アレック・ワイルダーのラジオ番組
American Popular Song
   with Alec Wilder and Friends

アレック・ワイルダーがホスト役をつとめたラジオ番組、American Popular Song with Alec Wilder and Friends (1976-77) と、その時の録音をまとめた Audiophile 社のCDの紹介をする。


I'll Be Around, It's So Peaceful in the Country などを書いたアレック・ワイルダーは主に20世紀前半、黄金時代のポピュラーソングを曲の観点で分析した American Popular Song という書籍を1972年に上梓し、多くのポピュラーソング分野の書籍で、数多く引用されている権威ある本となった。




1976 年サウスカロライナのラジオ局 ETV の求めに応じ、アレック・ワイルダーはピアニストのルーニス・マグルーエンと共同ホストとして American Popular Song with Alec Wilder and Friends という番組に出演する。番組はゲスト歌手の歌、ワイルダーの歌へのコメント、ルーニス、ゲスト、ワイルダーの会話などで構成された1時間程度の番組であったが、上記書籍をラジオ放送として実現したものであり、放送プログラムは次の通りであったが、後に放送界のピュリッツァー賞と呼ばれるピーボディ賞を受賞した (1976)

  01: Barbara Lea Sings Willard Robison - 1976/10/03
  02: David Allyn Sings Jerome Kern - 1976/10/10
  03: Teddi King Sings Rodgers and Hart - 1976/10/17
  04: Marlene VerPlanck Sings Hugh Martin - 1976/10/24
  05: Thelma Carpenter Sings Musical Comedy and Film Songs - 1976/10/31
  06: Johnny Hartman Sings Billy Strayhorn - 1976/11/07
  07: Barbara Lea Sings Lee Wiley - 1976/11/14
  08: David Allyn Sings Harold Arlen - 1976/11/21
  09: Teddi King Sings Mildred Bailey - 1976/11/28
  10: Johnny Hartman Sings Cole Porter - 1976/12/05
  11: Marlene VerPlanck Songs One - Sheet Songwriters - 1976/12/12
  12: The Artistry of Mabel Mercer Part 1 - 1976/12/19
  13: The Artistry of Mabel Mercer Part 2 - 1976/12/26
  14: Dick Haymes Sings Harry Warren - 1977/01/02
  15: Mary Mayo Sings Vernon Duke - 1977/01/09
  16: Dick Haymes Sings Gershwin - 1977/01/16
  17: Mary Myo Sings Stephen Foster - 1977/01/23
  18: Carrie Smith Sings Hoagy Carmichael - 1977/01/30
  19: The Artistry of Bobby Short Part 1 - 1977/02/06
  20: The Artistry of Bobby Short Part 2 - 1977/02/13
  21: Carrie Smith Sings Billie Holiday - 1977/02/20
  22: Jackie Cain Sings Jimmy Van Heusen - 1977/02/27
  23: Margaret Whiting Sings Johnny Mercer - 1977/03/06
  24: The Songs of Tony Bennett Part 1 - 1977/03/13
  25: Jackie Cain Sings Tommy Wolf - 1977/03/20
  26: Margaret Whiting Sings Arthur Schwartz - 1977/03/27
  27: The Songs of Tony Bennett Part 2 - 1977/04/03
  28: Mark Murphy Sings Cy Coleman - 1977/04/10
  29: Anita Ellis Sings Burke and Van Heusen - 1977/04/17
  30: Irene Kral Sings Swinging Songs - 1977/04/24
  31: Woody Herman Sings Mostly Blues - 1977/05/01
  32: Bernie Knee Sings Vintage Pop Songs - 1977/05/08
  33: Mark Murphy Sings Dorothy Fields - 1977/05/15
  34: Anita Ellis Sings Burton Lane - 1977/05/22
  35: Irene Kral Sings Coward and LeGrand - 1977/05/29
  36: Portia Nelson Sings Bart Howard - 1977/06/05
  37: Hugh Shannon Sings Saloon Songs - 1977/06/12
  38: George Shearing Sings and Plays - 1977/06/19
  39: Ed Monteiro Sings Joe Mooney - 1977/06/26
  (元資料: ETV のサイト)


この放送の様子は一部、ポッドキャストで聞くことが出来る。
WILDERWORLD index : テーマ:ミルドレッド・ベイリー、ゲスト:テディ・キング
The Songs of Billie Holiday (1977) : テーマ:ビリー・ホリデイ、ゲスト:カリー・スミス



カタカナのムを左右反転したようなロゴの Audiophile Records (多分「オーディオファイル」と読むのだろう)というレコード会社がある。ウディ・アレンの September (1978) という映画の冒頭シーンではこのカタカナのムを反転させたレコードからトラッド・ジャズが流れていたが、この会社は地味ながらアメリカン・ポピュラー・ソングの素晴らしい歌い手や、演奏家のレコードを数多く発売している。
例えば、ロニー・ホワイト、ボブ・ドロー、ジョー・デライズ、ダリル・シャーマン、マイク・キャンベル、オードリー・モリス、ジョイス・ブリーチ、ジャッキー・パリス、メル・トーメ、ボビー・トゥループなどのリリースがある。

そして、この会社からサウスカロライナでの放送録音をセレクトし他の録音とカップリングしたした CD が何枚か発売されているので、手持ちからいくつか紹介すると...


