H.M.S. PINAFORE

or The Lass That Loved a Sailor - Act I
(軍艦ピナフォア または 水兵に恋した娘:第一幕)

英国のコミックオペラ「軍艦ピナフォア」(1878) 台本の訳


第一幕 昼    
第二幕 夜


台本: W.S.ギルバート W.S. Gilbert
作曲: アーサー・サリヴァン Arthur Sallivan


初演 ロンドン オペラ・コミーク座 1878年5月25日


登場人物
バス2等爵子 ジョゼフ・ポーター卿(英国海軍省長官)
(台本中では「JP卿」と記す)
コーコラン艦長(英国軍艦ピナフォア司令官)
トム・タッカー(海軍将校候補生)
レイフ・ラクストロー(二等兵)
ディック・デッドアイ(二等兵)
ビル・ボブステイ(甲板長(一等航海士))
ボブ・ベケット (甲板長助手 営繕係(一等航海士))
ジョゼフィーン(艦長の娘)
ヒービー(ジョセフ・ポーター卿の従妹)
クリップス夫人(リトル・バターカップ)(ポーツマスの物売り船女)

長官の姉妹達、従妹達、叔母達、水兵、海兵員、など

≪注:ジョゼフ・ポーター卿は本・新聞・雑誌・文具販売のチェーン店創業者の W.H. Smith がモデルと言われており、スミスは海軍長官を10年以上務めたが海軍の経験はなかった。バス2等爵子 K.C.B. Knight Commander of the Bath はナイトの爵位の一つ。世襲ではない名誉称号でサーの敬称を付けて呼ばれる。この台本訳ではJP卿と記す。
台本では言及していないがコーコラン艦長は妻を失くした男やもめ。
トム・タッカー将校候補生は少年と思われるがあまり出番がなく、参考に見た DVD ではその役の人物は登場していないようだ。
主役の Ralph は レイフ、ラルフと二つの読みがあるが、参考としたDVDではレイフと言っていたのでそれにならった。(レイフは昔の英国の読み方らしい)
ビル・ボブステイは台本の中では、Boatswain (ボースン、甲板長または掌帆長)となっておりこの訳では「甲板長」と記述した。甲板長とは水夫や設備を統括する職務にある士官のこと。
次の船員の名前は海事用語から来ている。
デッドアイは帆船のマストの頂から両船側に張るロープに取り付ける、ロープが緩まないようにする三つ穴のある丸板、「三つ目滑車」と呼ばれるが滑車ではない。
ボブステイは船首の前に突き出た棒(バウスプリット)を下方向に引っ張って支えるロープ。
ベケットは取っ手やオールの受けとして用いる環やループにしたロープ。取手索(づな)、索環。
艦長の娘ジョゼフィーンは若く背がすらっとした誰もが見とれるような美人。
バターカップは花の名前キンポウゲであり可愛い女の子という意味もある。しかしこのオペラでのキンポウゲは体躯のよい中年女性でありおよそキンポウゲには似つかわしくない。彼女は停泊中の船に食品・雑貨を小舟に乗せて売る商売の女性。訳では「小さなキンポウゲ」「キンポウゲ」と記した。
訳すにあたり船員の呼称を次のように訳した: sailor 水兵、crew 水夫、seaman 海員、tar 船乗り、mariner 海兵員。呼び方だけの違いでほとんど同じメンバーを指しているがsailor, crew, tar などは士官でない乗務員を示しているようだ。DVDでは艦長以外はみな同じ制服を着ていたが、YouTube では一等航海士の甲板長、営繕係の制服は水兵のものとは異なる映像もあった。
長官を取り巻く姉妹達、従妹達、叔母達はコーラス要員であり歌詞どおりだと12人以上いることになる。参考としたDVDでは合わせて10人いた。 ≫




歌曲リスト

1. INTRODUCTION AND OPENING CHORUS (Sailors)
   "We sail the ocean blue"
2. RECITATIVE AND ARIA (Buttercup)
   "I'm called Little Buttercup"
2a. RECITATIVE (Buttercup and Boatswain)
   "But tell me who's the youth"
3. MADRIGAL (Ralph and Chorus of Sailors)
   "The nightingale"
3a.BALLAD (Ralph and Chorus of Sailors)
   "A maiden fair to see"
4. RECITATIVE AND SONG (Captain Corcoran and Chorus of Sailors)
   "My gallant crew" : aka "I am a the Captain of the Pinafore"
4a. RECITATIVE (Buttercup and Captain Corcoran)
   "Sir, you are sad"
5. BALLAD (Josephine)
   "Sorry her lot"
6. BARCAROLLE (Sir Joseph's Female Relatives, off stage)
   "Over the bright blue sea"
7. (Chorus of Sailors and Sir Joseph's Female Relatives)
   "Sir Joseph's barge is seen"
8. (Captain Corcoran, Sir Joseph, Cousin Hebe, and Chorus)
   "Now give three cheers" & "I am the Monarch of the sea"
9. SONG (Sir Joseph and Chorus)
   "When I was a lad" : aka "the Admiral’s song"
9a. (Sir Joseph, Cousin Hebe, Female Relatives, and Sailors)
   "For I hold that on the sea"
10. GLEE (Ralph, Boatswain, Carpenter's Mate, and Chorus of Sailors)
   "A British tar"
11. DUET (Josephine and Ralph)
   "Refrain, audacious tar"
12. FINALE — (Act I)
   "Can I survive this overbearing?"


第一幕

場面:軍艦ピナフォア号 クォーターデッキ。 甲板長に指示された水兵たち。真鍮を磨くもの、ロープを結ぶ者などが見られる。
≪注:時代がヴィクトリア王女時代の話なので HMS は Her Majesty's Ship の略で「帝国軍艦」「女王陛下の船」を意味する。帝国軍艦ピナフォアは帆船だがこのオペラが書かれた頃の軍艦はプロペラスクリュー式の蒸気船が標準になった頃のようだ。
船名のピナフォアは幼児用の胸当てのついたエプロン(よだれかけ)のことで、船名にこのような名称を用いることでこの話の馬鹿馬鹿しさが想像できるだろう。
クォーターデッキは船尾甲板、後部甲板とも訳されるが船尾から後ろのマスト付近までの一段高い甲板をさし、艦長はここから命令を下し、高級船員の居住区があった。
参考としたDVDでは舞台上に3m以上の高さのデッキに見立てたセットがあり、舞台とデッキに見立てたセットをつなぐ昇降階段が付けられていた。そして、上下二段構造の舞台で登場人物が歌い・踊り・演技をしていた。(このセットがクォーターデッキを見立てたものなのか、プープデッキ(船尾楼甲板)を見立てたものなのかは帆船知識がないので不明)≫


