MY SHIP

私の船は絹の帆がはってあり、
デッキは金で縁取られている;
そこには楽園があるの
船の中には。

私の船はあまたの真珠が輝きを放ち、
どの籠の中にもルビーが詰まっているの;
お日さまが高く
サファイアの空に浮かぶのは
私の船が来たとき。

私は何年でも待てるわ 
その船があらわれるまで__
ある晴れた日ある春に
でも真珠やそれらは、
私にとっては意味をもたないの
もしある一つのものがないとしたら:

その日が来ても私はうれしくない__
私の夢がかなわないのなら__
私の歌の船が
運んでこなかったら
真に愛する人を私に__
真に愛する人を私に。


Missing Song この歌は成功しているが、幸福とは言えない雑誌編集者のライザ・エリオットに付きまとう歌。彼女が子供の頃に歌ったこの歌の最後の部分を思い出せないのは、子供の頃の出来事が心的な妨げとなっているから。(精神分析によって父親から「醜いアヒルの子」といわれた事などを思い出し彼女の心の問題は解決する)
 精神分析を素材にした「レディ・イン・ザ・ダーク」の中で、この歌は「メロドラマにおける盗まれたネックレスや失われた遺書」のような重要な要素を持った歌。にもかかわらず、映画化にあたって、推し量れない理由でこの歌を落としてしまう。映画はそれなりの成功を収めたものの、予告編でこの歌をずっと流していたので観客は混乱してしまう。
 「僕は9歳の時から映画は好きだけど、ハリウッドを擁護する気はないね」』
とアイラは語る。

このmissingという言葉には、
 ①思い出せず失われた歌詞
 ②映画から消し去られたこと
 ③映画で使われず残念、
という3つの意味合いが込められているものと思われる。

補足: 映画では、主演のジンジャー・ロジャースがメロディーの一節だけを口ずさむ場面があったらしく完全に落とされたわけではないらしい。
 映画「スター」では、ジュリー・アンドリュースがこの歌を歌っており彼女のもち歌として、レコード、自身のTVショーなどでしばしば歌うようになった。



作詞: アイラ・ガーシュイン Ira Gershwin
作曲: クルト・ワイル Kurt Weill
出典: 舞台ミュージカル Lady in the dark (1941)、 歌:ガートルード・ローレンス(役名:ライザ・エリオット)、 想定:ライザ・エリオットが子供のころに歌った世紀の変り目の頃の歌。

CD, LP
● アリス・バブス Alice Babs : ミュージック・ウィズ・ア・ジャズ・フレイヴァー (Celeste)
● アン・バートン Ann Burton : シングス・フォー・ラヴァーズ・アンド・アザー・ストレンジャーズ (Epic)
● ベヴ・ケリー Bev Kelly : Loved Locked Out (Riverside)
● バディ・グレコ Buddy Greco : アット・ミスター・ケリーズ (Coral)
● カーメン・ランディ Carmen Lundy : セルフ・ポートレイト (JVC)
● キャロル・スローン Carol Sloane : Out of the Blue (CBS)
● カサンドラ・ウィルソン Cassandra Wilson : テネシー・ワルツ (Blue Note)
● シビル・シェパード Cybill Shepherd : Vanilla (Peabody)
● イーデン・アットウッド Eden Atwood : Cat on a Hot Tin Roof (Concord)
● ガートルード・ローレンス Gertrude Lawrence : Star
● ジャッキー・パリス Jackie Paris : ソング・フォー・ザ・リリックス・オヴ・アイラ・ガーシュイン (Time)
● ジャニス・シーゲル Janis Siegel : Tender Trap
● ジョニー・ハートマン Johnny Hartman : ホエン・ユア・ハーツ・オン・ファイア (Decca)
● ジュリー・アンドリュース Julie Andrews Sings
● リナ・ホーン June Christy : Ballads for Night People/ The Intimate Miss Christy (Capitol)
● レオン・ウェア Lena Horne : バラードの夜 (RCA)
● マリリン・メイ Marilyn Maye : ザ・セカンド・オヴ・メイ (RCA)
● マーク・マーフィー Mark Murphy : Bop for Miles (HighNote), Midnight Mood (MPS)
● ミリー・ヴァ―ノン Milli Vernon : イントロデューシング (Storyville)
● ミッツィ・ゲイナー Mitzi Gaynor : シングス・ザ・リリックス・オヴ・アイラ・ガーシュイン (Verve)
● ナンシー・マルコム Nancie Malcomb : ザ・ウエスト・コースト・オン・ブロードウェイ (RCA Camden)
● ナンシー・ウィルソン Nancy Wison : Broaday-My Way/ Hollywood -My Way (Capitol)
● ペギー・キング Peggy King : なんて素敵な夜かしら (Stash)
● ロニー・ホワイト Ronny Whyte : Walk on the Weill Side (Audiophile)
● トニ・ハーパー Toni Harper : Night Mood (RCA)
● ウェズラ・ホィットフィールド Wesla Whitfield : Steptember Songs - The Music of Wilder, Weill & Warren (Highnote)
● マイルズ・デイヴィス Miles Daives : Miles Ahead (CBS)


2006/11/13 訳
2012/05/10 レイアウト変更等


Home (ホームページ)   Menu (上位メニュー)