LONESOME GAL

寂しいの、
私は本当に寂しい女の子。
寂しい気持ちを抑えられないの。
誰にもこの気持ちが終わるのを知らないはず。

愛が視界の外にあったとしても、
私の探求が終わることはないの。
誰かどこかの夜に、
同じように寂しい人を探しているの。

誰にも分からないものよ、
明日がどうなるかなんて。
私には分かるのかしら、
私の心が歌い始める時はいつなのか?

もしあなたに愛があり、
くちびるをとも出来る余地があったら、
ねえ仲よしになれないかしら?
くちびるを重ねましょう、
あなたの寂しい女の子と。


※ 恋を知らない寂しい少女の気持ちを歌ったハートウォーミングな小唄。

最初の録音は、1951年3月にダイナ・ショアがアンリ・ルネ楽団をバックに歌ったものと言われている。この時の録音は口笛を効果音に使っているがこのようなギミックは、この頃から広まったようだ。
彼女は56年のアルバム Bouquet of Blues にもこの歌を入れているが、51 年の録音を使ったもののようだ。

しかし 1940年代後半(1947頃?)から放送されたラジオ番組 Loseome Gal で素性を隠したジーン・キングという女性がテーマ曲として歌っていたものがオリジナルのようだ。(ラジオ番組のアーカイヴには 1951年1月22日 放送のものが存在する)



エラ・フィッツジェラルドも 1951 年に録音しているが、他にラーリーン・ハンター (1956年頃)、マーガレット・ホワイティング、テレサ・ブルーワーなどの録音がある。


なお、ネットでは途中までの歌詞しかみつからなかったので、聞き取りによる歌詞を参考に載せる。

Lonesome,
I'm a real lonseome gal.
I can't stop feeling lonesome,
Heaven knows when I shall.

Though love is out of sight,
My search is never through.
For someone somewhere in the night,
Who is lonesome too.

Who knows,
What tomorrow may bring.
I wonder wheather I'll know,
When my heart starts to sing?

If you have love to spare,
Lips to share,
Why don't you be a pal?
Share them
With your lonesome gal.



作詞: ジャック・ブルックス Jack Brooks
作曲: ウオルター・シューマン Walter Schumann (1951) (dbopm リスト )

YouTube
■ ダイナ・ショア
■ エラ・フィッツジェラルド
■ ラーリーン・ハンター
■ マーガレット・ホワイティング
■ テレサ・ブルーワー
■ ジーン・キング(ラジオ番組から) : 1940年代後半、4局のローカル放送からはじまった番組 Lonesome Gal はセクシーな声で男性の心を惹きつけ 50局にまで増えることとなった。


2019/11/25 訳
2020/04/11 訳修正


 ページトップへ  上位メニューへ