ヘンリー・マンシーニ 1960 年代のイージーリスニング3曲を紹介する。

LOVERS IN NEW YORK
(theme from Breakfast At Tiffany's)

ニューヨークの恋人たち
 待ち望んだような素敵な日とともに。
僕らで大きく偉大なニューヨークを探検しよう、
 手に手を取り合って。

僕らの日を微笑みながらはじめよう
 四月の公園から。
それから街を回って僕らの道を歩こう、
 上ったり下ったりしながら。

五時には小さなカフェに長居して
 僕らのすごした一日を感謝するのさ。
ブロードウェイの明りが
 僕らをショーに誘うのさ。
それから家へと
 僕らは十分満足だよね。

新たな悦びが
 あの "旧住所" の陰に隠されているんだろうか?
未踏の高峰に
 達したのだろうか?、
ニューヨークの恋人たちは
 イエスと答えるのさ。


※ 原曲は Breakfast At Tiffany's で映画「ティファニーで朝食を」 (1961) のテーマ曲。映画のシーンではポール(ペパード)の原稿料が入りポリー(ヘップバーン)とニューヨークを散策デートする場面で流れていたがスキャットのみで歌詞はなかった。
1967 年のアルバム Johnny Mathis Sings でジョニー・マティスが歌詞付きの歌を紹介したのが最初と思われるが、レイ・エヴァンス&ジェイ・リヴィングストンが映画のイメージに合ったタイトルと歌詞を付けたものだろう。

流麗なマンシーニの曲に比べ、映画のシーンを意識したような歌詞は可もなし不可もなしと言う所。最後の連はよくわからないが、 "旧住所" と書かれた葉書の通知などから知人の幸福な結婚が想像された、ということだろうか?



作詞: レイ・エヴァンス、ジェイ・リヴィングストン Ray Evans, Jay Livingston (1967?)
作曲: ヘンリー・マンシーニ Henry Mancini
出典: 映画 Breakfast At Tiffany's (1961) のテーマ曲

CD
● ジョニー・マティス Johnny Matis Sings (Mercury, 1967)
● マーリーン・ヴァープランク Marlene VerPlank : A Quiet Storm (Audiophile)

YouTube
■ ジョニー・マティス



MR. LUCKY

みんな僕らがラッキーだという、
君と僕のこと。

ラッキー・ガールにラッキー・ガイと。
君が僕の手を取り僕の頬に触れる時
ラッキー続きの人生に僕はあると感じるんだ。

ラッキーな虹が空を照らすのは
僕らが口づけし、僕らがため息を交わす時。

彼:みんな僕がラッキーだと言うのさ、
        (彼女:みんなあなたはラッキーというわ)
彼:ミスター・ラッキー・ガイと 
        (彼女:ミスター・ラッキー・ガイと)
彼:君がいるからなのさ 
        (彼女:でもあなた、私もラッキーよ)


※ ブレーク・エドワーズ制作のギャンブラーが主人公のTVシリーズ Mr. Lucky (1959 - 1960) のテーマ曲。マンシーニ楽団のこのイージー・リスニングは 1960 年にヒットチャート入しており、 Mr. Lucky でマンシーニは 1961 年のグラミー賞最優秀編曲賞を受賞している。これもエヴァンス&リヴィングストンの歌詞だが、後付け詞と思われる。



作詞: レイ・エヴァンス、ジェイ・リヴィングストン Ray Evans, Jay Livingston
作曲: ヘンリー・マンシーニ Henry Mancini
出典: TVシリーズ Mr. Lucky (1959) のエンディング・テーマ曲

CD
● マリリン・メイ Marilyn Maye : The Second of May (RCA)
● マーリーン・ヴァープランク Marlenen VerPlank : A Breath of Fresh Air (Audiophile)

YouTube
■ ヘンリー・マンシーニ楽団(演奏)



A SLOW HOT WIND (LUJON)

見つめる彼女の目は
僕を圧倒する、まるで
ゆるやかに流れる熱風のように。

何日かすると
暑すぎて耐えられなくなるのさ
ゆるやかに流れる熱風に。

日陰の下で
冷たい飲み物が待っているように
ゆったり燃える炎の目で彼女は座り
ただ待ちかまえている

何日かすると
暑すぎて耐えられなくなるのさ
ゆるやかに流れる熱風に。


※ 倦怠的、熱帯的、異国風な雰囲気を漂わせる歌。上と同じく Mr. Lucky 挿入曲の Lujon がオリジナルの曲名。マンシーニのアルバム Mr. Lucky Goes to Latin にも入っておりラテン風の曲名だが、命名はジャズ・ドラマー:シェリー・マンがモダン・ジャズ・カルテットのピアニスト:ジョン・ルイスを洒落てみたタイトルと wiki にはあり「ルージョン」と読むのだろう。
後にノーマン・ギンベルが歌詞を書き、ジョニー・ハートマンのアルバム The Voice That Is (1964) に Slow Hot Wind として録音された。(ちなみにこのアルバムに収録された Waltz for Debby はエヴァンスのジャズ・スタンダードの最初の歌版録音と思われる)
翌 1965年にはサラ・ヴォーンがマンシーニ曲集のアルバムで歌い、翌々年の 1966 にはセルジオ・メンデス&ブラジル '66 が録音している。




作詞: ノーマン・ギンベル Norman Gimbel (1964)
作曲: ヘンリー・マンシーニ Henry Mancini (1959 c.)
出典: TVシリーズ Mr. Lucky (1959) の挿入曲

CD
● ジョニー・ハートマン Johnny Hartman : The Voice That Is (Impuls)

YouTube
■ サラ・ヴォーン
■ コニー・エヴィンソン
■ セルジオ・メンデスとブラジル66
■ ジュディ・ロバーツ




2013/01/10 訳


 ページトップへ  上位メニューへ