ALL DRESSED UP WITH A BROKEN HEART


Chris Connor : This Is Chris (1955)

私は傷心のまま着飾っているの、
あなたが恋人でいるふりをしながら。
誰か他の人を抱きしめていても
ただあなたの魅力を思い返させるだけのこと。
それは私にはやりきることの出来ない
ゲームでしかないの。

私が一人になった時は
涙が流れはじめ、
これが現実だと悟るの。
私は傷心のまま着飾っているの、
でも今でもあなたを愛しているの。

私が一人になった時は
涙が流れはじめ、
これが現実だと悟るの。
私は傷心のまま着飾っているの、
でも今でもあなたを愛しているの。

※ 1946年に Fred Patrick, Claude Reese, Jack Val の3人が共作。 47年にジャック・オウェンスのタワー盤がヒットしたという。
あまり取り上げる人はいないが、クリス・コナー『ジス・イズ・クリス』(ベツレヘム)で彼女は、たった1分56秒という短い歌唱を聞かせているが、ラルフ・シャロンのピアノをバックに歌った彼女の録音は何度も聞いたもので、岩浪洋三氏はライナーノーツで賞賛している。

他にペギー・リー、ジェリー・ヴェイルなどの歌唱も YouTube からは見られるが、アメリカではほとんど忘れられた歌だろう。
なお、コーラスの最初のラインが同じ、ボスウェル・シスターズが歌った I'm All Dressed Up with a Broken Heart は作詞・作曲 Fred Fisher, Stella Unger, Harold Stern による1931年の異曲。




作詞・作曲: フレッド・パトリック、クロード・リース、ジャック・ヴァル Fred Patrick / Claude Reese / Jack Val (1946)

YouTube
■ クリス・コナー
■ ジャック・オウェンス
■ ペギー・リー
■ ジェリー・ヴェイル


2020/02/15 訳


 ページトップへ  上位メニューへ