WHEN YOU AND I WERE YOUNG, MAGGIE

1. I wandered today to the hill, Maggie,
To watch the scene below:
The creek and the old rusty mill, Maggie,
Where we sat in the long, long ago.

The green grove is gone from the hill, Maggie,
Where first the daisies had sprung;
The old rusty mill is now still, Maggie,
Since you and I were young,.

今日は丘の上を散歩したよ、マギー、
下の景色を見るために
あの小川や赤く錆ついた水車をね、マギー
私たちが腰かけたところさ、ずっと昔に

丘から眺める緑の木立は消えてしまったよ、マギー
雛菊が最初に咲き始めた所さ;
古く赤茶けた水車はもう動きを止めたのさ、マギー
私と君が若かった頃以降に

Chorus:
And now we are aged and gray, Maggie,
The trials of life nearly done;
Let's sing of the days that are gone, Maggie,
When you and I were young.

今私たちは年老い髪も灰色になったね、マギー
人生の試練ももうすぐ終わるよ;
二人して過ぎた日々を歌おう、マギー
君と私が若かった頃の。


2. A city so silent and lone, Maggie,
Where the young and the gay and the best,
In polished white mansions of stone, Maggie,
Where they each found a place for their rest,

In built where the birds used to play, Maggie,
And join in songs that were sung;
And sang just as gay as did they, Maggie,
When you and I were young.

(to Chorus)

都会は全く音がなく寂しいよ、マギー
若く楽しくなれる至福の場所は、
磨かれた白い石の家の中にあるんだね、マギー
人誰もがその安息を見つける所さ、

建屋の中では鳥たちが奏で、マギー
歌の仲間に加わるのさ;
そう鳥たちと歌ったごとく、マギー
君と私が若かった頃のように。

(コーラスへ)

3. They say I am feeble with age, Maggie,
My steps less spritely than then;
My face is a well-written page, Maggie,
But time alone was the pen.

They say we are aged and gray, Maggie,
As spray by white breakers flung,
But to me you're as fair as you were, Maggie,
When you and I were young.

(to Chorus)

歳とともに私は弱々しくなったと人は言うよ、マギー
私の歩みはあの頃のような快活さは失われたのさ;
私の顔は十分書き込まれた一ページ、マギー
ただ年月というペンによって書かれた。

私たちは年老い髪も灰色になったと人は言う、マギー
まるで白き波しぶきを受けたかのように、
しかし私にとって君は昔どおり美しいよ、マギー
君と私が若かった頃のように。

(コーラスへ)



※ When You Were Sweet Sixteen にも似た、失われた青春の日々を懐かしむ歌でカントリー、ディキシーランド・ジャズなどの定番曲。

アイルランド系の歌手が歌ってヒットさせたこから、アイルランドの歌と誤解されることもあるが、オリジナルの歌詞はカナダの学校教師、ジョージ・ワシントン・ジョンソンの詩集に収められたもの。
マギーとは彼の生徒であった、マーガレット・クラークのことで、ジョンソンは彼女に恋し丘の上で遭うようになったというが、彼女が病に伏せた時に、丘の上から水車小屋を眺めた時にジョンソンが書いたのがこの詩。
そして1864年に Maple Leaves という詩集に収められ、同年二人は結婚するもののマギーの健康は思わしくなく翌年(または同年)に他界したという。その後 1866 年にジェイムズ・バタフィールドがこの詩に曲をつけ世界中に知れ渡る歌となった。

なお2番のヴァースで語られる「磨かれた白い家」は墓を指していると思う。





作詞: ジョージ・W・ジョンソン George Washington Johnson
   (詩集: Maple Leaves (1864) より)
作曲: ジェイムズ・A・バタフィールド James Austin Butterfield (1866)

CD
● ヴィック・ディッケンソン The Vic Dickenson Show Case

YouTube
■ ジョン・マコーマック



2010/10/02 訳
2012/11/20 エッセイ → 訳詩 に移行


 ページトップへ  上位メニューへ