クリフォード・ブラウンの Joy Spring に歌詞を付けた歌2曲を訳してみた。
1. Joy Spring
2. Sing Joy Spring (Manhattan Transfer)


JOY SPRING


Your Touch (モニカ・ボルフォース, 1987)、Collage (カリン・アリソン, 1996)

春ってあなたの大好きな季節じゃないの?
地面から花開くのを眺めたり、
雪が融けていくのを眺めるとか、
冬は何かを感じるかもしれないけど、でも春は私の歓びよ。

うきうきした気分にさせてくれて、
毎日が爽やかで
『ハロー』と微笑みかける時が来たの、
本当に素晴らしい気分があふれている。
冬は何かを感じるかもしれないけど、
でも春は私の歓びよ。

何か特別なもの、
気づいたかしら?
生きてることの歓びを感じさせてくれるの。
変なことじゃないわ、
春が生存を手助けしてくれると言ったからって。
冬は無情な雪と雨が長く続き、
知るという希望を与えてくれる、
春になったら歌が繰り返されることを。

ただ信じればいいの、
その日が来ていることを。
世界は口ずさんでいる、
素敵なことになると分かっている。
私にはそれはなおのこと、
冬は何かを感じるかもしれないけど、
でも春は私の歓びよ。


(原歌詞は 歌詞ネット を参照した)


※ 春が来る歓びを歌ったもので、スウェーデンの歌手モニカ・ボルフォースが 1987年、カリン・アリソンが1996年、スウェーデンのジャズ・コーラス・グループのザ・リアル・グループが 1997年、カナダのカリン・プラトーが 1998年、アレクシス・コールが 1999年、カナダの歌手 エミリー=クレイリー・バーローが 2003年、アイルランドの歌手 エミリー・コンウェイが 2012 年に録音している。
(他のヴォーカルものとして、ジャッキー&ロイの歌もあるがこれはバップ・スキャットで歌っている。マンハッタン・トランスファーは下に書いたように別解釈の歌詞で歌っている)

所でこの後付け歌詞を書いたのは誰なのだろう。モニカ・ボルフォースのCDジャケットにはブラウン&ローチという記述があるが、クリフォード・ブラウンもマックス・ローチも歌詞を書いたとは考えにくい。ボルフォースの日本語解説にはジョン・ヘンドリックスの歌詞だとの記述があるがそれを裏付ける他のソースは見当たらない。カリン・プラトーのCDでもブラウンしかクレディットされていない。 BMI 検索によるとカリン・アリソン録音の作者はクリフォード・ブラウンしか記述されていない。その他ネットで調べても歌詞を書いたのが誰かとの記述がみられないので作詞者不明としておくしかないだろう。




作詞: 不明
作曲: クリフォード・ブラウン Clifford Brown (1954)

YouTube
■ カリン・アリソン
■ アレクシス・コール
■ モニカ・ボルフォース
■ リアル・グループ
■ エミリー=クレイリー・バーロー



SING JOY SPRING


左: Clifford Brown - Max Roach (EmArcy, 1954)、右: The Manhattan Transfer : Vocalse (1985)


[コーラス] (★1)
ある泉のことを歌おう 
 (歓びの泉を歌おう)
たぐいまれで、とても不思議な泉は、
 (これはとても神秘的なもの)
心の奥底に埋められている。
 (この物語はまだ語られたことがない)

歓びの泉、快楽の湧き水、
君の奥深く埋められている、君が発掘(理解)しているかどうか分からないけど、
君がこの泉に気づいたら
君には分かるはずさ、それは偉大な
君にある宝物だと、
そうそれ以上のものさ。

歓びの泉、豊かな宝物は
交換できないもので、
決して売ることなんて出来ない。
何者も君から奪うことなんて出来ない。
それは君のもの、君だけにあり、
持ち続けることが出来るもの、
更にそれにも増して:
火事や窃盗で失くすようなものじゃなくって、
いつでも近くにあるもの。
悩みごとが消えたら、
悦びだけが残っていると分かるんだ。
それは強盗なんかされなくて
人が天国に預けておく宝物に等しいもので、
その価値は計り知れないもの、
それで十分に物語っているよ。

だから泉を歓ぶことさ、この快楽の湧き水を、
君の奥深く真実を、
僕から君に教えてあげるのさ。
ポンセ・デ・レオン氏が捜し求めたのはこれさ、 (★2)
彼が若返りの湧き水を探検した時に。


[男性:ティム・ハウザー]
ポンセ爺さんときたら、
魔法の水源を見つけられなかった時に大笑いしたんだ。
でも適応能力のある人たちの多くは
聞き取ることが出来るもの、
君が彼らにそれはそこにあると伝えたら、
まるで山上で垂訓を垂れるように。

大笑いの才能があるなんてとても高揚するもので、
僕はものごとが直ぐに分かる男で、物語がこれからどうなるかを正確に伝えられるよ。
それは強固な説得力を持っていて、
君の前世は君を飛行させる気持ちにさせてくれるのさ。
宇宙の周りを飛行し、他の銀河を探索し、
そして他の微妙な人生の型を理解しようとトライし、
得られるものは熟知であり
多くの別の不和であり、br> あまたの知識がが君自身のものに。
ほどなく地球の誕生が起きて、
そこで君はその知識を役立てようとする。
でもすぐに君の誕生が完了するころには
君は知っていたことを忘れ始めてしまうのさ、
だって君は他の種類の君になるから、
霊魂再生、
感覚を伴った魂が現れるのさ。


