ONLY YOU (AND YOU ALONE)

君だけが
 この世界が正しいものに思わせてくれる。
君だけが
 この闇を明るく照らしてくれる。
君だけがそう君一人だけが
 君がときめいているように僕をときめかせてくれて、
そして僕の心を君だけへの愛で満たしてくれる。


君だけが
 僕をこんな風に変えることが出来る。
本当のことさ、
 君は僕の宿命なのさ。
君が僕の手を握ると、
 君がかけた魔法を感じるのさ。
君は夢が本当になった人、
 我がかけがえのない君なのさ。

君だけが
 僕をこんな風に変えることが出来る。
本当のことさ、
 君は僕の宿命なのさ。
君が僕の手を握ると、
 君がかけた魔法を感じるのさ。
君は夢が本当になった人、
 我がかけがえのない君なのさ。
(かけがえのない君なのさ)


※ 言わずと知れた、プラターズ 1955年の大ヒット曲。

少々しつこい位に恋人を称賛しているが、しかしその心は恋人を何とかして口説き落とし、夜を共に過ごしたいと願う歌に感じられてしまい、自分の中ではこの歌や For All We Know (1934, Lewis/Coots) などは『下心ソング』という勝手なジャンル付けをしている。


ポピュラーソングのタイトルは、曲名が歌詞に含まれないケースはまれで、ほとんどの場合歌詞中のフレーズをタイトルにするものが大半である。それは多分歌に親しみを持たせ、ひいては売上に貢献するために必要なことなのだろう。
その中には、歌い出しの歌詞をタイトルにするものや、2行目や3行目のフレーズ、サビでのフレーズ、あるいはクロージングのフレーズをタイトルにするものなど様々だが、歌い出しの歌詞をタイトルにするものが多く、1930, 1940年代を中心とした主要なジャズ・ソング約500曲を数えたところ、約40%近くがこれに該当した。

所でこの歌は、Only You に始まり、2行目3行目と Only You を繰り返し、第一番のコーラスの最後に Only Youで終わっている。
続く2番の歌詞も Only you で始まるが、しばらくこのフレーズはおあずけし、最後にまた My one and Only You. と締めたところで、さらに2番をワンコーラス繰り返すがエンディングのタグでまた One and Only You を付け加え、これでもかという程タイトルフレーズの乱用をしている。
結局、2番の繰り返しと最後のタグを含め、全部で9回もの Only You が使われているが、これだけ続ければ曲名の度忘れはないだろうと思ってしまう。
(便宜的に1、2番と言ったが、同じメロディーの繰り返しではない)



作詞・作曲: バック・ラム、アンドレイ・ランド Buck Ram, André Rand
出典: The Platters が1955年に紹介


歌:




2010/08/21 訳
2013/03/01 レイアウト変更等


Home (ホームページ)   Menu (上位メニュー)