GONE FISHIN'

[クロスビーの語り]
 なぜあんたが家にいないのか言ってやろうか
 いつも訪問するたびに

[歌]
サボって釣りに出かけたね (クロスビー)
 なんで分かるんだい   (アームストロング)
ドアの看板でさ
サボって釣りに行ったね
 俺はマジにいかす(gone)男さ
もう仕事をしないつもりだね
 カモね
鍬が外に置きっぱなし
あんたが畑仕事を半分した所にあったよ
鍬仕事は楽しくないって文句を言ったよね
 でも本当さ証明しようか
あんたには欲がないみたいだね
日影で浅瀬の沼に釣りにいったね
 シャングリ・ラさ、まったく・ら
まったくあんたのようなお馬鹿さんになれたらと思うよ
 腕をひねっちゃろか
僕が言いたいのは僕も仕事をしないってことさ
 ようこそ釣り部へ
僕の家のドアにも看板を付けて
サボって釣りに行こうか、願っているだけじゃなく本当に

[アームストロングとクロスビーの会話]
ビング親父よ
なんだい、ルイ
最近あんたの家に1、2回寄ったんだ
そしたらあんたもいなかったじゃないか

まあ僕は忙しい男だからね、ルイ
いくつか片付けなきゃならない仕事があってね
多分スタジオで缶詰になっていたのかも
缶詰なんて嘘だよ、この裏切り者が
あんたはただの老いぼれみたいに・・・


[歌]
サボって釣りに行ったね
 バブーバブー・・・(スキャット)
家のドアに看板があったよ
 おっさん、言いふらすんじゃないよ
サボって釣りに行ったね
 秘密だよ、でっかい男が張り込みしているから
あ~あ、あんたはもう仕事をしないつもりかね
 仕事はもういいよ、ゲーリーの町で平穏な暮らしをみつけたから
納屋にいる牛たちのミルク搾りをしなきゃ
 正確に言うと双子の牛で、いつも一緒さ
でもあんたは全然気にしてないね
 牛一頭あたり50セントとハンドローションを払い搾ってもらうよ
わかっちゃいないね
 おや、そうかい
やる気がないみたいだね
 僕を説得するのかい
サボって釣りに行ったね
 バブーバブー・・・(スキャット)
猟犬を脇に従えて
 老犬のシンディ・ルーさ
サボって釣りに行ったね
 ムーム・・・・(スキャット)
ノミが彼の脇腹を噛んでいるよ
 出て行けよ、ムズムズさせやがって

誰も僕らを見つけられないさ、だって
サッチ氏とクロス氏は (デュエット)
僕らサボって釣りに行ったのさ、願いどおりにね
 バブー・・・・・(スキャット)
オゥ、イェ! (デュエット)


※ 訳中の黒字はビング・クロスビー、青字はルイ・アームストロング

歌詞ソースはインターネットから見つけたものだが、多分ラジオ放送盤から起こしたものだろう。
gone fishin' は「サボって出かけた」という意味。Lazy Bones や Easy Street にも通ずるのどかな怠け者の歌。
同じ「釣りに出かける」でも、ペギー・リー作詞、デューク・エリントン作曲の I'm Gonna Go Fishin' は隠喩するものが異なる。



作詞: ニック・A・ケニー Nick A. Kenny
作曲: チャールス・F・ケニー Charles F. Kenny
出典: 多分、1950年にルイ・アームストロングとビング・クロスビーがデュエットで歌い紹介したもの


歌:



2010/05/15 訳
2013/01/20 レイアウト変更等


Home (ホームページ)   Menu (上位メニュー)