WHILE MY LADY SLEEPS



月は上るとしても虚しいだけのこと、
何故なら輝きは役にたたぬから、
我が淑女が眠りについている時は。

そよ風が悲し気な歌をくり返すだろう、
何故なら彼女の心の切望は、
我が淑女が眠りについている時に。

星の光も月の光も、そして恋のメロディーも無駄なこと、
それらに何の意味があるというのか?
私がまだ味わったことのない口づけを焦がれているいうのに。

夜はあまたの夢を抱いているだろうが、
しかし彼女の目に映るは、ただの孤独な恋する男。
彼女はため息し夜明けを急かせるだろう。
柳がむせび泣く時は、我が淑女は眠りについている。

※ 1941年のミュージカル映画 The Chocolate Soldier でオペラ歌手、映画俳優の ネルソン・エディが歌った恋する女性への切望の歌。
この映画では、バーナード・ショー原作の同名の欧州オペレッタ 「チョコレートの兵隊」(1908) の曲や (My Hero など)クラシック有名曲が使われたが、 この歌だけは映画のために作られたもの。 (ストーリーも元のオペレッタとは異なっており、モルナール・フェレンツ原作の劇をもとにしたバックステージものらしい)

あまりジャズとして取り上げられることはないようだが、 ジョン・コルトレーンの初リーダー・アルバム "Coltrane" (1957, Prestige) の演奏や、 チェット・ベイカー歌ものアルバム "Chet Baker Sings: It Could Happen to You" の1987年 CD再発版追加曲 (Riverside, オリジナルは 1958) 、 ピアニストのフィニアス・ニューボーン Jr. がストリングスをバックに演奏したアルバム "While My Lady Sleeps" (1957, RCA Victor) などがある。



作詞: ガス・カーン Gus Kahn
作曲: ブロニスロウ・ケイパー Bronislaw Kaper
出典: 映画 The Chocolate Soldier (1941) より

CD, LP
チェット・ベイカー、ネルソン・エディ、ジョン・コルトレーン

YouTube
■  チェット・ベイカー
■  ネルソン・エディ  :  ヴァースは以下に(聞き取りなので間違っているかもしれないが)
  [Verse]
  The lonely troubadour
  Sang while the word worth and new
  The serenade I sing
  So why I may bring my heart to you

  孤独な吟遊詩人が
  歌ったのは言葉に価値があり新しかった頃。
  小夜曲を歌い
  我が心を君に届けさせよう...

■ その他 YouTube 検索結果


2017/04/15 訳


 ページトップへ  上位メニューへ