今回は南アフリカの歌手ミリアム・マケバの歌2曲の訳で一つは音の効果を楽しむもの。もう一つはしっとりとしたバラード。

QONGQOTHWANE (THE CLICK SONG)

(ナレーション) ¶
次の歌も南アフリカの歌で
コサ人(『チョサ』)の結婚の歌です。

どこに行っても、みなさんから聞かれるのは
どんなふうにしてそんなノイズを出すの? って
これで毎度私は気分を害するの、だって
これはノイズでなく、私の言葉だから。

でも分かる気もするわ
彼らは私の母国語がコサ語だって知らないから
それにこれは書き言葉だと
私たちは言葉をローマ字で表すけど
ただ違うのは
いくつかの文字を違う発音で話すの
例えばQの文字は、こう発音するの、 (後部歯茎の吸着音)
それにXの文字は、 (側音の吸着音)
文字Cは、 (歯茎吸着音)
文字Rは、 (有声軟口蓋摩擦音)

私たちの言葉で、U-Q-H-O-Q-H-O-Q-H-O と綴るのは『ウコゥコゥコゥ』
これはノドボトケのこと
I-Q-A-N-D-A 『イカンダ』は卵のこと
I-X-O-X-O 『イチォチォ』は蛙

所でここにいるみなさんはみんな知っているでしょうけど
私たち南アフリカではまだ植民地化が行われているの、
私の国への入植者がこの歌をクリック・ソングと呼んでいるのは
単に『ンコンコトワネ』と言うのが彼らには難しいと感じたからなの


(歌)
道の博士は、コンコン虫
(『イキハ レンデハ ンコンコトワネ』)
道の博士は、コンコン虫
道の博士は、コンコン虫
道の博士は、コンコン虫

ここを通りすぎた、コンコン虫
(『セベカベレ キタファ バヒ ンコンコトワネ』)
ここを通りすぎた、コンコン虫
ここを通りすぎた、コンコン虫
ここを通りすぎた、コンコン虫

¶: 語りの部分(緑字)は 1978 年オランダでのライヴの YouTube 映像 の字幕を訳した。二重鉤括弧 『 』 はミリアム・マケバの言葉をなるべく近いカタカナで示したものだが正確には表せていない。


※ 南アフリカ、コサ人の民謡を元にしたこの歌を始めて聞いたのは 1978 年のモントルー・ジャズ・フェスティバルのTV中継だったが、ミリアム・マケバの独特の吸着音が面白かった。当時はコイサン語で歌っているのかと思っていたが違っていた。『世界の民謡をたずねて』(江波戸昭 著、自由国民社、1973) の解説を要約・引用すると次のとおり、


「・・・マケバの出身部族であるホサ族(¶1)は、ケープ州のトランスケイ地区を中心に今も住みついており、マケバは母親からたくさんの部族伝承の歌を教わって育った。
歌手としての彼女を一躍有名にしたのは 1960 年にベラフォンテのカーネギー・ホールでの公演で、彼にひっぱりだされて歌った、 "クリック・ソング" だった。クリックというのは言語学的には吸打音といわれるもので、舌をはじいてポンと鳴らすあの音のことだ。もともとブッシュマン族 (¶2) が日常会話にこの発音を使っていたのだが、それがホサ族をはじめ、周辺の部族にもとりいれられるようになったのだという。
歌の内容はあまり意味がない。 "坊主が屏風に上手に坊主の絵を描いた" 式のゴロ合わせのもので、できるだけクリック音を聞かせようとするホサ族の諺あそびに基づいている・・・
コンコトワネ Qongqothwane と発音されるドロ虫 Earth beetle は (¶3) 、その体の先っぽを地面から持ち上げてどんな方向にも回転させることが出来る。子供たちはこの虫をつかまえて、掌にのせてこう歌う。 "虫さん、虫さん、私のおうちはどちらなの" そしてこの虫が示した方向に進む。さらに、この虫は、ホサ族の人たちがなんらかの苦難に遭遇したときに、誰よりも冷静なガイドをつとめてくれるのだという・・・」

¶1:ホサ族 Xhosa は現在はコサ人、コーサ人と表記する。吸着音を使っているので正確に表すことは出来ないが、マケバの発音は "チョサ" のように聞こえる。
¶2:ブッシュマン:現在は差別的なこの言葉を使わずサン人と呼んでいる。ニカウ氏が主役の映画 『ミラクル・ワールド・ブッシュマン』、『コイサンマン』 で吸着音が特徴のコイサン語を話していたのが思い出される。
¶3:wiki によると「Qongqothwane という虫の文字どおりの意味は knock knock beetle (コンコン虫と訳してみた)であり、生物学上は甲虫の仲間であるゴミムシダマシムシ科 darkling beetle の一種であり腹部を地面に叩きつけた時に独特の打音を響かせる虫でコサの人々は幸運と雨をもたらすと信じている」とある。
(参考: Tok Tokkie Beetle : 歌われている虫はこの仲間なのだろう。腹部を地面にたたきつけて求愛のシグナルを送りメスが真似をしたらカップルが成立する。多くの種類がありそれぞれ異なるドラム・パターンがある。)





