SWINGIN' DOWN THE LANE

[Verse 1]
There's a nightingale callin',
Out where moonbeams are fallin',
He's makin' love to a red, red, rose,
I Wander down the lane where we started,
Lover's Lane where we parted,
I'm so unhappy, but no one knows.

サヨナキドリが鳴いている、
月の光のさすところで、
彼は赤いバラに愛を囁き、
僕は僕たちが始まった小道をそぞろ歩いている、
恋人たちの小道は僕らが別れた道、
僕はとても悲しいけど誰もそれを知らない。

[Verse 2]
Seems the wole world is matin',
While alone I keep waitin'
There's no one even sympathize,
I try to leave old mem'ries behind me,
But it seems that they find me,
Each star above tells me of your eyes.

まるで世界中が連れ添っているように見える、
一人ぼっちの間、僕は待っているんだ。
誰も同情なんてしようとしやしない、
僕は昔の思い出を消し去ろうとした、
でもまるで空にある星たちが僕を見つけ
僕に君の瞳を伝えているみたいなんだ。


[Refrain]
Everybody hand-in-hand,
 Swingin' down the lane,
Everybody feelin' grand,
 Swingin' down the lane.

That's the time I miss the bliss,
 That we might have known,
Nights like this,
 When I'm all alone!

When the moon is on the rise,
 Honey I'm so blue,
Watchin' lovers making eyes,
 Like we used to do,

When the moon is on the wane,
 Still I'm waitin' all in vain,
Should be swingin' down the lane
 With you!


みんな手を取り合って、
 足取り軽く道を歩いている。
みんなの気分は最高、
 足取り軽く道を歩けば。

そんな時が僕には悲しいのさ、
 僕らが味わえるはずの喜びを知らず、
こんな夜みたいに
 全くの一人ぼっちの時は。

月が昇る時には、
 ねえ、僕はとても落ち込むのさ。
見つめ合う恋人たちを見ると
 僕らがよくやったみたいに。

月が今にも上ろうとしているときに、
 今でも僕は無駄と知りながら待っているのさ。
足取り軽く道を歩けないかと
 君と一緒に。


※ 以前訳した Sweethearts On Parade にも似た歌詞の、ソフト・シュー・タップ向きのこの軽快なナンバーはウクレレ・アイクことクリフ・エドワーズがピッツバーグのヴォードヴィルで披露したのが最初だが、レコードでこの曲を広めたのは、ダンス・バンドのアイシャム・ジョーンズ楽団 (Isham Jones and his orchestra)であり、6週にわたりナンバー・ワン・ヒットとなった。

作詞のガス・カーンの伝記映画 I'll See You In My Dreams (1950, ダニー・トーマス&ドリス・デイ主演) でも聞かれるが、カーン作詞、アイシャム・ジョーンズ作曲&演奏によるヒット曲は他に、I'll See You In My Dreams, It Had To Be You, On The Alamo, The One I Love Belongs to Somebody Else などのスタンダードがある。

(SecondHandSongs によるパフォーマー・リスト参照)


作詞: ガス・カーン Gus Kahn
作曲: アイシャム・ジョーンズ Isham Jones (1923)


歌:



2010/01/30 訳
2013/01/30 レイアウト変更等
2023/05/25 ヴァース追加


Home (ホームページ)   Menu (上位メニュー)