コーラス:男達 We Sail the Ocean Blue
    われら青き海を帆走する、
    そして我らが粋な船は美しい
    われらは実直で誠のある男たち、
    そしてわれらが職務に集中している。
    砲丸がうなりをあげて
    青く輝く海の彼方から飛んで来れば、
    われらは一日中大砲の脇に立ちつくす;
    停泊し錨を下ろせば
    潮が満ちたポーツマスで、
    われらには遊ぶ時間がたっぷりある

        (キンポウゲ登場、大きなバスケットを抱えて)

レチタティーヴォ:キンポウゲ
  やっほー、武装帆船の人たち … 国民の護衛者さんたち
  これで抜けられるよ、やっとのこと、欠乏生活から、
  お足はお持ちだね … ちょっとでいいから
  船に上がった小さなキンポウゲに使っちゃどうだい。

アリア:キンポウゲ I'm Called Little Buttercup
  私は小さなキンポウゲと呼ばれている … 愛しの小さなキンポウゲと
    何故そうなのかは分からないけど
  でも私はキンポウゲと呼ばれている … 哀れな小さなキンポウゲと
    甘い小さなキンポウゲそれが私!

  嗅ぎ煙草に刻み煙草、それに上質な噛み煙草のジャッキーよ
    ハサミも時計もナイフもあるよ
  リボンにレースは顔を引き立たせるよ
    可愛い恋人や奥さんにどうだい。

  糖蜜にタフィー、お茶にコーヒーもあるよ
    柔らかパンに肉汁たっぷりの肉の切り身も
  鶏に野兎、それに素敵なポロニーソーセージも、
    上質の薄荷飴もあるよ

  あんたたちのキンポウゲから買いなよ … 愛しの小さなキンポウゲから;
    水兵は恥ずかしがるもんじゃないよ;
  だから、あんたたちのキンポウゲから買いなよ … 哀れな小さなキンポウゲから
    さあ、あんたたちのキンポウゲから買いなよ!
≪注:ジャッキーはラム酒につけた噛み煙草、タフィーはキャンディの一種、柔らかパン soft tommy は普通のパンのことであえて soft と言うのはかつての海軍の糧食はビスケットのような堅パンだったので識別するため。ポロニーはドライソーセージの一種で多分イタリアのポローニャソーセージを転訛させたもの≫

ダイアローグ
甲板長:おや、小さなキンポウゲ … まさに呼ばれるとおり … あんたは全くバラの如く、全くふくよかな、全く紅いお顔のスピットヘッド一の美人さ。
キンポウゲ:紅い、私が? それにふくよか … それにバラだって! もしかして、私は化粧が上手いからかね! でも聞きなよあんたがた陽気なお友達 … あんた達はこう考えているんじゃないかね、陽気さと軽薄さの外見の裏にゆっくりとでも確実に心の中を食い荒らしている尺取り虫がいるんじゃないかと?
甲板長:いやいや、愛しの娘っ子よ、そんなこと考えたこともないよ。
≪注:スピットヘッドは、英国南部のポーツマスとワイト島の間にある停泊地。尺取り虫は果実を荒らす害虫でギルバートが少年少女向けに書いた小説によれば、キンポウゲは船員たちの弱みや秘密を知っておりそれを口にすることから、船員たちには敬遠されるような存在という説明がされている
2006年のハリウッド映画 『グッド・シェパード』(The Good Shepherd) で女装した学生がこの歌を歌うシーンが見られるがこのオペラや『ミカド』などはアメリカの高校・大学の学芸会演芸の定番でもある≫


      (ディック・デッドアイ登場。彼は水兵たちを押しやり、降りてくる)

ディック:俺はよくそう思っているんだ。(みな彼に反発する)
キンポウゲ:そうね、あんたはそう見えるわ! この男に何があったの? 彼は気分が悪いの? ≪注:前半はディックに話しかけ、後半は甲板長に話しかけている≫
甲板長:奴を無視しちゃいけないよ; 彼はただのみじめなディック・デッドアイさ。
ディック:どうだい … 酷い名前だろ … ディック・デッドアイだって?
キンポウゲ:良い名前とは言えないわね。
ディック:それに俺は醜いだろ?
キンポウゲ:確かに美男じゃないね。
ディック:それに俺の体は角が三つあるだろう?
キンポウゲ:三角形と言った方がいいわね。
ディック:ハ、ハ! そうさ。俺は醜いし、みな俺をそれで嫌っているんだろ?
全員:みんな嫌いさ!
ディック:ほらね!
甲板長:まあ、ディックよ、俺たちはそんなふうに同じ人間同士の気持ちを傷つける気はないさ、でもお前の名前みたいな奴が人気者になれるとでも思っているのかね … どうだい?
ディック:いいや。
甲板長:聞かれて嫌かね?
ディック:そうだね。こんな顔に体を持っている俺だから、気高い感傷の言葉でも、腐った想像からの黒い言葉にも似た響きに感じさせるのさ。それが人間の本性というもの … おれは甘んじて受け入れているのさ。
≪注:ディックは性格がひねくれた悪者で甲板長も手を焼いている。この物語唯一の悪役ということを示すため、ディックだけが他の水兵と異なり間違った語法や下品な言葉を使っており、無教養で荒くれたキャラクターが表現されている。また外見上も眼帯をしたり、足を引きずったり腹ぼてに扮装するなど外見上も悪役とはっきり観客に分かるようなメーキャップがされている。
ギルバートの子供向け小説によると、ディックは数々の戦で顔は変形し焼けただれ、背は曲がり、足も不自由な身となっており、外見ゆえに嫌われ者だが、最も繊細 sensitive な人間と説明されている。
台本には書かれてないがディックが、物語が進行するにつれ何かにつけレイフの邪魔をするのは、ジョゼフィーンに惚れているからではないかと解釈する人もいる。
会話の中でデッドアイという名前の言及があるが、冒頭でも述べたようにデッドアイは「三つ目滑車」という木の円盤のこと。会話にあるように Deadeye「死んだ目」という名前は縁起のいいものではないが、参考とした DVD やでも文字通り眼帯を付けていた≫


