ミュージカル『回転木馬』から2曲
1. If I Loved You
2. You'll Never Walk Alone


ANYWHERE I WANDER


ジョー・スタッフォード:ニューヨークの秋

[Verse 1]
Julie:
 When I worked in the mill,
 Weavin' at the loom,
 I'd gaze absentminded at the roof,
 And half the time the shuttle 'd tangle in the threads,
 And the warp 'd get mixed with the woof.
 If I loved you!
Billy:
[spoken] But you don't.
Julie:
[spoken] No, I don't ...
 Oh, somehow I can see
 Just exactly how I'd be.

ジュリー:
 私が紡績工場で働いていたら、
 機織機が織っている時、
 私は心は空っぽで天井を見つめいるでしょう、
 そして途中でシャトルが糸に巻き付いて、
 縦糸と横糸が絡んでしまうでしょう。
 もしあなたを愛しているんならね!
ビリー:
(語り)でも愛してはいないんだ。
ジュリー:
(語り)そう愛してはいないわ...
 それでも私には見えるの
 正に私がどのような態度に出るかが...

[Refrain]
 If I loved you,
 Time and again I would try to say
 All I'd want you to know.

 If I loved you,
 Words wouldn't come in an easy way,
 'Round in circles I'd go.

 Longin' to tell you, but afraid and shy,
 I'd let my golden chance pass me by!

 Soon you'd leave me,
 Off you would go in the mist of day,
 Never, never to know
 How I loved you,
 If I loved you.

 もしあなたを愛しているとしたら、
 何度も言いかけようとするでしょう
 あなたに知ってもらいたいこと全てを。

 もしあなたを愛しているとしたら、
 言葉が簡単に出てこず
 堂々巡りをしてしまうでしょう。

 あなたに伝えたいと願っているのに怖くて恥ずかしくて、
 大事な機会が過ぎ去るままにしてしまうかも!

 直ぐにあなたは私を置き去りにするでしょう、
 霧の日にあなたは出て行くでしょう、
 決して、決して知ることは、
 どんなにあなたを愛しているかを、
 もしあなたを愛していれば。


[Verse 2]
Billy:
 Kinda scrawny and pale,
 Pickin' at my food
 And lovesick like any other guy,
 I'd throw away my sweater and dress up like a dude
 In a dickey and a collar and a tie.
 If I loved you!
Julie:
[spoken] But you don't.
Billy:
[spoken] No, I don't ...
 And I know I would be
 Like you said you'd be with me.

ビリー:
 やせて青白くなり、
 食べ物を少しずつしか食べなくなり、
 他の男たちみたいに恋わずらいさ、
 セーターなんか着ずにしゃれ男風に聞かざるのさ、
 正装してシャツの胸当てやカラーやタイで。
 もし君を愛していたらね。
ジュリー:
(語り) でも私を愛しているわけではないのね。
ビリー:
(語り) 愛してはいないさ...
 それに俺はどうなるか知っているのさ、
 君が俺と一緒ならどうなるかと言ったのと同じように。

(リフレイン)


(原歌詞は 歌詞ネット を参考に)


※ 1945年のミュージカル Carousel (回転木馬)で、ビリー役のジョン・レイトとジュリー役のジャン・クレイトンが歌ったひねった I Love You ソング。

紡績工場で働く少女ジュリーは、警官が「こいつは女たちから金を巻き上げるようなやつだからすぐに帰りなさい」という忠告に耳をかさず、自分の意思で回転木馬のオペレータのビリーと公園のベンチで一緒に過ごすことを決める。
ならず者と言われるビリーから「俺が怖くないのか?」と聞かれてもジュリーは「お金を持ってないから怖くない」と答え彼からは「お前は変な娘」と返し互いの恋心が相手に伝わるようになる。そして、ビリーから「もし君と結婚すると言ったらどうする?」と聞かれジュリーは「あなたを愛してはいないけれど、もし愛していたら結婚するでしょう」とあいまいな答え、ビリーからは「愛しているかどうかどうして分かるのか?」と聞かれ「よく分からないけど・・・」と言って『愛していたら言葉には出せないからあなたは去っていくでしょう』と歌う。会話では口語口調なのに対し、歌が始まると標準語で歌い出すのはハマースタイン作品によくみられる所。

