IT'S LOVE

[Verse]
I've always been just a little of bit involved
With this boy or that (I met).
And that was that.

I thought that love was a game of kiss and run.
He tipped his hat,
And that was that.

Then, Bang!
Out of the blue,
Something happened,
Something new...


[Refrain]
It's love, it's love,
Well who would have thought it!
If this is love,
Then why have I fought it?

What a way to feel,
I could touch the sky;
What a way to feel,
I have found my guy!
(I'm a different guy!)

It's love at last,
I've someone to cheer for;
It's love at last,
I've learned what we're here for!

I've heard it said
You'll know it when you see it;
Well, I see it,
I know it,
It's love!


[ヴァース]
私はいつでも浅い関係しか持たなかったの
そこらへんの男の子とは、
そうそれだけのこと。

私は恋なんてキスしてさよならするゲームだと考えていた、
彼は帽子を軽く持ち上げて挨拶しただけ、
そうそれだけのこと。

そしたらドッカーン!
晴天の霹靂、
何かが起きたの、
何か新しいことが...

[リフレイン]
それは恋よ、恋なのよ、
誰が恋を思い付いたいたのかしら?
もしこれが恋ならば、
どうして私は争ったの?

何という気持ちかしら、
空に手が届きそうな気がする;
何という気持ちかしら、
とうとう私にも恋人が出来たの!

ついに恋になったの、
私には声援を送る人が出来たの。
ついに恋になったの、
私たちがここにいる理由を知ったの!

私には声が聞こえる、
『恋に会ってみれば分かるはずだよ』
そう、恋に会っているの、
分かるのよ、
それは恋よ!


(原歌詞は 歌詞紹介のページ を参考に)


※ 突然に気にもしていなかった近くにいた人への気持ちが恋だと感じた時の歓びを歌った歌。この歌は芸人、作詞家、脚本家コンビのカムデン&グリーンが 1944年のミュージカル On the Town 以来、バーンスタインと再び組んだミュージカル Wonderful Town (1953) で歌われた。

この歌は物語の後半、女優志願のアイリーンが、自分にいいよる雑誌編集者ボブ・ベイカーに『あわれなボブ。あなたが恋しているのは姉のルースよ』とボブを拒否しながら姉との愛をうながすように歌いはじめる。そしてベイカーがルースへの愛に気づきその喜びを歌いあげる、最後にグリニッジヴィレッジの住民のアンサンブルとともにリフレインする。舞台の大団円では全員によるリプリーズという展開になっている。
ここではヴァースを含めて訳してあるが YouTube で確認できるオリジナル・ブロードウェイ・キャストでも、1999年のサイモン・ラトル指揮のCD (オードラ・マクドナルド等の歌)でもこのヴァースは歌われていないので、シート・ミュージック用に書かれたものかもしれない。しかしこのヴァースは単体のラヴ・ソングとして、しっくりしている気がする(シャーリー・ホーン、石原江里子がヴァースを歌っている)。

取り上げている歌手はリナ・ホーン、ブロッサム・ディアリー、カーメン・マクレー、シャーリー・ホーン、石原江里子、ヒラリー・コールなど。(SecondHandSongs によるパフォーマー・リスト参照)

補足: Wonderful Town は 1940-1942 まで 864公演を続けたヒット演劇 My Sister Eileen が元となっている。原作はルース・マッキニーによる自伝的短編集で、オハイオから来た姉妹ルース(作家志望)とアイリーン(女優志望)をとりまくおかしな人物がなどが登場するいくつかのエピソードからなる。
劇をもとにロザリンド・ラッセル主演で 1942年に映画化され、更にロザリンド・ラッセルによるラジオ番組も1946年に放送された。1950年になると Eileen... のミュージカル化がすすめられ、作曲ルロイ・アンダーソン、作詞アーノルド・ホーウィッツに曲づくりが依頼されたものの芳しい出来ではなく、カムデン&グリーンとバーンスタインに替えられ、ルース役に映画と同じロザリンド・ラッセル、アイリーン役にイーディス・アダムス、ボブ・ベイカー役にジョージ・ゲインズで開幕を迎えた。
Wonderful Town というタイトルは、映画版 On the Town (邦題:踊る大紐育)で歌われた New York, New York, It's a Wonderful Town のフレーズからとられているという。なお My Sister Eileen は1955年、に監督リチャード・クワイン、出演ベティ・ギャレット(ルース)、ジャネット・リー(アイリーン)、ジャック・レモン(ボブ・ベイカー)、作詞リーオゥ・ロビン、作曲ジュ―リー・スタインでミュージカル映画化さた。他にボブ・フォッシー&トミー・ロール(帽子を使ったダンス合戦を繰り広げる)、頭の弱いフットボール選手役に奥様は魔女のダーリンを演じたディック・ヨークなども出ていた。
ちなみに My Sister Eileen のミュージカル化で仕事がかぶったレナード・バーンスタインとジュ―リー・スタインだが、ピーター・パンの舞台でも二人はかぶったことがあり、1950年ボリス・カーロフ、ジーン・アーサー主演の音楽付き劇ではレナード・バーンスタインが作詞・作曲を、1954年のミュージカルでは一部の曲を作詞カムデン&グリーン、作曲ジュ―リー・スタインが提供した(1953年のディズニー・アニメに曲を提供したのは作詞サミー・カーン、作曲サミー・フェインによるもの)。更に曲名のかぶりもあり Some Other Time という歌は、1944年のブロードウェイ・ミュージカル On the Town にて作詞カムデン&グリーン、作曲レナード・バーンスタインが書き、同じ年の映画 Step Lively で作詞サミー・カーン、作曲ジュ―リー・スタインが書きフランク・シナトラが歌った同名異曲がある。





作詞: ベティ・カムデン&アドルフ・グリーン Betty Comden & Adolph Green
作曲: レナード・バーンスタイン Leonard Bernstein
出典: ミュージカル Wonderful Town (1953)

YouTube
■ リナ・ホーン
■ ブロッサム・ディアリー
■ シャーリー・ホーン
■ 石原江里子
■ カーメン・マクレエ
■ オリジナル・ブロードウェイ・キャスト(1953)


2022/11/25 訳


 ページトップへ  上位メニューへ