レチタティーヴォ:キンポウゲ&甲板長 But Tell Me Who's the Youth
キンポウゲ:(昇降階段を見下ろす)
  でも、教えて … あの足がよろめいた若者は誰
    まるで困難に耐え忍んで進んでいるような若者は?
甲板長:
  あれは艦隊一賢い若者 …
  レイフ・ラクストロー!
キンポウゲ:
  ああ!その名前! 責めさいなむ! 責めさいなむ!
≪この謎めいた言葉はメロドラマやロマンスの常套手段≫

        (レイフ登場、昇降階段から)

マドリガル(無伴奏歌曲):レイフ The Nightingale
レイフ:
    ナイチンゲール(小夜鳴き鳥)よ
  ため息するは月の輝く光に
    そして語るは彼の身の上
  彼らしき美しい旋律で
    彼は歌う 『嗚呼、哀しき哉!』
全員:   彼は歌う 『嗚呼、哀しき哉!』
レイフ:
    この低き谷間にて
  山に向かいて儚(はかな)きため息を、
    彼のつつましやかな嘆きを
  谷はこだまで応える。
  彼らは歌う 『嗚呼、哀しき哉!』
全員:  彼ら歌う 『嗚呼、哀しき哉!』

レチタティーヴォ:レイフ
レイフ:
  僕は優しく奏でるコーラスの価値を知っている、
    でもコーラスは少しも慰めとはならず
  われらが痛みとともに悲しみが我らの前にあれば!
    われ愛する … 愛するのは、ああ、わが身分より高きものを!

キンポウゲ:(傍白で)
  彼は愛する … 愛するは彼より高き身分の娘!
全員:(傍白で)
  そうだ、そうだ、その娘は彼より遥かに高き身分!  (キンポウゲ退場)

バラッド:レイフ A Maiden Fair to See
レイフ:
  みめ麗しき乙女、
  吟遊詩人の真珠の涙、
    頬紅くする美しきつぼみ
  気高き貴族がため息するは誰がために、
  そして互いが競うは
    彼女のために卑しき勤めを果たそうと。
全員: 彼女のために卑しき勤めを果たそうと。
レイフ:
  求婚者は、低き身分に生まれ、
  望みなき情熱は裂かれてしまい、
    そして哀れは拒絶以前の、
  大胆にも彼女を望んでしまった
  その女を崇めたてし社(やしろ)にて
    富の世界はため息す
全員: 富の世界はため息す
レイフ:
  教わらずとも 
  知るは愛が教えたもうことのみ
    (愛は彼の個人教授ゆえ);
  おお、哀れ、哀れなこの身 …
  われら艦長の娘がその人、
    そしてわれは低き生まれの求愛者!
全員: そして彼は低き生まれの求愛者!

ダイアローグ
甲板長:ああ、わが哀しき若者よ、お前はあまりに高くを登りすぎたのだ:われら尊敬すべき艦長の娘はお前のような貧しい男には何も言葉をくれないだろう。彼女がくれるとでも、若者よ?
全員:ない、ない。
ディック:ダメ、ダメ。、艦長の娘がフォアマスト係と結婚するわけないさ。
全員:(彼に反発しながら) 恥を知れ、恥を!
甲板長:ディック・デッドアイ、君の中にある感傷とやらは我ら庶民の面汚しにすぎない。
レイフ:でもこれは不思議な例外なのだ、指令甲板から命ずる男の娘がフォアマストに配置された者以外を愛さないかもしれないのは。男はどうあろうと男に変わりはないのだ、彼がメインマストのてっぺんで旗をあげようと、主甲板のズボン姿の男だろうと。
ディック:ああ、狂った世の中ならあるさ!
レイフ:ディック・デッドアイよ、僕は君に強制しようという意思はない、しかしそのような革新的な感傷は正直な水兵を十分に震えさせるだけの話。
甲板長:若者よ、われらの偉大なる艦長が甲板にお出ましだ;さあ彼に挨拶をしようでは、かくも勇気ある士官それに卓越した海の男として価値あることを見せるために。
≪注:典型的な武装帆船は3本マスト船であり、前のマストをフォアマスト、中央をメインマスト、後部をミズンマストという。レイフはフォアマストに登り監視をするのが役目≫

        (コーコラン艦長登場)

レチタティーヴォ:艦長および水夫 My Gallant Crew, Good Morning
艦長:   わが卓越した水夫よ、お早う。
全員:(敬礼しながら) 閣下、お早うございます!
艦長:   みな上機嫌だと希望するものである。
全員:(敬礼しながら) その通りであります; 艦長はいかがでしょう?
艦長:   自分は応分に健康であり、幸福である
            君らにもう一度会えたことで。
全員:(敬礼しながら) 誇りに思います、閣下!

歌:艦長 I am the Captain of the Pinafore
艦長: 自分はピナフォアの艦長である;
全員: そうです正に素晴らしき艦長でもあります!
艦長:   君たちは非常に非常に素晴らしいぞ、
      そしてこのことを理解もしておきなさい、
    自分は正に素晴らしき水夫に指令する、
全員:   われらは非常に非常に素晴らしい、
      そして理解もしています。
    彼は正に素晴らしき水夫に指令する。
艦長: たとえ貴族の親戚であろうと、
    自分は帆をたたみ、縮帆し、舵をとり
      そして船の帆を巻きつけさせる
    自分は決してひるまない
    恐ろしき強風においても、
       そして自分は今まで、一度も船酔いなどしたことはない!
全員:       何ですって、今まで一度も?
艦長:         いいや、一度もない!
全員:       何ですって、一度もないのですか?
艦長:         めったには、ない!
全員: 彼はめったに船酔いしないそうだ!
    じゃあ彼に3回、それにもう一回喝采しようでは、
    屈強なピナフォア号の艦長に!

艦長:   自分は君たち全員を満足させるべく最善を尽くしておる …
全員:   艦長とともにあればわれらは非常に満足です。
艦長:     君たちは類稀なる礼儀正しさを持ち合わせておる
        そして自分は唯一の正しきことと考えておる
        この讃辞に答えることは。
全員:     われらは類稀なる礼儀正しさを持ち合わせている、
        そして彼は唯一の正しきことと考えている、
      この讃辞に答えることが。
艦長:     悪しき言葉や暴言などは
      自分は決して、一度も用いたことがない、
      どんなに緊急時であろうと、
        たとえ「やれやれ」と自分は言うかもしれないが
        たまたまの言葉、
      自分は決して、あの ちく… などとは言わない。
全員:       何と、全くですか?
艦長:         いや、全くだ!
全員:       何と、全くですか?
艦長:         めったには言わぬ!
全員:   めったには口には出さぬ、あの ちく… という言葉を
      じゃあ彼に3回、それにもう一回喝采しようでは、
      良き生まれのピナフォア号の艦長に!
                     (歌が終わると艦長以外は退場する)
          (小さなキンポウゲ登場)

レチタティーヴォ:キンポウゲと艦長 Sir, You Are Sad
キンポウゲ:
  閣下、貴方は悲しんでおられます! 物言わぬ雄弁は
  あなたのふるえるまつ毛からの涙
  普通を遥かに超えた悲しみが宣言されています
  私を信用して下さい … 恐れずに … 私はあなたの母となりましょう!

