I DON'T WANT TO PLAY IN YOUR YARD

I. Once there lived, side by side, two little maids;
Used to dress alike, hair down in braids.
Blue ging'am pinafores, stockings of red,
Little sunbonnets tied on each pretty head.

When School was over, secrets they'd tell,
Whispering arm in arm, down by the well.
One day a quarrel came, hot tears were shed:
"You can't play in our yard," but the other said:

昔、隣同士の、二人の可愛い少女がいた;
よく似た服装で、髪は三つ編みに、
青いギンガム地のピナフォー、赤い靴下、 (★)
小さな日よけ帽を小さな頭にくくり付けていたもの。

学校が終わると、秘密を打ち明けた、
囁き声で肩を抱き、井戸のそばに腰をおろして。
ある日口げんかとなり、熱い涙が流れ:
『うちの庭では遊ばないで』と、でももう一人が言ったのは:

Chorus:
"I don't want to play in your yard,
I don't like you any more;
You'll be sorry when you see me
Sliding down our cellar door.

"You can't holler down our rain-barrel,
You can't climb our apple tree;
I don't want to play in your yard
If you won't be good to me."


『あなたのうちの庭なんかで遊ばない、
もうあなたのことが嫌いだから;
あなたなんか泣けばいいのよ、あなたに会ったら
うちの地下室の戸を下ろすから。

『うちの天水桶で叫ばせないわ、 (★★)
うちの林檎の樹にも上らせない;
あなたのうちの庭なんかで遊ばないわ
あなたが意地悪をするんなら。』


2. Next day, two little maids each other miss,
Quarrels are soon made up, sealed with a kiss;
Then hand in hand again, happy they go,
Friends all thro' life to be, they love each other so.

Soon school days pass away sorrows and bliss,
But love remembers yet, quarrels and kiss;
In sweet dreams of childhood, we hear the cry,
"You can't play in our yard," And the old reply:

(to Chorus)

次の日二人は互いが恋しくなり、
すぐに仲直りして、キスで封じた;
それから手に手を再び取り、幸せな気分で二人は、
一生の友達に、こんなふうに二人は互いを愛した。

やがて学校時代は悲しくも至福に過ぎてしまう、
しかし愛情が今なお思い起こさせるものは、喧嘩やキス:
甘い夢の子供の頃、私たちに聞こえるのはあの泣き声、
『うちの庭では遊ばないで』、そしてあの懐かしい口ごたえ;

(コーラスへ)


※ ヴァースのパートは殆ど忘れられているが、コーラスは長く童謡として親しまれている。子供の歌として作られたものだが、人気が出たのは大人の歌手がノヴェルティナンバーとしてクラブで歌い後に録音したことから広まったという。

★ : ギンガム(gingham)、ピナフォー(pinafore) は辞書を調べれば出ているが、インターネットから検索すれば分かりやすいと思われる。
★★ : rain-barrel は雨どいからの雨水をためておく樽のことで、同様にインターネットから "rain barrel photo" 又は "天水桶 写真" で検索すればイメージがわくのでは。
この行は、樽に首を突っ込み声の反響を楽しむ遊びのことを指すと想像する?


映画ではジェイムズ・キャグニーが歌った The Oklahoma Kid (1939) もあるが、ロシア革命を背景にした Reds (1981) ではライトモチーフとして繰り返しこの歌が使われていた。



作詞: フィリップ・ウィンゲイト Philip Wingate
作曲: ヘンリー・W・ピートリー Henry W. Petrie (1894)

CD
● ペギー・リー Peggy Lee : Sea Shells (Decca)

YouTube
■ ペギー・リー (アルバム『貝がら』より



2010/03/06 訳
2012/11/20 エッセイ → 訳詩 に移行


 ページトップへ  上位メニューへ