スタンダードでもなく最近だれも取り上げることもなく、ネットで調べても原歌詞は見つからなかったが、 気になる歌があったので、聞き取りによる歌を訳してみた。

A TROUT, NO DOUBT

[ヴァース]
僕は漁師で
網を持っている。
でも今日でやめにするんだ。
だって悲しくなったから、
僕がニシンを捕まえたとき、
奴はこう言ったのさ...


[リフレイン]
マスだよ、本当だよ。
僕の父ちゃんはマスなんだ、本当さ。
僕の父ちゃんマスは、
 マスにしては大酒のみ
疑いの余地なく、
 終始一貫して呑んだくれのマスなんだ。

上流のスズキなんだ、
僕の母ちゃんは上流階級のスズキなんだ
僕の母ちゃんスズキは
 どのスズキより上をいく
上流階級さ。
僕の母ちゃんは派手なスズキさ。

ああ、ガスおじさんはタコで、
ある種のスクーナー船に住んでいる。
いとこのイッシュは音楽野郎で、
地元のピアノ調律師(マグロ)。

鯨飲するクジラ、
僕の兄は鯨飲するクジラ。
僕のクジラ兄さんは
 バケツのビールにコロリとまいるクジラなんだ。
そうこれが僕の大ぼらっぽい話のお終いさ。

[コーダ]
さあ君が僕の冗句が分からなかったら、
僕が言った話を
喜んで教えてあげるさ、
マスだよ、本当だよ。


*** 聞き取りによる歌詞 ****

1. (verse)
I'm a fisherman
Who has got the net (?)
But I gave it all up today
Cause I felt so sad
When I caught a shad
Who has these words to say

(refrain)
A trout, no doubt
My papa was a trout, no doubt
My papa was a trout
Though he's stout for a trout
There's no doubt
He's a whopper of the trout through out

A bass with class
My mama was a bass with class
My mama was a bass
  She took pass any bass
With her class
My mama was a classy bass

Oh, uncle Gus is an octopus
He lives in a some kind of schooner
Cousin Ish is a musical fish
The local piano tuna (tuner

A whale, oh hail
My brother is a whale, oh hail
My brother is a whale those frail his drinks
Ale from a pail
My brother is an ale of whale
And that's the end of the fishy tale

(coda)
Now you missed the jest
What I'm talking about
I'm happy to tell you
A trout, no doubt


2. (verse)
While I walking on roam the road one day
I was very surprised to see
A most (?bee burgled) blue-jay
Who chirps these story to me

(refrain)
A crow named Joe
My papa was a crow named Joe
My papa was a crow
  Broken toe on a golf for a crow
My papa was a Romeo

A loon named June
My sister is loon named June
My sister is a loon
  Loved lagoon and croon at the moon
My sister is a croon in noon

Uncle Fink is a (? burble rink)
He had to learn to flier
Then he wait till age of eight
Now he's to all supplier

A duck named Jack
My brother is a duck named Jack
My brother is a duck
  Just a block he was struck by a truck
He never was a lucky ducky
That my brother whose name is Jack

(coda)
Now if you miss
What jay told of story about
We happy to tell you
A trout, no doubt


※ 語呂合わせで遊んだパーティー・ソング
 ルーシー・リードのCDにはこの歌を party song と説明されているが言葉遊びを楽しむナンセンス・ソングだろう。 この歌の版権は 1946 年となっているようだが 1940年代に人気のあったポップよりのビッグ・バンド、 ケイ・カイザー楽団が最も初期の 1947 年に録音している。(この楽団のヒットとして Three Little Fishes という ナンセンスもある)
ネットで調べても原歌詞が見つからなかったので、シール・クレイトン、ルーシー・リード、マット・デニス、 スー・ライアン、ケイ・カイザー楽団それぞれの聞き取りによる歌詞を載せた (細部の相違があるので中間的な歌詞を載せてあり、 聞き取りも、解釈もいい加減なものだがその程度の軽い歌と思ってもらえれば...)

1番の歌詞は、魚の名前 (shad, trout, bass, octopus, tuna, whale) を使った言葉遊びをしている。 ブリッジにあたる第3連にある musical fish の fish は "野郎" の意味があり、piano tuner は、 tuna との語呂合わせか。いとこの Ish はもしかしてこの歌を初期に録音したケイ・カイザー楽団に在籍した 人気コルネット奏者 Ish Kabibble を差した楽屋落ちかもしれない。
ちなみに stout も ale もビールの一種、 schoonler はスクーナー船以外に大型ビール用グラス、 whale は大酒呑み、 whoper は大ぼら fish tale は(魚釣りがする)大げさな話、を意味する。

2番の歌詞は、鳥の名前などで同様の言葉遊びをしているようだが、 聞き取り&解釈不明の部分があったので訳せなかった。歌詞に出てくる jay : カケス、crow: カラス、loon : アビ、duck : カモ などは鳥の名前以外に 俗語として 別の意味合いを含んでいるようだ。



作詞: トーマス・ホーウェル Thomas B. Howell
作曲: フィリップ・カディソン Philip Kadison (1946)

CD, LP
シール・クレイトン、ルーシー・リードなど

YouTube 他
■ YouTube シール・クレイトン、
■ YouTube 検索 マット・デニス
■ ケイ・カイザー楽団のアーカイヴから


2018/02/10 訳


 ページトップへ  上位メニューへ