艦長:
  そうなのだ、小さなキンポウゲ、私は悲しみと苦痛におる …
  私の娘、ジョゼフィーン、最も綺麗なる花
  祖先から伝わる家の樹に咲いた初めての花が
  ジョゼフ・ポーター卿の結婚相手として望まれておるのじゃ、
  わが英国海軍省長官に、しかしながらある理由により
  彼女はその親切なる申し出を受けようとする気はないらしいのだ。

キンポウゲ:(感情極まり)
  ああ、可哀そうなジョゼフ卿だこと!ああ、私にはよく分かりますわ
  心の痛み、報われぬ愛!
  でも御覧なさい、あなたの最も魅惑的な娘さんがこちらに来ますわ。
  私は行きます … 左様なら!
                              (退場する)

艦長:(彼女の後ろ姿を見つめながら)
  ぽっちゃりとした愛嬌ある人だこと!
                              (退場する)

    (ジョゼフィーン登場、小さなかごに対になった花を手にして)

バラッド:ジョゼフィーン Sorry Her Lot
    あまりに強く愛した彼女の運命は痛ましい、
      無益な希望のみに心は重く、
    呪いを含むため息は哀しく、
      あまりに明白に語る目が光る;
        哀しみは重く首をたれ
        愛は生きていても希望が死んだから!

    哀しきは太陽が沈む時間 …
      暗闇は夜地上の哀れな娘たちに、
    方舟に疲れ切ったものが降りた時
      水が流れ切った地から飛んできたもの
        哀しみは重く首をたれ
        愛は生きていても希望が死んだから!

        (艦長登場)

ダイアローグ
艦長:我が子よ、私はお前が憂鬱の餌食にされているのを見るのが辛いのだ。今日は最高の顔つきをみせなければなるまい、なぜならバス2等爵子であるジョゼフ・ポーター卿が午後に来てお前の約束された手を要求するからだ。
ジョゼフィーン:(以下「ジョゼ」と記す)ああお父様、あなたの言葉は私の生き肉を切るように、とてもこたえますわ。私はジョゼフ卿を尊敬し、崇拝し、敬愛することは出来ます、彼は偉大で善き方ですから;でもああ、私には彼を愛することは出来ないのです! 私の心はもう既に捧げられたのですから。
艦長:(傍白で)私が恐れていた時が来た。 (大声)捧げられた? それは誰にじゃ? 裕福な貴族でないとは言わぬな?
ジョゼ:いいえ、お父様 … 私の愛の対象は貴族ではありません。ああ、みじめ、なぜかというと彼はお父様の船に乗っている身分の卑しい水兵だからです!
艦長:あり得ない!
ジョゼ:いいえ、本当の事です … 全くの真実です。
艦長:平民の水兵が? これはこれは!
ジョゼ:私はそのような情熱を自分の中に抱き続けさせておく自分の弱点に顔が赤くなりますわ。私自分を憎んでしまいます、それは私が身を落とし生まれの卑しい人のことを思うことを自分自身に許してしまい深く思う時のことです、でも彼を愛しているのです。彼を愛しているのです。彼を愛しているのです。(むせび泣く)
艦長:来なさい、我が子よ、二人で話し合おうではないか。心の問題に関しては自分の娘に強要をしようとは思わぬ … 私が持つ身分や富の価値はほとんどないが、しかしどこかで線は引かなければならぬのだ。そのような立場の男は勇敢で価値ある男だろう、しかしどの地位においても彼は社会が許すことが出来ないような無作法を企てておるのだ。
ジョゼ:ああ、そのことに関しては夜も昼も考えております。でも心配はいりません、父上、私には心があり、それゆえ私は愛しているのです、しかし私はあなたの娘であり、それゆえ私は誇りに思います。とは言え我が愛は墓場まで持って行くので、彼は決して、決して知ることはないでしょう。
艦長:お前は結局私の娘だ。しかし見なさい、ジョゼフ卿の艀舟(はしけぶね)が近づいておる、12人の信頼できる漕ぎ手と敬愛する姉妹達、従妹達、叔母達の一群を従えているが彼女たちは彼の行くところ常に付き添うておる。下がりなさい、娘よ、お前の客室に … これを持って行きなさい、閣下の写真を持って … それがお前に程良い心持ちをさせてくれよう。
ジョゼ:我が思いやり深い父君!
               (ジョゼフィーン退場、艦長は残り船尾甲板に上がる)
≪注:「約束された手」とは結婚の承諾のこと≫

バーカロール(見えない所から)ジョゼフ卿の親類 Over the Bright Blue Sea
      輝く青き海の彼方から
    来るはジョゼフ・ポーター卿、バス2等爵子
      彼が行くところどこでも
    ドン・ドンと大音響で9ポンド砲
      輝く青き空の彼方へ叫ぶ
    ジョゼフ・ポーター卿、バス2等爵子のために
≪注:バーカロール Barcarole はゴンドラの船頭が歌う舟歌;それを模した作品。9ポンド砲は軍艦に装備する大砲の中で最も小さい大砲≫

(この間水夫が忍び足で登場し、丁重な面持ちでこの歌を聞く)

水兵たちのコーラス Sir Joseph's Barge Is Seen
    ジョゼフ卿の艀舟が見えた、
      それに紅潮した美女の一団も、
    われら閣下が我らをはっきり見えることを願う、
      それにわれらの職務に集中している姿を。
    われら青き海を帆走する、
      そして我らが粋な船は美しい
    われらは実直で誠のある男たち、
      それにわれらの職務に集中している。
    われらは賢く実直な男たち
      そして畏怖すべきものに大いに身を捧ぐ、
    すべての帝国海軍の中で、
      だれもわれらほど賢くはない。

(ジョゼフ卿の女性親類登場、彼女たちは舞台上で円になって踊る)

親類:     楽しい足取りで、
        軽く飛び上がり、
      乙女達は乗船のために集まる。
水兵:   旗、銃、三角旗を下げ上げし
      女性はみんな船に乗るのが好き
≪注:旗は国籍を表すもので軍艦旗は白地にユニオン・ジャック。三角旗(ペナント)は通信、命令伝達に使われる。旗を一度下げ直ぐに上げる行為はディッピングと言い一種の敬礼行為≫
親類:     水兵は陽気
        いつも正しく
      女性をとても礼儀よく迎えてくれる。
水兵:   にこやかにほほ笑む女性たちよ、
      水兵たちは最高の礼儀で歓迎しよう。

レチタティーヴォ Now Give Three Cheers
艦長:(船尾甲板から)
    さあ喝采を三度上げようでは、私が率いよう
    フラー! フラー!
全員: フレー! フレー! フレー!

