SONG OF THE VAGABONDS

[ヴァース]
立ち上がれパリの乞食たちよ、
卑しき下層のならず者よ
もったいなくもルイ王の王冠が下されたのは
ブルゴーニュ公から街を守るため
お前らにも私にも出来ることは
自由のために死ぬことだけ

[リフレイン]
労苦と危険の息子たちよ、
見知らぬ者を助けて
そしてブルゴーニュを屈服させようではないか。

恥辱と悲嘆の息子たちよ
明日は喝采するのか
ブルゴーニュの王冠のために?

進め!進め!敵に刀を
行け!百合の旗がはためく先に!

周りのフランスの息子たちよ、
我らを縛る鎖を断ち切り、
ブルゴーニュに地獄を見せよ!


※ 「蒲田行進曲」として知られているこの曲は、太宰治の小説のタイトルにもなったフランスの放蕩詩人フランソワ・ヴィヨンを主人公に据えたオペレッタ「放蕩の王者 (The Vagabond King, 1925) 」の歌でヴィヨン役のデニス・キング (Dennis King) が歌った。1930年に映画化もされており、この時もデニス・キングが主演した。

物語は史実とは全く異なるフィクションのようだが物語の概要は次のとおり、
『15世紀のフランス、パリはブルゴーニュ公爵の軍に包囲されていた。時の王ルイ11世の民衆からの人気は薄かった。詩人、泥棒、大言壮語家で民衆の人気者であったヴィヨンは貴族のカトリーヌ・ド・ヴォーセルに匿名の愛の詩を贈る。この詩により彼女はルイ王の求婚を断り、変装してこの詩を書いたヴィヨンのいる宿に足を運ぶ。ルイ王は彼女を尾行し隠れていたら、ヴィヨンが王を罵倒し「もし自分が王ならこうする」との言葉を聞いてしまう。怒った王は反逆罪で、ヴィヨンを捕らえる。王はヴィヨンを絞首刑にする前に、自慢話どおりに一日だけ王の代わりに軍を率いてブルゴーニュ公と戦うよう命令する。ヴィヨンはパリの民衆を率いて戦いに臨む。24時間後、勝利したヴィヨンは絞首刑を逃れ、代わりに追放の身となるが、愛するカトリーヌとともにパリを去る』



作詞: ブライアン・フッカー Brian Hooker
作曲: ルドルフ・フリムル Rudolf Friml
出典: 米国オペレッタ The Vagabond King (1925) より

CD
● アート・テイタム Art Tatum : Body and Soul

YouTube
■ デニス・キング (1925)



2011/01/08 訳
2012/11/20 エッセイ → 訳詩 に移行


 ページトップへ  上位メニューへ