BLACKBERRY WINTER

花冷えは(※)
 予告なしにやってくる
春の盛りになったと
 思ったときにやってくる
そう、あなたが寒い
 雨の朝に目覚めたとき
不思議に思うでしょう
 「一体どうしたのか」って

花冷えは
 ほんの数日しか続かないのに
あなたの気持ちを悲しくさせるには
 十分な長さ
あなたの愛が
 無駄だと思ったときは
あなたが本当に
 愛したのに、無駄だと思ったときは

(繰り返し)
私はあなたを失ったことを
 乗り越えられそうにないわ
でも私は人生が続くことを
 学ばなければならないの
それに思い出も半分忘れた歌みたいに
 おぼろげになっていくでしょう
花冷えが
 あなたが去ったことを思い起こさせてくれるまでは

春の間はたいてい
 とても寂しく感じるでしょう
私は五月の最初の日を
 楽しめたらと思うの
でも私は知っているの
 花冷えが
 すぐ来ることを
(繰り返し)


※:Blackberry Winter とはアメリカ南部の方言でブラックベリーが咲く頃のつかの間の寒い天候のこと(らしい)。日本でいう、梅雨冷え、花冷えに相当するようだ。

 最初は「ブラックベリーの冬」と訳して見たが、直感的に感じることのできる「花冷え」の方がいいと思い変えてみたら、発想が演歌に近くなった気がする。

 秋の季節にある夏の戻り(小春日和)を英語でインディアン・サマー(Indidan Summer)というのと対象的な表現。


歌詞は聞き取りによるもので、聞き間違い、聞き落としの可能性あり。


作詞・作曲:ルーニス・マグローン(?)、アレック・ワイルダー Loonis McGlohon, Alec Wilder (1976)

CD, LP
● アレクシス・コール Alexis Cole : Very Early
● ヒラリー・コール Hilary Kole : Haunted Heart (Justin Time)
● ジョー・デライズ Joe Derise : House of Flowers (Audiophile)
● ジョイス・ブリーチ Joyce Brach : Songbird (Audiophile), Confessions (Audiophile)
● マーリーン・ヴァープランク Marlene VerPlanck : Sings Alec Wilder (AudioPhile)
● テディ・キング Teddi King : Lovers & Losers (AudioPhile)


2006/09/22 訳
2012/05/10 レイアウト変更等 


Home (ホームページ)   Menu (上位メニュー)