IN A LITTLE GYPSY TEA ROOM


[Verse]
僕は雨宿りできる場所を探していたんだ
雨模様で塞ぎ込むような日だったよ
どうやって僕らが出会ったか思い出してごらん
道の向こうの店でのこと

傘なしで雨に打たれたので
お茶を飲もうと立ち寄って
なんとなく占い師を呼んだけど
僕にとっては幸運な日だったのさ...


[Refrain]
それは小さなジプシーのお茶室でのこと
僕はふさいだ気持ちだったのさ、
それは小さなジプシーのお茶室でのこと
はじめて僕が君に目を止めたのは;

ジプシーが来たのはお茶の葉を読むため
僕はとてもうれしくなったのは、
彼女が言うにはそのお茶室にいる誰かが
僕の心を奪うだろうと言った時のこと。

僕は信じられないことだと思ったのさ、
でも僕の驚きを想像してご覧、
君がこの話を全く信じられるものにしてくれたんだ、
僕のまさに目の前にいる君が。

バラよりも素敵な微笑みで、
君は夢をかなえてくれたのさ、
それは小さなジプシーのお茶室でのこと
僕は心を君にささげたのさ。




※ お茶の葉占いをするジプシー女に一目惚れした男の物語。
ジャネット・サイデルとサックス奏者トム・ベイカー共作のアルバムの中で、 はじめて聞いた珍しい曲を歌っているので訳してみた。

書籍 "Hit Songs, 1900 - 1955" によると、この歌は Jack Denny 楽団が紹介した 1935年の曲で、初期に録音したボブ・クロスビー楽団が大ヒットさせた。35年の夏に特にヒットしたのは(7月に2度ナンバー1になった)、ジャン・ゲイブラー、ルイ・プリマ、ラス・モーガン楽団のレコードが寄与しているという。


Janet Seidel and Tom Baker / Doodlin'
このアルバムでは「眠そうな二人」「外は寒いよ」といったデュエット定番曲が収録されており、 サイデル&ベイカーのデュエットが聞かれる。
"Gypsy Tea Room" は、ルイ・プリマのパフォーマンスを参考にしたものか...
ジャケット・デザインはジャッキー&ロイのアルバムを参考にしたものか...






作詞: エドガー・レスリー Edger Leslie
作曲: ジョー・バーク Joe Burke (1935)

CD, LP
ジャネット・サイデル&トム・ベイカー

YouTube
■  YouTube 検索結果
■  ジャン・ゲイブラー楽団(歌はリー・ベネット) :ヴァースはこの歌の聞き取りによる
■  ルイ・プリマ
■  ジャネット・サイデル


2018/03/30 訳


 ページトップへ  上位メニューへ