・上左: Marlene VerPlanck : You'd Better Love Me : ヒュー・マーティン、ワイルダー作品など
・上中: Teddi King : Lovers & Losers : ロジャーズ、ワイルダー作品など
・上右: Barbara Lea : The Devil Is Afraid of Music : ウィラード・ロビンソン作品集
・下左: Johnny Hartman : Thank You for Everything : ビリー・ストレイホーン、コール・ポーター作品集
・下中: Jackie Cain : So Many Stars : トミー・ウルフ、ワイルダー、ジョビン作品など
・下右: Thelma Carpenter : A Souvenir : 会話を含むラジオ放送がフルに収録されている

その他、Barbara Lea : remembering remembering Lee Wiley, David Allyn : Soft As Spring, Carrie Smith : Sings Billie Holiday & Hoagy Charmicael, Hugh Shannon : True Blue Hugh なども Audiophile 社から発売されている。


セルマ・カーペンターの CD ではルーニス・マグルーエンによるラジオ番組作成の様子がライナー・ノーツで記述されているので訳してみた。

AMERICAN POPULAR SONG &
THELMA CARPENTER IN THE BEGINNING...
     by Loonis McGlohon

それは一日中暑かったサウスカロライナ州レイク・マレイでのこと、プロデューサーのディック・フィップスの家に集まった人々が興奮していたのはラジオの試験放送用テープを作るためであった。この60分のプログラムは後に National Public Radio の "The American Popular Song" となったが、ディックと私はアレック・ワイルダーを説得をしたのは、彼のポピュラーソングの生き字引的知識を借りホスト役をしてもらうためであった。アレックが嫌ったのは貧弱な内容と放送用の専門機材であったので、私はディックを説得しマイクロフォンを隠し彼の居間の観葉植物群の裏にテープレコーダーを置くようにさせた。アレック用の椅子は6フィートもある熱帯植物の脇に置かれ、マイクは葉の裏に隠された。ドラムのジム・ラッキー、ベースのメル・アレクサンダーはグランドピアノが置かれた私の横に位置しアレックが手を伸ばせばピアノに手が届いた。放送責任者のビル・ヘイはポータブル録音機をアレックの視界から隠すようにした。植物の森はアレックを安心させ彼に録音されていることを忘れさせた。更に彼を気楽にさせるため、我々は彼の好みの人を最初のゲストに呼んだがそれは、歌手、女優のセルマ・カーペンターであった。
 
 セルマとアレックは若かった彼女がベイシー楽団の歌手だった時以来の友人であった。実際彼らは40年代初頭からよく一緒に飲み楽しんだもので、アレックがいつも言ったのは『40年代のニューヨークでセルマは一番美しい娘だったよ』と。セルマは、我々がこのショーの最初の録音をした 1975 年の晩秋にはヨーロッパとアメリカでよく知られたスターであった。ベイシー楽団を去ったのち彼女は伝説的な 52番通りの花形スターとなった。 彼女はアメリカ国内いたる場所でのワン・ウーマン・ショーのスターとなり、さらにオール・スターのジャズ・グループとの録音も行った。更に彼女はブロードウェイ・スターともなった、私が思い出すのはショーをストップさせた彼女の Blue Grass (Inside U.S.A.) の歌唱であるが、『でえもロックンロールがこの国を席巻してからは私はまたヨーロッパに行ったの ―― ローマ、パリ、モンテカルロには私のファンがいたから』

 数年後彼女は帰国することになり、テレビや映画に転身する。 彼女はいくつかのネットワークのシットコム番組のスターとなり、 ザ・ウィズ や コットン・クラブ などを含むメジャーな映画にも出演した。
 彼女が最初の American Popular Songs のゲストとなったのは自然のことであった。二人はニューヨークでのよかった時代を一緒に過ごし、互いを尊敬し合っていた。彼らは気分よくくつろいでいた。我々が彼女の彼女の歌う歌を決めていなかった時、セルマとアレックは笑いながらラジオ番組には痛いような話を語っていた、そこでプロデューサーのフィップスと責任者のヘイがテープを回す準備ができた時、アレックは我々がまさに望んだとおりにマイクの存在を忘れ彼のとても深い声で録音がなされた。
 