        (ジョゼフ卿、従妹のヒービーとともに登場)

歌:ジョゼフ卿 I Am the Monarch of the Sea
ジョゼフ卿:(以後「JP卿」と記す)
      我輩は海の君主である、
        女王陛下艦隊の支配者である、
      その称賛するは大英帝国を声高に歌うなり。
ヒービー:   そして私たちは彼の姉妹達、従妹達、叔母達!
親類:     そして私たちは彼の姉妹達、従妹達、叔母達!
JP卿:  ここに錨を下ろしたら我輩は乗り込む、
        わが胸は誇りに膨らむ、
      そして敵兵が嘲れば我輩は指を鳴らせばよい;
ヒービー:   そして彼の姉妹達、従妹達、叔母達も同様に。
全員:     そして彼の姉妹達、従妹達、叔母達も同様に。
JP卿:  しかし嵐が吹いた時には、
        我輩は普通下に逃げる、
      そして客室と認められる避難所を探すのだ;
ヒービー:   そして彼の姉妹達、従妹達、叔母達も同様に。
全員:     そして彼の姉妹達、従妹達、叔母達も同様に。
          彼の姉妹達、従妹達、
          閣下が数えると1ダースにおよび、
            それから彼の叔母達!

歌:ジョゼフ卿 When I Was a Lad
JP卿:
    我輩が若者だった頃我輩が年季奉仕したのは
    事務弁護士商会の小僧として
    我輩は窓を拭き床を掃き、
    そして我輩は大きな入口扉の取っ手を磨いたものよ
全員:     彼は大きな入口扉の... etc.
JP卿:
      我輩は取っ手を丁重に磨いたもの
      それが今では我輩は女王陛下艦隊の支配者に!
全員:     彼は取っ手を丁重に... etc.

JP卿:
    事務所の小僧として評価され
    皆は我輩に下級事務員の地位を与えたのだ。
    我輩の奉仕は文書係で平気な顔でほほ笑んで勤めたもの、
    そして我輩は大きく丸い手であらゆる文章を模写したもの …
全員:     彼は大きく丸い手で... etc.
JP卿:
      我輩は達筆な手であらゆる文章を模写したもの、
      それが今では我輩は女王陛下艦隊の支配者に!
全員:     彼は達筆な手で... etc.
    
JP卿:
    文書係として我輩は名を上げ
    すぐに我輩は弁護士実務研修生となった;
    我輩は清潔な襟を付け新品の背広を着込んだ
    事務弁護士会での弁護士試験に合格するために
全員:     事務弁護士会での... etc.
JP卿:
      弁護士試験で我輩は上手いことやったもの。
      それが今では我輩は女王陛下艦隊の支配者に!
全員:     弁護士試験で彼は... etc.
    
JP卿:
    法知識に関して我輩は人々の評判となり
    それで彼らは我輩をパートナーシップに迎えたのだ。
    それは下位パートナーシップであり、我思うに
    それが我輩が唯一遭遇した船(シップ)であったのだ。
全員:     それが彼が唯一... etc.
JP卿:
      しかしそのような種別のシップは自分に合っていたのだ、
      それが今では我輩は女王陛下艦隊の支配者に!
全員:     しかしそのような... etc.

JP卿:
    裕福となった我輩が送られたのは
    懐中選挙区の国会議員として
    我輩は常に我が党の要求どおりに投票しておった
    そして我輩は自分自身では全く考えもしなかったのだ。
全員:     彼は彼自身では全く... etc.
JP卿:
      我輩は考えもしなかったが、彼らは我輩に報酬を与えたのだ
      それは我輩を女王陛下艦隊の支配者にと!
全員:     彼は考えもしなかったが... etc.

JP卿:
    さて同国人たちよ、君たちがどのような人間であろうと、
    もし組織の頂点に登りつめたいのなら、
    もし君の魂が事務椅子に拘束されていないなら、
    注意してこの黄金の法則に従うのだ
全員:     注意してこの黄金... etc.
JP卿:
      机にピッタリ張り付いて決して海にはいかぬこと、
      そうすれば君ら誰もが女王陛下艦隊の支配者となれよう!
全員:     机にピッタリ張り付いて... etc.
≪注:別名 The Admiral's Song というパターソングで最も人気のある歌だろう。ユーモア小説「ボートの三人男」(1889) にはコミック・ソングを歌えると自負するハリスがこの歌 When I was a lad とG&Sの「陪審裁判」中の判事の歌 When I, good frinds, was called to the Bar を混同して歌う場面があるが確かに似た内容の歌ではある。
事務弁護士商会と訳したのは attorney's firm。ジョゼフ卿がなったのは事務弁護士 solicitor だが主な仕事は法律書類の作成であり法廷弁護士 barrister と異なり法廷で争うことはなかった。 懐中選挙区 pocket borough は個人または一族の牛耳る選挙区のこと≫


