BABY FACE

[ヴァース1]
薔薇のような頬にツンと上を向いた鼻、そしてくるっと巻いた髪、
今は、僕のベイビーに夢中さ。
ここにもあそこにも小さなえくぼがあるよ、
彼女なしでは生きていけないさ、
彼女を愛していることは誰も知らないけど
彼女のことを歌にしたんだ、こんな風な歌なのさ:

[リフレイン]
ベイビー・フェイス
君はとっても可憐で可愛いベイビー・フェイスだよ
誰だって君の代わりはできっこないのさ
ベイビー・フェイス
僕の貧弱な心臓はドキドキなのは
君が何かをしでかしたからさ

ベイビー・フェイス
僕は天にも昇る気持ちさ
 君の愛情のこもった腕に抱かれたら
僕は無理しなくてもいいのさ
だって僕はまさに恋しているからさ
君の愛らしい
ベイビー・フェイスにさ

[ヴァース2]
君が赤ちゃんだったのはそんな昔のことじゃなかったけど、
君は一番可愛いかったはずさ。
どんな赤ちゃん大会でも君のことを想像できるのさ、
君の可愛い振る舞いでいろんな賞を取ったはずさ。
うそじゃなく正直なところ今日の日にだって君は賞を総なめできるのさ。

(リフレインへ)



※ 幼児への呼びかけのようでいて実は恋人への愛の告白という内容の歌詞は、ガーシュイン兄弟の Embraceable You と同様。
狂乱の20年代の人気曲であり、現在でも時々聞かれる、能天気で無邪気さに溢れた歌。(最近ではダイハツのCMでも流れていた)
ヴォードヴィリアンのベニー・デイヴィスがサイレント映画時代の人気女優クララ・ボウ Clara Bow をイメージして書いたという。


発表当時 1926 にジャン・ガーバー楽団 Jan Garber and his orchestra (歌はデイヴィス)がヒットさせたが、この歌を更に人気曲にしたのはエディ・カンターが歌ってから。 1948 にはアート・ムーニー楽団が百万枚を超えるレコード売り上げを記録したが 1958 にリトル・リチャードのレコードもヒットした。映画では Jolson Sings Again (邦題:ジョルソン再び歌う, 1949)でアル・ジョルスンが、 Thoroughly Modern Millie (邦題:モダン・ミリ―, 1967) でジュリー・アンドルーズが歌った。

踊りに向いた軽快なナンバーを作曲したハリー・アクストは他に Ami I Blue? , Dinah, Guilty などの曲が知られている。



作詞: ベニー・デイヴィス Benny Davis
作曲: ハリー・アクスト Harry Akst (1926)

CD, LP
● アル・ジョルスン Al Jolson : グレーテスト・ヒッツ (MCA)
● ミンディ・カーソン Mindy Carson : Baby, Baby, Baby (Columbia)
● ヴィッキ・カー Vikki Carr : アナトミー・オヴ・マイ・ラヴ

YouTube
■ ホィスパリング・ジャック・スミス (1926)  : ヴァースから歌っている



2013/04/15 訳


 ページトップへ  上位メニューへ