DESTINATION MOON

[ヴァース]
むかし、やることが生き生きと色鮮やかな時代があった
二人乗り自転車の日々なんかのこと (★)
今では自動車や機関車、飛行機でさえ
みなそれぞれの時代を終えた
今の時代君たちをいざなっているのは
原子力より素敵なことなのさ


[リフレイン]
僕のロケットに乗って旅に出ようよ
楽しい午後を過ごさないかい
ジェットに乗って舞い上がるこの興奮ときたらたまらないよ
月へまっしぐらさ

僕らは視界から消えるくらいの光速の旅
地球がゴム風船みたいに見えるよ
世界にさよならの口づけをして僕らが飛び去るのは
月へまっしぐらさ

僕らは上へ、上へ、もっと上へ、上へ
まっすぐに月へ、僕ら二人きり
星空のなかを高く飛び、
僕と君はこの世界を離れるんだ
宇宙移動機をただ乗りして
超音速のハネムーン
世界にさよならの口づけをして僕らが飛び去るのは
月へまっしぐらさ


※ SFの黄金時代であり、科学技術が人類を幸福にするという無邪気な夢があった頃に作られた歌で、ナット・キング・コールの歌がヒットした。


★ この行の「二人乗り自転車 (a bicycle build for two)」というフレーズ は、1892年に作られた歌 Daisy Bell を引用していると思う。 (


作詞: ロイ・アルフレッド Roy Alfred
作曲: マーヴィン・フィッシャー Marvin Fisher (1952)


歌:



2010/01/09 訳
2013/01/30 レイアウト変更等


Home (ホームページ)   Menu (上位メニュー)