ダイアローグ
JP卿:貴君には非常に優れた水夫がおるな、コーコラン艦長。
艦長:優れた水夫です、ジョゼフ卿。
JP卿:(非常に小柄な海軍将校候補生を見ながら)大英帝国水兵は素晴らしき同志である、コーコラン艦長。
艦長:まさに素晴らしき同志であります、ジョゼフ卿。
JP卿:貴君が水夫に対して優しくあることと思っておるぞ、コーコラン艦長。
艦長:まさにそう思っております、ジョゼフ卿。
JP卿:忘れてはならんぞ、貴君らが英国の偉大さの砦となっておることを、コーコラン艦長。
艦長:自分は常にそうであると考えております、ジョゼフ卿。
JP卿:いじめなどないと信頼しておるぞ … どのような時も厳しい言葉など使わぬな、どうだ?
艦長:いえ、決して、ジョゼフ卿。
JP卿:何と、決してと?
艦長:めったにでございます、ジョゼフ卿。彼らは優秀な水夫なれば、そのようなことが無くとも自分達の職務を遂行いたします。
≪注:この問答は艦長と水夫のコーラス I am the Captain of the Pinafore のパターンを踏襲している≫
JP卿:決して威張ってはいかんぞ、サー … 懇願するのじゃ、決して威張ってはいかんぞ。
艦長:勿論そのようなことは、ジョゼフ卿。
JP卿:貴君が彼らの艦長となったのは偶々の生まれ合わせゆえ。許されまいぞ、彼ら気高き男どもが偶々の生まれ合わせゆえに貴君が彼らの上に位置し、彼らが貴君の下に位置するからという理由で威張られることになるのは。
艦長:自分は大英帝国水兵に傲慢にふるまった最後の人間となります、ジョゼフ卿。
JP卿:貴君がそうしたことの最後の人間となるのだ、コーコラン艦長。卓越した海員よ一歩前に出ることを望む。
      (ディックが進み出る)
JP卿:ちがう、ちがう、他の卓越した海員じゃ。
艦長:レイフ・ラクストロー、3歩前へ … 進め!
JP卿:(いかめしい態度で)もし何を?
艦長:もう一度お願いします … 自分には理解できなかったようで。
JP卿:もしよろしければ
艦長:ああ、そうです、勿論。もしよろしければ。(レイフは前に出る)
JP卿:貴君はとても優れた男だ。
レイフ:さようであります、閣下。
JP卿:第一級の海員である、請け合おう。
レイフ:自分ほどの賢いトップマンは海軍にはいません、閣下、自分の言葉とは言え反論する人はいないはずです。
JP卿:全くじゃ。まっとうな自負である。ホーンパイプは踊れるかね?
≪注:トップマンとは帆柱のトップで働く人、檣楼員(しょうろういん)。ホーンパイプは水兵の間で流行した活発な舞踏曲≫
レイフ:いいえ、閣下。
JP卿:残念なことじゃ;水兵というものはホーンパイプを踊るものじゃ。今晩、夕食の後で教えてあげよう。さて教えて欲しいのじゃが … 恐れるでない … 貴君の艦長はそなたをどのように扱っておるのじゃ?
レイフ:よき艦長は甲板を歩かぬものです、閣下。
全員:アイ、アイ!
JP卿:よし、我輩はそなたの司令官について良き言葉を聞けて満足じゃ;おそらく彼にその資格はなかろうが、しかしそなたの信頼は得ておる。そなたは歌うことは出来るのか?
レイフ:鼻歌程度です、閣下。
JP卿:では暇な時間に鼻歌でも歌いたまえ。(彼に楽譜を渡す)これは帝国海軍のために我輩が作曲したものじゃ。これは下位の部門に従事する者たちの考えと行動の自主性を鼓舞するべく作られており、大英帝国水兵が誰とでも平等であることを教えるものだ、我輩を除いてだがな。さてコーコラン艦長、客室員に言葉を、優しく感傷的な主題でな。
艦長:アイ、アイ、サー・ジョゼフ。(横切る)甲板長、この喜ばしき式典を祝して、見たまえ格別なグロッグが用意されておるぞ、船の仲間のために7つの鐘が鳴る時に。
≪注:グロッグは水で薄めたラム酒≫
甲板長:聞き取れませんが、もし何です、閣下?
艦長:もし何ですと? 私には理解できていないようだが。
甲板長:もしよろしければ、でございます、閣下。
艦長:何だと!
JP卿:この紳士の言うことは最もである。もしよろしければ
艦長:(悔しそうに足を踏みながら) もしよろしければ!

レチタティーヴォ For I Hold That on the Seas
JP卿:我輩は海に浮かぶものを保有しているゆえに、
     この表現「もしよろしければ」は
        特に紳士らしき風味が埋め込まれておる。
ヒービー:そして彼の姉妹達、従妹達、叔母達も同様に!
全員:  そして彼の姉妹達、従妹達、叔母達も同様に!
        彼の姉妹達、従妹達、
        閣下が数えると1ダースにおよび、
          それから彼の叔母達!

                      (ジョゼフ卿、彼の親類ら、退場)
ダイアローグ
甲板長:ああ、ジョゼフ卿は真の紳士だ;非常に卑しい生まれにも思いやりと情けがある。
レイフ:確かに、甲板長、しかし我らは非常に卑しいというわけじゃあない。ジョゼフ卿は我らの本当の立場を説明してくれた。彼の言によれば、大英帝国水兵が誰とでも平等だということだ、彼を除いてだが、そしてジョゼフ卿がそう言ったからといって、彼を信じるのは我々の義務という訳でもなかろう?
全員:よく言った、よく言った!
ディック:あんたは間違った帆の開きをしているぞ、彼も同様だ。彼は良きことの意味で言っているのだろうが、でも彼は知らんのだ。もし人が誰かの命令に従わなければならないのなら、平等など問題外のことなのだ。
全員:(反発しながら)酷い、酷い!
甲板長:ディック・デッドアイよ、もし君がここにいる船仲間たちを激怒させるつもりなら、私は彼らを自制させておくために答えないでおこう。ショックだ!そう私は … ショックを受けたよ。
レイフ:食堂仲間たちよ、僕の気持ちは固まった。僕は艦長の娘さんに話をするつもりだ、そして彼女に告げるんだ、正直な人間のように、彼女への僕の正直な愛を。
全員:そうだ、そうだ!
レイフ:僕の愛は彼女に捧げるだけの善きものでないのか? 僕の心は彼女の心と同様にまことでないのか? 手も目も耳もあばらも彼女に合うものを僕は持っていないのか?
全員:ある、ある!
レイフ:確かに、僕に欠けたものは生まれの …
甲板長:君にはこの船においてねぐらがあるではないか。
≪注:同じ発音の生まれ(birth) とねぐら(berth) を甲板長は取り違えている≫
レイフ:その通りだね … 僕は忘れていたよ。食堂仲間よ … どう思うかね? 君らは僕の決断を賛成してくれるかい?
全員:みんな賛成するさ。
ディック:おれは賛成しないさ。
甲板長:ここにいるこの望みなき男には何をしてあげたらいいのだろう? さあジョゼフ卿が親切にも作ってくれた歌を歌おうではないか。もしかして歌によってこの惨めな生き物に正しい心の状態を植え付けるかもしれないから。

グリー:レイフ、甲板長、甲板長助手 & コーラス A British Tar
    大英帝国の船乗りは天かける魂、
      まるで山鳥のように自由、
    彼の力ある拳(こぶし)は構えているべし
      尊大な言葉に直ぐ対抗できるように
    彼の鼻はあえぐべし、そして彼の唇は歪むべし
    彼の頬は燃えるべし、そして彼の眉は大きく開くべし
    彼の胸は膨らむべし、そして彼の心は熱くなるべし
    そして彼の拳は常に打ち倒せるべく構えているべし。
コーラス:    彼の鼻は... etc.

