I LOVE YOU (JE T'AIME)

[Verse 1]
Lovers always sing
The same familliar thing,
"I love you, I love you, I do."

How nice it would be
To do it diff'rently,
But now that
I'm singing to you:

恋人たちがいつも歌うのは
同じようなありふれた
『愛している、愛している、本当さ』という言葉。

きっと他の表現で
歌ったら素敵だろうけど、
でも僕はここでは
君にこうやって歌おう:

[Refrain]
"I love you, I love you,"
Is all that I can say.

I love you, I love you.
The same old words
I'm saying in the same old way.

I love you, I love you.
Three words that are divine.

And now, my dear,
I'm waiting to hear
The words that make you mine.

『愛している、愛している』
それだけしか言えないんだ。
愛している、愛している。
いつもの言葉を
いつもどおりに言うんだ。
愛している、愛している。
神聖な三つの言葉。
ところで、ねえ君、
僕が聞きたいのは
君が僕のものだというその言葉なのさ。

[Verse 2]
Poets always seem
To find some new love theme,
With phrase both novel and sweet,

Each time that I try
Ideas pass me by,
So all I can do is repeat:

(to Refrain)

詩人たちはいつでも新しい愛の題材を
見つけようとしているように見える、
奇抜で甘いフレーズをもって、

いつも試みるんだけど
アイデアがひらめくだけ、
だから僕に出来るのは繰り返して言うだけ:

(リフレインへ)


※ "I Love You" というタイトルのポピュラー・ソングはあまたあるが、この歌はおそらく最初にヒットした I Love You だろう。ただし同じ年に I Love You (Sweetheart Of All My Dreams) という同名曲もあるにはあるが。ちなみにセロニアス・モンクには、後者の I Love You の録音がある。

ミュージカル・コメディ Little Jessie James (西部劇とは関係がない)で紹介されたデュエット曲で、オーケストラ・ピットで演奏したポール・ホワイトマン楽団のヴィクター盤レコードがヒットした。 1924年の歴史的なガーシュインの Rhapsody in Blue のコンサートでもホワイトマン楽団による演奏がされた。
またシート・ミュージック発表時は、同時にフランス語歌詞もつけられ Je T'aime というフレンチ・タイトルも付けられた。


ビリー・ワイルダーの戦争映画「第十七捕虜収容所」 (Stalag 17, 1953) ではクリスマスのダンス・シーンで使われた。またヘミングウェイ原作の「日はまた昇る」 (The Sun Also Rises, 1957) では Swingin' Down the Lane ('23), Linger Awhile ('23), You Do Something to Me ('29) などと共にパリのカフェで黒人ジャズ・トリオが演奏するシーンが見られたが、時代背景の 1920 年代を表すために使われたのだろう。

録音はスリム・ゲイラード、アンディ・ベイなどのものもあるが忘れられたスタンダードという感じだ。ただし YouTube 検索を見ると、ジャンゴ・ラインハルトが演奏したこともあり、ジプシー・ジャズ・ギター・スタイルの演奏としても人気のある曲のようだ。
歌もので比較的手に入れやすいのはフランク・シナトラのキャピトル時代の 1953 年録音だろう。彼は他にグリーク作品のミュージカル化「ノルウェーの歌」の挿入歌 I Love You はコロンビア時代に、より知られているコール・ポーターのややひねった I Love You はリプリーズ時代に、またバーリンの (Just One Way to Say) I Love You もキャピトル時代の 1957年に録音しているのでこの同名異曲を4回録音していることになる。



作詞: ハーラン・トンプソン Harlan Thompson (仏語歌詞 Paul Combis)
作曲: ハリー・アーチャー Harry Archer
出典: ブロードウェイ・ミュージカル Little Jessie James (1923) より

YouTube 等
■  フランク・シナトラ
■  YouTube 検索
■  チャールズ・ハートのヴァース付き録音


2016/06/10 訳


 ページトップへ  上位メニューへ