I SAW STARS


レベッカ・キルゴア

[Verse1]
何か不思議なことが僕に起こったんだ、
正気を失ったのはとても突然に、
突然僕は夢の世界にいると思ったのさ。
ある甘いキスがそうさせたのさ、
あっという間に僕はくらくらしたけど
でも何か不思議なことが起きたんだ、とても不思議なことが...

[Refrain]
星が見えたんだ、
小鳥のさえずりがとても優しく聞こえたんだ、とても優しく
君に恋したとたんに。

星が見えたんだ、
天使の声が聞こえたよ、『起きなさい、起きて
あなたの素敵な夢が本当になったのよ』

新たに生まれた気持に僕はよろめいてしまい、
自分に問いかけたんだ、『僕はどこにいるの?』
とても朦朧としていて、狂ったように聞こえるけど
空には星がなかったのさ。

でも、星が見えたんだ、
小鳥のさえずりがとても優しく聞こえたんだ、とても優しく
君に恋したとたんに。

[Verse2]
愛がどんなものか知らなかった
君に会うまでは決して知らなかった、
でも君が連れてきた星に感謝しよう
君の暖かい微笑みが僕の目を開いてくれ
天国への道を見せてくれた
今の僕の心は明るくなり、歌でいっぱいになったんだ...

(リフレインへ)


(原歌詞は 歌詞ネット を参照した。)


※ 1934年のティン・パン・アリーのヒット曲。最初の録音はダンス・バンドであるフレディー・マーティン楽団でヒット・チャートの8位につけた。同じ年にポール・ホワイトマン楽団も録音しているがこちらは56位につけた。

1950年代にはテディ・キングも歌っている。他にレベッカ・キルゴア、エタ・ジョーンズ、フレディ・コールなども歌っている。ジプシー・ジャズ・ギタリストのジャンゴ・ラインハルトの演奏もある(パフォーマー・リスト 参照)





作詞・作曲: モーリス・シグラー、アル・グッドハート、アル・ホフマン Maurice Sigler, Al Goodhart, Al Hoffman (1934)

YouTube
■ フレディー・マーティン
■ レベッカ・キルゴア
■ テディ・キング
■ レズリー・ハッチソン(ヴァース付き)ハッチことレズリー・ハッチソンはグラナダ生まれの 1920-30 に英国で活躍したキャバレー歌手だが今はほとんど忘れられている。
■ ジャンゴ・ラインハルト


2020/12/05 訳


 ページトップへ  上位メニューへ