    彼の目には中で生れし炎を写すごとくに輝くべし
      彼の嘲りを示す眉は捻じ曲げられ;
    彼は決して横柄な顔つきに頭を下げることもなく、
      暴君の口から出る大声にも屈せぬ。
    彼の足は踏み鳴らすべし、そして彼の喉は唸るべし、
    彼の髪は掻きむしられるべし、そして彼の顔は睨みつけるべし;
    彼の目は輝くべし、そして彼の胸はふくらみ、
    そしてこれは彼の常日頃の姿勢であるべし … (構える)
コーラス:    彼の足は踏み鳴らすべし... etc.
≪グリーとは18世紀の英国で誕生した無伴奏三部(以上の)男性合唱曲。
船乗りたちは石炭や木から抽出したタールで防水加工した帽子を被っていたため船乗りのことを口語で Tar と呼んだ≫


(レイフを除き全員踊る、彼は船倉に体をもたげ物思いにふける)

(ジョゼフィーン登場)

ダイアローグ
ジョゼ:無駄なことだわ … ジョゼフ卿の思いやりは吐き気をもよおすだけ。私は彼が本当に偉大で善き人だと知っているわ、彼が自分自身をそう言ったのだから、でも私には彼は退屈で、気難しくて、独裁的にしか見えない。その上彼は平民の心持など分からぬはず、だから彼はわざと愛する父に客室テーブルの上でホーンパイプの踊り方を教えなかった。(レイフを見る)レイフ・ラクストロー!(感極まる)
レイフ:そうです、お嬢さん … 貧しいレイフ・ラクストロー以外の誰でもないさ!
ジョゼ:(傍白で)心臓は高く打つわ!(大声で)でも何故貧しいの、レイフ?
レイフ:僕は幸福という香りには貧しいのさ、お嬢さん … ただ一つ豊かなのは終わりなき心配のみさ。僕の中では正反対の対の軍隊が対面していて、それぞれ相手に対し永遠の戦(いくさ)をしているのさ。こちらのは反対する力が動き … あちらのは主観的な気持ちが … 浮遊する一瞬が燃える一日となり、希望を嘲笑い … 押し込められるは絶望とはっきり分かるキムメリオス人の暗黒にも似た国、僕はただ和解することのない敵対関係の中枢に生きているのみ。僕の言うことが分かっただろうか、お嬢さん?
ジョゼ:完璧に。(傍白で)彼の簡潔な雄弁が私の心臓を打つ。ああ、私が大胆にもなれたら … でも駄目だわ、この思いは狂っているわ!(大声で)この馬鹿げた想像を捨てなさい、それは貴方を苦しめるだけの必要ないもの。さあ、努力することよ。
≪注:レイフの長々しい美文調は何を言っているのかよく分からないが、「僕の言うことが分かっただろうか」というセリフでは観客が爆笑していた(DVD映像)。それに対しジョゼフィーンが「簡潔な雄弁」との感想がおかしい。キムメリオス人はギリシャ神話に登場する世界の果ての暗黒の世界に住む人々≫
レイフ:(傍白で)そうしよう … ひとつ。(大声で)ジョゼフィーン!
ジョゼ:(憤然として)サー!
レイフ:そう、例えユピテルの武器が大胆非情な彼の唇を持つ頭から送りだされたとしても、婚姻関係は罪深いもの、その貴重な言葉を恐れず吐き出した、それでも僕はもう一度吐き出せるのなら、その後に僕は永遠に黙すことが出来よう。ジョゼフィーン、この短き呼吸の中に僕は詰め込まれているのだ、希望と、疑心と、疲労の半年間の不安に満ちた恐怖が。ジョゼフィーン、僕は大英帝国の水兵だ、そして僕は君を愛しているのだ!
ジョゼ:サー、これは大胆ですわ!(傍白で)ああ、私の心臓は強く鼓動する! (大声で)平民の水兵の一部なのにこれは許しがたき無礼です!(傍白で)平民!ああ皮肉な言葉だこと!(横切り、大声で)ああ、サー、貴方は二人の間の身分の違いを忘れておいでです。
≪注:またもレイフの長々しいセリフは何を言っているのか分からないのでそれらしい訳で濁してある。平民と訳したのは common だが common には共通の、共同のという意味もありこれを皮肉な言葉と言っているのだろうか?≫
レイフ:僕は何も忘れていません、傲慢なお嬢さん。僕は君を死に物狂いで愛しているし、僕の命は君の手の中にあるのです … 僕は君の足元に身を捧げます! 希望を、そして僕に欠けている教育や上品なる社交上のたしなみなどを得るべく僕は努力します。僕を絶望させたのなら、その慰謝として残るのは死のみです。
ジョゼ:長く待つ必要はありません。あなたの愛の申し出に私は堂々と拒絶いたします。行きなさい、サー、そしてあなたと同じ身分の村の娘に目を向けることを学びなさい … 目は前の艦長の娘より低い所を見なさい。


デュエット:ジョゼフィーンとレイフ Refrain, Audacious Tar
ジョゼ:
    諦めなさい、無謀な船乗りよ、
      あなたの押しつける求愛を、
    自分が何者か思い出しなさい、
      そして誰に話しているのかを!
(傍白)私の軽蔑すべき身分を笑ってしまう
      神聖なる結婚など、
    彼はもっと高くの生まれだったら
      それとも私がもっと低くにあれば!
レイフ:
    誇り高いお嬢さん、あなたの道を選ぶがよい、
      無情な美女よ!
    あなたは語り僕は従う、
      それが僕の義務!
    僕は最も低い船乗り
      水辺を帆走する、
    そしてあなたは、誇り高き乙女、それは
      我が艦長の娘!
(傍白)我が心は苦悶に千切れ
      彼女の前で頭を下げる、
    彼女は我が嘲笑に値する愛を笑う、
      なれど彼女を崇拝する!

