TREES

I Think that I shall never see
A poem lovely as a tree.

A tree whose hungry mouth is prest
Against the earth's sweet flowing breast;

A tree that looks at God all day,
And lifts her leafy arms to pray;

A tree that may in Summer wear
A nest of robins in her hair;

Upon whose bosom snow has lain;
Who intimately lives with rain.

Poems are made by fools like me,
But only God can make a tree.


私は決して会うことはないだろう
木と言う愛らしい詩に。

木は口を開けて待つ
静かに流れる大地の乳房を;

木は一日中神を見つめて、
葉の茂った腕を上げるは祈りのため;

木は夏の装いを許す
コマドリの巣を彼女の髪に着けるを。

その胸に雪を抱く;
それは雨と近しく生まれたもの。

詩は私のような愚か者により作られる、
しかし木を作れるは神のみ。


※ 詩人ジョイス・キルマーがこの詩を書いたのは1913年で、ニュージャージーの彼の家の近くにある樫の木にインスパイアされて書いたものと言う。キルマーは第一次世界大戦に従軍し、フランスに赴き陸軍軍曹として戦死した。4年後ラスバックが詩に合わせ曲を書いた。結果クラシックとなったものの、ポール・ロブスン、ネルソン・エディなどの録音により国民に広く知られることになる。
1931 年にアイシャム・ジョーンズ楽団のレコードがヒットしポピュラー・ソングとしても人気をはくしサンズ・オヴ・パイオニアーズ、プラターズ、バニー・ベリガン、ベニー・グッドマン、アル・ヒブラーなども録音した。


作詞: ジョイス・キルマー Joyce Kilmer (1913, 詩作として)
作曲: オスカー・ラスバック (1922)

CD, LP
アル・ヒブラー、バニー・ベリガン

YouTube
■  YouTube 検索結果


2015/03/20 訳


 ページトップへ  上位メニューへ