ROCKS IN MY BED

私の心は鉛のように重いの
だってふさぎ虫(ブルーズ)がはびこって
ベッドの石で私はおかしくなってしまう

私の会う人達ときたら
なんでみじめな私をいじめて
ベッドの石で私はおかしくなってしまう

夜はずっと泣きっぱなし
だからどうして眠れるって言うの
ベッドの石で私はおかしくなってしまう (★1)

この世には二種類の人間がいるの (★2)
 私にはとても理解できないやつら
この世には二種類の人間がいるの
 私にはとても理解できないやつら
それはずるい女と
鉄面皮の男のこと

あの女は私の男を奪ってしまった
彼を返そうともしない
あの女は私の男を奪ってしまった
そのあげく返そうともしない
あの女は蛇以下の女、荷車の轍(わだち)にいるような (★3)

夜はずっと泣きっぱなし
だからどうして眠れるって言うの
ベッドの石で私はおかしくなってしまう

夜はずっと泣きっぱなし
だからどうして眠れるって言うの
ベッドの石で私はおかしくなってしまう


※ デューク・エリントンには珍しいブルース風味の歌ではないかと思う。

★1:この行はタイトル・フレーズの Rocks in my bed。 rocks がそのまま「石ころ」のことなのか、あるいは何かの隠語なのかよく分からなかったが、 have rocks in one's head というと「気がおかしい」という意味があり、ベッドの中で気も狂わんばかりになっている状況を暗示しているのかもしれない。
★2:以下のスタンザを歌っていない歌手もいる。
★3:この行は、She's lower than a snake, in the wagon track で訳には自信がない。

ビリー・ストレイホーンの伝記 Lush Life には『1944 年美女部隊の一人として雇われたマリア・エリントン(デュークとは親類ではなく、後にナット・"キング"・コールと結婚しナタリーを生んだ)にビリー・ストレイホーンはこのセクシー・ノヴェルティ・ソングを教えたが、マリアは「基本的に下らないから歌うのがいやだった」と回想している』旨が書かれている。


作詞・作曲: デューク・エリントン Duke Ellington
紹介: エリントン楽団の女性歌手アイヴィー・アンダーソン Ivy Anderson が1941年に歌った。


歌:



2009/09/12 訳
2013/01/10 レイアウト変更等
2013/06/29 訳、解説修正


Home (ホームページ)   Menu (上位メニュー)