スタンダードとは言えないし野心作でも佳曲と言えるようなものではないが、地味な小品ながらも歌う人が丁寧に歌い、聞きこむと好きにならずにいられない歌がある。
今回紹介するのはそのような歌で If I'm Lucky というタイトル。とは言ってもこで紹介する歌は二つあり、一つは 1946 年の同名の映画でペリー・コモが歌ったもの。もう一つは、カーメン・マクレエが 1954 年に録音した曲。


IF I'M LUCKY (DeLange - Myrow)

もし私の運がいいというのなら、
あなたは言ってくれるはず、気になり
私たちが決して離れることはないと。

もし私の運がいいというのなら、
これは決して軽はずみなんかじゃなくて
初めから永遠の恋のはずよ。

もし私の運がいいというのなら、
月が輝き
まわりは昼のように明るくなるわ。

あなたは私の手を握り、
理解してくれるの
私が言えないことを。

もし私の運がいいというのなら、
いつかどこかで、
あなたが私にキスし、
二人で抱きしめ合うの。

その時には
私がいままでに
夢に見たどんな願い事も
叶うのよ。

もし私の運がいいというのなら、
やり遂げられるわ、
あなたとずっと一緒に。


  
 ジョイス・ブリーチ・ライヴ・イン・ロンドン


※ こちらは、映画 If I'm Lucky でヴィヴィアン・ブレインとペリー・コモが歌ったもので比較的知られている方の歌。下にジョイス・ブリーチが歌ったヴァース(聞き取り)を載せる。

[ヴァース]
占星術の本を買ったのは、
私の未来の運が明らかなのかどうかを知りたくて。

私はページをめくって
私の星座と
生まれた日、月、年を探した。

そこにはその日は
幸運の星の元に生まれたとあり、
私の運勢は明るく輝くものとあったの。

でもあなただけよ、
占星術の結果が
正しいと言えるのは...




作詞: エディ・デランジ Eddie DeLange
作曲: ジョゼフ・マイロー Joseph Myrow
出典: ミュージカル映画 "If I'm Lucky" (1946) でペリー・コモ等が紹介


CD, LP
● ジョニー・ハートマン Johnny Hartman : I Just Dropped By To Say Hellow (Impulse)
● ジョイス・ブリーチ Joyce Breach Live in London (Audiophile)
● ジュリー・ロンドン Julie London : Julie is Her Name (Liberty)

YouTube
■ ペリー・コモ  : 音響の具合から 40-50 年代の録音と思われる。
■ ヴィヴィアン・ブレイン&ペリー・コモ  : 映画のサウンド・トラックか



Interlude (幕間)
"恋の気分で" 珍品
  
1990 リリースのこの CD はダリル・シャーマンによる作曲家のジミー・マクヒュー作品集。
この中で彼女は、 I'm in the Mood for Love を日本語で歌っている。
誰の歌詞かは不明だがこんな風な歌だ...
 あなただけに
 夢中なわたし
 あなた見る度
 恋の気分
  ・・・・


ビングの "モナ・リサ"
モナ・リサといったらナット・キング・コールの歌というイメージが強いが、日本発売のビング・クロスビーのベスト盤 CD では珍しいヴァースが聞かれる。
  
 In a villa in a little old Italian town
 Lives a girl whose beauty shames the rose
 Many yearn to love her but their hopes all tumble down
 What does she want no one knows!



IF I'M LUCKY (I'LL BE THE ONE)

もし私が幸運をもたらせる人なら、
私はあなたを歌わせられるわ。
そしてあなたが歌うのは
私への愛の歌なの。

もし私が幸運をもたらせる人なら、
あなたの手を握り、
理解してあげるわ。
あなたが思いやりを必要としている時に。

私はあなたに夢をいっぱい運んであげるわ、
それは例えようもないような夢で
あなたが目覚めて
目を見開くと私が目の前にいるの。

もし私が幸運をもたらせる人なら、
私はあなたに微笑みを授け
ほかにもまだ
私に運が残っているなら
私はあなたの愛する人になるわ。


  
 カーメン・マクレエ初期の録音集 (c. 1954, Bethlehem)


※ 『私が幸運をもたらす縁起のよいモノなら』と歌うタイトル・フレーズは歌全体の意味を考え、前のものとは異なる訳にした。

この歌は、カーメン・マクレエが 1954 年にアコーディオン奏者のマット・マシューズ Mat Mathews Quintet をバックに歌ったものが最初かも知れない。カーメン以外にボブ・ステュワートという歌手も歌っているが、二人ともにストレートに歌っていて愛らしい歌。

なお、作者の一人ポーレット・ジラードはマット・マシューズの夫人。いかにも偽名くさい無名のソング・ライターであるダーウィンは、そのセッションに参加した人の作と想像してしまう。



作詞・作曲: ポーレット・ジラード、チャールズ・ダーウィン Paulette Girard, Charles Darwin

CD, LP
● カーメン・マクレエ Carmen McRae : ベツレヘム・ガール・フレンズ (Bethlehem)
● ボブ・ステュワート Bob Stewart with Matt Mathew's Quintet

  
 The Four Most とボブ・ステュワートのカップリング CD で 1950 年代の録音だろう。




2013/08/15 訳


 ページトップへ  上位メニューへ