[女性:ジャニス・シーゲル]
あなた本当によくわかっているのね、
平均的な人は賢明とは言えないわ。
賢明じゃないから運命の落下を思い起すことが出来ないの、
この地球に落下したことを。
彼らの理性は彼ら魂からその死を隠して、
生すなわち誕生と呼ぶものになる、
それが忘却の理由よ、思い返してしまうととても混乱するものよ。

彼らに前世があったと伝えてあげて
そしたら彼らはすぐ近くに開いたドアを見せてくれるわ
感じられるものは、
眠り歩きする人たちと交渉するみたいで、
彼らにはそのすごさを想像できないもの。

彼らが来るわよ、来るわよ、さあ来たわ。
想像しがたく知るよしもない星からの落下。
彼らが来るわよ、さあ来たわ、来たわ
人生は一瞬で終わるもの、そして彼らは決して
その中にあるものを発掘されることも、瞬間を楽しむこともない
だって彼らはそれをあまりにも神聖視し過ぎるから
ひどくむかつくでしょ、
何か2ドル程度の価値しかないもの
多めに言ったとしても。

だから理由があるの、人の創造主が
計画して内包させたのは、
深くにある種の源泉を。
それは笑いと、若さと、黄金が。
だから人類にあり、持ち続け、
シェアする思い出は我々だれもがかつてあった姿だから。

グリムという兄弟が知っていたのはチャンスは少ないもの
誰かが発掘(理解)しただろう、人間の魂とは白雪姫と
七人の小人で、七つの気質は人のなかにあるもので
彼らは金(きん)を発掘して計画を完了させるの。
それにベーコン氏はヒップだったからシェイクスピアには読めなくって、
だから彼は自分の詩に込めたのよ、
それで何年も残ることになって
永遠の真実として生き続けたのよ、
何世紀もの間においてね。
それが私たちの知っていることで今日まであるのはそれらが真実だったから。

あれは『マクベス』からだっけ、
『人生は歩きまわる影法師、あわれな役者だ
舞台の上でおおげさにみえをきっても
出場が終われば消えてしまう。
白痴のしゃべる物語だ、
わめき立てる響きと怒りはすさまじいが、
意味はなに一つありはしない...』 (★3)

そうまさしく意味はなに一つありはしない、
繰り返そう! なに一つありはしない。
忘れないで ― なに一つとしてないの。
それこそ歓びの泉の存在価値というもの
それは父なる神が、心の中に与えたもの
あまねく少女と少年たちに。

[間奏:ディジー・ガレスピーのトランペット]


[ソロ交換]
(女性)
ショー・タイムよ! みんなノリノリになって、
舞台を沸かせましょう
ショー・タイムよみんな、年相応に振舞って前へ進むのよ!

(男性)
たとえしかめ面をしていても、
大笑いするくらい可笑しなもの、
だからしかめ面は君のユーモアの無駄遣いでしかないのさ、
君が落ち込んでいたとしても。

(女性)
あなたは自分の舞台では三枚目を予約しておくことね
笑いのない人生なんてお涙頂戴の
茶番でしかないから、それが事実よ。

(男性)
もし君が泉のことを知ったのなら常に微笑んでいられるよ。
それが君の表現の一つになって
君はいつでも微笑んでいられるんだ、まるで
ブッダのようにね。


(コーラス繰り返し)
[コーダ]
まさに彼が
探検した魔法のものって、
彼が探したものは
歓びの泉なのさ。



(原歌詞は 歌詞ネット を参照した)


※ こちらのスプリングは『泉』の方を意味しており、前世の記憶、霊魂再生といった神秘的な記述はあるもののその心は、『誰もが本来心の奥底に持っているユーモアという源泉を発掘して人生を謳歌しよう』といった所だろう。
この歌は、マンハッタン・トランスファーの企画ものアルバム Vocalese (1985) で歌われたもので、1954年のブラウン・ローチ五重奏団の演奏をもとに、ジョン・ヘンドリックスが歌詞を付けたもの。

★1: 演奏順序は次の通りでカッコ内はオリジナル演奏
  コーラス          (五重奏団)
  男性:ティム・ハウザー   (ハロルド・ランドのテナー)
  女性:ジャニス・シーゲル  (クリフォード・ブラウンのトランペット)
  間奏:ディジー・ガレスピー (リッチー・パウェルのピアノ)
  ソロ交換          (ソロ交換)
  コーラス&コーダ      (五重奏団)

★2: ポンセ・デ・レオンはスペインの探検家で、伝説の『若返りの泉』を求めてフロリダを発見した人。
★3: 『マクベス』(Macbeth) 第5幕第5場 シェイクスピアより。(kenkenppaさんのブログ から引用させてもらいました)




作詞: ジョン・ヘンドリックス Jon Hendricks (1985)
作曲: クリフォード・ブラウン Clifford Brown (1954)

YouTube
■ アルバム Vocalse より
■ マンハッタン・トランスファーのライヴ映像
■ ブラウン&ローチのオリジナル録音

2021/02/20 訳


 ページトップへ  上位メニューへ