ハマースタインは『ショー・ボート』でギャンブラーと船長の娘とのデュエット Make Believe で『仮に僕が君に恋しているふりをしてみたら』と歌わせ二人の恋のはじまりを歌い、『オクラホマ』では People Will Say We're in Love で素直に言えない恋心を歌っていたが、ここでも仮定法を使い、暗に惹かれあっている男女の微妙な心の動きを歌で表した。

物語の中で突然に観客にヒットする歌を挿入するそれまでのミュージカル・コメディとは異なり、物語にそった心理を歌に込めミュージカル・プレイを確立したハマースタインの功績は大きい。しかし皮肉にも多くの人気曲を書いたハマースタインが亡くなった 1959年以降「ミュージカル」がヒット曲製造工場でなくなったのは、さまざまな時代変化という理由もあるが彼の歌作り作法の影響も大きいと言われている。

バーブラ・ストライサンド、ジョー・スタッフォード、ジョニ・ジェイムズ、ジュリー・アンドルーズ、ペリー・コモ、サラ・ヴォーン、ダイナ・ワシントン などの録音があり JazzStandards.com では788位につけている。



作詞: オスカー・ハマースタイン二世 Oscar Hammerstein II
作曲: リチャード・ロジャーズ Richard Rodgers
出典: ミュージカル Carousell (1945)

YouTube
■ ジュリー・アンドルーズ
■ サラ・ヴォーン
■ ジョー・スタッフォード
■ 舞台『回転木馬』のベンチ・シーン




YOU'LL NEVER WALK ALONE

When you walk through a storm
Keep your chin up high
And don't be afraid of the dark.
At the end of the storm
Is a golden sky
And the sweet, silver song of a lark.
Walk on through the wind,
Walk on through the rain,
Though your dreams be tossed and blown.
Walk on, walk on, with hope in your heart,
And you'll never walk alone!
You'll never walk alone.

あなたが嵐の中を歩むとき
顔を高く上げていきなさい
暗闇を恐れないでいなさい。
嵐が収まれば
黄金の空が、
そして心地よく、輝くヒバリの歌が。
風の中を歩み続けなさい、
雨の中を歩み続けなさい、
あなたの夢が破られ諦めた時でも。
歩みなさい、歩み続けなさい、心の中に希望を抱いていれば、
あなたは一人だけで歩むわけではないの!
あなたは一人だけで歩むわけではないの。


※ シンプルで力強い賛美歌風のこの歌は、ミュージカル「回転木馬」の中で、夫を失ったばかりで不安におののくジュリーを勇気づけるためにネッティー役のクリスティン・ジョンソンが歌ったもので、ショーの最後、娘の卒業式のシーンでコーラスで再び使われた。

当時、フランク・シナトラ、ジュディ・ガーランドがヒットさせたが、数年にわたりいろいろなジャンルの歌手、エルヴィス・プレスリー、アレサ・フランクリン、レイ・チャールズ、タミー・ウィネット、プラシド・ドミンゴ、パティ・ラベル&ザ・ブルーベルズなどに歌われ続た。またジェリー・ルイスの筋ジストロフィーのテレソンやニューヨークのエイズ歩行運動などのキャンペーンにも使われた。イギリスではゲイリー&ピースメイカーズのヒット後にはリヴァプールFCの賛歌になり、1985年にはブラッドフォード火災の犠牲者のため英国のポップ&ロック・スターにより募金活動のパフォーマンスはナンバー1チャートになった。


作詞: オスカー・ハマースタイン二世 Oscar Hammerstein II
作曲: リチャード・ロジャーズ Richard Rodgers
出典: ミュージカル Carousell (1945)

YouTube
■ アレサ・フランクリン : アルバム「至上の愛』 Amazing Grace
■ ジュディ・ガーランド
■ フランク・シナトラ



2021/05/05 訳


 ページトップへ  上位メニューへ