原曲: 南アフリカ、コサ人伝承音楽
(ミリアム・マケバの CD ではマケバが、 Umoja の CD では Manhattan Brothers (マケバが '50 前半に所属したグループ)が著作権者であるように記されているがマケバが現代的にアレンジしたということだろう)

YouTube
■ ミリアム・マケバ
■ 南アフリカ製ミュージカル Umoja より

■ ミリアム・マケバの代表曲 Pata Pata  : これもコサ語で歌ったもの。途中の英語説明は、『パタ・パタはダンスの名前、私たちはヨハネスブルグに行き、音楽が始まると直ぐに踊りだす』 『毎金曜日と毎土曜日は、パタ・パタの時間、夜通し踊るの、夜が明けるまで』


2005 年の南アフリカ発で世界 26 ヶ国をツアーしたミュージカル Umoja - The Spirit of Togetherness (タイトルはスワヒリ語で "一体" を意味する) 、日本でも NHK 教育で 2005 年頃の大晦日に放映されていたがマケバのヒット曲 The Click Song, Pata Pata が聞かれた。このマケバの切なく美しいバラードもこのミュージカルに使われた。

LAKU TSHON'ILANGA

日が沈み、そして牛は家を目指して帰る頃になると
日が海の彼方に沈む頃になると、日が沈む頃には
私はあなたのことを思う、日が落ちる頃になると
私はあなたを探そうとどこにでも行くわ・・・家々を訪ね
通りを探し、それに牢屋でさえも、
あなたを見つけられるまで・・・日が沈む頃になると


CD : 南アフリカ・ミュージカル Umoja - The Spirit of Togetherness

※ この歌はマンハッタン・ブラザーズに加わったミリアム・マケバのデビュー・レコーディングで 1953年にリリースされた歌らしいが、1952年のヒット曲 Love Lies はメロディーが似ているのでその歌の別歌詞ヴァージョンなのかもしれない。(下記に示した YouTube で聞き比べることが出来る)
タイトルの意味は『夕日が沈むころ』 When the sun sets と思われる。タイトルは『ラグ チョニ イランガ』と聞こえる。
訳は CD ライナー・ノーツの英語訳を参考にしたが歌の長さと比較すると英文の訳は短く感じられ、おそらく原歌詞を逐次訳したものでなく要約した英文訳なのだろう。強制的に引き裂かれた恋人を思う少女の悲しくも熱い思いを表しているような気がする。
タイトル綴りは Lakutshon'ilanga, Laku Tshon' Ilanga, Lakutshn Ilanga, Lakutshona Ilanga など表記のゆれがあるようだ。



作詞・作曲: Mackay Davash (1953 ?)

YouTube
■ ミリアム・マケバ  : 録音年等の詳細不明。『マケバの最も知られている歌は "パタ・パタ" だろうが、この歌は滑らかな声質と美しくもジャズ的なフレージングで歌っており、彼女のより情感ある側面を見せている』 といった登録者コメントが見られる。
■ ミュージカル Umoja より  : 上に紹介した CD に入っているが歌手名不明。歌詞が全く分からなくとも感動させられるのが歌の不思議。

■ マンハッタン・ブラザーズ&ミリアム・マケバのヒット曲 Love Lies (1952)  : 若き日のミリアム・マケバの声が聞かれる。アメリカでもヒットしビルボード 45 位につけたらしいが英語で歌っており、全くのアメリカン・ポップに聞こえる。曲は LAKU TSHON'ILANGA とそっくりだ。

CD : Miriam Makeba and the Skylarks
マケバは 1950 年代前半はジャズ系コーラス・グループ The Manhattan Brothers に在籍し、50年代後半はアメリカ音楽と南アフリカ部族リズムを融合した女性グループ The Skylarks を率い 100 以上の曲を吹きこんだがその時代のコンピ盤。
(その後の彼女は、 1959 年反アパルトヘイトドキュメンタリー映画 "Come Back, Africa" に登場。南アフリカのミュージカル "King Kong" 出演&ロンドン・ツアー。ハリー・ベラフォンテと会い彼の支援で渡米し彼のコンサートに出演&TV番組スティーヴ・アレン・ショー出演。 1960年母の葬儀のため帰国しようとするも入国拒否をされる。1963 年国連で反アパルトヘイト証言をしたため南アフリカから市民権を奪われ帰国も拒否される(ガーナなどが国際パスポート発行し支援。 1990年まで帰国することは叶わなかったが生涯に9ヶ国のパスポートと10ヶ国の市民権を取得)。 1967 ダンス・ソング Pata Pata 世界的なヒット。その後ソロ歌手として、反アパルトヘイト活動家として活躍した)


■ ミリアム・マケバとスカイラークスの Ekoneni  : スカイラークス時代は英語の歌も歌ったが現地語(ズールー語やコサ語)でスウィンギーに歌うものが多い。バックの笛はペニー・ホイッスルというブリキ製のたて笛でサックスの代用として大流行したが、荒く安っぽい音に惹かれる。

■ ミュージカル Umoja part 1  : 『アフリカは我が家。母なるアフリカは永遠。それにアフリカの音楽も永遠。アフリカ音楽の過去と未来は、隣り合って今日に生きている。何百万もの人が今も先祖の歌を歌っている』 とのナレーションで始まる


2013/02/20 訳
2015/02/11 LAKU TSHON'ILANGA のコメント変更


 ページトップへ  上位メニューへ