JIM

ジムときたら私に可愛い花を持って来たこともないし
ジムときたら私が寂しい時間を過ごしているのに私を元気づけようともしない
なぜかわからないの、そんなにも彼に夢中なのかを

ジムときたら彼の欲しいものは私だと言ってくれたこともないし
私は彼の愛情の対象じゃないみたいだわ
何年も経ったのに私は彼のために無駄をしていただけに思える

時々私が落ち込んだ時に
私はもう終りにしようと言い聞かせるのに
すぐに彼にすがって、なすがままに私の心は粉々に

いつかジムが突然私から去ると知っているのに
でも彼がそうしたとしても、信じてもいいわ
私はジムへの恋の炎を消さずに思い続けるはずなの

彼を愛し続けるの


※  片思いの歌。内容は異なるが男性名(愛称)をタイトルにしている所は、なんとなくショー・ボートの挿入歌、Bill に似た感じ。

歌詞ソースはビリー・ホリデイのサイトを参考にした。



作詞: ネスソン・ショウン Nelson Shawn
作曲: シーザー・ペトリロ、エドワード・ロス Caesar Petrillo , Edward Ross
1941の映画 Yokel Boy でダイナ・ショアが歌ったが、同年ジミー・ドーシー楽団(唄:ボブ・エバリー、ヘレン・オコネル)のレコードがヒットした。


歌:



2009/10/10 訳
2013/01/10 レイアウト変更等


Home (ホームページ)   Menu (上位メニュー)