I COULD HAVE TOLD YOU

君に言うべきだったよ
 彼女が君を傷つけただろうってことを、
 彼女は君をしばらくは愛して、
 それから君を捨てるだろうって
君が聞いてくれれば、
 君にそう言ったはずなのに。

君を救えたはずなのに
 君が泣くのをね
 そう君に言ったらよかったね、
 彼女は嘘をついているって。
でも君は愛に溺れていたから
 知ろうともしなかったね。

僕には彼女の声が聞こえる
 僕が眠れずに寝返りを打ち
 寝ようと努力するたびに
僕には彼女の声が聞こえる
 約束をする声が
 決して守ることのない約束の
そしてすぐにおしまいが来るのさ
 それで御用済みにして
 彼女は新たな楽しみが出来る誰かを見つけるのさ
僕の流したすべての涙を通して、
 君に言うべきだったよ
 

※ 一人の女に翻弄された二人の男...

フランク・シナトラのために書かれた歌かと思う。
I Could Have Told You So と表記されることもある。



作詞: カール・シグマン Carl Sigman
作曲: ジミー・ヴァン・ヒューゼン Jimmy Van Heusen (1953)


歌:



2009/11/28 訳
2013/01/30 レイアウト変更等


Home (ホームページ)   Menu (上位メニュー)