WALKING HAPPY



There's a kind o' walk you walk
When the world's undone you,
There's a kind o' walk you walk
When you're walking proud

There's a kind o' walk you walk
When the neighbors shun you
There's a kind o' walk you walk
Sets you 'bove the crowd

There's a kind o' walk you walk
When somebody loves you
That's very much like walking on a cloud

Good fortune found you, chappie
And your lives are happy, Valentine
When you're walking happy
Don't the blooming world seem fine


There's a kind o' walk you walk
When you feel like crowing
There's a kind o' walk you walk
When you're on your way

There's a kind o' walk you walk
When your pride is showing
There's a kind o' walk you walk
When today's your day

There's a kind o' walk you walk
When the world's a rainbow
And you heart is popping like a popping jay

So you had best believe it, chappie
You're finding life is finger snappy
The day you learn that walking happy
Gives the world a shine

So just keep walkin' happy with your hand in mine
With your hand in mine, keep your hand in mine
Love your hand in mine


こういう歩き方があるんだ
 世間が君をだいなしにさせてしまったときは、
こういう歩き方があるんだ
 自信をもって歩くときは。

こういう歩き方があるんだ
 お隣さんが君を避けているときは。
こういう歩き方があるんだ
 君を群衆を先導させる存在にするのさ。

こういう歩き方があるんだ
 誰かが君を愛していたら
 まるで雲の上を歩いているみたいさ。

善良な運命の女神は君を見付けたのさ、坊や
それで君は幸せな人生を過ごすのさ、恋人よ
君が楽しそうに歩いたら、
だめだよ、このすごい世界は素敵に見えるよ。


こういう歩き方があるんだ
 君が赤ちゃんのように喜んだときは、
こういう歩き方があるんだ
 君が自分だけの道を進むときは。

こういう歩き方があるんだ
 君の誇りを見せつけるときは、
こういう歩き方があるんだ
 今日は自分の日だと思ったときは。

こういう歩き方があるんだ
 世界は虹がかかっていて
 カケスが飛び出しそうなくらい君の心臓がどきどきしていたら。

そう信じることさ、坊や
君が見つける人生は指をはじくみたいで、
君はその日からまなんだんだ、楽しそうに歩けば
世界は輝いているって。

だからただ楽しそうに歩き続けることさ、君の手を握って
君の手を握って、君の手を握り続けて
愛する君の手を僕のものにしながら。


(原歌詞は 歌詞紹介のページ を参考に)


※ 1916年に上演された喜劇 Hobson's Choice のミュージカル化作品 Walking Happy (1966) のテーマ曲で靴職人のウィリー(ノーマン・ウィズダム)と妻マギー(ルイーズ・トロイ)およびアンサンブルによる高揚した気分を歌ったソング&ダンス・ナンバー。
元は映画 Papa's Delicate Condition (1963、邦題:パパは王様) のために書かれ、主演のジャッキー・グリースンが歌ったものの映画では使われなかったと Wikipedia には書かれている(映画では Call Me Irresponsible がオスカーを受賞した。また別ソースには7年以前にフレッド・アステアの映画のため書かれたがその映画は実現することはなかったとの情報もある)

なお原作タイトルの Hobson's Choice とは「一つしかない選択肢」を意味するイディオムであり、靴店の経営者であるホブスンも優れた靴職人のウィリーもホブスンの長女マギーにより否応なしの選択を迫られそれに従うという話(父はマギーの妹二人の結婚と持参金を渋々認めさせられ、最後はマギー夫婦に共同経営者といいう名目で経営権を引き渡すことになる。夫のウィリーの方はオールド・ミスのマギーに言い寄られ婚約者と別れしぶしぶ彼女と結婚するといった具合)。なおデヴィッド・リーン監督で 1954年に映画化され日本で公開された時の邦題は『ホブスンの婿選び』だが邦題はやや微妙。

歌っているのは、フランク・シナトラ、ペギー・リー、マット・モンロー、ローズマリー・クルーニー、カーメン・マクレーなど。かつてはTVの音楽ショーでよく聞かれたが今はあまり耳にすることは少なくなった。




作詞: サミー・カーン Sammy Cahn
作曲: ジミー・ヴァン・ヒューゼン Jimmy Van Heusen
出典: ミュージカル Walking Happy (1966)

YouTube
■ フランク・シナトラ
■ ペギー・リー
■ マット・モンロー
■ ローズマリー・クルーニー
■ ノーマン・ウイズダムによるミュージカル・パフォーマンス


2021/09/05 訳


 ページトップへ  上位メニューへ