ON MOONLIGHT BAY

I. Voices hum, crooning over Moonlight Bay;
Banjos strum, tuning while the moonbeams play.
All alone, unknown they find me,
Memories like these remind me
Of the girl I left behind me,
Donw on Moonlight Bay.


おぼろげな声で、月の入り江の向こうから甘い歌声;
バンジョーをかき鳴らす音、月の煌めきと共に奏でられている。
  全くの一人ぼっち、誰も僕の名を知らない、
  こんな記憶が僕に思い起こさせるのは
  僕が残して行ったあの少女、
月の入り江の先で。

[chorus]
We were sailing along
On Moonlight Bay,
We could hear the voices ringing,
They seemed to say,
"You have stolen her heart,
Now don't go 'way!"
As we sang Love's Old Sweet Song
On Moonlight Bay.

僕らが舟遊びをしていたのは
  月の入り江だった、
僕らにはこだまする声が聞こえたようだった、
  まるでこう言っていたみたいに、
「あなたは彼女の心を奪ったのよ、
  だから、行っちゃだめよ!」
僕らが『恋人のなつかしくもやさしい歌』を歌ったときに (★)
  月の入り江でのこと。

2. Candle lights gleaming on the silent shore;
Lonely nights, dreaming till we meet once more.
Far apart, her heart is yearning,
With a sigh for my returning,
With the light of love still burning,
As in days of yore.

ろうそくの光が静かな浜辺に映り;
寂しい毎夜、二人が再び会えるまで夢を見続ける、
  遥か遠くを、彼女の心が切に望む、
  僕の帰りを溜息とともに、
  恋の炎がいまだ消えず、
今は昔のこと。

(to Chorus)

(コーラスへ)

※:タイトルは単に Moonlight Bay と表記されることが多い。歌詞は Moonlight Bay と大文字で表記されていたので、架空の地名を意味しているのかもしれない。「月光湾」と訳す方法もあるが「月の入江で」とする邦題があるのでそれにならって訳した。

かつて自分を愛した恋人を捨てた男が恋人を懐かしむ田園風の切ないバラードだが、ヴァースに相当する部分はほとんど忘れられている。1912年にヴォードヴィル用に書かれたが、第一次世界大戦開戦時にヒットしアメリカ中に知れ渡った。

録音は、ビング&ゲイリー・クロスビー、グレン・ミラー、ミルス・ブラザーズ、クロード・ソーンヒル、ドリフターズなど。

第一次世界大戦前後のインディアナの小都市を題材とした同名映画 On Moonlight Bay (1951, WB)でも使われたが、同じく20世紀初頭のヒット曲を映画タイトルにした「若草の頃(Meet Me in St. Louis, 1943, MGM)」の二番煎じのような内容。(主演はドリス・デイ、ゴードン・マクレー)


作詞のエドワード・マデン(Edward Madden)は20世紀初頭にヴォードヴィルなどに多くの歌を残した作詞家。しかし現在も聞かれるものとしては、この曲と同じく moon, light を使った By The Light of the Silvery Moon が有名だろう。

作曲のパーシー・ウエンリッヒも20世紀初頭に活躍した作詞・作曲家。日本でもおなじみなのは、この曲と同じく sail, moon を使った1937年の Sail Along, Silvery Moon (邦題「波路はるかに」、作詞:チャールス・トビアス)が有名で、1958年のビリー・ヴォーン楽団の演奏やアンディ・ウィリアムスの歌唱が有名だろう。

★ ここで引用されているのは、Love's Old Sweet Song で1884年発に作られたスコットランド(またはイギリス)のバラード。作詞は George Clifton Bingham 、作曲は. James Lyman Molloy であり、彼は弁護士であり、3つのオペレッタの作曲およびスコットランドのフォーク・ソング収集を行ったという。



作詞: エドワード・マデン Edward Madden
作曲: パーシー・ウェンリッヒ Percy Wenrich (1912)

歌:ドリス・デイ Doris Day : Golden Girl (CBS)


YouTube
■ クロード・ソーンヒル楽団+ザ・スノウ・フレイクス : 編曲はギル・エヴァンス。瀬川昌久氏曰く「雲上をただようごときサウンド」)
■ ドリス・デイ
■ ビング・クロスビーとゲイリー・クロスビーのデュオ



2009/07/11 訳
2012/09/10 レイアウト変更等



Home (ホームページ)   Menu (上位メニュー)