LOTUS BLOSSOM
(Billy Strayhorn)

水辺をさまよい、
睡蓮を見つめ。
二つの花をつかみとり、一つは私の髪に、
あの八月それとも二年前の八月だったかしら。

夏のワインに酔い、
互いに魅惑され。
話をしたくて、散歩したのは
つつじが咲くところ。

手に手をとり、世界は眠りにつき、
オレンジ色の月が現れる。
二人が見つけ持ち帰った小石は、
今も忘れえぬ思い出のもの。

秋が私を見つけて問いただす、
あの夏はどこに隠れたのか?
彼の話す言葉は、秋の青い煙のように、
霞の中に消えてしまった。

少女はいなくなり、そして少年もいなくなった、
そして花の日々も消え去った。


※ ストレイホーンの作品には静かに惹きつける美しい曲が多いが、これもタイトルにふさわしい彼の代表作。彼の曲によくあることだが、Duke Ellington との共作とする資料もある。

同名曲には、ケニー・ドーハムの「静かなケニー」(1959) での演奏曲があり、そちらの方が知られているかもしれない。
また、Sam Coslow & Arthur Johnston 作詞・作曲の倦怠感ただよう (Sweet) Lotus Blossom (映画「絢爛たる殺人」(1934) 挿入曲でオリジナルタイトル Marahuna) という歌もある。

作詞の Roger Schore はどのような人か不明であるが、メレディス・ダンブロッシオのアルバム Love is not a game 中の In April という歌も同じ作詞者のようだ。(原曲はビル・エヴァンスの For Nenette (1978) )


またこの曲は、マンハッタン・トランスファーのジャニス・シーゲルによって All Roads Lead Back to You というタイトルで歌われている。(アルバム The Tender Trap 、作詞 Allen Roy (1946) で作曲はストレイホーン&デューク・エリントンとクレジットされている)
歌の大意は、『私たちの唇が触れたことを忘れようと旅に出たけれど、どの道もあなたの所へ導いてしまう』といった内容で、似たようなテーマの I Thought About You ( m. Jimmy Van Heusen, w. Johnny Mercer ) とメドレーで歌っている。

オリジナルは、エリントン楽団でジョニー・ホッジスが演奏の、 Charlotte Rouse 。


作詞: ジャー・ショア Roger Schore (1987?)
作曲: ビリー・ストレイホーン Billy Strayhorn (1946)


歌・演奏:



2009/12/26 訳
2013/01/30 レイアウト変更等


Home (ホームページ)   Menu (上位メニュー)