WE'LL MEET AGAIN

僕達はまた会えるよね
どこか分からないし
いつになるのか分からないけれど
でも僕には分かるのさ
僕達はまた会えることを
ある晴れた日に

微笑み続けてくれないか
いつも君がやっているように
青空が
雨雲を追い払うまで

そしてお願いだからハローと
僕の知っている人たちに言ってくれないか
彼等に僕はもうすぐ行くと伝えてくれないか
彼等は喜んで知らせを受けるだろう
君が僕の行くのを見た知らせを
僕が歌いながら行くのを


※:イギリス生まれのこの歌は、ヴェラ・リン(Vera Lynn)によって紹介された第二次大戦時のヒット曲。(戦時歌謡
彼女は大戦がはじまると、自身のラジオ番組で海外にいる兵隊向けのメッセージを送ったり、病院へ慰問するなど、軍隊の恋人(forces' sweetheart )と呼ばれた。YouTube などで見れば分かるが、ベティ・グレイブルのようなセクシータイプではなくどちらかというと家庭的なイメージの女性だが、声は天使の歌声と形容できる美声であった。戦後はこの功績からだろうが、女公 (Dame) の称号も与えられた。

歌詞の中で特定していないもののこの歌は、戦地に赴く兵士が家族や恋人に別れの言葉を「また会えるよね」と楽天的に告げている(しかし実際はどうなるか分からない)という場面を歌っている。彼女の活動のせいか、それとも歌そのものの効果なのか、兵士やその家族の士気を鼓舞するのに役立ったのではないか

映画「博士の異常な愛情」のラストシーンでも彼女の感動的な歌唱が、皮肉な効果を上げていたのが印象に残るのも同様だろう。(この歌を使うことを英国人のピーター・セラーズが監督に提案したとも言われている)



作詞: ヒュー・チャールズ Hugh Charles (Hughie Charles)
作曲: アルバート・ロストロン・パーカー Albert Rostron Parker (Ross Parker)

CD, LP
● ペギー・リー Peggy Lee : エルマーズ・チューン (CBS)
● サミー・デイヴィス Sammy Davis, Jr. : Best 20
● ヴェラ・リン Vera Lynn : Something to Remember - Wartime Memories



2006/05/07 訳
2012/05/10 レイアウト変更等


Home (ホームページ)   Menu (上位メニュー)