(リフレインを繰り返すアンサンブル、それからジョゼフィーンは客室に退場する)

レチタティーヴォ Finale Act I: Can I Survive this Overbearing?
レイフ:(レチタティーヴォで)
      僕はこの圧迫に生き続けられようか
      あるいは狂った自暴自棄として命を全うしようか、
      我が求愛は見下され、却下されたのか?
      違う、違う、期待などしていなかったのだ!

(呼び戻し)食事仲間よ、おーい、
      こっちに来なよ! こっちに来なよ!
    (水兵、ヒービー、親類、それにキンポウゲ登場)
全員: これは、これは、やあ君!
    何か陽気だね、何で陽気なんだい?
      さあ教えておくれ、お願いだから、
      すぐにでも、
      彼女は何と言ったんだい …
    何か陽気だね、何で陽気なんだい?
レイフ:(従妹のヒービーに)
    あの乙女は僕の求愛に対し嘲笑で返しました、
      僕の卑しい生まれを撥ねつけたのです、御婦人
    彼女は僕の生まれが卑しいと、
      そして僕の漂っていた望みを断ち切ったのです、御婦人
全員:        ああ、残酷な人。
ディック:
    彼女はお前の求婚を一蹴したのか? ほー、ほー!
    俺が言った通りだろ、言った通りだろ。
水兵と親類:
    われら/彼らは提起すべきか? われら/彼らは奴隷でしかないのか?
    愛は上の階級から下の階級まで等しく生まれるもの …
    帝国の水兵は波を支配している、
      彼らは侮辱に対しへりくだらなければ? 違う、違う!
ディック: お前は提起すべきだ、お前はただの奴隷だと;
      淑女の彼女に! ほー、ほー!
    お前らは波間に働くもの、
      彼女はお前ら全員を一蹴した … おれが言った通り!
レイフ: 我が友よ、我が残りの人生を僕は取り除こう、
    なぜなれば嗚呼、僕の心は、心は破かれたのだから;
    僕が逝ってしまったら、どうか伝えて欲しい
    その乙女に、僕は死ぬとしても、彼は彼女をとても愛していたと。

  (コーラスの間に甲板長はピストルに弾を込めレイフに渡す)
レイフ: 忠告を聞いてくれ、我が食事仲間の皆よ
      君らより高き身分の人を愛した者 …
    ジョゼフィーンに僕は恋した!

    (ピストルは彼の頭に当てる、水兵たちは耳をふさぐ)

      (ジョゼフィーンは甲板に登場する)


ジョゼ: ああ、やめて … 私はあなたを愛しています!
全員:  ああ、やめて … 彼女は君を愛している!
レイフ:(疑い深い目で)
     僕を愛しているって?
ジョゼ: 愛しています。
全員:  そう、そうなのだ … ああ、そうなのだ、彼女は君を愛している!

アンサンブル:ジョゼフィーン、ヒービー、レイフ
      ああ歓喜、ああ予測もしなかった狂喜
      ここに空は静まり返り
      昼の神 … 愛の太陽は …
      彼の印を高くに掲げ、
        空は燃え立つ。

      求愛の言葉と愛の歌により、
      我らは留まる時を追い求め、
      そしてもし僕が/われらが 乙女の恥じらいを見たのなら
      僕は/われらは 静かな喜びの世界へとつぶやく
        夢のようなさえずりで!

ディック・デッドアイ
      彼はジョゼフィーンを勝ち取ったと思っている、
      しかし空がいまは静まり返っていたとしても、
      顔をしかめた雷が天にあり
      彼ら不釣り合いの愛を終わらせるであろう
        今は燃え立っている愛を。

      われらが艦長は、日が終わる前には
      とてつもなく辛くあたるに違いない
      雇われている不道徳な男に
      彼のジョゼフィーンにより控えるようにと
        あらゆる手を尽くして
            (ディック退場する)
ジョゼ:    このまさなる夜に、
ヒービー:     静かな息と
レイフ:        静かな漕ぎ舟で …
ジョゼ:    一点の光もなく、
ヒービー:     死のような静寂に、
レイフ:        僕らは陸へ逃げ出す。
ジョゼ:    牧師が
レイフ:      僕らを一つに
甲板長:        10時30分に、
ジョゼ:    そして私たちは
レイフ:      戻り、誰にも
甲板長:        二人を分かつことは出来ぬ!
全員:          このまさなる夜に... etc.
      (ディック昇降階段より登場)
ディック:我慢するのだ、お前たちの計画は成功せぬ;
     彼女は淑女であり … お前はフォアマスト員ではないか!
     思い出すのだ、彼女はお前の偉大なる艦長の娘ではないか、
     そしてお前は水を行く最も卑しい奴隷ではないか!
全員:    戻れ、害虫よ、戻るのだ、
          我らをなぶるのもやめよ!
       戻れ、害虫よ、戻るのだ、
          お前は我らを憤慨させる!
            (ディック退場する)
    さあ水兵の花嫁に三度の喝采を
    彼女は身分のことを投げ出し …
    家も幸運も諦めたのだから
    まことある水兵への正直な愛の為!

ジョゼフィーン、ヒービー、親類たち:
    大英帝国の船乗りは天かける魂、
      まるで山鳥のように自由、
    彼の力ある拳(こぶし)は構えているべし
      尊大な言葉に直ぐ対抗できるように
    彼の目には中で生れし炎を写すごとくに輝くべし
      彼の嘲りを示す眉は捻じ曲げられ;
    彼は決して横柄な顔つきに頭を下げることもなく、
      暴君の口から出る大声にも屈せぬ。

水兵:
    彼の鼻はあえぐべし、そして彼の唇は歪むべし
    彼の頬は燃えるべし、そして彼の眉は大きく開くべし
      彼の胸は膨らむべし、そして彼の心は熱くなるべし
      そして彼の拳は常に打ち倒せるべく構えているべし

アンサンブル:
    彼の足は踏み鳴らすべし、そして彼の喉は唸るべし、
    彼の髪は掻きむしられるべし、そして彼の顔は睨みつけるべし;
      彼の目は輝くべし、そして彼の胸はふくらみ、
      そしてこれは彼の常日頃の姿勢であるべし … (構える)
          
(全員の踊り)
≪注:フィナーレの最後は A British tar のリプリーズ≫

第一幕 終





第二幕へ

ページ・トップへ


2011/08/01 訳
2013/03/01 レイアウト変更等


Home (ホームページ)   Menu (上位メニュー)