ECONOMICS

[QUARTET]
Man and Woman you got to admire.
They conquered cold and they comquered fire.
They stuck togethere through thick and thin;
Through lots of good and through lots of sin.
But there's one thing that beats 'em;
That they just can't subdue;
One thing that defeats 'em;
And splits 'em up in two.
And that love-defyin' thing
About which we's gonna sing
Is Economics!

Now Cora had a husband makin' seven a day.
She left him for a guy who made eleven a day.
Now that's good economics;
That's good economics,
But awful bad for love!

Economics are rough on love!
Economics are tough on love!
You got a little money;
You got a little honey;
Money go!
Honey go!

Now Ruby was a woman who could needle your spine.
But when you went to kiss her it was cash on the line.
Now that's good economics;
That's good economics,
But awful bad for love!
Now Joe he had a job and worked with all of his might;
He worked so doggone hard that he was tired at night.
Now that's good economics;
That's good economics;
That's good economics,
But awful bad for love!

Now Henry and Mathilda got along very nice;
But when inflation came Mathilda boosted her price.
Now that's good economics;
That's good economics;
That's good economics,
But awful bad for love!

Economics are sad for love!
Economics are bad for love!
Now Flo she can't be trusted.
She'll leave you when you're busted.
Dough came back!
Flo came back!

Now Edna used to slip her husband's pay down her chest.
And just to keep it extra safe she never undressed.
Now that's good economics;
That's good economics;
That's good economics,
But awful bad for love!


[カルテット]
男そして女よ、君らは称賛に価する人たちだ。
彼らは寒さを克服し、更に炎も克服した。
彼らは良きときも悪しきときも一緒にいる;
多くの善そして多くの罪をともにして。
でも彼らに打ち負かせないある一つの事が;
本当に征服できないもの;
打倒できない一つの事が;
彼らをバラバラに引き裂いてしまうもの。
愛情に反抗するもの
それを僕らは歌おうじゃないか
それは経済さ。

さてコーラには一日7セント稼ぐ夫がいたとさ。 (★)
彼女は彼を捨てて一日11セント稼ぐ男に乗り換えたんだ。
それこそ健全な経済ってもの;
それが健全な経済というもの、
でも何とも愛情には良くないものさ。

経済は愛情には荒ぶるもの!
経済は愛情にはきついもの!
稼ぎがすくなきゃ
恋人もすくなく;
金がなくなる!
恋人がなくなる!

さてルビーは君の気骨を折るようなトゲのある女、
でも即金ならば彼女はキスをさせてくれるのさ、
それが健全な経済というもの、
でも何とも愛情には良くないものさ。
さてジョーには働き口があり一生懸命に仕事をこなしたもの;
奴はとてもべらぼうに働き夜にはくたくたになるんだ。
さてそれが健全な経済というもの;
それが健全な経済というもの、
それが健全な経済というもの、
でも何とも愛情には良くないものさ。

さてヘンリーとマティルダは上手くやってきたもの;
でもインフレがやってくるとマティルダは自分の価格もあげたのさ。
さてそれが健全な経済というもの;
それが健全な経済というもの、
それが健全な経済というもの、
でも何とも愛情には良くないものさ。

経済とは愛情には悲しいもの!
経済とは愛情には良くないもの!
さてフロー、彼女は掛け値売りはしない人間、
彼女はお前が破産したら去るだろう。
札束が戻ってきたら、
フローも戻って来たよ!

さてエドナはよく夫の稼ぎを胸の中に収めたもの。
彼女は決して脱がず特別な金庫としてしまい込んだのさ。
さてそれが健全な経済というもの;
それが健全な経済というもの、
それが健全な経済というもの、
でも何とも愛情には良くないものさ。


※ アメリカの歴史、経済発展を背景に家族愛の姿がオンパレードで繰り返される実験的ミュージカル・ヴォードヴィル Love Life (1948, 252公演, 監督 エリア・カザン)で紹介された、金がなければ愛情も得られないという内容の歌。ラグタイム風の風刺歌でメイン・キャストでない黒人カルテットにより歌われた。
(ミュージカル Love Life のあらすじは KURT WEILL FOUNDATION のページを参照)

珍しい歌で、ミュージカル『アニー』のミス・ハニガン役でトニー賞を受賞したドロシー・ラウダンの 1974年録音(劇作家ベン・バグリーが彼のペインテド・スマイルス・レーベルから出している『あまり売れなかった歌』シリーズのアルバム Ben Bagley's Alan Jay Lerner Revisited)、1996年にロニー・ホワイト (Ronny Whyte) がクルト・ワイル集アルバム Walk on the Weill Side (wild side の洒落か?)、その他 2002年にブレント・バレット他何人かが歌っている程度だ。 (SecondHandSongs によるパフォーマー・リスト参照)

★ 原歌詞だと "Now Cora had a husband makin' seven a day" となっており単位が書かれていないので1日7ドルなのかもしれないが、舞台背景は 1821年らしく7セントと解釈した。ロニー・ホワイトはこの部分を1時間あたりに歌詞を変えて歌っている。



作詞: アラン・ジェイ・ラーナー Alan Jay Lerner
作曲: クルト・ワイル(カート・ワイル、クルト・ヴァイル) Kurt Weill
出典: ミュージカル Love Life (1948) より

YouTube
■ ドロシー・ラウダン
■ ロニー・ホワイト
■ ブレント・バレット
■ オリジナル・ブロードウェイ・キャスト


2022/11/15 訳


 ページトップへ  上位メニューへ