしたが 1980年のブロードウェイミュージカル化作品(ケヴィン・クライン、リンダ・ロンシュタット出演)の映像 DVD が参考となったことを付記しておく。
(次のリンクはそのミュージカル作品の YouTube へアップロードされたクリップ Major-General Song

補足:
●黒字の『』内は会話。()は主にト書き。
●茶色字の≪≫内は訳者のコメント・wikipedia からの引用など。
●青字は歌、レチタティーヴォなど。
●前のコーラスを繰り返すときは「...」としてある。

ページ・トップに戻る


2011/07/09 訳
2013/03/01 レイアウト変更等


Home (ホームページ)   Menu (上位メニュー)