HARLEM BUTTERFLY

Harlem butterfly,
The Moon got in your eye
The night you were born.
Harlem butterfly,
You listened to the cry
Of some lonely horn.
And that combination
Left you a mark
That you'll never, never lose.
While you chase some will-o'-the wisp
In the dark
Your heart keeps on singin' the blues.

Oh, Harlem butterfly,
The writin's in the sky—
You'll come to no good.
But I'm not blamin' you.
I'm certain I would do
The same if I could,
For even though a candle
Burned at both ends
Can never last out the night,
Harlem butterfly,
It really makes a lovely light.


The lyric's ending is a clear homage to poet Edna St. Vincent Millay's famous "First Fig"

 My candle burns at both ends;
 It wil not last the night;
 But ah, my foes, and oh, my friends—
 It gives a lovely light!


ハーレムの蝶よ、
君の目に月が届いたのは
君が生まれた夜のこと。
ハーレムの蝶よ、
君が聞いたのは
角笛の寂しい叫び。
そのコンビネーションが
君に残した跡は
君が決して、決して失うことのないもの。
君が暗がりで
鬼火を追っている間は
君はブルーズを歌い続ける。

ああ、ハーレムの蝶よ
夜空に書かれた星図は
君が不吉になると告げている。

でも僕は君を咎めたりしない、
確かに僕は同じように
不吉が訪れるだろう、
たとえろうそくの両端に
火がともり
夜もすがら燃えることなくとも、
ハーレムの蝶よ、
素晴らしい光をまさに放ってくれる。

※ 1942年4月8日に設立されたキャピトル・レコードの創設メンバー社長であり優れた A & R 担当 (歌手と曲の発掘) だったジョニー・マーサーが契約したばかりの白人バンド・リーダー:ボビー・シャーウッドのために書いた歌で、同年 5月に録音され11月にリリースされた。(キャピトル・レコードでは Mooon Dreams に次ぐ2番目の録音)

特にヒットしたわけではなく取り上げる人も多くないが、マクスィン・サリヴァンが数回、スザンヌ・マコークルがジョニー・マーサー作品集、レベッカ・キルゴアがマクスィン・サリヴァンへのトリビュート・アルバムで録音している。(SecondHandSongs によるパフォーマー・リスト 参照)

なお歌詞のエンディングは、エドナ・セント・ヴィンセント・ミレイの有名な詩 First Fig の明らかなオマージュだとマーサー歌詞集に脚注されている。(詩の解説はこのブログ を参照)

 My candle burns at both ends;
 It wil not last the night;
 But ah, my foes, and oh, my friends—
 It gives a lovely light!




作詞・作曲: ジョニー・マティス Johnny Mercer (1942)

YouTube
■ マクスィン・サリヴァン
■ スザンナ・マコークル
■ レベッカ・キルゴア
■ ボビー・シャーウッド


2022/07/05 訳


 ページトップへ  上位メニューへ