JIM


ダイナ・ショア :ベスト盤

[ヴァース]
なんで私はこの夜に一人座っているのかしら、
光まばゆい場所に出ていけるというのに?
すべてジムのせいなの、
すべてジムのせいなの。

なんで私はこの大事な数年もを無駄にしてきたのかしら?
なんで私はこんな苦い涙を流してきたのかしら?
すべてジムのせいなの、
すべてジムのせいなの。

ジム、私に可愛い花を持って来たこともない。
ジム、私が寂しい時間を過ごしているのに私を元気づけようともしない。
なぜかわからないの、そんなにも彼に夢中なのかを。

ジム、彼の心の欲望は私だと言ってくれたこともない。
彼を恋に燃えさせたことがないみたい。
何年もの間、私は彼のために無駄に過ごしていたわ。

時々私が落ち込んだ時、
私は『もう終りにしよう』と言い
それから私はじっとして彼が出て行き、
私の心は粉々になるの。

いつかジムが突然私から去ると知っているわ、
でも彼がそうしたとしても、信じて欲しいわ、
ジムへの恋の炎を消さずに思い続けるわ。

ジムへの恋の炎を消さずに思い続けるわ。


(原歌詞は 歌詞ネット を参照した)


※ 片思いの歌。内容は異なるが男性名(愛称)をタイトルにしている所は、なんとなくショー・ボートの挿入歌、Bill に似た感じ。1941 年にダイナ・ショアが歌いヒット・チャートでは5位につけ、同年ジミー・ドーシー楽団(唄:ボブ・エバリー、ヘレン・オコネル)のレコードもヒットした。翌年公開の映画 Yokel Boy でも挿入された。

歌っているのは、ダイナ・ショア以外に、ベティ・ローシェ、ビリー・ホリディ、エラ・フィッツジェラルド、ヘレン・オコネル、ペギー・リー、サラ・ヴォーンなどの女性歌手で JazzStandards.com のランクでは870位につけている。





作詞: ネスソン・ショウン Nelson Shawn
作曲: シーザー・ペトリロ、エドワード・ロス Caesar Petrillo , Edward Ross (1941)
出典: 映画 Yokel Boy (1942) でダイナ・ショアが歌った

YouTube
■ ダイナ・ショア
■ ビリー・ホリディ
■ サラ・ヴォーン : クリフォード・ブラウンとの共演盤
■ ヘレン・オコネル


2009/10/10 訳
2021/01/15 訳改訂


 ページトップへ  上位メニューへ