『ロータス・ブロッサム』というと、ケニー・ドーハムの演奏曲が思い浮かぶが、ここで訳したのは、ビリー・ストレイホーンの『ロータス』3歌詞と、1930年代に作られた退廃的な雰囲気を持つ『ロータス』の計4曲
1. Lotus Blossm (w. Roger Schore, m. Billy Strayhorn)
2. All Roads Lead Back to You (w. Allen Roy, m. Billy Strayhorn
3. Thank You for Everything (w. Edmund Anderson, m. Billy Strayhorn)
4. (Sweet) Lotus Blossom (w.m. Arthur Johnston, Sam Coslow)



LOTUS BLOSSOM


メレディス・ダンブロッシオ The Cove

Wandering by the water,
Gazing at lotus blossoms.
Picking a pair, and one for my hair,
An August or two ago.

Drunk on the wines of summer,
Spellbound in one another.
Needing to talk, and taking a walk
To where the azaleas grow.

Hand in hand, the world asleep,
an orange moon appears.
Stone we found and kept,
remain such haunting souvenirs.

Autumn then found me asking.
Where is the summer hiding?
Words that he spoke, like autumn's blue smoke,
Have faded into a haze.

Gone is the girl, and gone is the boy,
And gone are the blossom days.

水辺をさまよい、
睡蓮を見つめ。
二つの花をつかみとり、一つは私の髪に、
あの八月それとも二年前の八月だったかしら。

夏のワインに酔い、
互いに魅惑され。
話をしたくて、散歩したのは
つつじが咲くところ。

手に手をとり、世界は眠りにつき、
オレンジ色の月が現れる。
二人が見つけ持ち帰った小石は、
今も忘れえぬ思い出のもの。

秋が私を見つけて問いただす、
あの夏はどこに隠れたのか?
彼の話す言葉は、秋の青い煙のように、
霞の中に消えてしまった。

少女はいなくなり、そして少年もいなくなった、
そして花の日々も消え去った。


(原歌詞は The Ritz のCDライナーノーツを参考にした)


ALL ROADS LEAD BACK TO YOU


ジャニス・シーゲル : The Tender Trap

I thought I could forget
That our lips had ever met
I thought that a trip
Would give love a slip
But all roads lead back to you

I boarded a rail road train
I traved around by plane
It's no good to fly
And all road maps lie
Cause all roads lead back to you

Learned a ride on, plane I got on
When my plans fell through
Somehow sky road
Thow(?) a high road
Bring me closer to you

For there're on my solo flight
I thought of you day and night
No need to pretend
I'm at journeys end
For all roads lead back to you

忘れることが出来ると私が思ったのは、
私たちの唇が出会ったこと。
私は旅することで
愛を忘れることが出来るはずだと、
でもどの道でもあなたの所へと導いているの。

私は鉄道の車両に乗り、
飛行機で旅した。
空の旅はいいものじゃなかった、
それに全ての道路地図には嘘があった、
だってどの道でもあなたの所へと導いているから。

車両に乗り、飛行機に乗り学んだ、
私の計画が失敗するたびに。
たとえ、空の旅でも
幹線道路を通っても
あなたをより近くに感じてしまう。

単独飛行中でも、
昼も夜もあなたのことを思っていた。
もう自分をだます必要はない、
私の旅は終わりに来ている、
どの道でもあなたの所へと導いているので。

(原歌詞は ジャニス・シーゲルなど数人の YouTube 映像からの聞き取りによるが一部不明なところあり)



THANK YOU FOR EVERYTHIING


ジョニー・ハートマン : Thank You for Everything

thank you for everything
thnaks for the love you bring
right at the start
you touched on my heart
and taught me the songs I sing

thanks for your dazzling blaze
lighting the darkest place
thanks for the joy
be ours(?) joy
the parting can not erase

late at night when I'm alone
my thoughts go back to you
the many rays(?) you made a smile
the good times that we knew

grateful I'll always be
fortune has favored me
somebody care
your great heart you share
and gave all the world to see
it never will end
my beautiful friend
so thanks you for everything

すべてに感謝しているよ、
君がくれた愛に感謝しているよ。
まさに初めから
君は僕の心に触れて
そして僕が歌う歌を教えてくれた。

きらめく光をありがとう、
最も暗いところを照らしてくれたね。
歓びをありがとう、
僕らの歓びを。
別れが消し去ることは出来ないんだ。

夜遅く僕が一人でいると、
僕の思いは君へと帰る。
君が発してくれた多くの微笑み、
僕らが経験した良かった時代さ。

いつまでも有り難く思っているよ、
運命の女神は僕のお気に入りだったよ。
誰かが思っているんんだ、
君は素晴らしい心を分けてくれ
そして見るべき全ての世界を与えてくれた。
決して終わることのないもの
我が美しい友人よ。
だからすべてに感謝しているのさ。

(原歌詞は ジョニー・ハートマン音源からの聞き取りによるが一部不明なところあり)

※ ストレイホーンの伝記 Lush Life (David Hajdu, 1996) によると、Lotus Blossom の最初のレコーディングは、ジョニー・ホッジスが演奏した Charlotte Rouse (sic) であり、1946年に Allen Roy の歌詞が加えられ All Roads Lead Back to You として、この時はデューク・エリントンが曲の共作者として、登録されたという。