 これに続く番組のシリーズでは我々は簡便な方法を覚えていったが、この 1975 年の午後我々がテープにとったのは最初から最後まで中断することもなく更に編集や再テイクを取ることもなかった。 あなたたちがこのCDで聞いているのは、リハーサルなしの歌と会話が混じったプログラムであり、誰かが会話中に我々がコメントを口を挟むことのなかった完璧なものであった。情報を得るための元本もなかった。アレックは、もちろん、アメリカン・ポピュラー・ソングの作者や歌い手に関して写真的記憶を持っていた。更に、彼はおそらくポピュラー・ミュージックというジャンルに関して最も知識を得た音楽学者であり、彼は作曲家と歌についての意見を即座に表現できた、方々で意見がどんな結果をもたらすかにかかわらず。

その午後はとても堅苦さのない午後であった。ビル・ヘイは小さな操作盤に座り頭にはヘッドフォンを付けていた。ディック・フィップスはアレックの近くに座っていたがアレックからは見えないようにしており、彼が録音されていること思い出すのを恐れていた。セルマはピアノの曲面に立ち、我々3人は彼女に寄り添うようにしていた。あまりにも彼女の近くにいたので、事実、私は演奏のその場で音が直接届いたのには驚いてしまった。アレックが歌のコメントをしている間に、セルマと男たちと私は手振りで次の歌のキーとテンポを伝えあっていた。

我々のだれも1975年のこの日がピーボディ賞を受け、歴史的に重要なラジオ・シリーズの最初の番組になるとは夢にも見ていなかった。このシリーズ ――― 続いて35以上の番組が作られた ―― がもたらしたものはキャバレーのルネサンスであり、多くのキャリアたちの重要な復活に寄与し、この小さなラジオプログラムを元にしたニューヨークのクラブ・ショーの起点となった。アレック・ワイルダーは他界したのは 1980 年で、ディック・フィップスは 1986 年、セルマ・カーペンターは数か月前 (1997, 7月)。 彼女は思い出されるだろうのは、 『ショーボート』での美しいジュリー役、ショーを席巻した『ザ・ウィズ』での役、共演スターとして出演した『裸足で散歩』、52番通りでのジャズ・クラブでの出演、『パリの赤毛』でのエレガントな歌唱、パール・ベイリーの後任として出演した『ハロー、ドリー』、そして彼女の美しい顔立ちとスウィングする歌唱スタイルだろう。私はそれらよりもアレックが、ラジオ番組『アメリカン・ポピュラー・ソング』の最初のゲストとして呼んだ彼女が最も思い出に残るだろう。私はその場にいて本当に幸運だったと言えるだろう。

私は George Buck, Wendell Echold, Alan Eichler, Parker Dinkins などこのレコーディングを可能にした人たちに感謝したいと思う。このオリジナル・テープは最新技術の実験作として録音されたが、無価値のものに下げられ、廃棄処分となり、制作社のもとに回収された。 Parker Dinkins, ニューオーリンズのオーディオの天才による、煩雑な焼き過程を経てテープを復活させ、あなたたちが聞くことのできる録音が可能となった、George , Wendell 有難う。有難う諸君。

セルマは面白い人で、私はこの記事を重苦しいままで終わらせたくない。彼女は好まないかもしれないが。私はこの話をしたいと思う。セルマ・カーペンターという人は三カ国か四カ国語を話せたのさ、そして彼女が話すように頼まれると、彼女は Redd Foxx さえ赤面するような巷話をまくし立てたものさ。私は彼女が口をつぐんでいるのを見たことがないよ、一回を除いてだ。私たちはタイムズ・ビルディングで催されたレセプションからの帰りのことだった、それはブロードウェイの車が込む時間帯だった。私はタクシーを呼び止めることが出来なかったもので、誰もタイムズ・スクエアを通るときに速度を落とすことなんてなかったものさ。セルマは、『南部の白人坊ちゃんには面倒なことね。あんたはタクシーの止め方をご存じないのよ。よく見ておいて止め方を』 彼女はセクシー・ポーズをとり、右手でスカートは数インチまくし上げ、彼女は左手親指を41番通りに向けたのさ。すぐに大型の黒いリムジンが彼女のすぐそばで止まったのさ。後部ドアが開いて、そしてトニー・ベネットが『どこに行きたいんだ、セルマ?』と言ったのさ。3か4秒くらいかな彼女が口をきけるようになったのは。そこで彼女は『私は今夜ニューヨークに紳士がいるか見て見たかっただけなの』と答えたのさ。


左からアレック、ルーニス、セルマ


2014/06/05 作成


 ページトップへ
Menu 上位メニューへ