一方、Song Fact の記事によると、『ストレイホーンの Lotus Blossom の歴史は複雑なものである。数年来により曲名は変えられてきた。知られている曲名として、 "Hominy," "All Roads Lead Back to You" や、1947年のジョニー・ホッジスの"Charlotte Russe,"、多分30,40年代に人気のあったデザート(シャルロット・ルセー)から来ているのだろう。結局 Lotus Blossom として登録されたのは 1959年のことであった。(中略)この曲のインスピレーションとなったのはおそらく、彼が 1940年代に曲作りをする以前、アルコール中毒の父親から逃避するため、祖母の育てる庭で多くの時間を費やしたことから来ているのだろう。そして Lotus Blossom だけでなく、"Violet Blue," "Passion Flower," それに "A Flower Is a Lovesome Thing" なども同様だろう。』とある。


この曲には、少なくとも3つの歌詞・タイトルが存在する。
1. Lotus Blossom : メレディス・ダンブロッシオのアルバム Cove (Sunnyside, 1987) のライナーノーツには、メレディスが最初に歌ったとある。他にザ・リッツ、レベッカ・キルゴア、キャロル・スローンなどの録音がある。

2. All Roads Lead Back to You : ジャニス・シーゲルのアルバム Tender Trap (Monarch, 1999) では、I Thought About You とメドレーで歌っているが、ライナーノーツには、『ニューヨークでギグを始める前、ストレイホーンの歌に興味を持った。伝記 Lush Life を書いたデイヴィッド・ヒジューから大量の楽譜が送られてきたが、インストルメンタル曲に歌詞を付けた哀愁のある All Roads ... はまだレコードされたことがなかった。プロデューサーのフレッドと私は、同じように失われた恋を思う I Thought About You にピッタリだと思った』とある。
他に、アンディ・ベイなどの録音もある。

3. Thank You for Everything : ジョニー・ハートマンの同名のアルバムのライナーノーツ (1978, Audiophile) には、『アレック・ワイルダーが語るところでは、デューク・エリントンはしばしばコンサートのオープンを「ロータス」のピアノ・ソロで始めた。なぜかと聞かれたら「ストレイホーンで失敗するわけないからね」と答えたという。「ロータス」はエドマンド・アンダーソンが歌詞を付け、ジョニーにラジオ・プログラムで歌ってもらった。アンダーソンは「ハートマンで失敗するわけない」と知っていたのだろう』とある。この録音はラジオ番組 "American Popular Song with Alec Wilder and Friends" の1976年11月7日の放送 Johnny Hartman Sings Billy Strayhorn の時の音をレコード化したものと思われる。






作曲: ビリー・ストレイホーン Billy Strayhorn (1946)
作詞:
♦ All Roads Lead Back to You : アレン・ロイ Allen Roy (1946)
♦ Lotus Blossom : ロジャー・ショア Roger Schore (1987?)
♦ Thank You for Everything : エドマンド・アンダースン Edmund Anderson (1977)

YouTube
♦ All Roads Lead Back to You
 ■ ジャニス・シーゲル
 ■ アンディ・ベイ

♦ Lotus Blossom
 ■ メレディス・ダンブロッシオ
 ■ レベッカ・キルゴア
 ■ レベッカ・キャヴァノー

♦ Thank You for Everything
 ■ ジョニー・ハートマン




(SWEET) LOTUS BLOSSOM


君の愛撫でなだめておくれ
可愛いロートスの花よ、ロートスの花よ

苦しんでいる僕を助けておくれ、
可愛いロートスの花よ、どうかお願いだ。

君だけが恋人を僕のもとに戻してくれる、
それがただの白日夢だとは知っているとしても。

それから僕の意識を失わせてくれ、
可愛いロートスの花よ、どうかお願いだ。


(原歌詞は 歌詞ネット を参照した)

※ アール・キャロルのヴァニティー・ショーの最中に殺人が起きショーと犯人捜しが同時に進行するという、1934年のミュージカル&ミステリー映画 Murder at the Vanities (絢爛たる殺人)で歌われた曲。
ちなみに映画の中では、レイ・チャールズ&ベティ・カーターやスパイク・ジョーンズでおなじみの Cocktails for Tow もこの中で歌われ、若き日のデューク・エリントンやアーネスティン・アンダーソンの姿も見られる。
映画の中では、Sweet Marijuana というタイトルで歌われたが、検閲の関係で問題のある言葉を Lotus Blossom に変えられた経緯があり、一般的には (Sweet) Lotus Blossom として歌われている。

Lotus は、ハスやスイレンとも訳せるが、元歌詞の退廃的な雰囲気を考えて、ギリシャ神話のロートス(その実を食べると現世の苦悩を忘れるとされた架空の植物)と訳してみた。

歌っているのはジュリア・リー、ジミー・ウイザースプーン、ジョニー・レイ、デイヴ・フリッシュバーグなどがいる。YouTube 検索ではトラッド・ジャズ・バンドの演奏が多くヒットする。




作詞・作曲: アーサー・ジョンストン、サム・コズロウ Arthur Johnston, Sam Coslow
出典: 映画 Murder at the Vanities (1934) より。

YouTube
■ ジュリア・リー
■ リンダ・キャローン
■ アイリーン・リード
■ ジミー・ウィザースプーン



2009/12/26 訳
2020/12/10 All Roads Lead Back to You など訳追加


 ページトップへ  上位メニューへ